• 締切済み
  • 暇なときにでも

竜馬の持っていたもの

坂本竜馬が、携帯するものを刀からピストルに替え、それをまた「万国公法」に替えて「これからはこれじゃ」といったという話は有名だそうですが、どこかにそれが記されている文献をご存知な方はいませんか? 司馬遼太郎も書いていたような気もするのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数73
  • ありがとう数58

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#151056
noname#151056

もともとは千頭清臣著の「坂本龍馬」という伝記の中に記された逸話だとか。 参考URL のページを見てみてください。

参考URL:
http://bennyhills.fortunecity.com/sellers/631/ryouma7.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 竜馬が行く最終巻のあとがきで

    司馬遼太郎著、竜馬が行く”の最終巻のあとがきに坂本竜馬を実際に刺した男のインタビューが載ってたというのですが、今手元に最終巻が無い物で何方か蔵書でお持ちの方、その男の名前を教えてください。

  • 司馬遼太郎が新選組や坂本龍馬を書かなかったら

    司馬遼太郎が新選組や坂本龍馬を書かなかったら、彼等の評価や人気はどうなっていたと思いますか? 父から司馬遼太郎が新選組を書くまでは、新選組=悪として描かれている作品が多く人気がなかった。今の新選組(土方、近藤、沖田など)の性格やイメージを作ったのは司馬遼太郎だ。という話を聞きました。 あと、坂本竜馬が好きという人は「竜馬がゆく」を読んで好きになったというのが多いですよね。 現在は新選組や坂本龍馬はかなり人気があり、歴史的にすごい評価されていますよね(特に坂本竜馬)。 もし彼が新選組や坂本龍馬を書かなかったら…。今のように人気がでたり、評価は下がっていたと思いますか?

  • 坂本竜馬の北辰一刀流について

     坂本竜馬にあこがれて剣道を始めはや10年以上になります。 しかし疑問が湧いたのですが坂本竜馬が武術に使っていた北辰一刀流 というのはどんな剣道だったのでしょうか? 上段だったのでしょうか?中段だったのでしょうか?

  • 回答No.1
  • ares
  • ベストアンサー率36% (81/219)

司馬遼太郎著「竜馬が行く」(全7巻)の3巻か4巻あたりに、その場面がでてきたように記憶しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 竜馬の偉人説はねつ造ではないでしょうか?

    坂本竜馬は、司馬遼太郎のフィクション小説で有名になりました。 薩長合体の仲介は、西郷隆盛の命を受けて動いたともいわれとります。 つまりは、薩摩のスパイ要因わかりやすく言うと西郷のパシリだった可能性があります。 船中八策は、元の原案は後藤象二郎が書いたものだと言われとります。 つまりは竜馬のオリジナルではないということです。 船の船長になったのも、今でいうと海外旅行に憧れたからであって 天下国家を考えての事とは違うのではないでしょうか? つまり竜馬は、偉人でもなんでもなくて あの時代のちょと変わった人だった可能性が高いと思うとります。 そこで質問ですが竜馬は、維新の立役者の一人に数えられるような 偉人だったのでしょうか?

  • 「竜馬がゆく」と同じくらい面白い本は?

    司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」(全8巻)を読み終えました。 人生観が大きく変わったとまでは言えませんが、「器の大きい人間とは?」について、大いに影響されました。 歴史小説で坂本竜馬のように器の大きい人間が主人公で、壮大な内容の小説をご教授お願いします。(司馬作品に限らず)

  • 坂本竜馬は暗殺されていなかった?

    坂本竜馬は暗殺されていなかったという話を聴きました。 坂本竜馬の親戚関係は生きておられるのですか? 坂本竜馬の血痕とDNA鑑定してもらいたいな!

  • 坂本竜馬の使っていた香水の名は?

