• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

幼少の頃のトラウマ、おそらくこういうことだったのではないか。

昭和56,7年。小学校に入学するぐらいの年だったと思います。 母方の叔母に連れられて上野の国立科学博物館まで行きました。 その帰りに博物館の前の路地で子供心に恐怖を感じる光景を目の当たりにしました。 四肢が不自由(両手は肘、両足は膝の辺りから先が金属丸出しの義手、義足)で四つん這いの格好をした人がいるのです。 サングラスをかけていて表情を窺い知ることはできませんが微動だにしません。 健常者の付添い人らしき人がいるのですが何故にそんな格好をさせているのか、そもそもその人は生きているのか死んでいるのか(今冷静に考えてみれば死者を剥製にして見世物にするなどご法度なのですが)、陽光に照らされ鈍く光る義手と義足が長い間トラウマになっていました。 最近母親から「傷痍軍人」という言葉を聞きました。 太平洋戦争で負傷した人が縁日などで募金活動をしていて昭和末期まで日本の至る所でそんな光景がよく見られたそうです。 その話を聞いた時、ふと思い出しました。 ひょっとしたら自分が幼少の頃に上野で出くわした人は傷痍軍人だったのではないかと。 今現在その人がご存命かどうかはわかりませんがもし本当に傷痍軍人だったのならお国の為に戦った勇士に対して薄気味悪い感情を抱いてしまった自分をとても恥ずかしく思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数741
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • LB05
  • ベストアンサー率52% (593/1121)

 御質問者様の『一世代上』の者です。(昭和56,7年は既に大学生でした。)  自分が小学生のころは、ヒトが集まるところにはいつも何人かいらっしゃいましたよ、傷痍軍人。特に覚えているのは・・・東京の新宿駅西口に2~3人で座り込み、後ろに座ったヒトが吹くハーモニカをBGMに、募金箱を前にした最前列のヒトがステンレスの両腕を地面につき、土下座(?)していたグループです。  しかし自分は、記憶にある限りでは『薄気味悪い』とは思いませんでした。  というのは、キッチリ教育?されていたからです。  大正生まれの医者だった父はまさしく太平洋戦争のオンタイム世代、戦争は実体験そのものでした。  一方母は父とはちょっと年が離れていて戦時中は小学生でしたが、母方の祖父は戦時中重要な公務に就いており、敗戦後は横浜の国際法廷(戦争犯罪裁判は、有名な『東京裁判』だけではありません)でC級戦犯の判決を受け、戦犯パージ(公職追放)を食らったという経歴の持ち主だったので、戦前から戦後にかけての国の政策に詳しいヒトでした。  そんな両親は、当時まだ小学生だった自分に、戦争の事、傷痍軍人の事などを詳しく説明し、そして傷痍軍人を『気の毒なのは間違いないが、必要以上に気の毒に思ったり関心を持つな』『おカネなどあげてはダメ』とキツく言いました。  何故かというと、『彼らは既に戦傷者として国で補償されていて、生活には困ってはいないから』と。(当時、一部の政治家なども利用していた都内の公立病院に勤務していた父は、当然国の『特別保護』を受けているヒト達を診る立場にもあった様で、戦傷者に対する国の保障に関して具体的に教えてくれました。)  戦争で多くの友人・知人を失い、また医者と言う立場でもあった父は、あの戦争を生き抜いて本土に戻る事が出来、しかも貧窮しているワケでも無いのに負傷部位を見世物にして『物乞い』をしているその態度が、『ラクして金儲け』に見えてどうしてもガマンならなかった様です。  というワケで、事情が判らないなら小学生でなくても中学生でさえ『薄気味悪い感情を抱いてしまった』としても不思議ではありませんし、ま、日本の福祉政策なんていつもザルなので、戦傷者の方々の全員が平等に十分な補償を受けられていたかどうか判りませんが、少なくとも無条件に『自分をとても恥ずかしく』思う必要もないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなりましてすみません。 あの時一緒に居た叔母はどうして何も話してくれなかったんだろう、と今でも時々思います。 でも回答者様のお父上同様に「貧窮しているワケでも無いのに負傷部位を見世物にして『物乞い』をしているその態度が、『ラクして金儲け』に見えて」いたからあえて自分に説明しなかったのかもしれません。

