• ベストアンサー
  • 困ってます

切り出し窓長と周波数分解能の関係

サンプリング速度が22.05kHz で,切り出し窓長が20msec の場合の周波数分解能はどんな値になるのでしょうか? また、サンプリング速度が22.05kHz で, 切り出し窓長が50msecのときの周波数分解能はどんな値になるのでしょうか? 式なども詳しく教えていただけるとありがたいです><;

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数814
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

フーリェ展開で処理するなら、切り出し長と周期が一致する周波数まで分解できるかと思います。 20msなら50Hz,50msなら20Hz。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

No.2の者です。 ごめんなさい。 先の投稿は各分解能の数字が半分になってました。訂正版です。 Scilabにより計算した結果から読み取った値です。 窓関数   方形窓  Hamming窓  Hannin窓 窓長20ms  約86Hz   約130Hz   約150Hz 窓長50ms  約34Hz   約52Hz   約60Hz 窓関数が同じなら、窓長×周波数分解能=一定です。 なお、サイドローブの減衰量からは、Hamming窓がお勧めです。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

No.2の者です。 追加をしましょう。 Scilabにより計算した結果から読み取った値です。 窓関数   方形窓  Hamming窓  Hannin窓 窓長20ms  約43Hz   約65Hz   約75Hz   50ms   約17Hz   約26Hz   約30Hz 窓関数が同じなら、窓長×周波数分解能=一定です。 なお、サイドローブの減衰量からは、Hamming窓がお勧めです。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

窓長だけでは、決まらないのではないでしょうか。 方形窓では、メインローブの直近のサイドローブの減衰量が 小さいので、普通は、Hamming窓、Hanning窓などが用いられます。 この場合のメインローブ幅が周波数分解能と言えるでしょう。 Hamming窓関数などをフーリエ変換し、グラフを描くとすぐに 求められます。 フリーソフトのScilabが使えれば、いろいろな窓関数の周波数特性を 計算して、グラフを描くツールがありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 離散フーリエ変換の周波数分解能

    失礼します。 DFT(離散フーリエ変換)について質問させてください。 DFTの周波数分解能は時間領域でのデータが持つ幅の逆数で決まりますが、 この周波数分解能で表現されなかった周波数成分はどこに行くのか教えていただけないでしょうか? DFTでの離散的な周波数の間にある成分はどこへ行くのか? 単純に考えて、DFTは形としては級数和なので、 それらの成分はどこかに畳み込まれているように思うのですが、 表現されない周波数成分の情報は消されたりするのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • フーリエ変換の最大周波数

    5kHzでAD変換した信号があり、解析したい成分は0~1kHzに含まれています。 上記の前提で、256点で128点オーバーラップしながらFFT処理を行った場合、FFTを行うデータ数をN、サンプリング間隔Δt(1/5kHz=0.0002sec)とした時、 分解能 Δf=1/N*Δt=19.53 最大周波数 Fmax=(N/2NΔt)-(1-Δf)=2480.47 という計算式をインターネット上で見つけました。つまり0~2480Hzまで20Hzごとのパワースペクトル時間変化が128点データが並ぶということになると思うのですが・・・・ 一方、最大周波数はFFTデータ数の半分だという記載も見つけました。すると、最大周波数は半分も128Hzだと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか?

  • 周波数と速度の関係。

    周波数と速度の関係について質問です。 現在油圧シリンダーのサイズに見合った必要流量の勉強をしているのですが、流量(Q)=面積(A)×速度(V)と言う基本式があっての計算なのですが、写真の式の様に8.7×0.06×2π×20と言う式がありますが8.7はシリンダ面積なので分かります。 0.06と2π×20と言う数字が分かりません、本来の流速をかける場所に0.06と2π×20と言う数値がきております、一応加振周波数20HZ 加振振幅 0.6mmと言う数値が条件にあるのですが、この場合加振周波数20HZというのは入力する周波数が20HZ、 加振振幅 0.6mmと言う数値が波形の振れ幅と言う意味ですか? もしそうであれば、周波数と振れ幅がなぜ、流速と同じ意味になるのでしょうか? 周波数と振幅と実際の物の速度にはどのような関係があるのですか? わかる方できるだけ詳しく分かりやすく教えてください!

  • 周波数がよく分かりません。。

    どんな波にも、周波数と波長があるとどこかの本に書いてあったのですが、未だに周波数の定義についてよく理解できません。 簡単な定義として、媒質が振動する回数とあるんですが、あまり直感的に理解できません。。 式に書くと 周波数=速度/波長  だと思うのですが、例えば http://electron9.phys.utk.edu/phys135d/modules/m10/images/Image109.gif のように、ロープがあり、たった一個の波しかない場合、周波数がXとします。 ですが、もし波長、速度が同じ波を二個作った場合、周波数は2Xになるんではないでしょうか? そうなると式が成立しなくなると思うのですが。。 後、無限にロープの長さをとって、波を一個だけにすると、 媒質のある一点が波になって振動してからもう一度振動するまでの時間が無限となる、つまり 周期が無限になって、周波数は1/Tとあらわせるので、周波数はほぼ0になってしまいます。 ですが、実際には一回でも振動しているので又おかしくなってしまいます。 多分根本的に理解できていないと思うのですが、どなたか助けてください!!

