• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

カタルーニャ語話者の、スペイン語話者への礼儀?

あるスペイン語に関する文献に載っていました。 「カタルーニャでは、カタルーニャ語話者はスペイン語(カスティーリャ語)話者との会話では、スペイン語で会話をしようとする」とありました。 これはカタルーニャ語話者が相手への礼儀だと思い、相手の訛りなどに気がつくとスペイン語で話すそうです。たとえスペイン語話者がカタルーニャ語で話しかけたとしてもです。 カタルーニャ語はスペインの少数言語で、存続も危ういと資料で読みました。この「礼儀」も存続を阻む原因のひとつとして考えられているらしいのですが、では何故彼らは「礼儀」だと思ってこのような行動をするのでしょうか? スペインでは少数言語の話者は、自分たちの言語を大切にし、それこそアイデンティティだとして誇りをもっているらしいのに、これでは現時点での少数言語もそのままずっと少数のままになってしまうと思います。または話者がいなくなってしまうかもしれません…。 いろんな文献を参考に読んだのですが、それらしき理由が載っておらず、未だに疑問を抱えたままです。 どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • v-c-bcn
  • ベストアンサー率54% (25/46)

バルセロナ在住で、カタルーニャ人と結婚しています。 >カタルーニャでは、カタルーニャ語話者はスペイン語(カスティーリャ語)話者との会話では、スペイン語で会話をしようとする その逆です。カタルーニャ人は、カタランNo.1的思想が強いので、スペイン語で話しかけてもカタランで返してくる人もいます。外国人としては、スペインで生活する以上、スペイン語の習得が第一ですので、カタルーニャに住んでいても、スペイン語しか出来ない外国人がほとんどなのに、「スペイン語で話してください」と、こっちから言わない限り、病院でも市役所でも、まずカタランで話しかけてきます。 また時々、「君は、そんなにスペイン語が出来るのに、なぜカタランをしゃべらないんだ? ここは、スペインじゃなくてカタルーニャだぞ」ということを言われたりします。 >存続も危うい 嘘です。むしろ、カタルーニャ地方でのスペイン語の存続の方が危ういんじゃないでしょうか?バルセロナのような大都市でも、レストランのメニューで、カタランと英語表記はあるのに、スペイン語表記がない店なんて、いくらでもあります。 ちなみに私は現在妊婦で、夫と一緒に定期検診に行くのですが、夫と医者はカタランで話、同じ内容を、私向けにスペイン語で、もう一度話すという二度手間な会話が普通に起こります。それは、カタラン人同士でスペイン語を話すという習慣がない、もしくは、スペイン語で会話をするのに屈辱を感じるカタラン人が多いからです。私としては、面倒なので、スペイン語で1回言ってくれればなぁと思いますが。 また、カタルーニャの小中学校は、ほぼ全部の学校でカタランで授業をします。スペイン語は週に1回か2回、スペイン語という科目として習うだけです。なので、カタルーニャで育った人で、カタランを理解しない人はいません。以前、バスク地方に住んでいたことがありますが、バスクでは、学校は基本的にスペイン語で授業をするところが多いので、中にはバスク人でもバスク語を理解できない人は、たくさんいました。なので、一般的にはバスク人同士でもスペイン語を使う人たちが多かったです。その点、カタルーニャのカタラン語に対する思い入れは、半端じゃないです。 また、カタラン語の講座の中には、カタルーニャ政府からの援助で、タダで受講できるコースなどもあり、外国人の間にも、カタランを広めようという意気込みを感じます。 正直いって、カタラン人からスペイン語人への“礼儀”なんて、感じたことないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

詳しいご回答、ありがとうございます。 カタルーニャの人びとは、そこまで自分たちの言語に対して強い想いをもっているとは知りませんでした。 「存続が危うい」と私は書きましたが、そんな心配は全くないということがわかりました。 教育の場でもしっかりとカリキュラムが組まれていて、それによって現地の言葉は確実に受け継がれているのですね。 カタルーニャではスペイン語での会話ではなくカタルーニャ語での会話や知識を求められるそうですが、外国やスペイン語圏からやってきた人々がカタルーニャに行きにくくなるということはありますか? そのような時はカタルーニャの人びとはスペイン語で話すでしょうが、 >スペイン語で会話をするのに屈辱を感じるカタラン人が多い そのような現実に、カタルーニャに旅行している、或いは、しようとしている人びとなどはどのように感じているのでしょうか。 特にカタルーニャ語の存続ということに直結する訳ではありませんが、もしよければお話を伺えたらと思います。お願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • v-c-bcn
  • ベストアンサー率54% (25/46)

