• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

DVは治りますか?(友人夫婦について)

  • 質問No.5051516
  • 閲覧数8535
  • ありがとう数20
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 97% (113/116)

私ではなく、友人のことで相談です。
友人は結婚して1年余り経ちます。
子供はまだいません。
友人の夫は、些細なことですぐにキレてそのたびに暴力を振るうそうです。
彼女の体はアザだらけです。

私は別れたほうがいいと言っているのですが、友人は今ひとつ踏ん切りがつかないようで、首を縦に振りません。
友人の夫は、普段は優しくていい人だそうです。
暴力を振るうことが悪いことだということも理解しているようですが、一旦キレるとおさまりがつかないらしく、胸倉をつかみ、殴ったり蹴ったりするようです。
友人に会うたびに、アザが増えているようで、私は辛くて見ていられません。

一度、友人は我慢できずに実家に帰ったことがありました。
数ヶ月、別居状態となり、そのときに夫は一旦反省の色を見せたようです。
しかし再び元の生活に戻ってからも、結局夫の暴力は治らず、続いているようです。

将来、子供ができた場合、暴力が子供に向いたら大変だから、別れたほうがいいと私は思っています。
また、友人はもう若いといえる年齢ではありません。
人生をやり直すなら早いほうがいいと思い、一日も早く離婚したほうが・・・と思うのです。
でも肝心の本人が別れる気がないのは、夫が改心してくれることを信じているのかもしれません。

暴力を振るう男性は最近多いようですが、これは一種の心の病なのでしょうか。
病気だとしたら、それは治るのでしょうか。
どうやら友人の夫は、子供の頃からキレやすい性格だったそうです。

暴力を振るっていた人が、振るわなくなる、ということはあるものなのでしょうか。
そういう人をご存知の場合は教えていただきたいと思います。
また、DVに遭われたことがある方などのご意見を聞きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.9
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 48% (296/616)

各回答者の皆さんがおっしゃる通り、
・DVは極めて治りにくく(但し絶対治らない、とは言いません。 理由:後述)
・加害者が自覚しない限り、どんどんエスカレートする。だから、
・被害者のためには勿論、加害者に気づかせるためにも、距離を取るのが一番。
と言えると思います。

DVの事例は残念ながら非常に多く、かく言う私自身も加害者で、只今、家族と別居し(私が一人出てきています)、加害者更生プログラム(後述)に週1回通い更生の途上にありますが、DVの克服は一生の課題であり、油断をするとすぐ戻ってしまう可能性があります。

DVは病気ではなく、自己中心的な性格やジェンダー・バイアス(女性を男性の格下と捉える性的偏見)、暴力を肯定する気持ちなどが原因で、妻を支配・コントロールすることから発生する以下のような家庭内暴力の総称です。
・体への暴力
・物に対する暴力(物を投げるとか壊す)
・言葉の暴力(声を荒げる、怒る、けなす、馬鹿にするなど)
・精神的暴力(こわがらせる、束縛、無視など)
・性的暴力(セックスを迫る、浮気する)
・経済的暴力(生活費を出さないなど)
DVの加害者は、妻は自分の機嫌をとったり、癒したり、世話をしてくれて当然、そのために自分は何をしてもいいなどと考えている人が多く、本人になかなか自覚がないことが多いのです。

このように、DVは間違った考え方や行動選択により身近な人に危害を与えてしまう全人格的障害ですから、本人が自覚して、100%自分の非を認め、妻に謝罪して、具体的に改善への一歩を歩みださない限り、なかなか更生できないものです。独力では到底無理です。そこでANo.1さんの言われるように、専門家による「更生プログラム」の出番があるのです。加害者向け更生プログラム及び被害者向け相談機関の例を末尾に挙げておきますので、是非あなたからもお友達に薦めて下さい。

しかし、あなたもご承知の通り、これらの相談機関も、本人たちにその自覚や気持ちがなければ、行かせることは難しいようですね。
そこで、次に、第三者の立場から、どのように彼らに接していけばよいか考えることにしましょう。

