• ベストアンサー
  • 困ってます

検量線の作り方

0.05mol硫酸銅溶液2.00mlを、メスピペットを用いて100mlのメスフラスコにとり、これに6molアンモニア水を加えて振り混ぜる。さらにイオン交換水を加えて100mlとする。この発色液の吸光度を比色計で測定する。引き続き、硫酸銅溶液を4.00,6.00,8.00,10.00mlずつメスピペットでとり、まったく同様に発色させて吸光度を測定する。 さらに、銅濃度ゼロつまりアンモニア水とイオン交換水の場合もその吸光度を測定する。 と、いう手順で実験しました。 得られた結果は 硫酸銅    吸光度 2.00ml   0.05 4.00   0.12 6.00   0.18 8.00   0.25 10.00   0.31 イオン交換水  0 アンモニア水  0 となりました。 縦軸を吸光度、横軸を銅濃度として検量線を作りたいのですが、作り方がわかりません。 どなたか教えてもらえませんか。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3619
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

硫酸銅溶液の濃度は、 0.05Mの溶液を2mlから100mlまで薄めてますので、 0.05×(2/100)=1.0×10の-3乗(M) となります。 また、入れる硫酸銅溶液を増やした場合の濃度は、2mlの時と比べて 4ml→2倍 6ml→3倍 8ml→4倍 10ml→5倍 となります。 後は、これと吸光度をそのままグラフに書くか、エクセルに打ち込んでやれば 検量線になるとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

それだけでよかったんですね。; ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 吸光光度法について・・・お願いしますっ☆

    先日、私の高校の化学実験で吸光光度分析の実験を行いました。 内容はいつもやってることより全然ムズかしくて・・・(^^;) 図書館なんかに行ってもあんまり資料もなくてヒジョーに困ってしまいました(T-T) そこで質問なんですが、吸光光度法の利点、欠点とはなんなのでしょうか? 具体的な実験内容は、硫酸銅溶液、銅アンモニア錯イオン溶液の吸収曲線や検量線の作成などです。 また、黄銅をHNO3で溶かしてそこから銅アンモニア錯イオン溶液を作り、吸光度測定→検量線作成→銅の含有率を出す、なんてこともしました。 これらの操作 吸光光度法の利点欠点がどう考えてもわかりません。もしかしたら吸光光度計の機械に関することなのでしょうか? もしわかる方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。 よろしくお願いいたしますっm(_ _)m

  • 吸光度の検量線。

    血清アルブミン溶液をStandard溶液として、吸光度の検量線を作り、卵白アルブミンの吸光度を測定しました。 参考書に発色強度という事が載っていて、「血清アルブミンの発色強度を1とすると、卵白アルブミンは0.32」と書いてありました。これは、どのように使ったら良いのでしょうか?

  • グルコース検量線からスクロース測定

    グルコース水溶液の濃度を変えて、吸光度で測定し検量線を作りました。 この後、ジュースのスクロース濃度を知るために、ジュースに発色液を加えたもの、インべルターゼと発色液を加えたものの吸光度をとりました。 測定した吸光度から、グルコース検量線を見て2つのグルコース濃度を出します。前者の濃度をG1,後者の濃度をG2とし、(G2-G1)x0.95でスクロース濃度を求めます。 でも、G2のほうが大きくなってしまいました。G2の値の出し方間違っていないでしょうか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

>算が知りたいです。 既に2番の方答えているので略。 回帰線(分析化学でのけんりょう線は、統計関係では回帰線と呼ぶ)の求め方は http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4292602.htmlhttp://szksrv.isc.chubu.ac.jp/lms/lms1.html 参照。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考にさせてもらいます。

  • 回答No.1
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

質問内容があいまいで、ちょっと答えに困るのです。 けんりょう線というのは、生の測定値から換算した値を求めるときに使うものですから、未知資料(具体的濃度の値が不明の測定対象物)の測定値から換算値を求めます。 すると、きゅうこうど I1/I0 を測定し、I1/I0値から濃度を求めるためのけんりょうせんを作成するのが普通です。 慣習から言えば、横軸に対する縦軸のけんりょうせんを引くのが普通なのです。 ところが、「縦軸を吸光度、横軸を銅濃度」となり、逆です。 次に、「けんりょうせん」の数値解、(I1/I0)=a*(c) +b、慣習で濃度は小文字のCで記載しています。傾きがa, Y切片b の線形一次方程式が一般的ですが、2次式を使う場合があるとの過去の回答があり、数値解はどのように答えて良いのでしょうか。 回帰線が2種類、成分分析が1種類、伝統的方法として、目分量、があります。合計四種類あります。 最後に困るのが、 生の指定値mlで記載されていて、横軸を濃度になっていることです。 つまり、短に、mL → 濃度 の換算式を答えるだけで良いのか、それとも、上記ないようを含めて答えなければ鳴らないのか、という内容です。 しかも、困るのが「濃度」と書かれていて、分析化学一般で使われる「体積モル濃度」とは書かれていないことです。業界によっては、濃度というのは、%, パーミル、全体質量に対する目的成分の質量の比率だったりしますので、何の濃度に換算したら良いのか、文面から読み取れません。 補足ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すみません。間違えました。縦軸が濃度で、横軸が吸光度でした。 数値解は一次方程式になるみたいです。; 銅濃度は体積モル濃度でした。 そうですね。ml→濃度への換算が知りたいです。 お願いします。