No.3です。 外国人がカタルーニャ地方を旅行する際に、言葉の点で困るということは少ないと思います。カタルーニャ人のスペイン語の理解度は、母国語並みですから、スペイン語が分かる人には問題ないですし、バルセロナなら、最近では英語もかなり通じますし。 私はバルセロナで働いていましたが、バルセロナにはマドリッド出身の人や、中南米からの移民など、スペイン語しか話さない人たちが、たくさん働いていますから、職場では基本的にスペイン語でしたが、その中でもカタルーニャ人同士が会話をするときは、彼らはカタランで話していました。そういう環境に長くいると、スペイン語が母国語の人たちは、自然にカタランは出来るようになるようです。カタランは、スペイン語、フランス語、イタリア語を足して3で割ったような言語なので、スペイン語を母国語にしているうえに、学校でフランス語を勉強していた人(スペインでは、結構多いです)にとっては、耳学問でもかなり上達しますから。困るのは、私のようにスペイン語が母国語ではないけど、そこそこ出来る場合です。私のような外国人とカタラン人が会話していると、彼らは“いつもの癖”という感じで、会話の途中から無意識にカタランを話しだしたり、スペイン語の単語がとっさに出なくて、カタランで返してきたりします。外国人のなかには、そういうカタラン人の態度から、カタランを強要されているように感じる人も多いみたいで(私も時々感じますが)、それを不愉快だと思う人は、カタルーニャに住むのに抵抗を感じるのかもしれませんが、多くの外国人は、“ここはカタルーニャだし、仕方ない”と適当に流しているので、言葉が原因でこっちに来にくくなるということは無いでしょう。カタルーニャは、スペインの中でも生活レベルが高く、仕事の需要や収入も、他の地域に比べて高いので、言葉の問題があろうとも、カタルーニャでの条件の良い生活のほうが、魅力的という理由もあるでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

その場所に集まる人がどんな人かによっても、会話で話される言葉が異なるのですか。 カタルーニャ語がよく分からない人たちも、カタルーニャ語を話す人が側にいれば身につくのですね。そのようにしても、カタルーニャ語の話者は増えるんですね。 >外国人のなかには、そういうカタラン人の態度から、カタランを強要されているように感じる人も多いみたいで >多くの外国人は、“ここはカタルーニャだし、仕方ない”と適当に流しているので こちらの受け止め方次第でもあるということがわかりました。 私たちにとっては外国の現地の言語を身につけることは簡単なことではないですが、それでも身につけることができた時は、現地の人びとと言葉を越えた何かを共有できるのではないかと思いました。 今まであった不安や疑問も解消できて、スペイン・バルセロナに旅行したくなりました。 とても勉強になりました。詳しくお答えいただき、本当にありがとうございました。

  • 回答No.4
noname#118466
noname#118466

No1です。 補足します。 約10年前にバルセローナと北部国境地帯を旅行しました。外国人にとってカタランを意識するのは道路看板ぐらいです。いくらカタルニャの人々が自らの文化を誇っても、あくまでスペインという国家の中でのことです。5年ほど前にカタルニャ人のご夫妻を日本でアテンドしたことがありますが、全く普通のスペイン人として行動されていました。 カタランの存在はバルセローナを訪問する外国人にとって何ら障壁にはなりません。 スペインの他州の人にとっては、カタルーニャの歴史を知り、スペインが単一言語の国でない事を知っていれば、あまり気にならないと思います。カタランは独立した言語とはいえスペイン語の姉妹語であり、バスク語のようにまったく孤立した言語ではありませんので外国人とスペイン人(他州の)では受け止め方(理解度)がまったく異なるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足ありがとうございます。 言葉による人の違いというのでしょうか、そういうものは無いということなんですね。 カタルーニャ語を殆ど、或いは全く知らない人が行ってもカタルーニャの人びとは配慮して下さるということがわかりました。 ただカタルーニャに行く人としては、現地の日常的言語をなるべく知った上で行くことも、私たちは意識した方が良いのですね。 とても参考になりました。ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.2
noname#125540
noname#125540

礼儀という話は知らないのですが、 カタルーニャ語がよく通じない人には全国共通語であるカスティーリャ語で話すという、実用上の使い分けではないかと思います。 バルセロナを旅行した感じでは、存続が危ういとは感じません。 バリバリの日常言語です。 弾圧されていた時期はありますが、今は普通に使われています。 >相手の訛りなどに気がつくとスペイン語で話すそうです。たとえスペイン語話者がカタルーニャ語で話しかけたとしてもです。 自分がカスティーリャ語を話すほうが楽だろうという判断なのかもしれません。 カタランはカタルーニャ地方の言語ですから、他の地域の人は出来なくて普通です。 一方、カスティーリャ語は全国区ですから、カタラン人も普通に使います。 >この「礼儀」も存続を阻む原因のひとつとして カタルーニャ地方の言語ですから、カタルーニャ人以外に広げる必要はないのでしょう。 ただ、カタランを使ったほうが喜ぶカタラン人もいるそうですし、 本当に溶け込みたかったら地元言語をやったほうがいいとも見聞しますので、使うと嫌がられるわけではないのだろうと思いますが・・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今はカタルーニャでは日常的に使われているのですね。 >弾圧されていた時期はありますが、今は普通に使われています。 この「弾圧されていた」ことによって、カタルーニャ人はスペイン語話者に対して、あまりよくないイメージをもっていたのかと思いましたが、 >使うと嫌がられるわけではないのだろうと思いますが・・・・。 そんなことは心配しなくても良いのですね。 現地の言葉に触れる機会では、現地の歴史・文化・習慣・言語からいろいろなことを学びたいです。 ご回答、ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#118466
noname#118466

