• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

従節の三人称の動詞

George thought he make a pretty good Pigeon. と、聞こえます。 (1) 主節の動詞が過去なので、従節の動詞も時制の一致で過去になぜならないのでしょうか? (2) 時制の一致にならないとすると、主語がHeなので三人称のmakesになぜならないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

この投稿のマルチメディアは削除されているためご覧いただけません。
noname#191458
noname#191458

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数123
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

George thought he'd make a pretty good Pigeon. < George thought, "I'll make a pretty good Pigeon". he と make の間に何か「間(マ)」のようなもの、「ッ」と詰まるような音が聞こえます。 直接話法に直してみると分かりますが、he made < I make のような現在形(が変わった過去形)では習慣的行為のようであり、それを「思う」ことはあまりないように感じます。それより軽い意思で「~しよう」の I'll の方がありえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 thinkの従節が過去形になると、習慣的な印象を受けるとご説明いただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • tjhiroko
  • ベストアンサー率52% (2281/4352)

heとmakeの間に[d] の音が入っているように聞こえますので、he would make もしくは he'd make と言ってるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございました。 教えていただいて聞きなおすと、確かにそう聞こえます どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 助動詞の時制の一致

    時制の一致についてですが、 主節が現在から過去になるとき、従節は現在ならば過去に、過去ならば過去完了になり、最初から過去完了のときはそれ以上変化しない。従節に助動詞がある場合には助動詞を過去時制にする。 と、文法書には書いてあるのですが、最初から従節が助動詞の過去時制の場合、どうやって時制の一致するのでしょうか。変化しなくてよいのでしょうか。 また、従節が入れ子になって時制が何段階にもなる場合、普通は「現在→過去→過去完了→それ以上は変えない」ですが、助動詞の場合は「現在形→過去形」でそれ以上は変化しなくてよいのでしょうか。 具体例があっての疑問ではないので、見当違いなことを聞いていたら恐縮なんですが、ふと疑問に思ったので・・・。助動詞の時制の一致について詳しく教えていただけると幸いです。

  • 主節の現在完了動詞がthat節を取るとき・・

    タイトルにある通り、この場合、that節の中の動詞の時制はどうなるのでしょうか? たとえば、I have thought that this plan fails.のように、現在形でいいのでしょうか? また、主節が過去完了動詞なら、節内の動詞は過去形でいいですか? どなたか、ご教授お願いします。

  • ロイヤル英文法の「時制の一致」の定義について

    ロイヤル英文法には以下のような記述があります。 「主節の動詞と“従節”の動詞の時制に関する一致を、時制の一致という」 時制の一致では「名詞節のみ」が対象となると私は現在のところ理解していますが、ロイヤル英文法があえて「従節」と記述した理由はあるでしょうか。 言い換えれば、形容詞節(関係詞節)、副詞節が時制の一致の例として挙げられることはあるのでしょうか。

  • 時制の一致

    I thought my son has outgrown that. 主節の動詞が過去の時、従属節の動詞に時制の一致がおこると思うのですが、この場合どうして一致しないのでしょうか。  

  • in order thatに続く節の助動詞

    in order that~の表現を辞書で調べてみると、 <that節ではso that節と同じく、can,will,直接法現在、(正式)may(主節が現在・未来)、 should,could,would,(正式)might(主節が過去)を用いる。> とありました。 このことについて、in order thatに続く節では、 ・canはそのままの意味の「可能」の意味を持たせたいときに使うので しょうか?  そしてcouldはその時制の一致? ・ここでのwillは未来をあらわすwillでいいのでしょうか?  wouldは主節が過去形の時の時制の一致として使うのでしょうか? *また、辞書を引いてみるとこのwouldはwh節・as節譲歩節でも使うようにとれたのですが、 例)I couldn't read it,try as I would. ↑この例文でも主節が過去形だから時制の一致でwouldを使ってあり、主節が現在・未来形だったら try as I will...とwillを使うのでしょうか? いろいろ考えたのですが、自分の考えが間違っているような気がするので 回答をお願いします。

  • 時制の一致

    時制の一致についてです。 That節においてですが主節の動詞が過去形になればThat節の動詞も過去形になりますよね。(時制の一致) それでなのですがこの時制の一致はThat節においてのみ起こるのでしょうか。 Because節、If節、When節・・・など全ての接続詞の節において言えることなのでしょうか。 ご存知の方教えてください

  • 主語と動詞の関係

    3人称単数のs等動詞の形は主語と一致します。 もし、つぎのように主語と動詞が単複で一致していない文章があった場合、 That are good. 以下のどちらに修正するのが普通なのでしょうか? 1)That is good. 2)Those are good. 1は主語を軸にして動詞を一致させています。2は動詞を軸にして主語を一致させています。 実際問題としては、前後の流れなどで判断することになると思いますが、そのような条件がない場合、英語としてどちらの方がより自然な考えなのでしょうか?

  • 副詞節、形容詞節の中の時制

    I was looking forward to the day when I could see him for the first time in five years. (ぼくは5年ぶりに彼に会える日を楽しみに待っていた。) 上の例文で、when以下の関係詞節の時制は「could」と過去形になっているのが気になり質問しました。 今までは、「ああ、主節が『was』と過去形になっているから時制の一致で『could』となってるんだな。」という感じの理解で流していたのですが、この前文法書を読み返していたら、 「時制の一致が起こるのは原則として名詞節のみで、副詞節、形容詞節では時制は自由。」 と書かれていました。(ここで書かれている「自由」という意味がよくわからなかったのですが。。。) となると、副詞節、形容詞節の時制はどう考えればいいのですか? 主節の時制と同じだと考えて良いのでしょうか?違うでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 従属節の主語省略

    It is a 60,000-year human tradition to have special ceremonies when burying the dead. という文章で自分は従属節の主語を省略出来る時は主節との主語と一致している時だけだと思っていたのですが、解説には従属節中の述語動詞を現在分詞にして、主語を省略できると書いてありました。  主節の主語は仮主語のIt ですが従属節の守護はwhen people buried となっています。 主節と従属節の主語は一緒じゃなくても省略できるのでしょうか?

  • 節のなかでのwouldの読み取り方について

    従属節のなかでwouldが使われた英文を読むとき、 仮定法なのか時制の一致なのか、それとも過去の習慣を表すのか いつももたついてしまい、もどかしさを感じてしまいます。 例えば、次のような文章を考えます。 I thought he would come here. これは、次の3つの観点で解釈し得るかと思います。  (*)もし非文があったら、ご容赦ください。 (1)仮定法として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼だったら、ここにくるだろうと思った。    (*)これは、もとは『I think he would come here.』を、過去にした状況と思っています (2)時制の一致として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼は来るのだろうと思った。    (*)これは、もとは『I think he will come here.』を、過去にした状況と思っています (3)過去の習慣として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼はよくここに来たものだと思った。    (*)これも、(1)と同じくもとは『I think he would come here.』を、過去にした状況と思っています 文脈や前後関係で読み取るというのは、もちろんあるかと思いますが、 wouldが出てきたときに、上記の(1)~(3)のどれが適切な読み取り方なのか、 もう少し深い理解にもとづいての自然な読み取り方法があるのではといつも思ってしまいます。 wouldが出てきたときには、どの様な観点で読みとると自然で見通しのよい読み方ができるのか、 よろしくご教示ください。