• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

年収ってどの数字?

個人事業主です。 今さらなんですが、いろいろな書類に書く「年収」っていうのは、 確定申告書のどの数字をいうのでしょうか? 営業利益から諸経費を引くのはもちろんわかりますが、その数字が 年収なのでしょうか? そこからいろいろな控除を引いたあとの数字(課税対象額)なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数208
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • keirimas
  • ベストアンサー率28% (1118/3992)

下記のように書かれているものがあります 個人事業の場合、「年間売上=年収」と思っている方が多いようですが、これは間違いです。会社員の場合は、「源泉徴収票」に記載された給与の総支給額、つまり税金や社会保険料等、何も差し引かれていない金額が年収です。個人事業主の場合はとなると、売上から経費を差し引いた金額、つまり「課税所得金額(所得税控除前の事業所得金額)」が年収金額となります http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20050529A/index.htm いわゆる「収入金額」と「年収」とは違う概念なのかもしれません。 勉強になりました。失礼しました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1000万の売上に対して、仕入れが800万の人もいれば300万の人もいますからね。 つまり、売上から仕入れや必要経費を引いた時点の金額で、扶養控除や生命保険控除、○○控除を引く前の金額…ってことですよね。

関連するQ&A

  • 個人事業主の年収って?

    住宅ローン等の説明で、年収の何%が目安です。などとよく耳にするのですが、個人事業主の年収って、確定申告書のどの部分の金額をいうのですか?収入金額の合計?所得金額の合計?課税される所得金額?教えてください。

  • 個人事業主の株式分離課税所得の書き方

    確定申告書Bの記入法について質問です。 長年個人事業で青色申告をおこなっており、青色申告書と申告書Bを使用してきました。事業所得です。 今回、わずか数万円ですが申告分離課税を選択している株式売買で利益が出ましたので、第三表(分離課税用)を作成しました。 で、申告書Bの26,27欄(課税対象所得と税額)をみますと、Bの25までに書いた所得と控除を検索した金額「または」第三表となっています。両方の金額を足すのはおかしいですし、あきらかに大きい事業所得のほうを書かないのもおかしいのですが、この場合申告書Bを2つ作成する必要があるのでしょうか?よろしくおねがいいたします。

  • 年収

    個人事業者なのですが、一般的に年収といえば、確定申告書のどの欄の金額なのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

個人事業主なら事業に関しては、年商なのではないでしょうか?給料を取っていれば、給与の支払い金額です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • keirimas
  • ベストアンサー率28% (1118/3992)

収入が事業によるものだけであれば、売上高です。 他に不動産収入・給与などがあればそれも含めます。 確定申告書の「収入金額等」と緑地で書かれる金額部分の合計が年収です。 (収入から諸経費をひいたものが所得ということになります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなのですか。 わかりました、ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

売上高です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 でも、売上高=年収ということはないと思いますが…。

質問者からの補足

やはり、あなたのおっしゃってた通りみたいですね。 失礼いたしました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 課税所得38万以下なら、源泉ナシの報酬は申告不要?

    個人事業主です。今年は初の青色申告をします。 ★「所得税の課税所得」(収入-所得控除-青色申告控除-必要経費)が 38万円以下の場合、課税対象がないので確定申告する義務はありませんよね? 還付金のために申告しますが。 ★私は本業のほかに営業のような仕事もしており、 この仕事だけ源泉徴収されていません(=支払い調書もなし)。 『この営業の報酬(源泉徴収なし)を足しても合計課税所得が38万円以下』なら、 この営業分に関しては申告しなくてもOKなのですか? 昨年はこの分も申告書に手書きで記入したのですが。 ★もし上記がOKでも、国民健康保険の保険料は 「所得控除なしの所得」(収入-青色申告控除-必要経費)で 決まるのではないですか?(違うかも) 所得控除をしない所得なら、38万円を超えてしまいます。 それでも「所得税の課税所得」(収入-所得控除-青色申告控除-必要経費)が 38万円以下なら、この営業分の報酬(源泉徴収なし)は 申告しなくてよいのですか? ご教示お願いします!

