• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

運動方程式が立てられない(ばねの単振動)

添付した問図の問題で、運動方程式が立てられなくて困ってます! 問題⇒自然長l1、ばね定数k1のばねと自然長l2、バネ定数k2のばねの間に質量mのおもりをつけてなめらかな面に置き、両方のばねの他端を自然等の位置で固定した。運動方程式を求めよ。 ちなみに教科書の答えは、 m[xの二回微分] = -k1(x-l1) + k2(l1+l2-x-l2) が正しい答えのようです。すみませんが[]の中は微分演算子d/dxを使って読みかえてください。 特に第二項がわけわからんです。なぜこういう式になるのか、教えていただきたいです!ちなみにフックの法則の式、微分を用いた運動方程式の基本は知っているつもりです。 よろしくお願いしますm(__)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数4
  • 閲覧数2625
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 まず、最初に申し上げますが、 その模範解答を書いた人は、阿呆だと思います。 なぜならば、l1が1つ決まればl2も1通りで決まるので、 運動方程式の中には、l1とl2の両方を書く必要がないからです。 また、 そもそも「自然長」をl1、l2 と指定しているのに、 伸び縮みしたバネの長さもl1、l2と書いているのも阿呆です。 (ですから下の回答では、大文字でL1、L2 と書くことにします。) 1. まず、あまりよくない解き方を示します。 ばね1によるおもりへの力は、-k1(x-L1) これは、簡単。 次に、 ばね2によるおもりへの力は、右から左に見て -k2((全長-x-L2)=-k2(L2+L1-x-L2) だけれども、これを左から右に見たときは符号が逆になるから +k2(L2+L1-x-L2) ↑ この考え方は、右方向がプラスだとする考え方をしないで計算してから、後から戻すということなので、 かなり変な考え方です。 よって、2つのばねによるおもりへの合計の力は -k1・(x-L1)+k2(L2+L1-x-L2) ←ご質問文にある式  = -k1・(x-L1)+k2(L1-x)  = -k1・(x-L1)-k2(x-L1)  = -(k1+k2)(x-L1) 結局、L2は消えて、L1だけ残りました。 2. 今度は、よい解き方です。 ばね1もばね2も自然長のときのおもりの位置をゼロとする座標をy(=x-L1)と置けば、 ・ばね1によるおもりへの力は、-k1・y ・ばね2によるおもりへの力は、-k2・y よって、2つのばねによるおもりへの力の合計は、 -k1・y - k2・y = -(k1+k2)y  = -(k1+k2)(x-L1) ちなみに、 m[xの二回微分] は、 m・d^2 x/dt^2 と書けばよいですよ。 以上ご参考になりましたら幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

再びお邪魔します。 >>> そもそも「自然長」をl1、l2 と指定しているのに、 伸び縮みしたバネの長さもl1、l2と書いているのも阿呆です。 (ですから下の回答では、大文字でL1、L2 と書くことにします。) 上記の説明は撤回です。 ぼけてました。失礼しました。 (ただし、式は合っています。) 自然長の位置をゼロとして、右側をプラスとする座標にしておいて、 仕上げに座標にl1を足せば済むことなのに、 式を立てる最初のところでl1やl2を引き合いに出してわざわざ式を複雑にする必要がない、 ということを言いたかったのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさま、お礼が遅れてしまいましたが、この場を借りて感謝します! みなさんのおかげで理解する助けになりました。ありがとうございました。 ポイントは一番最初に回答してくれたかたとわかりやすかった方に差し上げます。

  • 回答No.3
noname#96417
noname#96417

右辺第2項ですが、 右のばねの長さは (l1 + l2) - x よってその自然長からの伸びは (l1 + l2 - x) - l2 これが正のときにおもりは正(右向き)の力を受けるので、 右のばねがおもりに及ぼす力は k2 (l1 + l2 - x - l2) です。 この式は k2 (l1 - x)  と変形できるので、 結局、右辺は - (k1 + k2)(x - l1) とまとめられます。 運動方程式ではこの形を答えるべきだと思います。 教科書の「答え」は(説明のための)途中の式ではありませんか? もちろん、右のばねの伸びが l1 - x であることを始めから見抜ける人は、 そのような答え方をしてもよいと思います。 # l1, l2 を他の文字で書く必要はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • R_Earl
  • ベストアンサー率55% (473/849)

> そもそも「自然長」をl1、l2 と指定しているのに、 > 伸び縮みしたバネの長さもl1、l2と書いているのも阿呆です。 > (ですから下の回答では、大文字でL1、L2 と書くことにします。) 教科書の答えでは、伸び縮みしたバネ全体の長さをl1, l2とは置いていませんよ。 教科書の中では、l1, l2は常に「バネの自然長」を表しています (仮にL1が「伸び縮みしたバネ全体の長さ」だとすると、x - L1は常に0となるはずです)。 おもりにかかる力は (バネ定数) × (バネの伸び) です。 なので「バネの伸び」が分かれば良いのですが、 一気に「バネの伸び」を考えるのは大変です。 そこでまず「伸び縮みしたバネ全体の長さ」を考え、 そこからバネがどれぐらい伸びたのかを考えます。 [1] 伸び縮みしたバネ全体の長さ バネ定数k1のバネの、伸び縮みした時の全体の長さ = x バネ定数k2のバネの、伸び縮みした時の全体の長さ = l1 + l2 - x [2] バネの伸び バネ定数k1のバネの伸び = (バネ定数k1のバネの、伸び縮みした時の全体の長さ) - (バネ定数k1のバネの自然長) = x - l1 バネ定数k2のバネの伸び = (バネ定数k1のバネの、伸び縮みした時の全体の長さ) - (バネ定数k2のバネの自然長) = (l1 + l2 - x) - l2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ばねの両端に違う質量をつるした単振動

