• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

核廃絶集会に対する疑問

広島長崎を代表とする、核兵器廃絶、平和記念の集会活動があります。私は、その主張を聞いていると、非常に論理的に欠陥があるように思えてなりません。 結論を言えば、「核抑止力」についての言論を避けているのではないでしょうか。 私の考えるところはこうです。 第2時大戦末期、日本は唯一の被爆国となりましたが、このあまりの凄惨さために、政治的にも世界各国は「核兵器は使えない」ということを十分自覚したのではないか?印パの紛争が両国の保有の後途絶えていること、第2次大戦以降は、大国間の直接の戦争がなく、周辺紛争にとどまっていることなどを考えても、核抑止力は有効に働いているように思える。それは実は、広島長崎の犠牲者が作り出した平和である、ということがいえるのではないか? しかるに核廃絶などしたら、また世界は凄惨な大規模紛争を始める可能性が高い(かった)その考察が、あの平和記念集会にはかけ押しているのではないだろうか? そういう疑問を常に感じているのですが、なにか論点がおかしいでしょうか?

noname#105097
noname#105097

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数67
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

そう言う論理が成り立つ様に思える事を否定できるとは思いませんが、2つの世界大戦での壊滅的打撃に因り、大国同士がお互いの存亡を掛けたリスクを犯す事の愚かさを知ったと言う考えも在ります。 核の被害があったのは日本だけですが、その日本より酷い惨禍を受けた国は多数ありますし、その後遺症においては日本の比ではありません。 また、米国を含めた他国での核被害の悲惨さは、残念ながらそれ程コモンセンスとはなってなく、未だに「驚いた」とのコメントを言う人が多い事は良く報道されていますし、核実験後に無防備で跡地に軍隊が入るのは、中国だけではありません。 通常兵力のみで米国が敗れたベトナム戦争においても、核兵器は持ち込まれたものの使用されませんでしたが、若干核報復の可能性があった朝鮮戦争とは異なり、あの時点での核攻撃は報復のリスクを恐れて行われなかったのではなく、使用の大義名分が薄い事が原因でした。 勿論、上記にも異論があるとは思いますが、所詮イフの世界の話であり、仮説の結論は事実に寄ってではなく支持者の多さによって決まります。 論点が可笑しいのではなく、その論に対する支持者が少ないと言う事だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 2つの世界大戦というのは、大国にとって非常な劇薬になりました。戦争はしてはならない、すれば破滅への道があるという認識と核のセットがあった。だからこそ、双方が均衡を持って保有するという抑止効果を意図的に推し進めたのでしょう。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#91323
noname#91323

最近の先進国の論調として核は意味がないと言われていますよ 何も難しいことではなく、核の小型化が進み狂った小国までももてるようになってくれば、お互い核で応酬したとして失うものがない国が有利だからです かっての狂気の国、人の命をコケにしたわが国が当時核を使えたら間違いなく落としてます だから米国小浜さんも廃絶をいい始めたのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 大国と小国では意味合いが違ってきますね。核兵器が安くなってしまった。技術が向上してしまったことが、国際政治的に決定的な転機を生みそうです。

  • 回答No.4

>論点がおかしいでしょうか? 平和記念集会で、核抑止力を肯定して核廃絶を否定しろってこと? 原爆を体験した被爆者を向こうにまわして、広島長崎の犠牲者が平和を作り出したなどという暴論を盾に核廃絶を否定するなど被爆者を嘗めきっているとしか思えん。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

 現実の世の中では異なる意見があった際に、 「あなたの意見は40を要求、私の意見は20を要求、だから間をとって30にしましょう」  的な調整が行われる事が日常茶飯事、政治交渉なんかでも、最終的に世論に近い中道的な結論にするために、駆け引きの中では、与党は世論よりも保守的、野党はリベラルなことをいいブレンドしている感じがあります。  核廃絶といった意見も、それが絶対というよりも、他の意見(核保有による抑止力といった感じの)と突き合わせた後、最終的な世論で現実に即したものに近づけるための、一つの立場の人から提起された議論の叩き台、というように解釈したほうがいいのではと考えますが、いかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 ひとつの曲論的な考えがあそこに集中されている、という風に考えればなるほどそうおかしくは思えませんね。

  • 回答No.2

自分は別の疑問が・・・  それらの集会は米国の核廃絶をいつも声たかだがに叫ぶが、  米国以外(インド、パキンスタン、中国、イスラエル、ロシア)あたりの核に対してあまり言及しているのを見た事がない  核廃絶というより、米国の核廃絶になっている気がします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 まったくですね。要するに、本質を分かっていない連中が呪文のように叫んでいるだけです。

関連するQ&A

  • 核廃絶運動ばかり宣伝する

    どうも、メディアマスコミだけでなく、社会の隅々まで 「核廃絶だ、核のない社会だ」 という理想論ばかりがもてはやされて、 「核抑止力だ、必要悪だ」 という現実論がなおざりにされている感があります。 どうしてなんでしょうか?

