• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

周波数解析について

ある信号をFFTを用いて周波数解析をしているのですが、単純なことについて教えて下さい。 自分の中のイメージとしては、周波数解析とは、 ある波を一定の周波数ごとに分解して、ある周波数帯域にどれくらいの成分が含まれているかを検討する物だと思っています。 自分のイメージが正しければ、あることが疑問に浮かんでいます。 現在、ある信号を周波数解析する前段階として、エラー(人工産物的な要素)を除外しています。 方法としては、時系列の信号データを一定時間毎に区切ってFFTをかけると言う物です。 自分が解析したい、周波数帯域は1Hz~35Hzまでの帯域と考えています。 綺麗な信号ならば問題なのですが、先のようなエラーと言うかノイズが載っている信号に対して、35Hzのフィルターをかけるとノイズの部分がなくなりクリアーな波形が見られます。 自分の知識が少ないため、ノイズが見られる信号は破棄していましたが、考えてみれば、必要な部分は1Hz~35Hzなので、35Hz以上のノイズ(フィルターをかけてなくなる領域のノイズ)が乗っていても、自分が必要な周波数帯域での周波数解析には関係ないのではないだろうか?と考えています。 少々ややこしい内容の質問になりましたが、アドバイス宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1812
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#221368
noname#221368

>一定時間ごとに区切ってFFTをかけると言うのはランニングスペクトルと言うわけでは有りません(ググッて調べてみた結果)。  自分は大変おおざっぱなので、「一定時間ごとに」を読んで、ランニングスペクトルだろうと勝手に思ったのですが、確かに、時間を区切ってFFTをかけるだけでは、ランニングスペクトルではないですね。ただ、 >周波数解析を時系列で追って行きたいと・・・ という発想は、ランニングスペクトルだと思います。特に、 >データは長時間の計測時の後半に現れて・・・前半では特にノイズと言われるような物が出てきていない… からノイズと判断したならば、これはランニングスペクトルを行う一つの目的です。 http://www.e-bridge.jp/eb/tcontents/yasasikunai-k/chapter070203.html  きっと以下のURLの最後にあるような図を想定されていると思います。 http://www5b.biglobe.ne.jp/~t-kamada/CBuilder/Spc51help/074running.htm  ランニングスペクトルと同等だと自分は思うのですが、一定時間ごとに区切ってFFTをかける事を、STFTと言う人もいます(Short Time Fourie Transformation)。これについては成書が出ています。STFTの長所は、ウェーブレットよりもチューニングが易しい点があげられます。 ・時間-周波数解析,L.コーエン,朝倉書店,1998年.  上記には、フィルター特性や時間窓の取り方も載っていますが、ふつうは矩形のガウスタイプで十分な気がしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅くなり申し訳有りませんでした。 大変参考になるご意見と、書籍までご紹介頂きありがとうございました。

関連するQ&A

  • 周波数帯域のある信号をFFTに掛ける場合、処理結果はどうなるのでしょう

    周波数帯域のある信号をFFTに掛ける場合、処理結果はどうなるのでしょうか? 私は周波数帯域が100~10,000HZのマイクを使い録音し、そのデータを取り出し、 自作したプログラムを用いて、サンプリング周波数32768HzでFFTを掛けて、 信号の周波数特性を調べています。 ただ、FFTの処理結果によると、周波数帯域外の100HZ以下の領域に、周波数帯域内 と比べて大きな特徴が見られました。 そこで質問なのですが、この場合、自作したプログラムにミスがあるのか、 周波数帯域外の信号を録音してしまっているのか、それとも両方なのか、 それ以外にも理由があるのか、その辺りについて教えて頂ければと思います。 周波数解析の分野の理解が浅いため、酷く初歩的な質問であるかもしれませんが、 どうかよろしくお願いします。

  • 周波数解析について

    周波数解析について何点か質問があります。 FFTを用いてパワースペクトルを求めているのですが、 (1)FFTポイントを小さく、大きくするとそれぞれどのようなメリットがあるのか。 FFTポイントを小さくすると分析時間が短く、大きくすると分析時間が長くなるのは知っているのですが、それに伴い周波数分解能の精度が変化してくるのがいまいち理解できません。 (2)FFTを行う平均回数は例えば5回行うと、加算平均時に使われるデータがFFTポイント5つ分という解釈でいいのか。 以上の二点について分かりやすく解析していただけると幸いです。 当方、数学についての知識が乏しく、この質問内容だけでは答えられないという場合には分かる範囲で追記していきたいと思っています。

  • 信号の周波数と周波数帯域

    電波通信について質問です。 信号の周波数帯域が広いと大容量のデータが送れるということは理解できました。 ですが、信号の周波数と周波数帯域との関係がよくわかりません。 信号の周波数が高くなると周波数帯域が広くなるのはどういうわけなのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#221368
noname#221368

