• 締切済み
  • すぐに回答を!

権利に関する不動産登記の印鑑証明書の要否

テキストに印鑑証明書が要する場合とは ◇次に揚げる者は、作成後3か月以内の印鑑証明書が添付要(公証人等の認証を受けた場合を除く) (1)所有権登記名義人(仮登記名義人も含む)が、登記義務者として申請する場合の所有権登記名義人ただし、担保権(根抵当権・根質権は除く)の債務者に関する変更(更正)登記の場合は不要。 (2)所有権以外の登記名義人が、登記義務者として申請する場合で登記識別情報の提供ができない場合の登記名義人 っとあるのですが、 「受託者の固有財産となった旨の登記」と「何番信託登記抹消」の1の申請情報による登記申請について、 登記権利者が受託者、登記義務者が受益者となっています。(不動産登記法104-2-2) この申請の添付書類で、テキストに受益者の印鑑証明書が添付表示されているのですが、なぜ添付するのでしょうか?? また、(1)(2)の登記義務者とは、合同申請人の申請人も含むのでしょうか??

noname#102906

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1319
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1

38歳童貞です。どうぞよろしく。 「受託者の固有財産となった旨の登記」と「何番信託登記抹消」の1の申請情報による登記申請ですが、この登記がされると今までは「受益者の所有財産であるが信託目的のため名義だけ受託者の不動産であったもの」が「受託者の所有財産」になってしまうわけです。これは実質的な所有者が受益者から受託者に変わることを意味します。つまり所有権移転登記と同じわけです。従ってこの場合、受益者の印鑑証明書が必要になります。 (1)(2)の登記義務者とは、合同申請人の申請人も含むかという点ですが、ちょっと根拠となる文献が見当たらないので私の考えになってしまい申し訳ないのですが、(2)については含まれると思います。 含まれないとすると、識別情報を提供すべき登記申請時に「無くした」といいさえすれば(法は法務局による本人確認手続を別に定めてはいますが)、他に本人の意思を担保する書類をまったくつけずに登記できることとなり制度の趣旨に反すると思われるからです。 登記名義人が識別情報を所持していれば添付しなければならないのに、例えば識別情報を持たない第三者が成りすましたときには、何もつけなくていいことになっちゃうとやはりまずいのではないでしょうか。 (1)についてですが、所有権の登記で合同申請人による登記って確か無かったと思いますので(ありましたっけ?)、(1)についてはそういうことを問題にする余地が無いと思います。 不勉強ですみません。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

条文の記載内容が難しい。。 まる覚えすることにします。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 印鑑証明書

    所有権登記名義人が登記義務者として,事前通知等の制度を利用して申請する場合,印鑑証明書を添付する必要はあるのでしょうか?その点,法律に明記されていますか?

  • 不動産登記「仮登記」について勉強中です。

    不動産登記「仮登記」について勉強中です。 お世話になります。 「仮登記」について、 確信が持てないことがいくつかあって、、、 (1)所有権に関する仮登記の抹消を、  義務者(仮登記名義人)が単独で申請する場合、  登記識別情報(仮登記したときのもの)…いる  印鑑証明書(仮登記名義人自身のもの)…いる (2)所有権ではない権利の仮登記の抹消を、  義務者・権利者が共同で申請する場合、  登記識別情報(仮登記したときのもの)…いる  印鑑証明書 …いらない (3)仮登記の変更・更正・抹消の申請は、  利害関係人の承諾書が得られなければ、  することができない。  (裁判による方法を除けば打つ手なし?) ↑これらは正しいですか? いちばんわからないのが(3)です。 ((1)(2)(3)、ぜんぶ間違っていたら、、、  、、、ショックです )

  • 不動産登記の際の法人の印鑑証明書について

    法人が不動産登記の申請を行う際、 資格証明書の添付をすることがありますが、 実際に添付する書類の一つとして、法人の印鑑証明書 を資格証明書として添付することは有効なのでしょうか? よろしくご教授お願い致します。

  • 登記申請に印鑑証明書が必要な場合

    タイトル通りですが、登記申請(不動産&商業)において印鑑証明書が必要な場合について教えてください。 どのような場合に添付する必要があるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 印鑑証明書とは?

