• 締切済み
  • 暇なときにでも

電子波の波長について

電圧Vで加速された電子は  (1/2)mv^2=eV のエネルギーを持ち、 その速度は  v=√(2eV/m) その運動量は  mv=√(2emV) であることがわかります。 これをド・ブロイの式に代入すると  λ=h/√(2emV) が求まります。……(※) ところで、  光子のエネルギー=hc/λ の光速cを電子の速度vに変えて  eV=hv/λ これに v=√(2eV/m) を代入して変形すると  λ=h√(2eV/m)/eV=h√(2/emV) となり、(※)の式と値が変わってしまいます。これはなぜでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数3600
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5
  • d9win
  • ベストアンサー率63% (24/38)

"光子のエネルギー=hc/λの光速cを電子の速度vに変える"試みが間違っているのだと思います。質量を有する電子と質量のない光子が同じ関係式で表されることは一般的には保証されないはずです。 光子の運動量(p)は次の(1式)で表されます。この関係式は電磁気学から導くことができて、光量子仮説(E = h ν)以前から知られています。 p = E / c : 光子の運動量 (1式: E:全エネルギー, c:光速) ド・ブローイは、光量子仮説(E = h ν)と特殊相対性理論(E = m c^2)を組み合わせて、粒子に対して(m c^2 = h ν)と考えた。そして、(2式)のように粒子では光速( c )の働きを(c^2/v)がしていると気づき、これを"物質波の速度(v_p)"と考えた。そして、この速度を振動数(ν)で割った値を"物質波の波長(λ_p)"とした(3式)ということです。 p = m v = (E /c^2) v = E / (c^2/v) = E / v_p= h ν / v_p (2式: 粒子の運動量) λ_p = v_p / ν = (c^2/v)/ ν = h / p (3式 : 粒子の運動量と波長の関係) 光子の速度と波長の比は光の振動数(c/λ= ν)を示しますが、電子の速度と波長の比は(v/[(c/v)λ]= (v/c)ν)となります。質問者も言われているように、電子のド・ブロイ波長(λ_p)は h/(m v)から求めるのが正解です。 なお、ド・ブローイはこの光速を越える"物質波の速度(v_p)"の奇妙さを解釈するのに、古典的な波の位相が進行方向からずれた方向では本来の速度よりも速くなる特徴に関連づけて"位相速度"と言った("物質波の位相速度(v_p)")。しかしながら、彼は物質波の実体をはっきり示すことはできなかった(彼は、物質波を粒子に付属する"パイロット波"と言って、それが実在するものと信じたようです)。 私は、そのような他に例を見ない曖昧な波に対し、位相速度や群速度が何であるかと議論することは無駄ではないかと思います。ただ、光子の運動量を(E / c = h ν / c)で表すのと同じような形(E / v_p = h ν / v_p )で粒子の運動量を表すためには、v_pとして(c^2 / v)を使えば良いのだと考えます。 v_p = c^2 / v (4式) ちなみに、特殊相対論では次の(5式)が一般的に(光に対しても粒子に対しても)成り立ちます。光では p c = E (1式)が成り立つので、ここでも、cの代わりを(c^2/v)がしていると言えます。 m c^2 = (p/v) c^2 = p (c/v) c = E  (5式) 光のcの代わりを粒子では(c^2/v)がするのは、ド・ブローイの関係式に固有の特徴ではなく、特殊相対性理論が導く一般的な傾向のようです。 なお、ド・ブローイの物質波の考察過程については、次の文献が詳しいです。 ジョルジュ・ロシャク, 宇田川 博(訳), ルイ・ド・ブロイ, 第四章, 国文社, 1995

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

もう一つ補足の説明を。 λ=h/pの式がありますが、これもよくよく考えてみると少々疑問が出てくるかもしれません。 光の場合、 E=hν,c=λν→E=hc/λとなります。 これにλ=h/pを入れると E=hc/(h/p)=pc となります。 しかし、ここでよくよく考えてみると、質量のある物体では E=(mv^2)/2でp=mvですから E=pv/2 です。 この違いは何なのでしょうか。 これも古典論(非量子論、非相対論)では説明がつくのか。難しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