関連するQ&A

  • 銅の電位

    硫酸銅溶液中に漬けた銅の電位は、溶液中の銅イオンの濃度増減によってどのように変化するのでしょうか? よく分からないので宜しくお願いします。

  • 検量計と吸光度を用いて、未知検体の濃度を求める実験について。

    タイトルどおり、検量計と吸光度を用いて、未知検体の濃度を求めました。このとき、未知検体の濃度を求めるために検量線を作ったのですが、既知濃度の溶液の吸光度を測定するとき、「濃度の小さいものから測定してください」といわれました。なぜ、低い濃度から測定するのでしょうか?「低濃度域に焦点を絞ると擬似的だが一次式になる」ことに関係してるのでしょうか?? また、この測定を行うとき、用いた溶液に対して最も吸光度の高いフィルターを用いました。これは、溶液の色とほぼ同じ波長のフィルターなんですよね・・・??しかし、なぜこのフィルターを用いたのかがわかりませんでした。 とても初歩的な質問ですが、回答のほどよろしくお願いします。

  • リンモリブデンブルー法における発色機構

    以下のような実験を行いました。 1、リン酸イオンの含まれる試料に、モリブデン酸アンモニウム四水和物と酒石酸アンチモニルカリウムを硫酸に溶かした溶液を加える。 2、L-アスコルビン酸溶液を加える。 3、分光光度計で吸光度を測定し検量線からリン酸の濃度を求める。 アスコルビン酸で還元していることや、アンチモンによって青色が強くなることはわかっているのですが、この方法における一連の反応式がわかりません。 特に発色機構について詳しく知りたいです。 よろしくお願いします。

  • 濃度計算

    NiのCuの合金試料溶液から銅イオンだけを溶媒抽出して、吸光度を求めて、そこから濃度を求めるという実験で、以下の濃度計算がわからないので質問させていただきました。 合金(NiとCu)1gを溶かした濃度未知の試料溶液250mLを10mLをメスフラスコに取り、イオン交換水で250倍に希釈したものから3mLとり、吸光度から濃度を求めたら、3.58*10^(-5)でした。ここから合金中に含まれる銅の重量百分率を求めたいのです?

  • 濃度計算

    実験で、硫酸銅5水和物を用いて、銅イオン濃度が10ppmとなるような溶液を200ml作りたいのですが、どのようにして作ればよいのでしょうか?? おそらく、初めから10ppmでは薄すぎて硫酸銅が量り取れないので、ある程度濃い状態からさらに1000倍なり10000倍なりと希釈すると思うのですが、硫酸銅の水和物を希釈する方法が分からなくて…。 どなたか解法教えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  • 化学

    硫酸銅IIと硝酸銀の混合液に単体の銅を加えると溶液中の金属イオン濃度はどうなるか 誰か教えてください。

  • 硫酸濃度の測定

    硫酸銅電解銅メッキ液を使用しています。 硫酸濃度を管理したいのですがうまく測定できません。現在用いている方法は中和滴定です。 メッキ液中の銅イオンと反応してしまい、正確な値が出ていないように思います。何かよい方法はないでしょうか? 『参考資料』 使用しているメッキ液 硫酸銅濃度 100g/ℓ 硫酸濃度  150g/ℓ 滴定方法 1.メッキ液1mlをとり、100mlにメスアップ。 2.↑の液から10ml取り出し、水50mlを加える。 3.0.1NAOHで中和滴定。 *沈殿物ができてしまうため薄めて滴定しています。

  • 濃度と吸光度の関係の問題です。

    次の問題の解き方を教えてください。答えは(a)3mL(b)4.4ppmです。 銅メッキ廃液中の銅濃度を原子吸光法により定量するために、高純度の金属銅0.1000gをできるだけ少量の硝酸に溶解し、蒸留水で希釈して正確に1Lとして保存用標準溶液を調整した。その溶液を用いて銅の検量線作成用1.00、3.00、5.00、7.00ppm標準溶液を調整し、それぞれの吸光度およびメッキ廃液の吸光度を測定した結果を表1にまとめた。 a)3.00ppm検量線用標準溶液100 mLを調整するためには何 mLの保存用標準溶液を必要とするか計算してください。 b)銅濃度と吸光度の関係から、検量線を作成してください。 c)銅電気メッキ廃液の吸光度が0.113であった。廃液中の銅濃度を求めてください。

  • 吸光度からモル濃度を求める実験で

    濃度不明の未知試料として、真鍮を濃硝酸で溶解し、加熱して濃縮させてからイオン交換水で希釈。その後エチレンジアミンと反応させて銅(2)-エチレンジアミン錯体溶液としてから、その溶液の吸光度を測定し、真鍮中の銅のモル濃度及び含有率を求める実験なのですが、真鍮を溶解させたあとわざわざ濃縮した理由が分かりません。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • 相関係数と検量線の求め方と使い方

    相関係数と検量線の求め方がわからなくて困っています・・・。 釘試料0.5gを酸で溶解し、生成したマンガンイオンを酸化させ過マンガン酸イオンとして100cm^3に低要したものを吸光度測定すると0.276でした。 200μg・cm^-3 の過マンガン酸カリウム標準溶液を0,4,8cm^3とり、100cm^3の酸に溶かし、この一部を1cmのセルに入れて吸光度を測定すると 0cm^3時:0.009、4cm^3時:0.335、8cm^3時0.674 この結果について相関分析と回帰分析を行い、濃度をXppm、吸光度をyとし相関係数と検量線を求めなさい。 という問題です・・・。 過去ログを探して似たような問題をみましたが、検量線、相関係数がよくわかりません・・・。自分の未熟のせいもあるのですが、どうか教えてください。

専門家に質問してみよう