-PR-
解決済み

つくばエクスプレスの電化方式

  • 暇なときにでも
  • 質問No.514110
  • 閲覧数239
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 88% (101/114)

みなさん今晩は。
つくばエクスプレス(常磐新線)は、守谷を境に直流1500V、交流20000Vで電化されるようですが、これはどうしてですか。全線交流電化でもいいと思うのですが。
柿岡の地磁気観測所(でしたよね)のために守谷以北が交流というのは解りますが、わざわざ南半分を直流にするのはなぜなんでしょうか。
将来どこかの路線に乗り入れる事を考えてか、列車本数が多くなりそうな守谷以南を直流にしたほうが建設・運営が安く上がるからか、などと考えてみましたが、納得行く答えが浮かんできません。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 40% (1358/3355)

地下に乗り入れるからです。

地下区間では、絶縁距離をとるのが難しいため
ほとんどの場合電圧が低くて済む直流電化となります。

交流にするとトンネルが大きくなってしまうので。

JR九州が持っている唯一の直流区間も
地下鉄乗り入れの為に直流としています

なお、運転本数が多そうな守谷以南を直流とした
というのも理由としてはあると思います。
今の常磐線の運転本数を見る限りでは
かなりの本数差がありますから。
お礼コメント
akinezumi

お礼率 88% (101/114)

なるほど、よくわかりました。

交流区間の絶縁碍子は、いくつもつながった長いものを確かに使っていますね。

九州での実例もあげてもらって、大いに納得しました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-04-04 21:22:19
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 37% (65/172)

電車の製造価格の問題もあると思います。

現在の一般的な交流電車は交流を直流に変換して直流モータを駆動させるか、交流を直流に変換した後にインバータで交流に変換して交流モータを駆動させるようになっています。そのため交流電車は交流を直流に変換する設備がある分、直流電車より高価になります。

全線交流電化にしてしまうと高価な交流電車をたくさん造る必要がありますが、運転本数の多い南半分を直流電化にすれば安価な直流電車を多くして、高価な交直流電車を少なくすることが出来ます。
お礼コメント
akinezumi

お礼率 88% (101/114)

やっぱりコストの問題が大きいのでしょうか。
最近開業した鉄道は、建設費が高い>運賃が高くなる>お客さんが少なくなる>経営が苦しくなるという事が多いので安くあげるのに力を注がなくてはならないのでしょうね。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-04-04 21:40:49


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