• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

戦術核は本当に必要なのでしょうか

1945年に原爆をナガサキに落として以来戦争で核を使用した実績はないと思います。放射能などのリスクが大きすぎて使えない兵器だと理解しています。 一方で戦術核は地球を何回も焼き尽くす量の核が装備されてるとのことですが、理屈として「ミサイル基地などを叩くための大量破壊兵器」というのは分かるのですが、その使用シーンが想定できません。 戦術核を撃ってしまえば、パイ投げ戦争になりかねず人類の存在をも許さない環境になってしまう恐れがあります。 そこで質問なのですが、抑止力としての戦略核は理解できるのですが、戦術核が何故必要なのかわかりません。戦術核は狭い意味での抑止力になりえるとは思うのですが費用効果が全然期待できないと思うのです。なぜ戦術核は必要なのでしょう、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数250
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 戦術核の範疇を決めるのは難しいのですが、取り合えず戦術核兵器たる中・短距離ミサイルや巡航ミサイルに米・露は核弾頭を装備していません。  (米・露で結ばれた中距離核戦力全廃条約に基づいて双方検証の元で廃棄。)    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E6%A0%B8%E6%88%A6%E5%8A%9B%E5%85%A8%E5%BB%83%E6%9D%A1%E7%B4%84  発効はしていませんが、第2次戦略兵器削減条約(START II)にて議論された海軍戦術核兵器の廃棄(潜水艦以外の艦艇に核兵器を搭載しない)も米・露は進めています。  米・露の戦術核兵器論って技術革新によって超小型で威力をチョット強力な爆弾クラスにまで制御すれば、例え使用しても相手国は目くじら立てて戦略核による報復なんかしないかも…。という願望を含んだ論ですから、その願望が立証(戦術核に対して戦略核で報復しないという言明が得られなかった)されなかった以上、論として成立しませんでした。  (だから核軍縮であっさりと廃棄。)  戦術核だと最悪、前線の兵士が勝手に核を使用して、そこから世界を滅ぼす核戦争に発展しかねませんし…。  故に米露英仏も核戦力として中・短距離ミサイルや巡航ミサイルには配備していません。  (台湾問題を抱える中国はまた別ですが…。)    http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2008/2008/html/ks110000.html  現在では、通常の爆弾よりも広範囲を殺傷できるサーモバリック爆薬(気体爆薬)なども有りますし…。    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E7%88%86%E8%96%AC

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

戦術(小型の)核を使用できるシーン・シナリオが少なからずあるので小型核が必要なのだと理解していましたが、そのシーンがどうにも思い浮かばなくて、コストメリットが無いのではないかという点で質問を立てました。 やはり戦術核を撃てるシーンというのは一般的ではないのですね。 現代では廃棄が進んでいるというのは知りませんでした、ありがとうございます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • wwbc
  • ベストアンサー率28% (247/857)

核抑止力の意義は、武力行使(核戦力の行使も含む)や武力威嚇を相手がすれば自国には核兵器による攻撃もありえますよ…との戦争抑止力。 そして戦争とは相手国が自国に武力行使作戦を遂行する事なのであって、それに対応して自国側も戦力展開を図る。 必然的に自国部隊が前線に行くor自国戦力で敵部隊に照準をつける。 なので戦術核は相手国に具体的に核の脅威を見せ付ける。遠方に存在する戦略核は観念的な脅威であって現実性に乏しい。 また、核戦力を所有しない国家にとって、戦術核搭載の部隊が近隣に展開すること自体が、核兵器の実際使用を印象付ける強烈な威嚇。 遠い本土でどこを向いているか分からない戦略核では、果たして攻撃されるかどうかさえ定かではない。 核兵器を敵の眼前に持っていって、撃つぞ・使うぞと見せびらかしてビビらせる。← 戦術核の戦争抑止力、威嚇・恫喝。 また、相手国が自国に侵攻してくるのであれば、自国の持つ戦術核は圧倒的な防衛手段。 使用されれば侵攻軍側が壊滅。その上戦略核など用いた全面核戦争。 つまりその国に侵攻する事は、全面核戦争を意味する。 核使用による汚染のことなど、そういう時には考えない。考えたら防衛など成り立たない。 また、対中国戦においては主戦場は日本南方海域となるため、放射能のごみは日本には来難い。 なので幾らでも中国軍を核兵器で壊滅できる。 また戦術核の使用は、敵側の戦術核・戦略核の使用を促す。 日本・中国の場合は、米軍の核戦力頼み。当然米中の全面核戦争になる。 なでこれが抑止力となり、日本が核を持てば中国は普通の覚悟では攻め来られず。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり戦術核を撃てるシーンというのは難しいですね、というよりwwcbさんの主張は「戦術核を撃てない理由」ですよね。