スペインにはカタルーニャ語の他にガリシア語などいくつかのマイナーな言語があります。 しかし、カタルーニャ語はピレネー山脈の中にあるアンドラ国とカタリューニャで公用語として認められラジオ、新聞、テレビや道路標識で一般の人(カタルーニャ人以外)も目にします。 言語人口は6百万人と言われます。スペイン語とフランス語が成立する途中で生まれた言語で方言ではありません。 カタルーニャ語話者がスペイン語話者に配慮するのは特別なことではないと思います。戦前戦後の数十年間、カタルーニャ語が禁止された時代があり、カタルーニャ人といえどもすべての人がバイリンガルではなく、スペイン語の方が得意の人もいるはずです。 分かり易く言えば関西の人はテレビのインタビューで関西弁で答える人が多いが、すべてではない。 九州や沖縄の人はインタビューを受ければほとんどの人が標準語で答えます。カタルーニャ人も相手が カタルーニャ語(カタラン)ができない、或いは得意ではないと分かれば当然スペイン語で応答するでしょう。ごく自然なことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答え、ありがとうございます。 カタルーニャ語は日本語の方言とまた異なる、ひとつの言語なのですね。 >カタルーニャ人も相手がカタルーニャ語(カタラン)ができない、或いは得意ではないと分かれば当然スペイン語で応答するでしょう。 確かにそうですね。いくら自分たちの言葉に誇りをもっていても、相手と会話するにはお互いに理解できる言葉でないといけないですよね。 ごもっともだと思います。

関連するQ&A

  • 文献と現実でのカタルーニャ語の状況の違い?

    こんにちは。以前カタルーニャ語について質問した者です。 学校のゼミでスペインの少数言語について調べています。 前回と似通った質問になりますが、実際のところカタルーニャ語は現地では存続の問題など無いのでしょうか? 文献では「存続が危うい」とか、「退行過程にある」などと載っています。 言語的にスペイン語と比べて下位にあるため、なかなか拡大しないという理由もありました。 しかし、ここの相談室で前回質問したところ、そんなことは全くありませんとのご回答をいただきました。 私の知人にも伺ったところ、現地の家族は祖父母から孫の世代まで一緒に暮らしていて(全てではないと思いますが…)、言葉も私生活の中で受け継がれていくので消えることもないと教えていただきました。 参考文献が嘘を言っている訳ではないと思いますが、実際の状況としてはどちらの状況が多く見られるのでしょう。 それらに関連することなど、ちょっとした情報でも構いません。なるべく多くの方の意見が欲しいです。どうか宜しくお願いいたしします。

  • カタルーニャ系移民の移住先を教えて下さい。

    世界の国々に移住したカタルーニャ系移民の移住先、つまりダイアスポラ(Diaspora)を教えて下さい。 ずいぶん前からインターネットや本で探しましたが良い情報が見つかりません。 カタルーニャ系はマイナーだからでしょうか?  できればリストとして教えてくれれば助かります。(またその国にいるカタルーニャ語話者人口もできれば載せてくれればありがたいです。もし情報がなければオーストラリアに移住したカタルーニャ系オーストラリア人の人数とオーストラリアのカタルーニャ語話者人口だけでもかまいません。)  実はスペインの質問サイトやスペイン大使館、オーストラリアにあるスペイン大使館などに問い合わせて見ましたがまともに取り扱ってくれませんでした。 日本カタルーニャ友好協会や関西カタルーニャセンターも同じでした。  (スペインの質問サイトにいたっては無視されました。)  なぜ、特にカタルーニャ系オーストラリア人のことを知りたいかと言うと、大学の卒論の関係でカタルーニャについてのテーマを書いているからです。(カタルーニャ人の移民先についてを主に書いています。オーストラリアについては国際関係学でオーストラリアについても学んでいたので興味がありました。)  お忙しいでしょうがお願いいたします。

  • 話者の少ない言語を学ばれた方(学んでいる方)

