• ベストアンサー
  • 困ってます

毒物のπ電子対と毒性の関連性について

自然界の毒物に存在するπ電子の分子軌道とその毒性の関連性について教えてください。 たぶん、発ガン性を有するようなのですが、π電子との関係がわかりません。 難しい話ですが、どうかお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数136
  • ありがとう数26

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • wood
  • ベストアンサー率100% (5/5)

ベンゼンを代表例として,π電子を持つ化合物は発ガン性が高い傾向があると言えるでしょう。多分例外は多数あると思います。そのへんのところは良くわかりません。 #2に関して:π電子とは,芳香族(ベンゼン環)に存在する1.5次結合でのことで,陽子やら素粒子とは関係ありません。一般的に有機化学的には,反応活性が幾分高い電子状態と言えます。反応活性が高い分子は,その反応が生体のために役立つものでないかぎり,例外なく毒性を持つと考えた方が良いでしょう。 #1に関して:僕は生物学者ではないので,毒物=発ガン性の関係は良くわかりません。まあ,発ガン性を持たない毒物なんてざらにあるので,イコールでないことは確かでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電子配置について

    O2の電子配置ではOの2p軌道にある電子がすべて結合性、反結合性分子軌道に入りますが、HFの電子配置では反結合分子軌道があいているのにFの2p軌道にある電子が入らないのはどうしてですか?

  • 水素リチウム分子の電子配置について

    水素リチウム(LiH)分子の電子配置について考えてみたのですが、あっているのか自信がありません。以下が僕の考え方です。 Hの電子配置は(1S)^1で、Liの電子配置は(1S)^2 (2S)^1なので、HとLiの1S軌道からなる分子軌道を1σ(g)、1σ(u)としました。ちなみに結合性軌道が1σ(g)で反結合性軌道が1σ(u)です。あとはエネルギーの低い結合性軌道1σ(g)から順番に電子を詰めていけばいいと思い、Hの1S軌道の電子1つとLiの1S軌道の電子2つを順に詰めていきました。そしたら1σ(g)軌道に電子が2つ、1σ(u)軌道に電子が1つ存在する形になりました。 残りの電子はLiの2S軌道にある1つだけなのですが、これをどの分子軌道に詰めればよいかが分からないのです。1σ(u)軌道に詰めればよいのでしょうか?それとも あらたに2σ(g)という分子軌道を作ってそこに詰めなければならないのでしょうか? 分かる方、どうかよろしくお願いします。m(__)m

  • 励起されるのは蛍光分子のどの軌道の電子?

    蛍光物質は当然分子です。 分子は原子同士が結合して出来ています。 分子になると原子の最外殻の電子軌道は結合して1つの分子軌道になります。 結合に関与しなかった各原子の内側の電子軌道は変形するものの分子内でも温存されます。 ------------------------------------------------------------------------------------- では、蛍光分子に励起光を照射した時、励起されるのはどの軌道の電子でしょうか? 蛍光分子ごとに励起光に固有の波長があるという事は、やはり最外殻である分子軌道 の電子が励起されるということでしょうか? よろしくご教授ねがいます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

 そもそもπ電子なんてものが存在するのでしょうか(^^;  自然界に存在する電子は陰電子(または単に電子)と、陽電子の2種類です。1秒以上存在可能な素粒子としては、陽子と中性子と、あと数種類しかなかったはずです。(ダークマターとかニュートリノとか、数えれば実はたくさんあるけど)  自然界に存在する素粒子で体に害があるのは中性子です。  これは直接浴びると体がメルトダウン(に近い症状)を起こすひじょーにこわい素粒子だったりします(よね? たしか)。まあ、爆弾として生成された状態じゃなきゃ別に怖くないんですけどね。普通に空気中に存在してるし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#30
noname#30

 質問の意図が判りかねます。  自然界に存在するいわゆる「毒物」というのは、多くは酵素活性阻害作用を有するものをさしており、発ガン性とは関係ありません。  特定の酵素の活性を阻害する毒性物質およびその同族体の中で、π電子軌道の差異が酵素活性阻害作用の強さに関係しているかという意味なのでしょうか???

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分子軌道とパウリの排他律など

    分子軌道上の電子にもパウリの排他律やフント則があてはまりますか? 分子軌道を形成すれば、分子軌道に対して新たに各電子の量子数が決定するのですか?

  • 量子化学 HFの軌道

    量子化学ですが、 Hは1sに1電子。 Fは1sに2で、2sに2。2px、2pyに2つずつ2pzに1つ。 HとFの結合は、Hの1sとFの2pzの軌道で起こる。 ここで、結合性分子軌道σのモデルみたいなのは ●○ (●が少し○より大きい。●は+、○は-) で σに2つ電子が入っているので理解できます。 エネルギー的にその上の非結合性結合にFは2px、2pyに2つずつ電子使い。 質問はここからで、 Hの1sとFの2pzは結合性分子軌道で1つずつつかって、エネルギー的に非結合性結合の上の反結合性分子軌道σ*に、使える電子がないのに、●○●というモデルが、本に載せられていました。電子がないのに、この反結合性分子軌道は存在するのでしょうか?それとも、自分の考え方が違うのでしょうか? どなたか教えてください。お願いします。