関連するQ&A

  • 昔見た街角の傷痍軍人

    私が子供だった20年以上前、街角で手足を失った傷痍軍人がカンパ(寄付?)のために立っておられる姿をよくお見かけしました。子供だった私には軍服姿(多分そうだったと思います)に「かわいそうだけど、ちょっと怖いな」と思っていたような記憶がうっすらとあります。 最近靖国問題で軍服姿の元軍人らしい人がニュース番組でインタビューを受けていてふと昔見た光景を思い出しました。 私はまだ子供でしたので、おじいちゃんに見えましたが、実はそうお年寄りではなく今もご存命かもしれません。が、最近は全くそういった方をお見かけすることもなくなりました。あの方たちは傷痍年金をもらえなかったのでカンパのために街角に立っておられたのでしょうか?大きなお世話かもしれませんが、お見かけしなくなってから、無事にお過ごしなのか気になりましました。

  • マイナーオススメなスポット教えてください(一人で東京観光)

    来週の水曜日に一人で東京旅行をします。 朝7時に夜行バスで新宿について、夕方まで電車一日乗車券を買って、東京観光をしようと思っています。 20代前半、女です。 東京は3回目なのですが、ガイドブックに載っているようなところは 大体行き、しかも今回はひとりなので、どこへいこうかと頭を悩ましています。 ★東京タワー、東京駅、お台場(フジテレビ周辺)、汐留(日テレ)、 浅草、上野(アメ横のみ)、後楽園、六本木ヒルズ(森美術館のみ) には行ったことがあります。 ★また、アートが好きで、美術館、博物館系に興味があります。 岡本太郎記念館、森美術館、ワタリウム美術館、 損保ジャパン東郷青児美術館、などに行きました。 (野田凪、岡本太郎、草間彌生あたりが好きです) インパクトのあるものが大好きです。みなさんが、東京にしかない、「これは!!」と思う場所をお教えいただければ幸いです。 (今気になっているのは、国立科学博物館です。剥製見たさにですが、ここはダイナミックでしょうか?) また、今回の観光で 六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、東京ミッドタウン のどれかひとつに以降と思っているのですが、オススメはどれでしょうか? アドバイスよろしくお願いします!

  • 幼少期からのトラウマ

    閲覧ありがとうございます。進路も大方決まり、あとは卒業を控えた高校3年生です。 私にはトラウマがあります。私が幼いころ、子育てノイローゼだった母親が私の些細なミスで、怒って窓をたたき割ったことでできたものです。その時の母親のヒステリックな叫び声と、窓の割れる大きな音が今でも鮮明に残っていて、夢に出てきたり、ぼんやりとしていると不意に叫び声が聞こえてくる気がします。 おかげで、大きな声と、大きな音が激しく苦手で、怖いです。自分が大きい声を出すこともできないし、とっさに怒られる、と思ってしまって萎縮したりします。母は当時のことをかなり申し訳なく思っているようで、何度かあやまられたことがあります。今はいい母親で大好きなのですが、これから先もこのトラウマにとらわれるのは嫌です。 私は人に怒ることもできなくて、諦め癖もついてしまっています。二つとも幼いころからの癖や性格です。些細なことで怒られすぎて、空気を読まないといけないって思いこんで、言いたいこともまとっもにいえずに来ました。 来年から一人暮らしで、環境も一変します。どうにかトラウマの克服の仕方や、私のマイナスとなっている性格を直したいです。 何かいい方法はないでしょうか?ご尽力お願いいたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

その人が傷痍軍人だったか否か、それはどちらでも良いことです。 又、薄気味悪い感情を抱いてしまったこと。これは仕方ありません。 生理的にそういう感じてしまうことは、例えば医師や看護師などでない限り、 仕方のない感情なのです。 「自分を恥かしく思う」~よってこれは間違いです。 そう思っているから、何時までも心に残ってしまうのです。 又、このことによって貴方の社会生活に著しい支障でもない限り、 これは「トラウマ」と呼ぶべきほど深刻なものでもありません。 何らご自身を恥かしいと思う必要などないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなりましてすみません。 回答者様の仰る通り、確かにトラウマというほど深刻なものではないですね。 自分を恥ずかしく思う、だから心に残ってしまう。ごもっともです。 多くの方から回答を頂きとても参考になりました。 幼少の自分が抱いた感情は至って正常なものだったんですね。