  • 回答No.2
  • k99
  • ベストアンサー率47% (491/1025)

?一部戦略核とのタイポがあるように思えるが・・・?  戦術核なら「戦場に限定した核戦争」の枠内になんとか収められるかもしれないし、一方的に使用することも(相手が持ってなければ)可能。あと、戦略核はそれほど運用に柔軟性があるわけではない(流動する前線の座標なんかいちいち入れてられない)。  例えばNATO。基本的には「悪のソ連の大戦車梯団が突っ込んでくる。なので、これをどこかで殲滅する必要がある」という悪夢が前提にある(冷戦後ようやく彼らは東欧という緩衝地帯を得ることができた)。  たとえ露助の首都や工場やサイロを焼き払ったとしても、すぐそこに迫っている戦車は存在する。それを押しとどめるのに通常戦力では到底できない(と思われていた)。だったら、いっぺんに焼き払っちゃえ、という要請に基づいたのが種々の戦術核。  例えばイスラエル。戦略縦深を徹底的に欠き、さらに国土防衛は普通の国より遙かに強い意義がある。勿論、戦略抑止としても期待できるが、周辺はあまり民主的でもないんで都市を焼き払っても継戦する可能性があるし、突っ込んでくる部隊は止められない状態にある。だったら、禁じ手使ってでも焼き払っちゃえ、ということで持っている(とされているが認めたことはない)。  ただし、勿論拡大の恐怖は常につきまとうし、相手がどこからか報復手段をもってこないとも限らないので、結局無制限に使えるモノでもなかったが。というわけで、戦術核はどちらかというと衰退の一途。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>だったら、いっぺんに焼き払っちゃえ、という要請に基づいたのが種々の戦術核。 この戦術はk99さんが最後の段落に仰っているように相手に核がないこと、または局所的な戦闘で済むという保証がないと成り立ちませんよね。 >というわけで、戦術核はどちらかというと衰退の一途。 使いずらいは、コスト面で問題があるはで戦術核が衰退するなら、米・ロの合意が必要だと言うのが理解できません。必要に応じて削減すればいいはずです。「相手が戦術を持っていることを怖いと思う」理由は何なんでしょう。「戦術核を撃ってきたら軍都に戦略核を落すからね」で十分抑止力になり得ると思うのですが。それは国際法上問題があるのでしょうか?

  • 回答No.1
  • wwbc
  • ベストアンサー率28% (247/857)