★もし彼女が自分はDV被害者だと思わなかったら?
被害者は実際にはたぶん、口にする以上に虐待に気づいていると思われますが、それを肯定してしまうと、(そんな彼を選んだ)自分自身を否定された気持になったり、人々から批判されたりするのが恐ろしかったり、恥ずかしかったりして、なかなか踏み切れないのかもしれません。
又、日頃はいい人なんだから自分の方にこそ何か落ち度があるのではとか、彼を更生できるのは自分だけだと思ってしまったり、離れたくても色んな理由では離れられない、ということが多いと思います。
→ 回答者のみなさんへ。みなさん他人事だと思って「別れろ」って言い過ぎなんじゃないですか? http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5014143.html (小生回答はNo.20)

ですから、なかなか理解してくれないお友達に時には、いらだちを感じることがあっても、あくまで彼女を主体にして彼女の話をじっくり聞いてあげ、彼女にあなたの考えを押しつけるのではなく、例えば次の方法を取って下さい。
・「あなたのことが好きだし、いい人だと思っている」と言ってあげて下さい。
・「彼があなたにやっていることは好きになれないし、あなたはそんなことをされていいわけがない」とも言ってあげて下さい。
・「困った時は、いつでも電話をかけてね」、とか「ただ話すだけでいいから」と被害者向け相談機関を紹介してあげて下さい。
・いつも被害者によくしてあげて下さい。(いずれ、彼女も加害者が自分にすることと支援者がすることの違いに気づくでしょう。)
(以上は、ランディ・バンクロフト著「DV/虐待加害者の実態を知る」2008年12月 明石書店 p.428-430から引用&参考にしました。)
その他被害者の人へのサポートの仕方は次のページをご覧下さい。
http://aware.exblog.jp/i23/

【DV加害者向更生プログラムの例】
(よいDV加害者プログラムかどうか見分ける方法http://aware.exblog.jp/i36/を参考にして、内容をよく見極めて下さい。)
(1)アウェア(山口のり子) http://aware.exblog.jp/(英語で「気づき」という意味でアメリカのDV加害者プログラムを取り入れたカリキュラムと加害者同士のミーティングを通じて自分のDVの実態に気付き、更生を目指す団体)
(2)メンズサポートルーム“気づき”http://www.kiduki.org/(アウェアDV行動変革プログラムを受講した男性たちによる自助グループ)
(3) 特定非営利活動法人RRP研究会http://www.rrpken.jp/contents3.html              
(DV加害者プログラムを実施。後記「DV被害者向相談機関の例」(3)の原宿カウンセリングセンターのスタッフが関与。(1)とは別の「行動認知療法」からのアプローチ) 
(4) メンタルサービスセンター(草柳和之)http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/index.html(自助グループ形式の「言いっぱなし、聞きっぱなし」というスタイルのミーティングを通して、自分の誤りに気づかせる。又個人面接や合宿形式のワークショップもある。)
(5) 日本家族再生センター(味沢)(被害者向けも扱う)http://homepage1.nifty.com/ajikun/index.html

【DV被害者向相談機関の例】
(1)内閣府 配偶者からの暴力被害者支援情報(相談機関一覧)
http://www.gender.go.jp/e-vaw/soudankikan/index.html
(配偶者暴力相談支援センター、女性センター、全国共通DVホットライン、警察、弁護士など一通りの相談場所が網羅されています。)
(2)レジリエンスhttp://www.resilience.jp/
(英語で「力」(回復力、復元力、元気、快活、弾力、反発など)を意味し、DV被害などどのような逆境に置かれても、そこから脱してよい方向にもっていこうとする力を養う民間団体)
(3) 原宿カウンセリングセンター(信田さよ子)http://www.hcc-web.co.jp/index.html
(DVに限らず、AC(アダルトチルドレン)や他の悩み事に関する加害者・被害者・第三者からの相談を受け付けている。)
(4)その他各地の民間支援団体、NPO団体や関連サイトなど:'DV被害者'で検索してください。例えば・・・
・ウィメンズネット・こうべ http://homepage1.nifty.com/womens-net-kobe/
・NPO法人女性のスペース「結」http://www.k2.dion.ne.jp/~yui-yui/
・HERE&NOW今ここにhttp://here-now.gonna.jp/
・First Step(ファースト ステップ)http://first-step.cside.com/
・尼僧紅蓮のDVかけ込み寺 http://www.big.or.jp/~delfynum/DV/