  • 回答No.6
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

私は田舎で生まれ育ったせいで、直接傷痍軍人を見たことはありません。ただ、祖母が戦争でけがをした兵士が障害を抱えてその後生きていくようなことを話してくれていましたが、お金を集めるようなことをしていたのは知りませんでした。 ところで、昔、子供向けドラマというものがありました。「ケンちゃんシリーズ」が代表ですが、おそらく初期のケンちゃんで道ばたに座って顔の半分を覆い、帽子(子供のころの記憶ではツバの広い帽子だったのですが)をかぶり、白い服を着てはっきりしない声で何か言っている人を見て「わー!乞食だ。逃げろ!」と言って走る、曲がり角を曲がったらそこにも同じような格好の人がいてまた逃げる、というようなシーンがやけに記憶に残っていました。それが傷痍軍事だったのだろうと気づいたのはかなり後になってからで、顔を覆って言葉がはっきりしないのは顔面を負傷しているから、お金をもらっていたのがその募金(という設定)だったのです。 今では考えられない内容ですが、当時はやはり子供にとっては怖い人たちという認識は当たり前のものだったようです。この手のドラマは何かしら道徳的な内容を含むものですが、この件ではただ怖がっていただけでそれを注意し諭すような場面はなかったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなりましてすみません。 ケンちゃんシリーズは自分も知っています。 オモチャ屋ケンちゃんはよく見ていました。 初期の頃にそのような描写があったんですか。 どのような意図だったんでしょうね。 自分も田舎育ちで傷痍軍人さんらしき人を見たのはこれが最初で最後です。

  • 回答No.4

確かに傷痍軍人が立っていましたが…果たして本物かどうかはわかりません。 終戦が昭和20年ですから、昭和56年だと終戦生れでも35歳。 少年兵で出兵したとしても50歳前後でしょう。 実際には西郷さん銅像近くの植え込みで衣装を調えて物乞いをする偽傷痍軍人が山ほどいました。実際に朝とか夕方に行くと着替えている風景を何度も目撃しました。 それに、なぜか最近でも見かけた事があります。果たして彼は何歳なのでしょうかねぇ。 昭和30年代にはアコーデオンなどで演奏したり、レコードを流している傷痍軍人が幾つかの駅前でも見られましたが、急速に減少し、50年代ではほぼ偽物が主流でした。 子供が異形の風体を見て恐怖を感じたり拒否するのは当りまえ。それが大人になって自己防衛本能や戦争回避の精神に繋がるのです。逆に違和感を覚えないようになどと叱るのは良くない事です。 逆に戦争中は国の為に戦う事を賛美し、靖国に祀られるために戦うことを賛美したではありませんか。 中には怪我をして帰国した兵士に対し、「なぜ死ななかった」と罵倒する人までいたのです。 自分自身のことでも、恥ずかしがる必要など全くありません。その気持ちがあったからこそ、戦争を嫌う心があるのですから。 もし戦争を少しでも肯定する気持ちが芽生えたら、彼らの姿を思い起こせばいいのです。彼らの覆面の裏に自分の愛する人や親兄弟の顔を映してみればいいのです。 大人になってから、意思の力で本能を制し、愛情を以って接すればいいだけのことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなりましてすみません。 >子供が異形の風体を見て恐怖を感じたり拒否するのは当りまえ。それが大人になって自己防衛本能や戦争回避の精神に繋がるのです。 回答者様の仰る通りですね。 「異形の風体」を目の当たりにして戦争の怖さ、虚しさを感じる。 自分はとても貴重な体験をしたのかもしれません。 病気を患い出兵しない人はカス呼ばわり。 怪我を負って帰国した人に生き恥だと罵倒する。 当時の軍国主義の恐ろしさは戦争を知らない自分でも伝え聞くだけで2度と同じ過ちをしてはならないんだという気持ちにさせられます。

  • 回答No.3

子供の頃にそう感じるのは不思議なことではないと思いますし、大人になってから反省するのは立派なことだと思います。気にすることはないと言うのも乱暴ですが、恥ずかしく思うことではないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなりましてすみません。 子供の時分と今とではやはり感受性が大きく違うんでしょうね。 心のキャパシティが小さかったあの頃は相当ショッキングな光景だったんだろうなと思います。