  • 平和式典や核廃絶などの重要性

    今日で原爆が落とされて64年の時間がたちましたが 今の日本での平和式典や核廃絶などの重要性が低くなったの 気のせいですか? また、私は広島の者なのですが高い重要性を必要性感じるのは 広島や長崎などの人達だけなのでしょうか? 広島や長崎以外の人達の声を聴いてみたいです

  • 広島、長崎でのオリンピック賛成ですか?

    広島、長崎でのオリンピック賛成ですか? 私は大賛成です。 なぜなら、平和の祭典オリンピックで核の廃絶を訴えることができますから。 世界各国の色々な人に広島長崎に訪れてもらって、戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさを知ってもらいたいですからね。 知らないということは本当に恐ろしいことだと思うんですよね。 原爆ドームを訪れてみれば、核兵器を持っている国の人も、これはやっぱり持っていてはならないな、と感じてくれるのではないでしょうか。 また、我が国も持った方がいいと考えている人たちも、これはやっぱり持ってはならない、廃絶しなければいけないなぁ、と感じてくれるのではないでしょうか。 そろそろいい加減に、核廃絶の方向に向かわなければならないといけないと思うんですよね・・・。 一体いつまで軍備を拡張しようとするんでしょうか・・・。 本当に愚かなことだと思います。 広島、長崎でオリンピックを執り行い、みんなで世界中の人々に核廃絶と平和のメッセージを発信しましょう!!

  • 核兵器廃絶に賛成ですか、反対ですか?

    核兵器廃絶に賛成ですか、反対ですか? 最近、オバマ大統領が核兵器廃絶を目指すことを宣言し、核兵器廃絶に関して注目が集まっています。 しかし、核兵器を廃絶すれば大国間の相互確証破壊の原則が覆り、かえって平和を壊すことになると 思います。もちろん、オバマ大統領もそのことは承知の上で形式的に聞こえがよい核兵器廃絶を語り、 真の目的は大国以外が核を持つことを抑止し、核によるテロを防止することだと思います。 ただ日本人のかなり多数の人がこの核兵器廃絶が平和を構築するという絵空事を真に信じて支持していることに疑問をもっています。 皆様のご意見を聞かせてください。(核兵器廃絶に賛成か反対か)

  • 核抑止力の評価

     当時、質・量ではアメリカ・ロシアに次いで、世界第三位の核戦力を持っていたイギリスに対して、1982年、アルゼンチンがフォークランド諸島を占領したことで、フオークランド戦争(フオークランド紛争)が起こりました。 http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%A5%D5%A5%A9%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%F3%A5%C9%C0%EF%C1%E8 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%B4%9B%E4%BA%89    軍事は、抽象論ではなく、リアリズムを踏まえたものという観点から、『この戦争に核抑止力が働かなかったのはなぜでしょうか』と言う問いに答えて下さい。  以下、4つのケースを想定しています。 1、核抑止力が働かない特殊ケースであった。  ⇒ その特殊性について、解説してください。 2、核抑止力は働いたが、表に出なかった。  ⇒ どういう形で抑止力が働いたか、何故表に出なかったか、解説をお願いします。 3、核抑止力自体が空想の産物。  ⇒ この戦争において、どのような形で、核抑止力が空想であるということが示されているか。 4、その他  現在、核抑止力の本質が検討されないまま、「核抑止力が有効である」とか「核抑止力がない」とかいう議論がされています。  核抑止力が働かなかった?ように見えるイギリス・アルゼンチン間で戦われた実際の戦争を踏まえて、 「核抑止力は、どういう状況では働かず、また働くならば、どういう状況なのか」と言うことを知るために、フォークランド戦争という具体例をベースに、回答をお願いします。

  • ノーベル平和賞にオバマ氏??

    核廃絶への取り組みを明言化したことが評価されたようですが、実際に核兵器の削減が実行されていない段階での受賞っておかしくありませんか? 明日にでも大統領が暗殺され、核廃絶が暗礁に乗り上げるなんてこともアメリカの歴史上考えられなくもありませんよね。 毎度のことながら、ノーベル平和賞ってものの存在意義を疑ってしまいます。 核廃絶への取り組みは評価されるものだとおもいますが、大統領の権限の下、今現在も世界中にアメリカ軍は展開しており、その軍事展開によるその犠牲者は増え続けていることはどう捉えるのでしょうかねぇ。

  • 21世紀中に核兵器のない地球に戻せるのでしょうか?