    印鑑証明書って、ようは何かの書類に押した印鑑が確かに本人の印鑑に間違えありませんよっていう証明書ですよね。 だから、承諾書や保証書に、本当にその人が作って印鑑を押した文書ですよって証明するために添付するわけですよね。 そう考えると、合筆の際に印鑑証明書を添付するのは何故ですか?申請書には代理申請なら申請人は押印しませんよね。登記済証にも押印しないですよね。では、何故、印鑑証明書がいるんでしょうか? 身分証明書みたいな効果も印鑑証明書にあるんですか?

  • 所有権登記名義人住所変更の可否と変更証明情報

    所有権移転仮登記があり、所有権が移転し、その後に、仮登記の本登記を行う場合において 登記義務者とされる仮登記義務者の住所が、仮登記時と仮登記の本登記時で、相違している場合、当該仮登記に基づく本登記の申請には住所に関する変更証明情報を添付してすることになるのでしょうか?? 所有権登記名義人住所変更登記の対象は、現に効力を有する登記名義人のことっとテキストにあります。 類似?で (1)売買を原因とする所有権移転登記について、所有権更正登記を申請する場合の、前所有者(2)「受戻し」を原因とする所有権移転を申請する場合の、権利者(仮登記義務者であった者) の場合、変更証明情報を添付するとテキストに解説があるのですが、 仮登記に基づく本登記においても、同様の取扱いになるのでしょうか?

  • 印鑑証明書

    登記の申請書に押印すべき者が印鑑を提出する場合には、提出に係る印鑑につき市区町村長の作成した証明書で作成後三ヶ月以内のものを添付する必要はなく市区町村に提出してある印鑑と同じである必要はないとは どういうことでしょうか?いまいち意味が分かりません。分かりやすく教えて下さい。 そもそもずっと勉強しているのに印鑑証明書の添付の有無について全然分かりません。 どなたかすごく分かりやすく説明できる方はいらっしゃいませんでしょうか

  • 不動産登記申請手続きについて

    下記の意味がわかりませんので、教えていただけないでしょうか? (1)事前通知のところで、不動産登記規則71条2項3号で、登記義務者が法人である場合には、前住所に対する通知は不要とあるのですが、何故なのかがわかりません。 また、この事前通知の場合に、前住所に通知する場合は、これから申請しようとしている登記申請よりも、3ヶ月以上前に住所変更(更正)登記がされているのであれば、前通知は不要ということでしょうか? 例えば、10月1日に、甲から乙への所有権移転登記を申請する時に、甲の住所が8月15日に住所変更の登記がされている場合(3ヶ月以内)であれば、甲の前住所への通知が必要で、甲の住所が5月15日に住所変更の登記がされている場合(3ヶ月以上前)であれば、甲の前住所への通知は不要ということでしょうか?不動産登記規則71条2項2号を参考に解釈すると、そんな感じで読めるので… (2)甲から乙への所有権移転登記を申請する場合、甲の印鑑証明書を添付するので、委任状には甲の実印を押印することになると思うのですが、乙(登記権利者)の印鑑証明書は添付しなくてもよいですよね?そうすると、乙の委任状には、認印でも構わないということでしょうか? (3)不動産登記令11条で、オンライン申請するときに、登記事項証明書と併せて提供しなければならないとされているときは、登記事項証明書の提供に代えて…とあるのですが、この条文はいったい、どのような登記申請の場合に使うものなのか?理解できません。登記事項証明書の意味は、登記簿謄本のことですよね?登記簿謄本をオンライン登記申請と併せて??意味がわかりません。 長文で申し訳ないですが、教えていただけないでしょうか?宜しくお願いします。

  • 不動産登記の利害関係人の承諾に添付した印鑑証明書

    不動産登記の利害関係人の承諾に添付した印鑑証明書って原本還付できますか?

  • 抵当権抹消登記申請の時の印鑑証明書

    抵当権抹消登記の申請を提出するにあたり、 登記済証は今後使うことがないので、交付を希望しませんにチェックしました。 ところが、銀行から返却された抵当権設定契約証書に私の印鑑証明書もホチキス されており、この印鑑証明書が添付されていると登記済証の発行希望となるので、 発行していいですよねと法務局から電話がかかってきました。 申請が矛盾しているから発行しておきますよと強く言われ 承認しましたが、印鑑証明書にそのような意味があるのでしょうか?