• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

減価償却対象を売却した時

17万円ほどのディスプレイを購入したのですが、 目に合わなかったため、一ヶ月ほど使用して売却しました。 こういう場合、経理上どのように処理すればいいでしょうか? 価格的に減価償却の対象になるものなので、悩んでいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数85
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ma_
  • ベストアンサー率23% (879/3732)

減価償却とは費用化することです。資産の一部費用化のことです。 消耗品のように一気に費用とするのではなく、減価償却により少しずつ費用化するわけです。 減価償却資産の要件として、事業に供する目的で耐用年数が1年以上のもので10万円以上のものです。 ディスプレイは、実際には使用していないのですから、 これは、減価償却の対象とはなりません。 資産勘定の「貯蔵品」として計上する。 貯蔵品170,000/現金預金170,000 販売時の仕訳 現金預金150,000/貯蔵品170,000 雑損失20,000 でしょう。 こう行った場合でも、「固定資産」として計上してもいいとおもいますが、減価償却はまずいとおもいます。 そのときは、 器具備品170,000/現金預金170,000 販売時は 現金預金 150,000/器具備品170,000 固定資産売却損 20,000 とするのも、実務ではみたこともあります。 これでもよいと思います。 当初は固定資産として計上しているでしょうから。 本当は、購入しても実際に使用するまでは「貯蔵品」で、使用を開始してから減価償却の対象となるので、それからは「固定資産」で厳密に分ける必要もありますが、そんなに多額でなければ、そのような感じでも通ってしまってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧に教えていただきありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#24736
noname#24736

備品などで10万円を超える場合は、固定資産に計上して3年間で均等償却を、20万円を超える場合は、同じく固定資産に計上して、法定の耐用年数で減価償却をすることになっています。 ご質問の場合は、購入時に一旦、固定資産(什器備品勘定)に計上して、売却したときに売却の処理をすることになります。 仕訳例。 15万円で購入して、3万円で売却した場合。 購入時 什器備品 170.000 /現金  170.000 売却時 現金       30.000 /什器備品 170.000  固定資産売却損 140.000  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よく分かりました。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 減価償却について

    ふと疑問に思ったことがあるので、詳しい方にお教えいただきたいのです。 たとえば今年の6月に150万円で自動車を購入したとします。 来年の3月から急に青色申告で、個人の自営業で仕事をしようとした場合に、 前年に購入した車を使用するので、減価償却を始めたいと思いますが、どのような計算になるのでしょうか? また逆に、今まで減価償却をしていた車を年の途中で使用しなくなった場合(減価償却も使用月数だけの償却)で、 翌年の途中に売却した場合は前年の期末簿価が固定資産売却損・売却益の基準になるのでしょうか? 経理に明るくないので、使用している言葉の間違いがあるかもしれませんが、お教え下さいますようよろしくお願い致します。

  • 減価償却について

    個人事業を経営している知人に頼まれて経理を担当していますが、分からない事があるのでどなたか回答お願いいたします。2,3年前に減価償却の対象となる遊戯に使う機械(80万円ほどを3台)を購入していますが、まだ一度も経費に入れていない事がわかりました。これは今から減価償却出来るのでしょうか?

  • 減価償却の対象について

    利用しているパソコンとプリンターを対象にしようと思っていますが、3~4年くらい前に会社員時代に購入したもので、いつ購入したのか、いくらだったのか領収書もなくあいまいです。 これは、減価償却としてどのようにしたらいいでしょうか。 また、減価償却は絶対にやった方がいいでしょうか。 やらなくても問題はないでしょうか。

  • 減価償却について

    減価償却について質問があります。 職場でシステム管理を行っているのですが、古いパソコンが壊れると、 「減価償却として元は取ったから新しく購入していかなければ、ちゃんとその辺、管理してる?」 と上司に言われました。 経理のことは全くわからず、減価償却についても、何年後かには元を取って新しいものを買ったほうが得、というぐらいな知識です・・ 購入?リースですね、リース開始からどのくらいで減価償却できた、という認識でいいのでしょうか? 最後に、乱文申し訳ありません。。

  • 減価償却の対象

    減価償却の対象 個人でマッサージ関連のお店をしています。 新メニュー導入に伴って、使用する機材やら道具をまとめて全部で50万程で支払いました。 そのうち38万ほどが一番大きい金額の物で、その他は200円~3万くらいの物を細々と買っています。 この場合は全部1つづつ分けて、38万の機材だけ減価償却にして、他の細かい物は 経費として落とすのでしょうか? それともまとめて50万で減価償却にできるのでしょうか? ご回答宜しくお願いします。

  • 減価償却について

    個人事業主をしている者です。 4月以降の減価償却について質問なのですが、12万円の家電を購入し、これを家事按分30%とした場合は減価償却の対象になるのでしょうか? それとも事業の経費としては84000円になるので、10万円以下と考えて減価償却対象外でしょうか?

  • 減価償却中の車の売却について

    青色申告の個人事業主です。 車を減価償却しています。 普通自動車なので、償却期間を6年と設定し、残り1年9ヶ月を残し売却しました。 減価償却がで残っている分の金額は、どうしたらよいのでしょうか? 売却と同時に、購入もしました。 その際の減価償却の金額は、売却の下取りを引いた金額なのか、それとも全額なのかも同様に教えていただきたいと思います。

  • 旧減価償却~新減価償却方法

    旧減価償却~新減価償却方法 よろしくお願いします。個人 青色申告者です。H18年に購入したPCを3年間旧減価償却方法で処理 し、22年でそれが終わり 23年から5年間にわたり1円まで償却できるみたいなのですが 計算方法がまったくわからず こまっています。 H18年取得価格134,409 償却の基礎になる金額120,969 3年 0.333で 事業割合20%でやってきました。 今年の期首帳簿価格13,563 当期償却額6,843 期末帳簿価格6,720 経費算入1,368です。 23年から どのような計算方法で1円まで償却したらよいのか 具体的な金額 書き方でご指導よろしく お願いします。 それと このPCを破棄した時の仕訳方法は 損として 資産売却損か事業主貸6720/工具備品6720 減価償却工具備品1,368/工具備品1,386 事業主貸5,475/工具備品5,475 っでいいのでしょうか? まとめて書いてしまい わかりずらいかもしれませんが 宜しくおねがいします。

  • 中古マンションの減価償却について

    中古でマンションを買った場合の建物の原価償却の基となるのはどちらでしょうか (1) 新築時から購入時までの減価償却分を差し引いた額    例)減価償却対象価格750万円ー購入時までの減価償却費320万円=償却残高430万円 (2) 購入時の建物相当分の価格580万円(この分について消費税が付されている) 上記のような場合、どちらを償却対象価格とすれば良いのでしょうか。 宜しくお願い致します。 

  • 減価償却の残っている車の売却(ローン残あ

    どうぞよろしくお願いします。 個人事業主です。H25年度の確定申告でわからない仕訳があります。 3年前に購入した車をH25.11月に中古車屋さんに売却しました。 売却の基礎価格:410万 ローン(仕訳では借入金にしています):250万 H24減価償却残:170万 車両売却価格:172万 減価償却が残ったままの売却ですが、調べたところ、残った減価償却は経費になるようなのですが、車売却時の仕訳(1)をしてしまうと、減価償却の決算仕訳(2)をした際に、車両運搬具がマイナスになってしまいます。。。 どのような仕訳にすれば良いでしょうか。 (1)売却時 借入金250万 / 車両運搬具172万         / 預金口座 78万(中古車屋に支払い) (2)決算の減価償却 減価償却費 170万 / 車両運搬具170万