    「核廃絶に向け確実に行動する。ただ、世界に核兵器が存在するうちは米国は安全な方法で核兵器を維持する。敵を抑止し同盟国に安全を保障するためだ。」 オバマ大統領の素晴らしい演説、北朝鮮のミサイル騒動のばかばかしさ。昨日のニュースを見ただけで世界の平和の大切さを考えてしまいます。21世紀中に地球は核兵器のない場所に変わるのでしょうか? 日本はそのために貢献できる国になっているのでしょうか?

  • 核兵器は無くせると思いますか?

    核廃絶を訴えている人達は多いですよね。 日本政府も、「核廃絶のために日本が先頭に立って・・・」などと言っていました。 学校の先生も、「北朝鮮に核放棄させて、その流れで中国やロシアも 核を棄ててくれるのが良いんですけどね~」などと言っていました。 (その瞬間、この先生は本気で言ってるのか?!と思いましたけど・・・) 私個人の意見としては、核兵器がなくなることは無いと思います。 もちろん核兵器なんてものは無い方が良いに決まっていますが、 いくら核廃絶を叫んでも、核よりすごい兵器が出ない限り核はなくならないのでは?と思います。 唯一望みをかけるのであれば、人類の文明が何百年もかけて発展を遂げて、 世界中が「武力など棄ててしまえ」という風になることくらいかなと思います。 また、核兵器を持っているアメリカをはじめとする国々が、 「イラクが核持ってるとしたらけしからん!北朝鮮は核放棄しろ!」 というのも、筋が通ってなくて変な話だと思います。 皆さんはどう思いますか?

  • 北朝鮮の核武装と日本の核武装による抑止力

     独裁者である金成日とその側近を守ればよい独裁国家北朝鮮に対して、国民国家で国民全員を守る建前である日本の現状を踏まえて、核抑止力が働くかどうかについてお聞きします。  個人的には、現在のところ「核抑止力は効果的に働かない」と考えていますが、 1、北朝鮮のような極貧独裁国家に対しても、原爆の保有が核抑止力として有効であるという説得力ある根拠が、何かあるでしょうか。 2、特殊な核兵器によって抑止力が確保できるでしょうか。  また、日本の核武装化は、北朝鮮よりはるかに国力のある韓国の核武装化を誘発し、北朝鮮の弱体な核武装よりもはるかにレベルの高い核リスクを背負うことになる可能性が高いと捉えていますが、 3、この考え方を否定するような、根拠が何かあるでしょうか。  1,2,3どれか一つでも具体的に回答していただければありがたいです。 

  • 管総理大臣の「核」は必要

    管総理大臣の「核」は必要 8月6日、管総理は広島の平和記念式典に出席後、わざわざ「核抑止力は必要」と述べました。「核」は「必要」であるという意味です。誰がどう解釈しようと。 かつて、アメリカが大陸間弾道ミサイルなど膨大な核兵器を作り続けてきた論理と同じです。ブッシュやレーガン大統領、かつてのキッシンジャー補佐官に至るまで、核抑止力の思想が継続されてきました。アメリカは今も大量の核兵器を保有する一方、非核保有国には一切、認めない神様のような権限を行使しています。そして日本国政府は、ポチのように、しっぽを振って、思いやり予算他でを6000億円近く今年も計上します。 今年初めて国連の事務総長パン・ギムンが広島記念式典に主席しましたが、力強く「核の危険を排除するには、核兵器を全廃するしかない」と堂々と訴えました。一方、なぜ日本には、このようなアホな総理大臣しかいないのでしょう? ルース駐日大使も式典に出席しましたが、献花することもなければ、慰霊の言葉一つ無く、苦虫をかみつぶしたように会場を去っていきました。日本に対し「謝る理由は毛頭無い。」という強いメッセージが変に伝わってきました。実にアメリカらしいと思いました。 一方、岡田外務大臣は先日の予算委員会でも、抑止論を理由に沖縄基地の必要性を毎度の如く自信満々に説いていました。沖縄のアメリカ基地はもともとアメリカが強制的に没収したものです。世界でも突出した軍事経費をアメリカに惜しげもなく提供しているこの愚かな国に、何か未来があるのでしょうか? 毎回、選挙の度に国民の圧倒的大多数が相も変わらず、自民党や民主党に多く票を投じます。この状況は今後も揺るぎないでしょう。結果、何も本質的な問題は改善しないで、国民に理不尽なことを押しつけています。この国は余程、アホな国民によって支えられているとしか思えません。 もし、それでも、日本の将来は明るいと言う方があれば、力強い言葉でもお聞きしたいです。