 ノイズ除去のために、ハイカット,ローカットフィルターをかける事はふつうに行わるので、あなたのFFTに対する理解は正しいと思います。留意点としては、2つです。 (1)#1さんの仰るように、フィルターの特性は押さえておいた方が安全です。 (2)測定器の物理フィルター(アナログフィルター)の帯域も、調べた方が無難です。ここの設定が悪いと、エイリアスが出て、それがノイズのように見える事もあります。エイリアスは、デジタル処理特有の現象です。それを失くすために、物理フィルターをかけます。  「信号データを一定時間毎に区切ってFFT」という事は、ランニングスペクトルと想像します。「ランニングスペクトル」で調べてみるのも手かな?、と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 FFTに対する考えがまず理解が正しくてホッとしています。 まず、#1さんの補足にも書かせていただいたのですが、フィルター特性と言う物が、いまいち分かっていません。 物理フィルターですか…少し調べてみたいと思います。しかし、多分この設定に関しては問題ないと思います。 データは長時間の計測時の後半に現れてきていて、前半では特にノイズと言われるような物が出てきていないので… また、ランニングスペクトルですが、私の解釈がもし間違っていなければ、今回の一定時間ごとに区切ってFFTをかけると言うのはランニングスペクトルと言うわけでは有りません(ググッて調べてみた結果)。 つまり、周波数解析を時系列で追って行きたいと思っているのですが、FFTでは、時系列成分を含んでいないため、わざと一定時間(秒単位)で区切ってFFTをかけて、その変化を見ています。 本来なら、ウェブレット解析を使えば時系列が時間を区切らずに使えるのですが、FFTと言う手法をとっている手前、時間区切りをしています。

  • 回答No.1

フィルターの周波数特性は把握してられますか。 1Hz~35Hzを含む範囲でフラットなら基本的には問題はないわけです。 いずれにしろ、原波形及びフィルターをかけた波形に同じようにFFTをかけて比較してみることは必要だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お返事遅くなり申し訳有りません。 フィルターの周波数特性とは、ローバスとかハイパスのことでしょうか?それとも、違う意味なのでしょうか(すいません初歩的なことで…) 1Hz~35Hzを含む範囲でフラットならと言うことは、ノイズと思われるものが1Hz~35Hz間に周波数に与える影響が無いということですね。 確かに、原波形とフィルター後のデータにFFTをかけて検討する必要があるのは大変ありがたいアドバイスです。

関連するQ&A

  • 周波数解析 FFTと自己回帰モデルについて

    いつもお世話になっています。 周波数解析で質問です。 十分なサンプリングレートで、十分な時間記録したデータを使う場合、自己回帰モデルを使った周波数解析は必要ないでしょうか。 現在、FFTを使ってあるデータの周波数解析をしていますが、ものの本によれば、そのデータを扱う場合は、FFTよりARモデルを使った周波数解析の方がよい、と書いてありました。しかし、サンプリングレートが細かすぎて、モデルの次数を決定するのも、妥当かどうか疑問が残ります。一般的に、MEMなどのARモデルを使った周波数解析は、周波数分解能の悪さを補うのが大きな目的ですか?

  • 周波数解析のスペクトルについて

    waveファイルで取り込んだ音響データを、FFTを用いて周波数解析を行っています。 元のwaveファイルのデータは、ピーク値で20000示す時があるデータが入っているのですが、 そのFFTの結果が5000000など元の値とは桁違いの数字が出てしまいます。 これはなぜなのでしょうか? よろしくお願いします。 元データ サンプリング周波数:44.1kHz FFT解析条件 サンプル数:2048 窓:ハニング

  • ビデオ信号の周波数帯域について

    ビデオ信号では周波数インターリーブ方式により3MHz以上において色信号と輝度信号は交互の周波数帯を占めています。それをくし型フィルタなどを用いて分離して処理を行うと理解しています。 ここで疑問があります。色信号の帯域は1.5MHzですが、輝度信号の帯域は4.2MHzです。人の目は色よりも輝度に敏感ということで色信号は帯域制限をかけているようですが、周波数インターリーブを用いることで結局は色信号と輝度信号を分離できるように思います。なぜ色信号は帯域制限をかける必要があるのでしょうか。 理解が誤っている場合はその点を指摘していただけると助かります。

