-PR-
締切済み

植木の松の木について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.51353
  • 閲覧数418
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

松の木の枝にコブができて、その先の枝が葉の色が黄色になってきました。
ハリガネが巻きついていて、それが原因らしいけど、どうしたらいいですか。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 31% (161/506)

葉が黄色になっているということは、 その枝の日当たりに問題があるのかもしれません。 マツは日光を充分に受けられない枝を落としてしまいます。 もしそうでないのであれば、針金を取り除いた方がいいでしょう。 マツは傷口から樹脂(松ヤニ)を出し、 それで雑菌の侵入を防ぐという性質を持っています。 だからヤニと皮とでこぶを作りやすいのです。 針金を除去するために、幹を削ったとしても、 松ヤニがし ...続きを読む
葉が黄色になっているということは、
その枝の日当たりに問題があるのかもしれません。
マツは日光を充分に受けられない枝を落としてしまいます。

もしそうでないのであれば、針金を取り除いた方がいいでしょう。
マツは傷口から樹脂(松ヤニ)を出し、
それで雑菌の侵入を防ぐという性質を持っています。
だからヤニと皮とでこぶを作りやすいのです。
針金を除去するために、幹を削ったとしても、
松ヤニがしみ込んだ幹は、腐ったりしません。
ヤニが多くなった木質部は、いずれ枯死に近い状態になりますが、
枯死しても松ヤニの効果で腐ったりせず、
その上を皮(形成層というらしい)が覆って生長します。
盆栽をやっている人達は、えぐり気味に剪定します。
ちなみに直径5cmくらいの枝を枝打ちすると、
10年たってもまだ傷口の形跡を見ることができますが、
こぶの下は松ヤニまみれの木質部で覆われています。

なんでこんなこと知っているかというと、
陶芸の登り窯で使う薪を作っているからです。
登り窯では火力が強いマツの薪を使います。
ちなみに、今日割った木は、60年を経たアカマツで、
16年前に枝打ちされた跡がありました。
お礼コメント
kotochan

お礼率 100% (1/1)

早速に、メールをいただきありがとうございました。
コブは直径10cmくらいあるのですが、工作用のノミで、少しずつ削っています。
とても硬くて、柔なわたしでは少々時間がかかりますがやってみます。
でも、ハリガネまで到達するでしょうか。
投稿日時 - 2001-03-14 13:55:58
関連するQ&A


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