「戦略核」と「戦術核」には、基本的に相違はありません。 殊更相違点を挙げれば、「戦術核」は核兵器の飛距離が短くて(500Km程度)、「戦略核」は比較的核兵器の破壊力が高め。 なので、その国によって核を使用する条件・目的が異なるし、両者ひっくるめて「核兵器」と総称してもOK。 ま、核兵器は本土や戦略原潜からだけでなく、普通のイージス艦や普通の潜水艦、普通のジェット機からも飛んで行きますよ、怖いでしょ。あきらめなよー・・・という戦術。 昔、安部元総理が「日本も戦術核の保有を検討しても良いのではないか」と言った事があるが、その意味がすぐには良く分からなかった。 日本近海に来襲した中国海軍を戦術核兵器で撃破したら、当然中国からの核攻撃も受ける。これには中国本土から飛来する核ミサイルも含まれるから、それに対する報復をしなければならない。 とま、こうなると日本の戦術核では対応不能なため、米軍の戦略核に頼る事となるが、ということは… 安部元総理は日本単独の核武装を唱えたのではなく、米国と共同戦略としての、米軍の核の傘に入ったままでの日本核武装を唱えたのだと判断できる。 従って、日本核武装による米国との外交破談を阻止しつつ、米国協調路線の延長としての日本核武装の理念。 日本は海岸線が長く、同時に領土に比して空前絶後の広さの排他的経済水域を持つ。中国は空母建造を計画中。 中国空母艦隊が日本周辺海域に来襲し武力行使をした場合、その撃破には我が軍の通常対艦ミサイルや潜水艦では不足かもしれない。 その場合の核兵器(戦術核)。 つまり確実に中国軍を日本近海で撃破出来ますよ、と。お後は米軍が始末してくれますがな・・・と、日本の戦術核の戦術的使用法ですかね。 だがそこまでやるなら、直接中国本土を狙える中距離核ミサイルも持っておくべきだが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>普通のイージス艦や普通の潜水艦、普通のジェット機からも飛んで行きますよ、怖いでしょ。あきらめなよー・・・という戦術。 これは私の言う「狭い意味での抑止力」ですね。 私の核に対する認識が誤っていたら指摘していただきたいのですが、戦術核をお互いに撃ち始めたら、そのエリアはおろか広い範囲で核汚染するのではないでしょうか。 >つまり確実に中国軍を日本近海で撃破出来ますよ、と。お後は米軍が始末してくれますがな・・・と、日本の戦術核の戦術的使用法ですかね。 この汚染が偏西風に乗って飛んで来るから日本は事実上核を撃てないのではないかと言う疑問です。(ヒロシマ・ナガサキクラスであればその心配が杞憂なのは分かりますが) また局所的な攻撃で済むというシナリオが正しいという前提がないと戦術核は撃てないですよね?だからこそ今まで使用実績はないと考えます。すると戦略核があれば、戦術核の費用効果は著しく低いように思えるのですが。

関連するQ&A

  • 日本は核保有国になれるのか?

     あくまでも技術的な話です。原発での濃縮割合を上げるなどして国内で戦術核として機能する兵器がつくれるのでしょうか。またペイロード2トンとして発射地から2000キロ以内の目的地までミサイルなどで精密誘導・運搬する手段まで含めてどれほどの期間で開発可能でしょうか。また日本の西方2000キロ以内で戦術核の爆発があった場合、日本への影響はどんなものでしょうか。もし影響が大きい場合(クリーン?といわれる中性子爆弾もコアとなる原爆は相当な被害がありそう)核兵器は抑止力にならない可能性もあるのでは?もちろんそういうことがないほうがいいに決まってますが、仮に、という質問です。

  • 核の抑止力

    太平洋戦争の終盤、日本の主要都市を焼き尽くした米軍は、今度は農村部の田園地帯に枯葉剤の散布を計画しましたが作戦は直前に中止されました。理由は当時日本陸軍が保有していた生物化学兵器による報復を恐れた為といわれています。 要するに生物化学兵器の抑止力が働いたと言うことです。 仮に、当時の日本軍が核兵器を保有していた場合、又は核実験を成功させていた場合、広島長崎への原爆投下はあったでしょうか。

  • 核保有は戦争の抑止力となるか

    タイトルの通りです。 核保有は戦争の抑止力となるでしょうか? 日本は核を保有していませんが、アメリカが核を保有し日本を守ってくれることで、日本にも抑止力は働いているのでしょうか?

