• ベストアンサー
  • 困ってます

化学反応式(物質の変化)に関して

勉強中なのですが…理解できずに困っています。 基本的な事なのかもしれませんが、問題は「銅と硫酸の反応で硫酸銅と水、そして二酸化硫黄になる」というもので Cu+●H2SO4 → CuSO4+●H2O+SO2 この黒丸の中に入る数字を答えよという問題です。 正解はどちらの●も「2」という事なのですが…どうしてそうなるのか理解する事ができませんでした。 わかりやすい解説が可能な方がおられましたら是非ともお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数39
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ye11ow
  • ベストアンサー率40% (230/564)

わかりやすい解説(?)でいってみます。 Cu+●H2SO4 → CuSO4+●H2O+SO2 [(左辺)→(右辺) とします] 右辺のS原子の数に着目してください。合計「2個」です。 したがって左辺のS原子も2個にするためには、 左辺の●は「2」にせねばならないことがわかります。 このとき、左辺のH原子は4個、O原子は8個になります。 対する右辺のH原子とO原子が同じ個数になるようにするには、 右辺の●は2にすれば良いことがわかります。 このような考え方で、類似の問題はかなり解けると思います。 右辺と左辺の登場人物(=分子)が決まったら、あとは、 各原子の個数が左辺と右辺で揃うように係数を決定すればよいのです。 今回の問題では指定されていましたが、 登場人物を自分で決めなければならないような問題では、 化学反応に関する知識が問われることになります。 ぜひ典型的な反応をどんどんと覚えていってくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一瞬にして理解できました!本当に助かりました!頑張って勉強します!有難う御座いました!

関連するQ&A

  • 化学反応式の書き方

    Na2SO3+H2SO4→Na2SO4+SO2+H2O 亜硫酸ナトリウム+希硫酸→硫酸ナトリウム+二酸化硫黄+水 というものです。簡単な化学反応式は書けるのですがこういう複雑な式は書けません。中学生にもわかるように解説していただけませんか?化学反応式、大変見にくくなっておりますがお願いします。

  • イオン反応式について

    理科のテスト勉強をしていて、どうしても理解できない点がありましたので質問させていただきます。テストは週明けすぐにあるのでできるだけ早急に回答いただければ幸いです。 タイトルどおりイオン反応式のことです。 「銅に濃硫酸を加えて熱すると、二酸化硫黄が発生する。」 というのを、化学反応式で表そうとしています。 まず、Cu→Cu(2+)+2e(-) ・・・(1)    H2SO4+2H(+)+2e(-)→SO2+2H2O ・・・(2) (1)+(2)よりe(-)が消えて    Cu+H2SO4+2H(+)→Cu(2+)+SO2+2H2O となり ここで、SO4(2-)を加えて    Cu+2H2SO4→CuSO4+SO2+2H2O (完成) 質問は ・なぜSO4(2-)を加えるのか? ・2H(+)がなぜH2SO4になるのか? 自分の考えでは、H(+)+H(+)にSO4(2-)+SO4(2-)を加え2H2SO4となり Cu+3H2SO4→・・・ となると思うのですが。 あと熱濃硫酸の酸化剤としての反応はH2SO4+2H(+)+2e(-)→SO2+2H2Oですが、希硫酸の場合は違うのでしょうか?

  • 高校化学

    二酸化硫黄の生成で Cu+2(H2SO4)→CuSO4+2(H2O)+SO2 参考書の説明に銅は水素よりもイオン化傾向が小さいので、水素は発生せず、水になる。 と説明されています。 何を説明してるのかよくわからなです。 イオン化傾向が小さいほどイオンになりにくいのですよね。 でも、水素は別にイオンになってるわけでもないですよね。 どういうことでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#160321

分かり易い解説は無理ですが、関連説明は大坂教育大学付属天王寺高校 岡博昭先生のページ、↓でご覧下さい。 http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/08ko-046.html 銅は水素よりイオン化傾向が小さいので、希硫酸や塩酸には溶けません。 熱濃硫酸や、硝酸には「酸化、還元反応を伴って」溶解します。 実際上、 Cu + H2SO4 → CuO + SO2↑ +H2O (硫酸による銅の酸化) CuO + H2SO4 → CuSO4 + H2O (硫酸による酸化銅の溶解) と考えて頂くのが早いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考にはなりましたが…自分にはまだまだ先の内容ではないかと…情報有難う御座いました。

関連するQ&A

  • 希硫酸と濃硫酸のちがいを表す化学式で・・・

    希硫酸 (1)強酸 酸化力無し と 脳硫酸 弱酸 (2)酸化力有り 不揮発性 脱水作用 について <証明> (1) Zn + H2SO4 → ZnSO4 + H2   Na2SO3 + H2SO4 → Na2SO4 + H2O + SO2  (2) Cu + 2H2SO4 → CuSO4 + 2H2O + SO2   2Ag + 2H2SO4 → Ag2SO4 + 2H2O + SO2 とあったんですが何故それぞれ酸化力の有無を表し、 また強酸だということをあらわしているのかさっぱりです。 酸化力がないと(2)の式は起こらないのか??形が変わるのか?? 強酸だと(1)のし希は起こらないのか??形が変わるのか?? H2が出てくる=強酸?? パニクってるからわからないだけなのか?^^; 馬鹿でしーましぇーん お願いします!