    質量m ,M の物体を ばね定数kのばねの両端にそれぞれつけた。 この時の運動方程式を表せMの位置をX、mの位置をxとする とかいてありました。 解答がいきなり それぞれの運動方程式から mM(X・・ - x・・) = -k(m+M)(X-x-l) となっていました。 これを自分で求めたくて考えました。 mは mx・・ = k(X-x-l)  ・・は二回微分 Mは MX・・= -k(X-x-l) と運動方程式を立ててみましたがあってますか。 lはみずらいですが1じゃなくて自然長のエルです。 もしもこの方程式があってるなら答えをこの式からどうやってつなげばいいのか教えてくれませんか。

  • 単振動の運動方程式 Scilabについて 

    摩擦のない床の上にある物体がばねで壁につながれているとします。このとき物体に働く力はばねの弾性力だけということになります。 単振動の運動方程式について考えています。 これについて、以下のようにScilabを用いて考えます。 いかのScilabでの考察が分からなくて困っています。 // 重りの質量と、ばねのばね定数、最初に引っ張る長さ m = 1; k = 1; L = 1; // 初期値 x0 = [L, 0]' ; // [ ]' は転置 t0 = 0; // 連立微分方程式の係数行列 w = k/m; M = [ [0 1] ; [-w 0] ] ; // 導関数の定義 deff("xdot = df(t,x)", "xdot=M*x"); // x=[x1, x2]'となっている // 数値解の計算 t = t0: 0.01: 5; // t0-5秒までを0.01区切りで y = ode(x0, t0, t, df); // yも行列なので、物体の位置は1行目の要素をとればよい plot2d(t, y(1,:), 5); // 5 は色を指定する数 xgrid(2); 以上がScilabでの考察なのですが、「初期値」とは何なのでしょうか?? 「連立微分方程式」はどの関係を式であらわしているのでしょうか?? 「導関数」はどんな式ですか??読み取れません…また、どのようにその式が導かれるのかも知りたいです。(これが一番知りたいです!!) 回答よろしくお願いします。

  • 単振動と微分方程式の問題です

    単振動と微分方程式の問題です、よろしくお願いします m(kg)のおもりを吊るした振り子の一端を天井に固定し、さらに水平方向に動くばねの一端をおもりに取り付け、おもりを鉛直下で静止させる。 このとき、ばねはちょうど自然長とする。なお、ばね定数をk(N/m)、重力加速度の大きさをgとする。 ここで、振り子と鉛直線のなす角度をθ(rad)傾けた場合の運動を考える。 (1)静止して釣り合ったおもりの位置を原点Oとして、その原点Oからの水平方向のおもりの変位をx(m)、垂直方向の変位をy(m)として水平方向と垂直方向の2つの運動方程式を立てよ。 ただし、振り子がおもりを引く力をT(N)として、式中に残したままで良い。 (2)振り子の吊り点からおもりの中心までの長さをL(m)とする、振り子と鉛直線とのなす角θが小さい場合、Sinθ=θ、Cosθ=1 と近似されます。これを利用し、水平方向のおもりの微小変位x(m)と垂直方向のおもりの微小変位y(m)を表せ。

  • ばねの運動方程式

    フックの法則に従う、質量の無視できるバネ(バネ定数:k)の先端に質量mのおもりを付け自然長よりx0伸びて静止した状態からさらに、aだけ引き伸ばして手を離す場合、運動方程式は下向きを正ととると、 -kx+mg=mx'' で正しいでしょうか。 ご教授お願いいたします。

  • ばねの問題です

    質量m のおもりが上端を天井に固定されたばね定数k の軽いばねの下端に取り付けられて鉛直線上で振動している.ばねはフックの法則に従うものとし,重力加速度の大きさをg とする.ばねの自然の長さを原点として鉛直上向きにx 軸をとる (1) おもりの運動方程式を書きなさい (2)(1)の運動方程式(微分方程式)の一般解を求めよ (3) おもりはどのような運動をするか説明しなさい (1)、(2)は一応できたのですが(3)がまったくわかりません。よければとき方、答えをお願いします

  • 物理のばねの問題です

    質量m のおもりが上端を天井に固定されたばね定数k の軽いばねの下端に取り付けられて鉛直線上で振動している.ばねはフックの法則に従うものとし,重力加速度の大きさをg とする.ばねの自然の長さを原点として鉛直上向きにx 軸をとる (1) おもりの運動方程式を書きなさい (2)(1)の運動方程式(微分方程式)の一般解を求めよ (3) おもりはどのような運動をするか説明しなさい なんですが解き方と答えを教えてください!お願いします

  • バネと微分方程式(基本?)