  • 人類と核は共存できないのですか?

    ヒロシマやナガサキでの反核運動などで、 「人類と核は共存できない」という言葉がありますが、 福島原発事故のときにも、原発反対に使われていました。 反核運動での「核」とは、「核兵器」のことだと思いますが、 原発事故の場合には、「核分裂性物質」の意味になるのでしょうか? あるいは「核分裂性物質を利用した原子力発電」かもしれませんが、 言葉の意味がよく分からず、賛成も反対もできません。 ところで、人類と核はどうして共存できないのですか? 核兵器は廃絶して欲しいです。原発も無いほうがいいいです。 でも、なぜそれほど「核」が特別なのですか? ほかにも大量破壊兵器はあるのに・・・ここが分かりません。 原発の事故でも被曝の問題が大きいですが、 環境汚染とか人体への被害は、他にも公害や農薬など たくさんあると思うのに、放射能だけが特別な理由は何ですか? 私は脱原発を支持しています。 いろんな本も読みましたが、どれも「核(原子力)は危険」が前提で、 その理由は分かりますが、「核」だけ特別な理由がわかりません。 ぜひご教示いただけたらと思います。よろしくお願いします。

  • 北朝鮮の核武装と日本の核武装による抑止力

     独裁者である金成日とその側近を守ればよい独裁国家北朝鮮に対して、国民国家で国民全員を守る建前である日本の現状を踏まえて、核抑止力が働くかどうかについてお聞きします。  個人的には、現在のところ「核抑止力は効果的に働かない」と考えていますが、 1、北朝鮮のような極貧独裁国家に対しても、原爆の保有が核抑止力として有効であるという説得力ある根拠が、何かあるでしょうか。 2、特殊な核兵器によって抑止力が確保できるでしょうか。  また、日本の核武装化は、北朝鮮よりはるかに国力のある韓国の核武装化を誘発し、北朝鮮の弱体な核武装よりもはるかにレベルの高い核リスクを背負うことになる可能性が高いと捉えていますが、 3、この考え方を否定するような、根拠が何かあるでしょうか。  1,2,3どれか一つでも具体的に回答していただければありがたいです。 

  • 日本は中国に勝てますか?

    日本は中国と仲が悪いです。戦争が起きたら、どうすんの。 戦争の抑止力になるであろう核を、日本も持つべきなのですか?

  • 核に関して。

    広島・長崎の原爆被害は本当に悲惨だったと思います。 2度とそのような悲しみを起こしてはならないと思います。 しかし、現在100発を超える中国の核がこっちを向いています。 技術の向上により1発1発の威力も広島・長崎の時とは比べ物にならない大きさです。 北朝鮮も日本を火の海にするぞと脅してきています。 核による悲劇を繰り返さないためには日本の核保有しかないと思います。 外交で解決すべきだとの声が日本国内でもあるようですが、絵空事としか思えません。 話せば解るなんて事はあり得ません。 考えてみてください。北朝鮮側にしてみれば、 「拉致問題は既に解決した」といっています。 日本はそんな北朝鮮の話を「解り」ますか? すでに話せば解る思想は破綻しているのは明白だと思います。 核保有が核攻撃の抑止力になるかどうかは関係ありません。 ただそれくらいしかもう日本をの平和を守る術は残されていないと思うんですが皆さんはどう考えますか? 核保有に関する「議論」さえ封殺してしまうこの国はなんなんでしょうか。 タチの悪い宗教としか思えません。