  • 確定申告について

    こんにちは私は勤めていた会社が経営不振になり、11月から個人事業主で仕事をしていますが 開業まえに職業安定所から頂いた失業給付金が50,000円 再就職手当てが約400,000円 建設業退職金共済から約350,000円ほど受け取っているのですが、これらのお金は確定申告の課税対象なのでしょうか?それとも非課税なのでしょうか。 もし課税対象なら確定申告の書類に記載するときは項目はなんと書けばいいのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 青色申告者の医療費控除について

    21年度から青色申告するのですが、はじめて医療費控除の申告も行います。 課税対象額がそれほど多くないため「総所得金額の5%」を引いた金額で 控除額を申告することになります。 ということは、医療費10万、収入140万、経費25万だったとすると 所得である115万の5%、つまり57500円を医療費10万から引いた 42500円を控除金額として確定申告書に記入すればよいのですよね?

  • 儲かっていないネットショップでも、確定申告必要なんでしょうか?

    ネットショップをはじめて、4年になります。 趣味が高じてできたショップで、売り上げもほとんどないのですが、カード決済を取り入れている関係で、個人事業主の届けを出す必要があったため、税務署に届けを出しました。 すると毎年のように税務署から確定申告の用紙が届くようになりました。 ただの趣味サイトなので、毎年、税金がかかる対象になるほど売り上げはなく、毎年そういう内容を書いて確定申告の書類を提出してきたのですが、課税するほど利益が上がっていないのに、毎年、出すのが面倒になってきました。 その上、今年、引越しをして住所も変わったし、ほんの少ししか売り上げも上がっていなくて、課税対象でもないのに、毎年書類を書いて出すも面倒で。 正直なところ、出さなくても特に支障ないなら、もう確定申告の書類を出したくないです・・・ こういうケースで、もし出さなかった場合、何か処罰とかあるのでしょうか? また利益が上がっていなくても、やはり確定申告、提出する必要があり、提出しないと処罰があるなら、e-TAXを使って、確定申告を簡単に済ませたいです。 住所変更があっても、今までe-TAXを使ったことなくても可能ですか? ご存知のかた、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 副業で収入より経費が上回った。確定申告どうする?

    年収400万本業ですが、年末に個人事業主を開始しました。 届け出をしていないので、白色というのになると思います。 経費として車両90万円の3年減価償却費で2020年分30万円とすると、 利益<経費 となります。確定申告では 所得金額 > 事業 > 営業等(1) >所得金額 の欄に30万円とするってことでよいのでしょうか? 違うとしたら確定申告のどのあたりで入力すればいいのでしょうか? 個人事業主の申告が初めてなためもしかしたらおかしな質問かもしれませんがご回答よろしくお願いいたします。

  • 税率40%って何?

    個人事業を始めようと思い、収支計画書を記入しているのですが、本を読むと、「売上総利益-経費=営業利益」となっています。ここまでは分かるのですが、税引後利益が、「営業利益×0.6(税率40%)」として計算されています。そんなに税率って高いのですか? 例えば、営業利益が1000万円あったとしたら、税金が400万円、営業利益が600万円って事になるのですよね?それって、営業利益が100円だったら、税金40円、営業利益が60円ってことですか? 上記のことが正しければ、税率の税って、何税のことなのでしょうか。また40という数字はどうやって計算された数字なのでしょうか?