  • 物理化学に関する質問です。

    C₂^+、N₂^+、O₂^+、F₂^+の各分子イオンについて、問題には、各分子の不対電子の数を示し、常磁性か反磁性かを答えよ。と、書いてあり、分子軌道を書いて考えてみたのですが、全て不対電子が1つあるようにしか思えません。しかし、どうやら答えが違うようで困っています。 分子軌道はおそらくあっていると思うので、分子軌道からどのように不対電子を探せばいいのか教えていただけないでしょうか? ちなみにおバカな自分は軌道に矢印(スピン)が1つしかなかったら不対電子だろうな、などと考えております。

  • 電子軌道

    高1ですが授業ではここまで扱いません、化学にずっと興味があり、電子軌道を中心にインターネットで独学で勉強してきたのですが、最近どうしても分からないのが、電子のスピンと軌道の位相についてです。「位相」と「荷電粒子のスピン」「結合性・反結合性軌道」など単独キーワードでは簡単な例のおかげでなんとなく分かったのですが、 「逆スピンの電子同士で対をつくる」と「同じ位相のとき結合する」と言うのが互いに結びつかないのです。素人ですので、どなたか簡単にスピンと位相の概略と分子軌道の関係について説明していただけませんか?お願いします。

  • アゾベンゼンの分子軌道

    アゾベンゼン(Ph-N=N-Ph)のアゾ基(-N=N-)の分子軌道を描いたのですが、あっているかどうか自信がないので質問しました。以下が私の答えです。 まずこの場合の窒素は、ホルムアルデヒド(H2C=O)のカルボニル基(>C=O)の分子軌道と同じくSP2混成軌道であると考えました。その結果、次のように窒素原子の電子配置と混成軌道の電子配置を描きました。   N :1S(↑↓)、2S(↑↓)、2Px(↑)、2Py(↑)、2Pz(↑) 混成:1S(↑↓)、SP2(↑)、SP2(↑)、SP2(↑)、2Pz(↑↓) 次に分子軌道を描くときにどの軌道を用いればよいかが分かりませんでした。いちおうSP2(↑)と2Pz(↑↓)を用いた結果、分子軌道は以下のようになりました。 分子軌道:σNN(↑↓)、πNN(↑↓)、n(↑↓)、π*NN( )、σ*NN( ) どうでしょうか?分かる方おりましたら教えてください。お願いします。

  • 解離エネルギー

    解離エネルギーはN-N,O-O,F-Fの順に小さくなることを分子軌道にもとづいて説明します。 N,O,Fの順に原子の周りの電子が増えるので電子の反発により解離しやすくなっていると考えたのですが、これはどうなのでしょうか? また、分子軌道にもとづいた説明がよくわかっていません。反結合性軌道を占める電子数が多くなるのだと思うのですが、いまいち理解できていません。よろしくお願いします。

  • 共有結合について

    共有結合の際の電子の分子軌道がわかりません 原子軌道関数の足し算で分子軌道ができるのはわかるんですが引き算でも分子軌道ができる意味が直感的に分かりません 引き算するということは原子軌道関数に-1をかけるということだと思うんですが勝手にそんなことしていいんですか? ちなみに原子軌道関数についても理解が浅いので教えてください 伝道帯や充満帯のことについても教えていただければありがたいです いいサイトがあればそれも教えてください

  • タバコの毒性とお酒の毒性を比べるとがアルコールの方

    タバコの毒性とお酒の毒性を比べるとがアルコールの方が有害では? タバコの有害物質はニコチンで発ガン性がある。 このニコチンという有害物質は50mg以上で毒性が認められている。 ニコチン保有1mgのタバコを1日に50本以上、5mgのタバコを10本以上吸わなければ人体に毒性は与えないとされる。 次にアルコールは実際無毒性ですが250mlから毒性が認められる。 しかし、お酒のビールは缶ビールで350mlで1缶として売られている。 350ml缶ビールの方は毒性が発生している。 なぜ飲酒メーカーは250ml以下で売らないのか? 飲酒メーカーは1缶で毒物を売っており、タバコメーカーは1箱で毒物以下で売っている。 飲酒メーカーの方が有害物を売っている。 ソフト飲料は350mlで良いがアルコール飲料は最高でも250mlで売るべきでは? なぜ大手飲酒メーカーはアルコール飲料を350mlで売ってるんでしょう?

  • 1s軌道 分子軌道

    水素以外の分子において、1s軌道から分子軌道がつくられることはないですか? 酸素分子とかのエネルギー準位図と電子配置を示すとき1s軌道が省略されているのはそのためですか? また、1s軌道から分子軌道がつくられないのは原子核間の距離がそんなに短くないからという認識で良いですか? 化学がとても苦手なので易しい回答をお願いします。 すいません。よろしくお願いします。

  • α粒子の毒性について

    α粒子とは、ヘリウム4の原子核そのものですが これの毒性はどのような機構によって発生するんですか? 実質的にHe^2+であるため、直ちに周りの分子や原子から電子を引き抜いてイオン化、またはラジカル化させるのだと思いますが これだけでは毒性はそんなに強くないんじゃないかと思います。 ひょっとしてα粒子の持つエネルギーが関係するのしょうか?