  • 回答No.2

【40代男性】です。 ご質問者さんの感情は恥じるものでは無いと考えます。 私が子どもの頃にはご質問者が見た方と同様、人目の多い街中でわざと障害部位を見せたり、酷い話ですが縁日などの見世物小屋で「○○男」や「○○女」とグロテスクを売りにした商品にされていた方もいました。 見られる側がソレを見せることによって「可哀相」、「気の毒」、「黙って見過ごせない」という感情を見る側に求めていたわけですから、ご質問者さんは子どもらしく素直に感じただけでしょう。 嫌な情報となりますが傷痍軍人の方のそのような行為によって得られた金銭全てが傷痍軍人の方々だけのモノになっていたわけではありません。 現在では、そのような方が減って障害者を見世物とするような事はなくなって、それはそれでいいのですが・・・。 昔はそのような方もいて、他の障害者も今ほど見た目を気にする必要が無かったのですが、現在は健常者の方の多くが障害者を見慣れていない(目にすると嫌悪感を顔に出す、目を背ける、子どもに「見てはいけないもの」だと教育する。)という状況になり、公衆浴場、プール等スポーツ施設、海水浴場などを障害者が利用しにくい現実があります。 傷痍軍人の方が時代と共に減っても、先天的、病気、交通事故が原因となっている障害者人口は平成になったからと言って減ってはいないのですが、「健常者のために隠さなければならない」と考える良識のある障害者の方が増えたせいだと思っています。 私は良識の無い障害者なので義肢くらい隠さずに下肢障害者でも半ズボンで外を歩ける時代が来ることを勝手に望んでいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなりましてすみません。 目に見えるバリアフリーが進んだところで人々の心(偏見、先入観)が変わらなければ進歩は望めませんよね。 自分は人目につくところでは必ず左手にサポーターをしています。 というのは、10年前に仕事で左手の甲から手首にかけて重い熱傷を負ってしまいケロイド状になった手を隠しているんです。 一度女性に見られて露骨に嫌な顔をされてから「隠したほうがいい」と思ってずっとサポーターをしていますがそろそろ勇気を持って自分の心を改革したいと思います。 別に隠さなくてもいいんだ、と。

  • 回答No.1
  • yymiya
  • ベストアンサー率32% (26/81)

おそらく私も同年代だと思います。 子供の頃、私も義手や義足の傷付いた方をよく見掛けました。 しかし、戦争を知らない私は、やはり怖くて目を背けることしかできませんでしたし、ある程度成長してから、私も傷痍軍人さんだと知りました。 子供だったのだから、仕方がないと私は思います。 今そうしてあなたが、恥ずかしいと思う気持ちがあれば、十分だと思います。 私には子供がいます。隣近所に障害を持った男性がいらして、特に危害を加えることは何もないのですが、時折意味不明な奇声をあげたりされるので、大変怖がります。 小さな子供に障害を理解させるのは大変難しいことなので、今は特に理解させようとはしていません。怖くないよってことだけは伝えていますが。 それと同じなのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなりましてすみません。 戦中世代の方でも傷痍軍人さんを正視するのは抵抗があるかと思います。 戦争を知らない僕らはやはりその当時怖くて目を背けることしかできなかったんでしょうね。 もっとも平成の今日ではそうゆう方々をお見掛けする機会はほとんどなくなりましたが・・・。

関連するQ&A

  • 幼少期のトラウマって

    幼少期のトラウマって、意識してなくても発動(という言い方も変ですが)するものですか? 私は人に質問することを避けがちです。 これってどういうことなんだ?と感じても、なんとなく、雰囲気だけで自己解釈したり、分からないまま放置したりします。最近、これではダメだと思うようになったのですが、ふと、「どうして頑なに人に質問するのを避けてきたんだろう?」と考えてみました。 考えた結果、過去(多分小学校4~5年生くらい)に、母親に「今日は●●に××時に行って△△するんだっけ?」と、何気なくその日の予定を尋ねたら、「そうだって言ってるでしょ!何回言わせるの?!」という風に、怒られてしまいました。間違っていたら嫌だったから聞いただけなのに、理不尽に怒鳴れた、とかなり凹みました。自分でスケジュールの管理ができていなかった私も悪かったと思いますが、それ以来私の中で「質問すると母親に怒られる」という方程式のようなものができてしまい、極力母親に質問したり、話しかけたりするのを避けるようになってしまいました。そのうち、「質問=相手を怒らせる」という発想は母親だけでなく、他の周りの人達にもあてはまると思うようになりました。 今考えてみれば、すごく馬鹿だなと思えるのですが、小学校の頃からついこの間まで、私の中でずっとこういう思考が存在していました。 最近やっと考え方を改めてみることにしましたが、いざ人に質問するとなったとき、変な緊張感があります。 自分の中では解決しつつある事柄なのですが、小さい頃の何気ないトラウマって大人になってもずっと残るものなのでしょうか?気になったので質問させていただきました。