電子の位相速度の意味として最も重要なのは、#2でも書かれている通り波長λと結びつくということです。 電子線の干渉実験で電子の物質波の波長が求められますが、この波長と電子の振動数が結びつき得られる速度が位相速度になります。 これ以外の意味としては、Schroedinger方程式の固有状態の一つが持つ同位相面の伝播速度といえるのですが、これのことについては量子力学を勉強してからの方が良いでしょう。 >また、位相速度から群速度を求めるための公式はありますか? 位相速度vpと群速度vgを波数ベクトルkと角振動数ωを使って書くと vp=ω/k vg=dω/dk となります。 このことから d(k*vp)/dk=vg vp+k(dvp/dk)=vg となります。dvp/dk=0であればvp=vgとなります。 ここのところを古典的な波動のイメージで捉えることを無理やりすることも出来なくはないのかも知れませんが、そんなことをするよりも量子力学を勉強したほうが良いでしょう。実際には量子力学は古典物理学をそのまま延長したものではないのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に補足説明ありがとうございます。ことの発端は2005年度の東京大学の入試問題を解いていて電子の速度と運動量の間に矛盾が生じたからです。 http://hiw.oo.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/05/t01-41p/5.gif http://hiw.oo.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/05/t01-41p/6.gif http://hiw.oo.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/05/t01-41p/7.gif 高校レベルでは、正直に公式λ=h/pに当てはめるのが得策のようですね。

  • 回答No.2

エネルギーをE=hv/λと書いてありますが、これは E=hν (ν:振動数) と v=λν から導かれたものであると思います。 2番目の式に出ているvを電子の速度と同一視していますが、このvは実は物質波の伝達速度のようなもの(位相速度)であり、電子の移動速度(群速度)とは異なります。 位相速度は、水面上の波で言うところの山の進む速さです。 しかし、その瞬間の山が次の瞬間の山を作り出しその力の伝達速度がその波の速さなのでしょうか。 違います。 次の瞬間に山になっているところは、それまで持っていた動きの惰性が元で盛り上がった面が大きく、手前の山に引っ張られて盛り上がったとは限りません。 つまり、波の速度には見た目の山の移動速度と力の伝達の速度に当たるものがあり、この2種類は異なるのが一般的です。 この場合の見た目の早さを位相速度、力の伝達速度を群速度と呼びます。 波長が問題となる物理現象として干渉があります。 この干渉では、力の伝達などは関係なく、実際にどれくらい振れているかが問題となります。 振れの最大箇所、つまり山の間隔が波長です。 波長が関係する速度は山の見た目の移動速度、つまり位相速度なのです。 ですから、 v=λν で使われるvは位相速度でないとおかしいのです。 かなり判りづらい説明で申し訳ありません。 勉強がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足説明ありがとうございます。電子の運動エネルギーや運動量を求めるには、群速度vを用いるということですね。 では、電子の位相速度に意味があるとすれば、どんな意味がありますか? また、位相速度から群速度を求めるための公式はありますか?

  • 回答No.1

これは、運動エネルギーを求める際の(1/2)mv^2に含まれるvと物質波のエネルギーhv/λに含まれるvが別のものだからである。 前者のvは物質波の群速度であり、後者のvは位相速度である。 この2者は通常一致しない。 こちらの文書が参考になると思います。 http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/81936204/RefdeBroglie.pdf

参考URL:
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/81936204/RefdeBroglie.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。見事どんぴしゃな回答でなんとなく理解できましたが、できればシュレディンガー方程式など難解な数式を用いずに説明することも可能ですか?(高校の数学IIIレベル~大学教養レベルで説明していただけると助かります。)

関連するQ&A

  • 電子のエネルギーについて

    プランク等が光子のエネルギー、運動量を E = hν, p = h / λ として表現できると仮定しています。 一方、光のエネルギーは相対論からすると、 E = mc^2 になると考えられるので、光の運動量は E = mc^2 = hν とすると、 p = mv = mc = hν / c = h / λ となると考えることができます。 ところが、ド・ブロイ等はこれが電子にも当てはまると言っています。 E = hν, p = h / λ 1. ここで言う、電子のエネルギーとは何でしょうか、これには質量によるエネルギーは含まれているのでしょうか?(シュレディンガー方程式を見る限りは運動エネルギー+ポテンシャルのようにも思えますが・・・) 2. 電子は光速で飛び回っているわけではないので、 p = mv = mc = hν / c = h / λ は満たしません。にもかかわらず、ド・ブロイはなぜこの式を適用することができると考えたのでしょうか? ( i)ポテンシャルが存在せず、Eを運動エネルギーと考えた場合・・・ E = hν = 1/2 mv^2 従って、 p = h / λ = hν / v = 1/2 mv ?? これは運動量の定義と矛盾します。 (ii)ポテンシャルが存在せず、Eを運動エネルギー+静止エネルギーと考えた場合(電子の速度は光速に比べて十分遅いので)・・・ E = mc^2 + 1/2 mv^2 ~ mc^2 = hν 従って、 p = h / λ = hν / v = mc^2 / v ?? これも運動量の定義と矛盾します。 つまり、電子のように遅い粒子では、E = hν と p = h / λを同時に満たすことができないように思えるのです。 数多くある量子力学の本でも逃げている部分であり、難解な質問かとは思いますが、ご存知の方がいらっしゃればご回答お願いします。