加害者更生プログラムの目的は、何と言っても加害者が真に心を入れ直し、二度と加害行為をせず、被害者が快適にその後過ごすことができるようにすることであり、加害者自身のケアや癒しをすることではもちろんありえないし、元のさやにおさめることを目的にするものでもありません。
あくまで、加害者は犯罪人(被告)であり、以後加害者をどう評価し、どう扱うかの選択権は全て被害者にゆだねられています。お友達にも、変に彼に同情したり、本当はいい人なんだとか、自分が我慢すればいいなどとの心はきっぱり捨て、冷静に家庭の今後のために何がいいのか見極めるように諭して下さいね。

更に詳細は、私のハンドルネームと'DV'で検索されると、多くの情報が出てきます。
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

加害者の方からご意見をいただけるとは思っていませんでした。
とても詳しい回答をありがとうございます。
回答者様は、更生に向かって努力をされているのですね。
友人とはじっくり話をしてみます。
彼女には幸せになってほしいです。
ありがとうございました。
投稿日時:2009/06/22 13:41

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 25% (2/8)

DVは理性のコントロールが効かない人に多いですね。
先ずは治ることは無いと思います。
相談は、女性センターで受け付けています。
また別居や離婚後のにも、ストーカーや暴力を振るわれるようでしたら女性センターでDVの証明を貰うといいですね。
これが意外と役に立ちます。
男性にとっては、一生ぬぐいきれない汚点となってしまいますが。
警察に届ける場合は、女性センターの証明を持って、最寄の警察署に相談に行かれるといいです。
ただし、取調べのように2時間ばかりかかりますが、証明されれば、110番通報で保護、逮捕などができるようになります。

※女性センターの証明と警察の証明は別です。
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

回答ありがとうございます。
友人とよく話しをして、女性センターや警察への相談も検討します。
投稿日時:2009/06/22 13:38
  • 回答No.7
h-kazugonです、治るプログラム有るなら刑事事件まで行きませんよ、再犯になるから、何メートル以内接近措置を取るかです。
 DV法が何故警察かです、理性が効かないから、何処までも被害者を追い込むからシェルターに身を隠す生活を強いられるんです。
 http://members2.jcom.home.ne.jp/shadou/page045.html
DVで殺されて方がどれだけいるかです、危機的状態なら即警察です、治る已然に自分が暴言吐く己に気付きがあるかです。
 モラハラ(精神的暴言)でもPTSDも出ます、此処までボコボコの暴力を起こすなら医者に飛び込み警察を呼び被害届を出すレベルです。
 離婚を受け入れる以前に匿う人間まで暴れ事もあります、まともな人間で無いから、自分の行動が見返る事出来ない、完全にその意識ない愚かな属性です、正常な男ではない、命あるだけでもましと言うレベルです、着の身着のままで逃げる親子がこのレベルです。
 DV男から離婚を切り出す事は自分の命を引き替えにカードを切る行為と同じです。
 治そうと言えるレベルは自己改革意識が出来た段階です、自己概念が出来ない男性に誰が支援プログラム迄送り出せるかです、警察と言う所で刑事事件になり目が覚める段階位でしょうか、世間体を重んじる男ならと言う要件次第です。
 刑事事件でも追いかけ回し殺人事件起こした殺人DV男も世に居ます、これは完全な人格障害者、精神鑑定段階の人です、起訴の出来ない男ならどうしますか、又追いかけをするこれも事実です。
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

何度もありがとうございます。
私も、あまりにひどいようなら警察へ、とも考えました。
毎日暴力におびえて生活すること自体、体にもとても悪いでしょうし、体のアザだけではなく、彼女のメンタル面など、心配が尽きません。
一日も彼女を救えるよう、説得したいと思います。
投稿日時:2009/06/18 13:59
  • 回答No.6

ベストアンサー率 5% (170/3045)

鉄筋コンクリートの塊を置いて、明日からはこれを殴る蹴るしてくださいね。
と書き置きをして実家に帰りましょう。
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

ありがとうございます。
別れるのが一番ですね。
私もそう思います。
投稿日時:2009/06/18 13:56
  • 回答No.5

ベストアンサー率 28% (195/684)