  • 幼少期のトラウマって

     こんばんわ。1歳2ヶ月の娘を持つ母親です。  なんだか とても精神状態が良くなかった今日だったのですが(自分が)泣かれているうちにあぁ今日はもっと私と遊びたかったからなんだなと、わかったのに泣いている娘の口と鼻をふさぐ形で手を覆うという事を何度かしてしまいました。当然娘は嫌がって手をはらうので、するとまた・・という具合にです。  「あっこのままじゃまずい エスカレートするかも」と思ったので、娘をその場に残し洗面所の鏡の前に立ち冷静を取り戻し 娘の下に戻り目線から抱っこをし抱きしめて自分のした事を素直に1つづつ謝り、もう2度としません。と約束しました 近頃お返事する娘は「あい あい」とけなげにはっきりと返事をしていました。    もちろん、もう2度と同じことはしないと堅く決心したのですが やはりこの1回の事がトラウマとなってしまうのでしょうか?自分がしてしまった事なので取り返しは つきませんが不安です。次に目を覚ました時からでも挽回できる事ならば・・と思っているのですが どうでしょうか 

  • 幼少期のトラウマについて

    私の思いを寄せる人は10歳年上です。とても勉強家で仕事の傍ら、空いた時間は読書や自分に今必要な勉強に費やしています。はたから見てもストイックです。仕事は技術職です。今まで仕事と勉強ばかりで気がついたら40過ぎていたと、出会ったとき言ってました。 彼は普段はあまり自分について多く語りません。母親と2人暮らしです。一度だけ彼が自身の過去について触れたことがあります。小学校のときいじめにあったこと、彼が幼いころから両親の仲が悪く、母親には男がいたそうです。彼はお母さんが大好きだったそうで、独占欲からかとてもさみしい思いをしたそうです。また思春期には母親に対していい感情が持てず、青年期では相手の男性(父親でなく不倫相手)に対しても嫌な感情を抱いたそうです。 私は彼が大好きです。彼はとても優しく、包み込んでくれるような愛情をくれます。でも結婚に関してはあまり積極的ではありません。たぶん幼いころの家庭環境が彼をそうさせているのでしょうか。私はそれでも彼と一緒にいたいです。でもときどき彼がわからなくなります。何を考えているのか、でも追及してしまうと、何かが壊れてしまうような気がしてしまいます。彼は私のことを彼なりに愛してくれているのだろうとは思いますが…。 母親と息子(とくに長男)の関係、幼いころ家庭不和や母親の不倫によってさみしい思いや辛い思いをすると大人になって、とくに恋愛に関してどのような影響があるのでしょうか?私は少しでも彼を知りたい、わかりたいです。

  • 幼少時のトラウマ?