  • 二酸化硫黄の製法

    亜硫酸水素ナトリウムと希硫酸から二酸化硫黄をつくる反応式ですが、参考書に、以下の二つの反応式が載っていました。 2NaHSO3+H2SO4 → Na2SO4+2H2O+2SO2 NaHSO3+H2SO4 → NaHSO4+H2O+SO2 これら二つの式はどちらが正しいのでしょうか?どちらで覚えるべきでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 酸化還元反応について

    銅と濃硫酸との反応式を書きたいのですが、これは銅が還元剤で濃硫酸が酸化剤ということで 銅 :Cu → Cu(2+) + 2e(-) 濃硫酸:H2SO4 + 2H(+) + 2e(-) → SO2 + 2(H2O) これで電子数は揃いますからそのまま足せば良いと思ったのですが、足しても良く分からない形になってしまいます。資料に載っている反応式は Cu + 2(H2SO4) → CuSO4 + 2(H2O) + SO2 となっていて上で書いた式からはこのような形は出てきません。足したものの両辺にSO4(2-)を加えると都合よく資料の反応式と同じものになりますが、それを加える理由も良く分かりませんし...  アドバイスよろしくお願いします!

  • 鉄or銅+硫酸

    Fe+H2SO4→FeSO4+H2 Cu+2H2SO4→CuSO4+2H2O+SO2 銅と鉄ではなぜ硫酸を混ぜたときにこのような差が出るのでしょうか? 銅はCu+H2SO4→CuSO4+H2このように反応できないのですか?

  • 高校の化学反応式について

    わからなかったので質問します 銅と濃硝酸の反応 イオン反応式    Cu+2HNO3+2H(+)→Cu2(+)+2NO2+2H2O Hは硝酸からくるので 化学反応式     Cu+4HNO3→Cu(NO3)2+2NO2+2H2O 過酸化水素水とヨウ化カリウムの反応 イオン反応式    H2O2+2H(+)+2I(-)→2H2O+I2 Hは硫酸からくるので 化学反応式     H2O2+H2SO4+2KI→2H2O+I2+K2SO4 となるらしいです なぜ銅と濃硝酸の反応はHが硝酸からで、過酸化水素水とヨウ化カリウムの反応はHが硫酸からなのでしょうか? Hがどこからくるのかどうやって分かるんですか? 見分け方が分かりません すみませんが教えてもらえないでしょうか あさってテストなのでできれば早くお願いします よろしくお願いします

  • 酸化還元反応(考えすぎて分からなくなりました。)

    銅が電子を放出して銅イオンになる。 Cu → Cu^2+ + 2e^- これは納得できます。 陽イオンは電子が元より少ない状態だからです。 ですが・・・ SO2 → SO4^2- (SO2 + 2H2O → SO4^2- + 4H^+ + 2e^-) 二酸化硫黄が電子を放出して陰イオン(硫化物イオン)に? 陰イオンは元より電子が多い状態ですよね? 相手に電子を渡したはずなのに陰イオン・・・ なんだか違和感があります。 CuもSO2も例です。同じ還元剤でも陽イオンになったり陰イオンになったりするところが 納得できません。

  • 化学反応式

    下記の反応式で、反応の起こりやすい順とその理由について教えて下さい。 (1)2Ag+O2+H2O > Ag2O+H2O2 (2)2NaAlO2+3H2 > 2Al+2NaOH+2H2O (3)SO2+NaHSO4+H2O > NaHSO3+H2SO4 (4)2NaNO3+H2SO4 > Na2SO4+2HNO3 (5)2HI+H2SO4 > I2+H2SO3+2H2O 自分の考えとしては、(1),(2)は酸化還元反応なので(3),(4)の方が反応が起こりやすい気がするのですが、いまいち知識不足で分かりません。 すみませんが、宜しくお願い致します。

  • 無機の酸化剤とか酸化性とかが全くわかりません

    今、高校の無機の勉強をしています。 でも、考えてもわからないところがあります。 (1)SO2+2H2S→2H2O+3S この反応式で SO2→S;+4→0(減少)←酸化剤として作用している H2S→S;-2→0(増加)←還元剤として作用している とあるんですが、どうやって酸化剤、還元剤って判別してるんですか? (2)濃硫酸の特性で 酸化性がある。加熱すると酸化作用を示し、銅や銀を溶かす。 (例)Cu+2H2SO4→CuSO4+2H2O+SO4 この反応式をどうやって見れば、濃硫酸に酸化性があるとわかるんですか? (3)「二酸化硫黄や亜硫酸には還元性があり、水溶液が空気に触れると、空気中の酸素と徐々に反応して硫酸になる。」 なぜ、還元性があると酸素と徐々に反応するんでしょうか? ホントに考えても調べてもわかりません>< どなたか簡単な日本語でわかりやすく教えてください。 宜しくお願いします!!

  • 化学反応式の量的関係

    化学基礎の授業でこの問題を取り扱ったのですが、十分に理解ができなかったのでよろしければ回答解説をお願いしたいです。 硫黄と炭素との混合物20.0gを完全に燃焼させて、二酸化硫黄と二酸化炭素の混合物を60.0gを得た。原子量C=12,S=32,分子量CO2=44,SO2=64 このとき (1)硫黄と炭素が完全に燃焼するときの化学反応式をそれぞれ記せ。 (2)はじめの混合物中の硫黄の質量の割合は何%か。 の二問です。わたしは化学反応式は S+C+2O2→SO2+CO2 と考えたのですが、これだと問題の「それぞれ記せ」の意に沿わないと思ったので、正しい回答が知りたいです。よろしければお願いします。

  • 大学化学

    Cu+2H2SO4→CuSO4+2H2O+SO2 の反応で酸化された物質および還元された物質を教えてください。よろしくお願いします。