    色々と調べましたが分からず、お知恵を拝借させてください。 坂本竜馬が長崎でフランス製の香水を手に入れ、その後も日本人で初めて(?)フランス製香水を愛用していたという話を読んだことがあります。 この香水の名やブランドを明記した文献はあるでしょうか? 香水の本を調べましたら、平田幸子氏「香水ブランド物語」の中でコティのロリガンが坂本竜馬の愛用だった、とあります。しかし、ロリガンの発表は1905年ですので、これはあり得ないのでは?とも思います。 坂本竜馬の生前に量産されていたフランス製の香水となると、ゲラン社、ウビガン社、ブルジョワ社あたりしか思い当たりません。 坂本竜馬にお詳しい方、是非ともご意見頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

  • “竜馬が行く”の後に読むべき本

    司馬遼太郎さんの“竜馬が行く”を夢中で読み終え寂寥感に浸っております。 “竜馬が行く”を読み大政奉還までの流れがある程度わかったのですが、 その後の、鳥羽伏見から五稜郭、明治政府樹立までの流れを夢中で読ませてもらえる小説を探しています。西郷隆盛や勝海舟などの小説があればその間あたりを網羅しているのかと思うのですがそれ以外の方でもかまいませんので そのあたりの時代を“竜馬が行くのよう”にそれなりに忠実で面白い小説を教えてください。

  • 坂本龍馬について

    坂本龍馬がブームになっていますが、 結局のところ何をした人なんでしょうか。 司馬遼太郎の小説を読むとたしかにかっこいいのですが、 どうも私には胡散臭く思えて仕方ありません。 (念のためですが、司馬遼太郎は好きです。)

  • 司馬遼太郎ファンへ司馬遼太郎の小説ランキング教えて

    司馬遼太郎さんの小説は「竜馬がゆく」しか知りませんが、「竜馬」を読んであまりに面白かったので、他の小説も読んでみたいと思って、司馬遼太郎ファンの方にお聞きしたくスレッドをたてました。司馬遼太郎マニアの方々に、できれば1位~5位くらいのランキング形式でおすすめ小説を教えていただけると嬉しいです!みなさんおすすめの「司馬遼太郎オリジナルランキング」、楽しみにしています!

  • 今夜のナニコレ珍百景のオープニングで司馬遼太郎記念館の坂本竜馬のシミがチラッと映ったそうですが・・・

    いつもお世話になります。 先日、東大阪市にある司馬遼太郎記念館に行きました。 そこで坂本竜馬の顔にそっくりな天井のシミを見て驚き、 感動もしました(高い天井に自然に出来たシミだそうです) 帰宅して興奮しながら16歳の娘にそのことを話しました。 そして今夜の「ナニコレ珍百景」のオープニングでそれが チラリと映ったと娘がその場で知らせてきました。 今日の放送であると思いましたのでTVの前で待っていたの ですが、最後まで出ませんでした。 あの坂本竜馬の顔にそっくりな天井のシミはすでに放送されたの でしょうか?

  • 坂本龍馬が薩長同盟を締結させた???

    「坂本龍馬」司馬遼太郎創造説という内容の本を読みました。 つまり、実際の坂本龍馬が歴史上果たした意義、さらには龍馬自身の人物像は、司馬遼太郎の誇張によるところがかなり大きいとういう内容です。 実際、司馬遼太郎本人も 『あれは僕の竜馬なんだよ。「竜馬がゆく」は小説だから、史実の龍馬と区別するために「竜馬」という字を使ったんだ。』 と対談集で言っていました。 この「坂本龍馬」司馬遼太郎創造説を知って以来、「竜馬がゆく」をそのまま信じて 「坂本龍馬が薩長同盟を締結させた。」 というのは間違った歴史観だと思えてきました。 小説のように龍馬が日本を救うための薩長同盟をひらめき、薩摩も長州も嫌がっているのに、ムリヤリ同盟締結をしたのでしょうか? 薩長同盟は少なくとも西郷と桂に代表される実質的な指導者層が必要性を感じていなければ坂本龍馬がいくら周旋したところで成功はなかったでしょう。 やはり薩摩もしくは長州に同盟に意志があり、同盟締結のための一つの手段として龍馬を使ったという方が納得できませんか?

  • 坂本龍馬が有名になったのは、書籍かテレビか?

    坂本龍馬が有名になったのは、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』の影響が大きかったようですが、 1963年に、司馬遼太郎が『竜馬がゆく』を書いたときと、 1968年に、NHKテレビの大河ドラマで、『竜馬がゆく』が放送されたときと、 どちらが坂本龍馬が有名になるのに影響が大きかったでしょうか。