    私は常に人間関係で疲れ、つまずいています。 思えば幼少の頃からだと思います。4人家族で妹が一人居るのですが(私は姉です) 今思うと楽しい思い出もある事はありますが、どちらかというと嫌な思いをした事の方が今でも強く残っています。 私は幼少時、いわゆる優等生ではなくごく普通の子供でした。 妹が産まれるまでは、たいした意識や嫌な思い出は無かったのですが、妹が産まれてからは除々に出てきました。 私の性格にも問題があったと思うのですが、それとは正反対に、妹は素直・愛嬌があった為両親から特に母からはとても愛されていました。 私が小学校に上がるようになった時には、母とはよく揉めていたというか、よく怒られていました。 単純に私に非があって怒られるだけならいいのですが、その場合ほとんど妹の事を引き合いに出され比べられ、「○○(妹)はこんなに素直やのに、なんであんたはそんな子なん」とか「子供らしくない、ちょっとは○○(妹)を見習ったらどう」の様な内容の事をよく言われていました。 あと一番今でも忘れられないのが、「あんたは嫌い」と言われた事です。 これにはかなりこたえて、けんかした際大泣きをしたのを覚えています。 それからは私自身、逆に今までと違って素直になろうとか親の(母)の言う事を聞く様にしようなどとは思わず、ひねくれた子供になっていったと思います。 あと妹に対しても、親に気に入られて羨ましいという思いも当然ありましたが、それよりも妬ましいという思いの方が強かったです。 妹には何の罪もなかったのですが、正直妹の事も好きではありませんでした。 父に関しては、母のような感じではなく私も妹も平等に愛してくれていたように思いますが、やはり妹の天真爛漫さ・素直さにはかなわなかったと思います。 この内容を読む限りでは、多分母の私への愛情があまり無いという風にとらえられるかもしれませんが、そうではありません。 母の愛情を素直に感じ取れた事もあります。 ですが、幼少時に「嫌い」と言われた事、たいていいつも妹と比較し妹を褒め私の悪い点ばかりを言われた事が、いい大人になった今でも忘れられずにいます。 現在私は結婚をしていて、さすがに小さい時の様な言われ方等は無くなりましたが、でも今でも母の妹に対しての態度はやはり甘いですし、機嫌をそこねない様に気を遣っているのがわかります。 逆に私に対しては、自分の思っている事や不満などがあれば言ってくるので、たいていそこで言い合いになってしまいます。 今でもまだ比較されてる?と感じる時があります。 幼少時の事だけがきっかけでは無いと思いますが、それからの私は劣等感が強くなり、他人を含め周りにいる人に対して凄く顔色を伺うようになって、嫌われてないか?ちょっとした会話や挨拶にまで、自分の表情や態度に変な所はないか?と考えるようになっています。 結果、いつも疲れ果てて人と関わるのが億劫になり、一人もしくは家族だけ(主人と子供)がいたらいいと思ってしまいます。 (幸い主人には、顔色を伺う事なく楽なのでその点は助かっています。) でもずっとこれから生きていく中で、人と関わる事は避けられないし、このままの状態が良い訳はないとわかっているので、どうにか脱したいと思っているのですが何か良い方法はないでしょうか? アドバイスや助言を頂きたく思います。 真剣に悩んでいますので、宜しくお願いします。

  • 幼少時のトラウマ

    小学校低学年の頃に言われた、母親の言葉が忘れられずにいます。 30年も前のことで、言った母本人は覚えていません。 私は3人姉妹ですが、祖母が「3人も娘がいたら、この子が一番可愛いとかあるんじゃない?」母に言い、母が「二番目の子が一番可愛い、次は一番下かな」と言いました。ちなみに私は長女で、最下位でした。 母親と口げんかした時もあんたのこと、産みたくてうんだわけじゃないと言われた事があります。 病気の時以外は厳しい母でした。食事、掃除などは完璧にこなしていましたが、とにかく甘えた記憶がありません。 私は長女なので、特に厳しくされたのかもしれません。遊びに行く前にはトイレとお風呂の掃除をしていくよう言われましたが、二人の妹に対しては手伝いは命じませんでした。妹たちには何時手伝いをさせるのかと聞いても、あなたはお姉ちゃんだから、妹達も大きくなったらさせるということでしたが、結局いくつになっても妹は手伝いをさせられることはありませんでした。 母も財布からお金がなくなった時、真っ先にうたがわれたのは私でした。本当は母の勘違いでした。疑われたのがすごく悲しかったのを覚えています。小さなことですが、他にも私自身母親に信用されてないとか、私の事を理解してくれてない、と感じる事が多くて、母親に悩みを打ち明けるとか、何かを相談するとか、一切ないまま心を閉ざしていて、コミュニケーションを殆どとってこなかったように思います。 常に妹達と平等ではない、という思いがあって、それは幼少の頃に言われた言葉から「姉妹の中で私が一番可愛がられてないから」なんだと考えてしまいます。 それでも病気の時は優しいし、虐待を受けたわけでもないし、食事は毎日作ってくれるし、感謝してる部分もあり、それは母の愛情だと自分に言い聞かせているのですが、妹たちが実家近くに住んでいるのもあって、母親が頻繁に惣菜を届けたり、孫の世話に行ったりしてるのを聞くと、私のところに来ないのは、私に愛情がないから、と、つい思ってしまいます。私の家は実家から車で1時間です。 距離があるので、妹たちのように頻繁にきてもらえないのはわかっているのです。でも、来れない距離ではないよね、とも思ってしまいます。 私の子供の運動会に「遠いから、それに、先約があるから」と来てもらえなかった時も、孫が可愛ければ何はさておき、見に来てくれるはずだし、車でこれない距離ではないのに来てくれないのは、私の孫だから?と考え、悲しくなって泣いてしまいました。 子供には誕生日、クリスマス、正月などおもちゃを買ってくれたり、実家に行けば可愛がってくれている、孫も可愛がってくれるのをちゃんとわかっているはずなのに、時々、幼少の頃のトラウマがひょっこり現れるのです。 私はこのまま、何年経ってもこのトラウマから抜け出せないのでしょうか。妹に対してもひがみ根性まるだしで、まるで子供だなと、自分が嫌になります。 できれば、母親の愛情を認めたいのです。昔の発言に振り回されることなく過ごしたいのですが、それが出来るのか気になります。