  • 周波数解析 FFTと自己回帰モデルについて

    いつもお世話になっています。 周波数解析で質問です。 十分なサンプリングレートで、十分な時間記録したデータを使う場合、自己回帰モデルを使った周波数解析は必要ないでしょうか。 現在、FFTを使ってあるデータの周波数解析をしていますが、ものの本によれば、そのデータを扱う場合は、FFTよりARモデルを使った周波数解析の方がよい、と書いてありました。しかし、サンプリングレートが細かすぎて、モデルの次数を決定するのも、妥当かどうか疑問が残ります。一般的に、MEMなどのARモデルを使った周波数解析は、周波数分解能の悪さを補うのが大きな目的ですか?

  • FFTでの分解能について

    FFTをするときに、その分解能はサンプリング時間とデータの数で決まってしまうと思うのですが、この二つを変えずに周波数分解能をあげることは可能でしょうか?また、データ数を補間する等して無理やり多くすると問題があるでしょうか?すいません、どなたかお答え下さい。

  • ヒトの耳の周波数分解能について

    人の耳の周波数分解能の平均は(たとえばビット深度で言うと…他の単位でも結構です)、どのくらいですか? できれば、日本人に関するデータもあるとうれしいですが、ヒト全般でも結構です。

  • 瞬時周波数

    よく角度変調で,その位相項を微分したものを瞬時周波数と定義してあります. 1)では,振幅変調では瞬時周波数とは意味をなさないのでしょうか? というのは,振幅変調ではエンベロープの上昇時と下降時で周波数が異なると聞いた気がして,このことが瞬時周波数で考えているのではないかと思ったのです. 2)そもそも複数の周波数成分が混合した場合,瞬時周波数とはどうなるのでしょうか? 振幅がわからないので,こんなことを考えています. 3)FFTなどを用いずに,周波数を求める方法として下記は正しいでしょうか? 直接観測値から周波数を読み取るには,周波数成分が1つであれば2点もあれば振幅と周波数が三角関数の連立方程式を解いて導けると思います. (サンプリング定理は満たしているとし,観測値はサンプリング間隔毎にx(t), x(t+τ), ..., x(t+nτ)とする.) 多周波数の混合となった場合も,いくつの周波数成分があるかを前もってパラメータとして知っていれば,観測値の個数>未知数の個数を満足すれば解ける気がします. (ノイズとりあえず無しとしてです.) 4)3)で解いたものはやはり瞬時周波数ではないような気がしますが,如何でしょう? 質問が多くてすみません.混乱しています.よろしくお願いします. この考え方

  • 周波数の概念がわからない

    DTMを勉強しています。 避けては通れない周波数について質問させてください。 アナログ→デジタル変換時、多くの場合、標本化定理によって 人間の可聴領域22kHzの倍の44.1KHzを採用(CDに記録する場合) していると思うのですが、 私の感覚では以下の2つを結びつけることができないのです。 1.可聴領域でいう周波数20Hz~20kHz辺りというのは、音程の   イメージ(例えばラが440Hz) 2.標本化(サンプリング)でいう周波数は、   一秒間に何回計測するかの値、と考えるのですが 1と2でいう「周波数」は同じものなのですよね? 私にはどうしても同じものと考えられず、混乱します。 頭が固い私に、どうかわかりやすく教えていただけませんでしょうか。 宜しくお願いします。 (カテ違いだったらすみません)

  • 特定周波数の取り出しについて

    2点質問させて下さい。 縦480x横640の画像(チャート)データ を480のファイルに1ファイル640個のデータとして保存して その1ファイルにある特定の周波数がどのくらい 含まれているかを抽出する作業をExcelにて行っております。 (将来的にはソフト制御を考えています) 特定の周波数を抜き出す方法として データに対して、抽出したい周波数の正弦波との積を取り そのデータを積分して値を求めようと考えておりますが その特定の周波数の値を変化させた時に、結果がマイナス値 が出てくる場合があります。 私の認識ですと、マイナス値が出てくる事は無いと思って いたのですが、これは私の方法が間違っているのでしょうか? ちなみに各種データは次のとおりで求めています。 サンプリング周期 Δt [s] = 1 / 640 = 0.0015625 ω(特定周波数10Hzの場合)= 2*PI()*10Hz= 62.8 正弦波          = sin(サンプリング時間xω) また、上記の周波数成分を抜き出すのと似ていますが ある範囲だけの周波数成分(バンドパスフィルタ?)の ような事を行いたい場合どのようにすればよいかご教授 していただけないでしょうか?参考になる書籍、HPなど でも紹介していただけるとありがたいです。 自分なりに勉強しているのですが、なかなか進まないので ほとほと困り果ててます どうぞ皆様のお知恵をおかしください。 よろしくお願いします。