  • ド・ブロイ波の波長と電子の加速

    ド・ブロイ波の波長が1.2*10^(-9)[m] = (1.2[nm])となるようには 電子をおよそ何ボルトの電圧で加速させればよいのでしょうか? 自分でできる範囲までやってみたところ、 運動エネルギーと電子のエネルギーの等式として mv^2/2 = p^2/(2m) = eV V = p^2/(2me) 運動量p = h/λより V = h^2/(2meλ^2) これでよろしいのでしょうか? λ = 1.2*10^-9とし、 プランク定数等を代入したところ、 数ボルト程度になってしまい、あまり自信がありません。 よろしくお願いします。

  • 50ボルトの電位差で加速された電子の波長と速度

    1ボルトで加速された電子の運動エネルギーを1eVという。 このときの電子1モルのエネルギーは96.5kJ/molである。 50ボルトの電位差で加速された電子の物質波の波長(nm)と速度(m/s)を求めよ。 という問題で、このような問題解くの初めてで意味わからなかったので、 1eVについて調べたら、 『1eVとは、1Vの電位差のある場所で電子1個が得るエネルギーのこと』 とあったので、 『』内のエネルギーをXと置いて、 電子6.02×10^23個(=1mol):96.5×10^3J=電子1個:X(J) ∴X=1.60299×10^-19(J) 50電位差のときは、電子1個が得るエネルギーは50eVなので、 1.60299×10^-19(J)×50=8.01495×10^-18(J) E(J)=h(Js)ν(s^-1)より、 1.60299×10^-19(J)=6.63×10^-34(Js)×ν ∴ν=1.208891×10^-16(s^-1) E(m^2・kg/s^2)=m(kg)c^2より、 8.01495×10^-18(J)=m×(3.00×10^8)^2 ∴m=8.9054×10^-35(kg) λ=c/νより、 λ=3.00×10^8/1.208891×10^-16=2.48161×10^24(m)(=2.48161×10^33nm…波長の答え) ドブロイの式 λ=h/{m(kg)×v(m/s)} より、 v=1.847539×10^25(m/s)…速度の答え と解いてみたのですが、 やけに答え大きすぎるし、 基本的な問題なのにどこが間違っているのかがわかりません。 ご指摘お願いいたします。

  • 200kVで加速された電子の波長は相対論を使って求める?

    200kVで加速された電子(透過電子顕微鏡の入射電子)の ド・ブロイ波長を求めようとしたのですが、 以下の式で計算すると0.00274nmになります。  λ = h / √(2mE)  h: プランク定数   6.626×10^-34 J・s  m: 電子の静止質量  9.109×10^-31 kg  E: エネルギー    200keV = 200×1.602×10^-16 J しかし正しくは0.0025nmになるようです。 なぜ合わないのか考えたのですが、  v = √(2E/m)  (非相対論) により速度を求めると光速に近い値になり、 相対論を使って求めなければならないのではないかと思いました。 求め方をネットで調べてみたのですが、よくわかりませんでした。 ご教授いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

  • なぜ電子は光速で動く?

    中学の時に、理科で電子は光速で動くと教わったんですが、光速以下の速度で動かないんですか? 光も同じなのでしょうが、光も電子も、素粒子が動くときは光速度で固定なんですか? でも、原子は光速で動きませんよね? 電子って質量持ってますよね、光速で動くときには、加速するときに無限のエネルギーが要るんじゃないですか?そのエネルギー源はなに? 電子って生まれたときから永遠に光速で動きっぱなしなんかな?停止することはない?それなら加速エネルギーはいらないのかな?