  • 幼少期のトラウマについてずっと考えてしまいます

    5歳の時に一度ものすごい怖い思いをしたのですが、最近魔がさすとその事ばかり考えてしまいます。 将来の夢をソコから決めて今勉強中というのも大きいと思うのですが…。 トラウマになってる一連の出来事で一番怖かったところがものすごく不鮮明なんです。それを思い出したくないのに無意識に思い出そうとしてしまいます。 これって普通なんでしょうか?解消方法などは無いでしょうか?

  • 幼少時のトラウマを少しでも思い出さないためには。。

    よろしくお願いします。 私は20代後半の独身女性です。 幼少時は家族にとてもかわいがられて育ったと思います。 しかし、時としてありえない肉体的な暴力や言葉の暴力をあびたりしたことがフラッシュバックし、そんなときは日常生活に異常をきたしてしまいます。 例えば気性が激しくて意味不明なことでツバをはきかけられたり、重いものを投げられたり、鈍器で殴られたりしたことがあります。 父には以前相談したのですが幼少時に母のいない所で意味不明なことで殴られたり、言葉の暴力「色キチガイ」などを浴びせられます。 母に叩かれてもそれは私が悪いことをしたからなので全く覚えていないのですが、親戚や父にはいつも何故暴力を浴びるのかわからず、記憶に強く残ってしまっています。 普段は普通に生活しているし、周囲からも「明るい」と言われますが、時々思い出すと(ふいっと急に思い出します)涙が出てきて胸がムカムカし、何もしていないのに肉体的に凄まじい疲労感を感じて立てなくなります。 こういうトラウマを感じた時、どのようにしたら自分を落ち着かせることができるのでしょうか? 或いは、思い出さないようにするために何か方法がありましたら教えて頂けるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 幼少期のトラウマ?

    閲覧頂きありがとうございます。 話が長いかもしれませんが、悪しからず… コレは5歳~8歳くらいまでであった 出来事なのですが… おばけがこわくて、隣接していた おばあちゃんの家で寝る生活を していたんです。 詳しい理由はわからないのですが、 両親のベットだとダブルで少し 狭かったからなのか? 一緒に寝てくれることはありませんでした。 小さい時期なので毎晩9時くらいには おばあちゃんの家に行ってました。 寝室の枕元にある窓側のすぐ向かいに、 自宅の台所があり、23時くらいになると 毎晩父が寝る前のタバコを吸いに 換気扇が回る音がして、寝る時には 母が電気を消します。 すると私は寂しくなるのかなんなのか 泣いて泣いて寝ているおばあちゃんを 困らせていました。酷い時は 勝手におばあちゃん家を出て、 真夜中の自宅の玄関を叩いては 泣きながら親を起こしました。 普段、両親と一緒に寝ると、 両親のベットの下に布団をひかれ タンスとベットの間で寝ることになるので 暗くて怖くて嫌いでした。 私は3人兄弟の末っ子なので 甘えん坊に育ったとは27歳になった今でも 自覚しています。 裕福ではなかったですが、父はなにかしら アウトドアに連れて行ってくれました。 でもその分、寝る間も惜しんで副業しながら 母は扶養ギリギリで残業したりで 日常としてはいつもおばあちゃん家に 私は居ました。母は保育園の迎えも 最後だったり…普段の生活で 構ってもらった記憶があまり ないんですよね。両親はそんな感じで 忙しくしていたので当時は夫婦喧嘩も 凄まじいものでした。 母が泣くので、私も一緒に大泣きしたり。 小学校に入ってからも 宿題をみてほしくても、忙しい。の一言 毎日兄からイジメられて泣いても なかなか気にしてくれませんでした。 いつからかわかりませんが 多分保育園の頃から、夜寝つけず 寂しくて枕を濡らしていました。 お母さんが違う優しいお母さんなら 良かったのに…と。 必要とされていない、死にたい。とも 思っていました。 それが今でも、続いているんです… 恋人と一緒に寝る時も、先に寝つかれると すぐ一人泣いてしまいます。 話が全然まとめられなかったのですが、 今でも過去のことを思い出しては 今の自分と比べて共感してしまい 悲観的になり長い間泣きやめません。 先日は、彼氏の前でも寝始めた時 もう、寝るから。の一言にいきなり 涙が止まらなくなり泣き続けてしまいました。 その時にも幼い時の泣き止まない 自分を思い出してしまいます。 カウンセリングとか 行った方がいいのか… 大人になりきれなくて、困っています。