  • 賃貸入居審査の際の年収について

    今年の5月頃に現在住んでいる主人の実家から出て、賃貸マンションに引越しを考えています。 今月中には不動産屋さんに出向き物件探しを始めようと思っています。 いざ物件が決まれば、入居審査と言う事になると思うのですが、 主人は自営業(個人事業主)です。 審査の際の年収について、質問があります。 個人事業主の年収と言うのは、売上から仕入れや諸経費を引いた金額のことをいうのか、 その金額から基礎控除や配偶者控除等の差し引いた課税対象となる所得の事を言うのか どちらでしょうか? 引越しにあたり、賃貸物件かローンを組んで一戸建てを購入するかも考えましたが、 その際にも月収の何分の一の家賃が妥当や、年収の何倍までなら審査が通りやすい、 などと書かれているところがありました。 子どもが2人いますので、控除額を引いた金額と引く前の金額では結構な違いがあります。 家賃がいくらくらいの物件にするか決める際の参考に、ご存知の方がおられましたらよろしくお願いいたします。

  • 確定申告の修正申告について教えてください。

    確定申告の修正申告について教えてください。 平成18年までサラリーマンで、平成19年度に個人事業主で開業し、平成19年度に始めて確定申告をしました。 フリーランス1年目だったので主人の扶養に入れてもらっていました。 平成19年度、私の収入が扶養の範囲を超えていたということで、20年の11月に主人の会社から問い合わせがあり、必要書類を提出し、主人の12月のお給料から所得税が差し引かれたのですが、その後よく確定申告書Bを見てみると、19年度確定申告の際、青色申告の65万の控除を差し引かずに記入してしまっていました。 確定申告書Bの本来0円で記入するところをその敏の利益の50万円(約)と記入してしまっていました。 その年は税務署から派遣される税理士さんがついてくれていたのですが、申告前のチェックの際に、風邪をひいたので、いけませんと言われ、不安なまま提出してしまっていたので、本来なら20年度の確定申告の際にもっときちんと確認しておけばよかったのですが、税務署に年明け相談に行きましたが、修正申告は1年以内ということを知らず、間違った数字で住民税なども追加課税されるそうです。 税務署で結果としてはどうしようもないですと言われました。 青色申告決算書と確定申告書Bを提出しているのに、青色申告決算書と照らしあわせて確認はしないのですか?と聞くとしないですと答えられました。 追加での課税は5年まで認められているので、今回問い合わせが来たのだと思いますということでした。 2年前までさかのぼり、修正申告する方法はないものでしょうか?

  • 奥さんの個人事業主の確定申告

    私は個人事業主です。毎年確定申告をしています。 昨年から奥さんが個人事業主として働き始めました。 個人事業主ですが、マッサージ店にシフトで入り施術するというものです。 昨年1年間の利益が48万円ほど。経費を引くと35万円くらいになります。 そこで質問なのですが、 1)奥さんは確定申告の必要がありますか。   また、ある場合は何か気を付ける点はありますか。   (配偶者控除、扶養控除など) 2)奥さんの状態によって、私自身の確定申告も何か変化が生じますか。 自分1人の時は平気でしたが、少しネットで調べても情報がバラバラで困っています。詳しい方、専門家の方、どうぞ教えてください。

  • 個人事業税について

    昨年、ウェブ制作者として個人事業登録をし、今年3月に法人なりとなりました。 2005年度分の確定申告をする際、個人事業税に対応をし忘れ、先日、都税事務所より郵便が届きました。 個人事業税収入等明細書(WEBデザイナー) という書類に記入して欲しいという事でした。 質問内容の一つに 他人の依頼によりホームページ等のデザインを行い作り上げる。 ※「はい」の場合収入金額を記入してください。 とありました。 もちろん、「はい」に回答なのですが、収入金額というのが何を指しているのが分からず困っています。 個人事業主としては白色申告をしました。 平成17年(2005年)度分の確定申告も済み、還付も済んでいる状態なのですが、この送られてきた明細書の「収入金額」には、確定申告書の「課税される所得金額(収入から経費を引き、さらに保険料・基礎控除など差し引いたもの:確定申告書第一表の右上)を記入すれば良いものなのでしょうか? ご教授頂けると幸いです。 どうぞよろしくお願いします。