  • 有線での周波数帯域

    お世話になります。 今、必要に迫られ周波数帯域について調べています。 いろいろなサイトを見たり調べたりしたのですが、どうしてもわからないことがあり、質問させていただきました。 特にFTTHについて知りたいのですが、ADSLやCATVインターネットでの話も併せてしていただけると助かります。 周波数や周波数帯域という言葉の意味については用語辞典などで調べていますので、だいたい理解しているつもりです。 たとえば無線や携帯電話などの電波で使うということであれば理解できるのです。大気中の決められた領域を使っているんだな~という意味で。 でも、有線のケーブルの中を通る信号がどの周波数帯域を使うかというのがどうしてもイメージがわきません。 電子レンジのように周波数を発する・・ということであればわかりやすいですが、これとはちょっと違いますよね? たとえばADSLであれば、音声で使われない高い周波数帯域を利用するということですが、これは電話線の中の別の部分を利用するということで、それがどうして広い(高い)周波数帯域という話になるのか? またFTTHは光ファイバーケーブルの特性でスピードが速いと思っていますが、実際にはこれも広い周波数帯域を使っているようで、有線でありながら広い周波数帯域を使うというのがなんだかピンとこないんです。 ちなみに、光ファイバーやCATVインターネットで利用する帯域がどれくらいか(?MHz)も知りたいです。 わかりにくい質問のような気がしますが、タイトルにもありますように有線においての周波数帯域をいう観点で回答いただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • フーリエ変換による周波数解析についてなのですが

    フーリエ変換による周波数解析についてなのですが 時々刻々と微小な変動がおこる測定量をセンサを用いて測定し、AD変換したのちにマイコンに取り込んだとします。 しかし画面上に表示される測定値の変動が本当に現象によるものなのか、それともノイズによるものなのか分からず、フーリエ変換を行い、周波数解析を行おうとおもったのですが フーリエ変換によって求められるパワースペクトルは振幅の二乗ですよね? ノイズによる振幅と現象による振幅がほぼ同じくらいのときは フーリエ変換を行っても何もわからないのでしょうか?

  • フーリエ変換の最大周波数

    5kHzでAD変換した信号があり、解析したい成分は0~1kHzに含まれています。 上記の前提で、256点で128点オーバーラップしながらFFT処理を行った場合、FFTを行うデータ数をN、サンプリング間隔Δt(1/5kHz=0.0002sec)とした時、 分解能 Δf=1/N*Δt=19.53 最大周波数 Fmax=(N/2NΔt)-(1-Δf)=2480.47 という計算式をインターネット上で見つけました。つまり0~2480Hzまで20Hzごとのパワースペクトル時間変化が128点データが並ぶということになると思うのですが・・・・ 一方、最大周波数はFFTデータ数の半分だという記載も見つけました。すると、最大周波数は半分も128Hzだと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか?

  • フーリエ変換による周波数解析について

    フーリエ変換による周波数解析について 窓関数とは一体どのようにして選べばよいのですか? 一般的にはハニングが用いられているようなのですが、一般的に使われているからといった理由で ハニングを窓関数として用いてもよいものなのか困っています。 加えて質問なのですが サンプリング周期を1μsとした際に、ノイズの影響と思われる変動が波形にみられました。 つまりノイズはとても速い振動している、周波数が高いということでしょうか? もしそうであるならば フーリエ変換を行って際、ノイズの影響によるパワースペクトルは高周波数側にでてくると思うのですが 結果としてホワイトノイズのようになっています。これはノイズは低周波数側にも存在しているということですか? 最後に、フーリエ変換を行う際の設定についてなのですが データ数(サンプリング数)を25000個とすると積算回数は20000回でいいのでしょうか? ※ソフトの設定で選択できる積算回数は1000,2000.5000.10000,20000.50000です。

  • 周波数応答の検証方法

    周波数応答をFFT解析したいのですが、振幅は1つの条件で周波数のみを変化させて検証を行えば良いのでしょうか? 例 振幅Aについて周波数D~E の様な試験 或いは振幅によっても周波数応答が異なるのであれば、 例 振幅Aについて周波数D~E 振幅Bについて周波数D~E 振幅Cについて周波数D~E この様な条件で試験をし、振幅毎にFFT解析して複数のボード線図を作成する必要があるのでしょうか? 一般的な周波数応答を解析するための試験方法をご教示頂ければ嬉しいです。 宜しくお願い致します。

  • 周波数偏移について

    ご質問させていただきます。 周波数偏移について、下記のような理解でよろしいでしょうか。 (1)AM放送の占有周波数範囲は15kHz (2)FM放送の占有周波数範囲は、どこまでひずみを許すかで決まる。 そのため、無限に帯域が広がる? (4)FM放送の占有周波数帯域=(75kHz+送信周波数×2) (5)FMステレオ放送の場合、周波数偏移75kHzの中に、和信号、差信号、 パイロット信号などを入れて送信する。 このような理解でよろしいでしょうか。 どなたか回答いただけると幸いです。

  • 周波数の帯域制限

    ある実験の考察で、「周波数の帯域制限があった場合、信号が変形するが、三角波と方形波のどちらの変形がより大きいか?またその理由は?」という問いがありました。 帯域制限というものの、イメージが分からずこの問いに苦戦しています。 詳しい方教えていただけたら幸いです。