  • ドブロイ波長

    量子力学の超初歩を勉強しているところです。 運動energyを0.025eV として 質量数4のHeのドブロイ波長を求めろ という問題なのですが、 運動エネルギー E= (1/2)mv^2 運動量    P= mv ドブロイ波長の式 P= h/λ の3式から λ= √((h^2)/(2ME)) という式を 導きました。 ここで質問なのですが、h,Eはプランク定数と与えられた運動エネルギーなので、問題ないのですが、Mがわかりません。 質量数4のHeの質量は自分で調べろ ということでしょうか? 学校の問題なので、ここで、自分で調べろというのは何か不自然な気がして 他に解き方(Mを使わない)があるのかなと勘ぐってしまうのですが、どうでしょうか? アドバイスいただけるとうれしいです。

  • ドブロイ波長と電圧の問題で

    ドブロイ波長について質問します。 まず、問題は次の通りです。 「あるX線発生装置で発生するX線の最短波長は3.0×10^(-11)mである。加速電圧は何Vか。」 というものです。 この問題で、私は教科書に載っていた次の方法で解きました。 eV(エレクトロンボルト)=hν            =hc/λ より、 問題の答えとなる電圧V=hc/eλ            ={6.6×10^(-34)×3.0×10^8}             ÷{1.602×10^(-19)×3.0×10^(-11)}            =4.1×10^4 と出ました。これは模範解答とも合うものでした。 しかし、教科書をみると、他の方法も示されていました。 それは、電界のする仕事eVが電子の運動エネルギーになるという考え方です。   eV=(mv^2)/2=p^2/2m=h^2/2mλ^2 よって、   λ=h/√(2meV)  ・・・* として求めるという方法です。 *式に、先に得られた V=4.1×10^4、電子の質量m=9.11×10^(-31)kg、1eV=1.602×10^(-19)Jを代入してみると、   λ={6.6×10^(-34)}÷√(2×9.11×10^(-31)×1.602×10^(-19)×4.1×10^4}    =6.03×10^(-12) となり、波長が問題文の3.0×10^(-11)mと一致しません・・・。 どうして、方法によって違う値が出るのかがどうしてもわかりません。根本的に、何か勘違いをしていると思うのです。 どなたか教えてください、お願いします。 ><

  • 波長からエネルギーを求めることについて質問があります。

    波長からエネルギーを求めることについて質問があります。 マスクアライナーを使って露光するときに、現在i線(波長395nm)を用いています。 参考となるレシピには、露光について 100mJ などのようにエネルギーで表記されています。 これらより、露光時間を決定したいのですが、 E = hc/λ[J]    = hc/eλ[eV] の式に代入すると、とても小さいエネルギーとなります。 レシピの mJ のオーダーに合いません。 計算方法が違うのか、この場合の mJ には違う意味があるのでしょうか。 以上、よろしくお願いします。

  • 量子力学の初歩のようです…

    きっと他の人にとっては簡単だと思うのですが僕にはわかりません… 教えてくださ~い(>_<) 間違い、ヒントだけ、曖昧な答えも大歓迎です♪ 問題↓↓ 「ミクロな現象の記述に便利なエネルギーの単位はeV(エレクトロンボルト)であり、1Vの電位差によって加速された電子が獲得するエネルギーを1eVとして定められる。」 1)1eVをJ(ジュール)の単位に変換せよ。 2)1eVに対応する、角振動数、温度、電子の運動量を、1eV = hω = kT = p^2/2m で定義したとき、それらの値を求めよ。 ここで、mは電子の質量である。 また、1eVの運動エネルギーをもつ電子のde Broglie 波長をもとめよ。 3)基底状態(~最低エネルギー状態)にある水素原子をイオン化するのに必要な最小エネルギー(イオン化エネルギー)は、13.6eVである。1個の光子が水素原子に衝突することでイオン化されると考えたとき、その光子が持つエネルギーは最低でいくらか?また、そのエネルギーに対応する光子の波長と振動数を求めよ。

  • この波長計算の間違っている部分を教えてください!

    「速度3.0ms⁻&sup1;でう動いているアルゴン原子の波長を求めなさい。」 Arの原子量 40g/mol、La=6.022×10の23乗mol⁻&sup1; この問題を以下のように説いたのですが、間違っている部分が分かりません。 ド・ブロイの物質波の式λ=h/p 運動エネルギー…E=1/2m(vの2乗) P=mvより、V=p/m…(1)とし、(1)を代入 E=1/2m(2/m)2乗 →P=√2m 3.0×6.022×10の23乗=1.8×10の24乗 h/p=(6.626×10の-34乗)÷(1.8×10の24乗)=3.68×10の-58乗=3.68×10の-49乗[nm]