治るか治らないかでいえば、治る可能性はあるらしいですよ。
#1さんが言ってるような更生施設に入って努力すればあるいは。

ただこれは、本人の治りたいって意思が絶対不可欠ですからね。
DVしてる人の中にはDVをやめたいのにやめられない・いけないと思いつつも病的にイラついてしまう、という心の病気のような人もいるらしく、そういう人ならあるいは治ることがあるのかもしれません。
本人に治したい意思があり、専門家の力を借りるわけですから。

でも本人は全然治したいと思っていないとか、家庭の中で妻が夫を変えようと独自の努力をするとかだと、治すのは極めて困難なのではないでしょうか。
本人治す気がないのに専門家薦めたってまた殴られるだけだし、専門知識のない妻が何か考えたって的外れなことが多いでしょうし。
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

治る可能性もゼロではないんですね。
でも更生施設に入るというのは、本人も相応の覚悟が必要ですよね。
友人の夫にそんな精神力があるんだろうか・・・と思うと、あまり期待できないような気もします。
友人には、方法のひとつとして話をしてみます。
ありがとうございました。
投稿日時:2009/06/18 13:55
  • 回答No.4
DVをする男性、ざっくり言えばナルシシストです、自己愛者です。
 自分しか愛せない常に王様と敬われて当然と思い込み幼稚な側面です、自立出来ないイライラを妻と言う配偶者(奴隷・餌食)と威圧目線で取る。
 自分の思い通りにならないから暴力・暴言で弾圧をする。
 少し形勢が悪くなると思うなら、少し駄々も捏ねる子どもの様に良い子の真似をする。
 自分の計算で動く行く付くなら打算です、計算した行動で動く自分の優位な条件と言うだけです。
 この友人は愚かな幼い精神状態の旦那の計算高い太公望の魚釣りに引っかかった魚その物です。
 釣った魚に餌やるかの如くです、だから餌食を書いて要因は此処です。
 DVをする男(時には女)精神未発達なアダルトチルドレンで有ったり、境界型人格障害(自己愛型)と言う自分しか存在しないと言う概念です、治るも治らないでは無い、自分しか見る事出来ない、人格形成ですので他人との関係作りなど関与出来ない。
 離婚を言っても離婚など更々する気はないです、自分の餌食を失う太公望が居るかです。
 相当高いハードルです、難儀な男ですけど・・・・
 計算高いのか自分を優位に動かすオペラント条件反射の原理とも思います。http://saido.at.infoseek.co.jp/operant.html
 他者との関係(人としての関係間距離)が出来ない同じ領域と思い込む、普通奥さんと言えそれなりの尊厳とか人としての関係間を保ち気遣いするのが大人としての対人関係ですけど・・・・
 この関係が出来ないから、常に威圧目線で来る軋轢ですけど・・・・
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

幼稚・自己愛、まさしくその通りだと思います。
キレる理由は、幼い子供の駄々捏ねと同じぐらいに幼稚で些細なものだそうです。

友人には早く目を覚まして別れて欲しいです。
彼女の体が心配です。
ありがとうございました。
投稿日時:2009/06/18 13:52
  • 回答No.3
こんにちは。

結論から申し上げて、治りません。
治るかもしれない可能性にかける事は、大変危険であり、かつ、ほぼ100%裏切られます。


うちは父が酒乱でDVでした。

母との新婚生活では、ある日味噌汁がないだけで母をぼこぼこに。スリップ1枚で逃げたことも何度もあったそうです。

私と兄弟の幼少期は、出張から帰るたびに母が流血の惨事。親子3人で真夜中に逃げたことも、1度や2度ではありません。
大声もひどく、5Fの我が家の騒音に、1Fの人が止めにきてました。

大晦日に頭がぱっくり切れて、病院に行ったこともあります。
母の服を破り、壁に穴を開け…下の兄弟の首をしめ…(少林寺やってたんですよ…)
これが彼の普通の行動。

自分の帰宅時に、伯父が子供を食事に連れて行っており、いなかった。
それだけで、家の中は家具が引き倒され、観葉植物はばらばらに。もう、めちゃくちゃでした。

よくぐれなかったよ、私。
でも、すごくゆがんで育ちました。
父は早く死ねばいいと思ってます。愛情なんてかけらも持ち合わせていません。

外面はいいし、つまらない見栄をはりたがる男でした。
母にも、母の親にも、涙ながらに土下座して戻ってきてくれとか言ったこともあるそうです。
でも、自分を一番えらいとあがめない、自分の思いどおりにならない。
これだけで暴力振るうんですよ。
言葉が通じる人間だと思わないほうがいいです。