  • 幼少期の性的トラウマについて

    恋愛についての相談もしたのですが。 幼少期のトラウマがある方。 似たような経験があれば 頼もしい限り 32歳 女です。 性的なトラウマについて。 7~8歳の頃に 知らない人に とんでもない行為をされました。 親 兄弟は 一切この事実をしりません。 その後 女の子らしい服装をする事を嫌になり 髪も14歳までショート、スカートも制服以外着ませんでした。 私生活でも 両親の喧嘩が絶えず 親の離婚に安心しているような子供でした 17の時 また強姦にあいました。 友人2人いがいしりません。何とも思っていないと 開き直ってた時期。 19帰宅中 未遂、 その代わり顔を殴られるなどの暴行。(これにより 前歯差し歯です) 早い時期から一人暮らしを開始し、様々な仕事をしました。 今までに 精神的な障害から 病院にも通いました。 今は 安定剤など 全く服用はしていません。 ただ 常に重ぐるしい気持ちが拭えません。 男性とも 長くお付き合いしたり、友人もいます。 (夜のお仕事もしてました) 耐久性もあり、 克服しているはずなのに 最近になると ニュースやネット 大人の男が 幼女に…などを聞きたび 男って気持ち悪いとおもってしまいます。 気持ち悪くて仕方がなくなります。 職業柄 男性とお話ししますし 笑顔でふざけてはいると思いますが 心は全否定です。 このままだと結婚なんてありえないのでしょうか。 周りの友人には 一切話してません。 凄く悩んでいます。

  • 幼少期の性的トラウマについて

    恋愛についての相談もしたのですが。 幼少期のトラウマがある方。 似たような経験があれば 頼もしい限り 32歳 女です。 性的なトラウマについて。 7~8歳の頃に 知らない人に とんでもない行為をされました。 親 兄弟は 一切この事実をしりません。 その後 女の子らしい服装をする事を嫌になり 髪も14歳までショート、スカートも制服以外着ませんでした。 私生活でも 両親の喧嘩が絶えず 親の離婚に安心しているような子供でした 17の時 また強姦にあいました。 友人2人いがいしりません。何とも思っていないと 開き直ってた時期。 19帰宅中 未遂、 その代わり顔を殴られるなどの暴行。(これにより 前歯差し歯です) 早い時期から一人暮らしを開始し、様々な仕事をしました。 今までに 精神的な障害から 病院にも通いました。 今は 安定剤など 全く服用はしていません。 ただ 常に重ぐるしい気持ちが拭えません。 男性とも 長くお付き合いしたり、友人もいます。 (夜のお仕事もしてました) 耐久性もあり、 克服しているはずなのに 最近になると ニュースやネット 大人の男が 幼女に…などを聞きたび 男って気持ち悪いとおもってしまいます。 気持ち悪くて仕方がなくなります。 職業柄 男性とお話ししますし 笑顔でふざけてはいると思いますが 心は全否定です。 このままだと結婚なんてありえないのでしょうか?周りには 親友二人以外 話してません。 一度投稿し まちがって解決してしまいました。再度投稿。 Q 親に相談しなかったのはなぜか? 相談していれば このような悩みは持た合わせていなかったのでは? とのご回答ありましたが 幼少期から夫婦関係 破綻しており 無駄に 気を使う子供でした。 8歳の時点で 汚らしい自分を嫌われたくない、恥ずかしいと考えてました。

専門家に質問してみよう