  • 日本の核保有について

    先日、ここでのある質問を皮切りに、「日本の核保有」について、同僚と議論する事となりました。 自分の意見としては、率直に申し上げますと、「日本の核保有には反対派」です。 以前にも、そのようなテーマで討論をするTVを見た事がありました。 それは、核保有賛成派と反対派に分かれて議論をするような物でしたが、賛成派には若者が、反対派には戦争経験者や広島、長崎の方が多かったです。 当然かも知れません。 自らが、核の被害に合いながら、日本の核保有に賛成する人など、ごく少数ではないか、とも思います。 さて、同僚は「日本の核保有に賛成派」であり、その理由として挙げる事は、 「日本が核を持つ事で、他国への脅威になる」 「戦争の抑止力になる」 「日本には世界の国々に比べ、核兵器など簡単に製造出来る技術力があるのにもったいない」 「日本がいつまでも、アメリカの言いなりにならないで、自国に力を付ける為」 イコール 『平和を維持出来る』 と言う事です。 以前見たTVでも、賛成派は同じような事を言っていました。 そして、反対派の人間に対し、 「いつまでもキレイ事を言っていても駄目だ」 とも言っていました。 自分としましては、日本が核を持った所で、戦争の抑止力になど決してならない、と思っております。 日本が核を持っただけで、アメリカ並の「巨大な軍事力」を世界に意識付け出来るのであれば、それでも良いでしょう。 ただ、今の状態でそれを世界に意識させる為には、世界大戦規模の大きな戦争を起こし、それに勝利するという実績を付けなければ通らないと思うのです。 今の状態で日本が核を保有すると言う事は、戦争の抑止力になる所か、近隣諸国に対し、逆に「対抗意識」を植付けさせ、「戦争」を意識させるような逆効果になるのではないか?と思います。 日本ごときが、核を持ったぐらいで「優位」に立つのであれば「我が国にも核を。。。」 そう思う国が丸っきり出ないとも限りません。 そうなって、周りの国々が核を持ったら、次はどうなるか。。。 「先に核を撃った者勝ち」 となるのではないでしょうか? 自分はそれが怖いのです。 『平和を願う』 賛成派も反対派も、辿り着く思想は同じなのに、目先の事ばかりに囚われているような気がしてなりません。 戦争は、核を持ったぐらいでなんとかなるような、そんな単純なものではないと思うのです。 日本が核を持ってしまえば、核によって失われた命の重みが無くなってしまいます。 「世界で唯一、人間に核兵器を使われた」と言う悲惨な光景を、世界に向けて堂々と言えなくなってしまいます。 その事実に重きを置く事は、甘い事なのでしょうか? 自分は、現在アメリカの軍事力に守られている事と、政治の面でアメリカに対し大きな意見を言えない事は別物だと思っています。 日本が、世界の中で群を抜いて素晴らしい技術力があると言う事も否定しません。 しかし、そうであるならば、核を物ともしないぐらい防衛力のズバ抜けた、精度の高い迎撃ミサイルの開発に取り組んでもらいたいと思います。 日本には、攻撃力でなく、防衛力に重点を置いて欲しいと思います。 そうなると、「攻撃は最大の防御」と言われるでしょうか。。。 ただ、現実問題として、核保有賛成派に、戦争経験者が少ないと言う事実を、賛成派のみなさんはどう思っているのでしょうか?

  • 核爆弾の悲惨さの認識

     原爆が投下されて今年で60年目となります。戦争を知らない世代も多くなっていますが、日本国内では毎年この時期になると戦争の特集とかして、特に原爆に対して日本国内にはアレルギーといってもいいかもしれないほど拒絶する人も多いと思います。  私自身は核爆弾に対して使用することも持つことも反対なんですが、ここでふと疑問が生まれました。日本国以外の国では核爆弾に対してどのような認識をしているのでしょうか。本当に原爆の悲惨さを理解できているのでしょうか、唯一の被爆国の日本はどれくらい原爆の事を伝えられているのでしょうか?海外で生活した人などの体験談などあれば教えたいただければと思います。よろしくお願いします。

  • 核兵器をなくしたら

    核兵器をなくしたら 本当に世界平和がやってくると思いますか? 核兵器があるから抑止力となって 核保有国同士の大規模な戦争が起きてないのでは?