母はDV被害者の典型です。
情が深くて、間違った対象にも情をそそいでしまうんです。

彼女は親にもあまり頼れず他に頼る人もなく、DVについて勉強もせず、「あたしにも悪いところがあるのかも」「子供もいるし、離婚したらやっていけない」と、長く結婚生活やってました。
のちに離婚は成立しましたが…。

うちは1年のほとんど父が家にいなかったので、なんとかもったのだと思います。

子供ができたら、別れられません。
ご友人も、一刻でも早く別れた方がいいです。

でも、
>友人の夫は、普段は優しくていい人だそうです
こう言っているのであれば、難しいでしょう。完全に、二人でおかしな世界に固着してしまってます。そういう人とくっつけてしまう素質が彼女にあるんです。

ご友人には、DVの勉強を一緒にされてみては?
彼女自身が何とかこの状況から抜け出したいと思わないと…。
彼女さんも、失礼ですが、親子関係が正常ではないとか、異常に孤独に弱いとか、普通の「殴ったりしない」男性と付き合った事がないとか、何かあるのではありませんか?

親御さん夫婦が正常であれば、1回殴られただけで、離婚していてもおかしくないからです。


あざなどは、今後のために、暴力の内容と理由を記録し、必ず毎回写真を撮り、医者に行って診断書を取っておく。
万が一子供ができないようにピルを飲む。

私はこれくらいしてもいいと思いますが…

子供ができたって、絶対、変わりませんよ。
自分への関心が減ったことにいらついて、より暴力がひどくなる可能性が高いです。

決めるのはご友人ですが、一生懸命、これはDVだ、あなたは決して殴られたりしてはいけない、逃げてほしい、と説得し続けて欲しいと思います。
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

大変な苦労をされたのですね・・・。
経験者からの貴重なお話、想像するだけでも恐ろしいですが、真実なんですものね。
自分より弱い人間に暴力を振るうなんて、最低の人間がやることです。

友人の夫も、自分の思い通りにならないと暴れるそうです。
友人が、近所の知り合いの家にいて、いつもより早く帰った夫を出迎えなかったというだけで、大声で暴言を吐きながら物を投げつけ、ぼこぼこにされるらしいです。

友人の親子関係については、たぶん正常だと思います。
ただ、過去の男性については交際経験自体があまりないようで、「見る目ないのかな」みたいなことは言ってました。

とにかく、このままでは友人が心配なので、強く説得したいと思います。
ありがとうございました。
投稿日時:2009/06/18 13:49
  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (769/3579)

まったく、マニュアル通りですね。
普段は優しいが、切れたら見境がなくなる旦那。
その普段の優しさを過剰に評価し、踏ん切りがつかない彼女。ついでにプロファイルするなら、私がいないとかえはどうにもならない、私の方が悪のでは・・・と考えてないですかね。

まあ、治るかどうかは、本人次第ですが、本人がその気にならないとまず治りませんし、なったとしても治らないことが多いものです。別れるに限ります。
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

「私にも悪いところが・・・」と思っている節は大いにあります。
私も、別れたほうがいい、いや別れなければならないと思っています。
彼女を、もっと強く説得してみたいと思います。
ありがとうございました!!
投稿日時:2009/06/18 13:39
  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (729/3018)

きちんと「DV更生プログラム」を実行なされば治る可能性はあります。

本人が自覚し、「治したい」と願えばですが…。
お礼コメント
cham_poo

お礼率 97% (113/116)

早速の回答、ありがとうございます
更生プログラムというのがあるんですね。
友人の夫は「治したい」というか、「悪いことをしている」という自覚はあるようです。
更生プログラムを実行するには、「治したい、絶対に治す」という断固たる意思が必要ですよね。
それだけの強い精神があるのかどうかは、あやしいですね・・・。
友人と、もっとじっくり話をしたいと思います。
投稿日時:2009/06/18 13:36
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