    大学1年の者です。 物理演習で、初めて微分方程式を扱っているのですが、問題の途中でよく分からないところがありました。 問題は以下のようなものです。 自然長l、ばね定数kの二本のバネと質量mのおもりを1個用意して、 下から、地面・ばね1・おもり・ばね2・手の順につなげた装置を作る。 バネ1が自然長になるときを初期状態とし、その状態を基準に おもりの位置x、手の位置yを定める。(上向き正) 一定の速度vで引き上げる(y=vt)とき、 おもりの運動方程式をたててそれを解き、x(t)を求めよ。 これを、次のように考えました。 運動方程式は mx"=k(y-2x) だから、(x"はxの二階微分) y=vtを代入して整理して、 x"+(2k/m)x=(kv/m)t (1式) このような形になったら、まず右辺が0のとき(同次式?)のxを求めるといいらしいので そうすると、A,Bを任意の定数として x=AsinBt (t=0のときx=0だからsinにした) また、右辺が0でないとき(非同次、特殊解??) x=(v/2)t で1式が成り立つので、 「同次式での一般解と特殊解の和が解になる」らしいので x=AsinBt+(v/2)t とおける。 ここまでは出来たのですが、定数A・Bが求められません。 ただバネを引くだけなので、A=0になるのでは、とは思うのですが… (A≠0なら、おもりは上下に揺れながら上る?) 初期条件は任意のA・Bで成り立つし… もしここまでの過程が合っていたら、定数の出し方のヒントをお願いします。 間違いがありましたら、教えてください。 分かりにくい長文ですみませんが、よろしくお願いします。

  • バネの単振動について

    はじめまして。 もしよろしければ回答方法やどんな些細なきっかけでも助かるのでよろしくお願いします。 壁|~~~~○~~~~|壁    バネ 粒子 バネ 質量mの粒子の左右にバネ定数Kのバネを連結しており、それぞれのバネの一端を壁に固定しています。 2つの壁間の距離はLである。 必要ならばバネの自然長aを用いてよい。重力は考えなくてよい。 (1)今右側の壁の位置がバネの方向に、振幅E、各周波数ωの余弦関数に従って単振動し始めた。 粒子の運動方程式を示せ。 ただし、粒子の座標xは左壁から測るものとする。 (2)次に得られた方程式を元のつりあいの位置x=L/2からの変位uに関する方程式に書き直してから、定常状態における粒子の運動状態をもとめよ。 すなわち、粒子の位置を時間の関数として示せ。 という課題が学校の講義で課されました。 私が考えたのは、壁の単振動が x=Ecos(ωt+φ) としてtで2階微分して壁の加速度を出しました。 しかしこの先から分らなくなりました。 壁が動くという問いは初めてなので、混乱しています。 皆さんお忙しいとは思いますが何卒よろしくお願いします。

  • 鉛直ばね振り子の減衰振動の運動方程式について

    摩擦のある水平面でばね振り子減衰振動の運動方程式は m(d^2x/dt^2)=-kx-α(dx/dt) kはばね定数 で与えられると思いますが、鉛直ばね振り子の場合、重力のmgは運動方程式に加えなくてもよいのでしょうか? それとも 高校のころ、単振動の問題を解くとき、鉛直ばね振り子の場合はx=lを釣り合い位置としてkl=mg k=mg/l がこの場合のkであって、ばね定数とは違う値だ、というようなことを習った記憶があるのですが、この場合のkもそれでしょうか?

  • 物理 単振動

    ばね定数kのばねに質量mの小球をつけ、水平で滑らかな床の上に置き、ばねの他端を固定した。小球は質点とする。次に小球を手でつかみ、ばねを伸ばして手を離したところ、小球は単振動した。ばねの長さに沿った方向をx軸として振動の中心を原点とする。このとき、小球の運動方程式はm((d^2x)/(dt^2))=ーkxと書ける。小球の変位はこの運動方程式の解として与えられx=Asinωt+Bcosωtと書ける。ただし、ωは角振動数であり、A,Bは初期条件で決定される定数とする。 (1)運動方程式よりx=Asinωt+Bcosωtを導出せよ。 (2)解を運動方程式に代入するとωをmとkで表すことができる。その式を求めよ。 (3)小球は時刻t=0のとき、原点x=0を速度voで通過した。この時の、AとBを求めよ。 (4)ばね定数kおよびばね定数2kのばねを小球の両側に一直線となるようにつけ、それぞれのばねが自然の長さとなった状態で固定した。次に小球を手でつかみ、ばねの長さに沿って移動させて手を離したところ、小球は単振動した。ばねの長さに沿った方向をx軸として、振動の中心を原点とする。このときの運動方程式を求めよ。 特に(3),(4)がわかりません。(1)~(4)どれでも構いませんので回答よろしくお願いします。 もちろん、(1)~(4)を教えてくださると大変助かります。 よろしくお願いします。