• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

給与支払報告書について

  • 質問No.506355
  • 閲覧数519
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 42% (111/263)

mitoizumiです。
以前にも「会社にばれずにアルバイト」という質問をした者です。
生活の為に副業(アルバイト)を考えていますが、現在の勤め先は副業禁止です。
主となる勤め先に副業がばれる要素として、副業元が提出する『給与支払報告書』があるということが分かりました。

はじめは融通の利く(?)夜の仕事を考えていましたが、突然思いつきました。

現在の勤め先には「契約社員」として雇用されています。1年間の契約で、H15.1.1~H15.12.31までです。
そして、この契約は更新せず、退職しようと考えています。
仮に今年4月から12月までアルバイトをしたとしてて、副業元が『給与支払報告書』を市区町村に提出するのは、『受給者が平成16年1年1月1日現在居住する市区町村長』です。
H15年12月末日で主となる勤め先を退職した場合は、そこで年末調整をするしないに関わらず、副業元からの給与収入はばれないのでは・・・。

以上の内容で、思い違いがあった場合は申し訳ありません。
なるべく安全な副業をしたいので、アドバイスをよろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
副業元が「給与支払報告書」を市区町村に提出するのは、受給者が平成16年1年1月1日現在居住する市区町村へ平成16年の1月31日までに提出します。
提出するのは、早くても、年末調整の終わった後で、通常は平成16年の1月になってからです。
その時には、既に勤務先を退職していますから、わかったところでどうということはないでしょう。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (519/1946)

住所を移したとしても、最初に届けた住所地に送られて、そこの役場が新しい住所地の役場に転送するのです。
年の途中でやめたら、報告されないということではないです。やめた人については、退職の欄にチェックが入るので、すぐに分かる。
補足コメント
mitoizumi

お礼率 42% (111/263)

アドバイスありがとうございます。

退職と同時に移転する予定はありません。
1.H15年12月まで副業
2.退職前に主たる勤め先で年末調整(H15.11~12)
3.H15年12月末日で主たる勤め先を退社
4.H16年1月 副業元が市区町村に「給与支払報告書」を提出
という流れになると考えました。これなら、アルバイト先が報告書を提出する後に会社とサヨナラしてしまうので、H15年の副業はばれないかなーと思ったのですが・・・どうでしょうか?
投稿日時:2003/03/25 02:51
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