死刑制度について

「死刑制度」について皆さんはどう思われますか? 私は反対派です。しかし、倫理、宗教など様々な分野から問題を抱えていると...

kawakawa さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2000-07-14 01:11:41
  • 回答No.7
kawakawa

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

再登場です。
法律が人を裁くことによって人が死ぬこと・・・
非常に難しいですね。
これは、政治的意味合いが非常に大きいものですから。
この世の中に、絶対的な間違いのない善悪区別というのはあるのでしょうか?という哲学的な内容にもなってきますから。
チャップリンの殺人狂時代で、たしか「1人殺せば犯罪者で1000人殺せば英雄」とかいう表現があったかと思います。たしかに、平和な現在の日本で1人でも殺せば重罪です。しかし、国家同士の喧嘩である戦争の場面においては沢山殺した者が英雄となります。すると、人が人を殺すことは絶対的な罪なのかどうかわからなくなります。
第二次大戦後の戦争裁判でも、日本とドイツの軍事的指導者達は多数死刑になりました。けれども、広島市民20万人を殺した原爆を投下した米軍関係者は一人も死刑になっていません。
勝てば官軍であり、勝者が敗者を罰するという裁判が軍事裁判で、政治的な裁判だったための倫理的・人道的には不可解な判決です。
或いは、中国では文化大革命のときに多数の人が投獄され、命を失っていますが、後には文革自身が批判され、当時の決定は誤りであったとされ、名誉回復が行われています(けれども、死んだ命は二度と戻ってきません)。政治的な変化があれば、判断基準が全く変わってしまう可能性が大きいのです。
また、人が人を裁く限りにおいて、冤罪の可能性もたしかにあります(逆に本当に罪を犯したひとが無罪になることも)。そんなとき、終身刑ならば冤罪被害者の救済を行うことが可能ですが、死刑の場合、執行されてしまった後はどうしようもありません。
初めにした回答と同じような結論ですが、終身刑があるならば、死刑制度は廃止すべきです。
やはり、死刑という名の殺人ですから。
個人的意見としては、ハンムラビ法典の「目には目を、手には手を」が一番すっきりしているとは思います。
今の法律は、というよりも、それを運用している法曹界は、加害者の人権尊重にばかり偏重しているようですから。
お礼コメント
ringo7

お礼率 33% (6/18)

再びの回答、ありがとうございました。

物事の区別、基準を計るものということを取り上げて
みれば、人の死をその はかり に賭けてはならないと
私は思います。kawakawaさんもおっしゃっている
ように、死んでしまったらすべて終わってしまいます。

ナチスについては『ニュールンベルク裁判』
死刑制度については『デッドマン・ウォーキング』
という映画をそれぞれ見ました。
両方とも答えが見えない、深い問題を取り上げています。

デッドマン・ウォーキングは死刑囚に最後まで付き添う
あるシスターの実話がもとになっています。
私は無神論者ですが、このシスターの言葉には納得するところがありました。
「すべての人間は、どんなことをしたとしても、拷問されない、殺されない権利がある。それは政府から与えられる権利ではなく、人間に本来備わっている、譲ることのできないけんりである。」
「死刑を執行した後、間違っていました、ではすまない。
判決も、死刑執行も、様々な偏見や誤りに満ちている。
死刑制度をもつには、私たち人間はあまりにも弱い存在である。」
「処刑したからといって、犯罪を生み出す根本的な原因を取り除いているわけではない。むしろ目を他にそらし、
問題の根源を解決するためのしょうがいにさえなっている。」

2度にわたる回答、本当にありがとうございました。
とても参考になりました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