    英語とスペイン語の学習者です。 両言語を学ぶにつれて、言葉を学ぶことそのものに楽しみを覚えました。 英語やスペイン語は多くの人に話されている言語で、今後も話者の多い 言語を学んでいきたいのですが、逆に話者の少ない言語も学んでみたく なりました。 今のところアイルランド語(ゲール語)やスラブ系の言語、北欧の言語など いくつか考えています。 趣味の域ですので、私自身はそれを何かに活かそうとは思っていませんが、 話者の少ない言語を学んでいる方は、実際に学んでみてどんなことを得ましたか。 使う機会が非常に限られるか、全くないと考えられますが、学んでみて 得したなとか、良かったななどありましたら教えて下さい。 併せて何語を学ばれたか(学んでいるか)も教えて下さい。 話者の少ない言語という定義はいろいろ考えられると思いますが、 ここでは実際に話している人が少ないことと、学ぶ人が少ないことを 指すことにします。 もしくは回答者さまご自身で定義していただいてもかまいません。 愚問かもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 多い複言語話者

    世界ではどのような複言語話者が多いのでしょうか? その国の言語と英語、スペイン語、フランス語など ある集団、地域の言語とその国の公用語 小さい国の言語と英語 などが例として思い浮かびます。 2つ言語を使うのは経済的に必要な場合、公用語で法定化されているものなどが創造します。 どの場合が多いのでしょうか?

  • スペイン語は英語にとって代われるか?

    大した質問でもありませんので、気が向いた時にでもお付き合い頂ければ幸いです。 世界で最も通用する言語は言うまでもく英語ですが、日本では少し過大評価しているきらいもあります。意外に世界では英語の理解できない人が多いんですよね。 さて、アメリカで公用語(?)は英語ですが、今や7人に1人はスペイン語を話すとも言われ、日本人にも馴染みの深いカリフォルニア州ではスペイン語の話者の比率が更に高いですよね。スペイン語の話者の人口増加は目覚ましく、あと50年もしたらアメリカもカナダのような2言語国家になるだろうと推測されます。そして、アメリカ以南の中南米は殆どの国がスペイン語を話していて、ブラジルはポルトガル語ですが、スペイン語を理解できる人も多いはずです。ですから、アメリカ人とブラジル人がスペイン語を仲介言語して会話することも珍しくないと思います。 それから、これは日本ではそれほどでもありませんが、フランスでは近年スペイン語の学習者が大幅に増えています。恐らく、イタリアも似たような傾向にあるでしょう。 言語そのものの性質に注目すると、100年前まではフランス語が国際語として1位の座にありましたが、これはフランス語は明晰性に優れていたもの、英語のように融通が利きませんでした。つまり、自由に名詞を動詞化したり、複合語を作れる性質に欠けていました。しかし、英語は文法もフランス語よりは単純化しているものの、最大のネックは綴りと発音の関係が不規則を極め、発音も多くの外国人には難しいのものです。その点、スペイン語は発音も比較的容易ですね。 そこで質問ですが、あと100年は英語が世界で最も通用する言語でしょうけど、それよりもっと先、スペイン語が英語に取って代わる可能性はあると思いますか?

  • 多言語話者

    現在までの長い人類の歴史の中で、最も多くの言語を話した人は一体何ヶ国語話せたのか、という問いに答えることはまず不可能だと思うのですが、貴方が知っている多言語話者で最も多くの言語を話す人を教えて下さい。レベルは日常会話で困らない程度で構いませんので。

  • スペイン語かフランス語かイタリア語か迷っています。

    イタリアでスペイン語が通じるなら、スペイン語だけ勉強しようと思っています。 前にイタリアでスペイン語はなんとなく通じると聞いたので。 フランスにも行きたいのですが、フランス人はフランス語に誇りを持っているので英語、その他言語で話しかけてもフランス語で返してくる、無視するらしいので(あ、英語で返してくれる人もいます)フランス語も勉強しようと思いました。 スペイン語、フランス語、イタリア語か 皆さんの意見を聞かせてください。

  • アメリカでのスペイン語

    アメリカの公用語といえば英語ということは誰でも知っています。しかし、アメリカは多民族国家だけあって英語以外の言語も使われていますね。例えば、ニューヨークでは 相当数の割合を占めるユダヤ人同士がイディッデュ語を話していますし、イタリア語も かなり話されていると思います。でも、もっと話者の多いのはスペイン語ですよね。もちろん、ニューヨークでも プエリトリコ出身の人たちが使っていますけど、それよりも カリフォルニア州やテキサス州では ヒスパニックの割合が非常に高く スペイン語の勢力も強いと思います。たしか、ロサンゼルスのど真ん中で英語が通じにくいと聞いたことがあります。何年か先には 地球上でスペイン語を母語とする人が 英語を母語とする人を数の上で追い越すのも まんざら非現実ではないと思います。 そこで質問です。アメリカには どれくらいのスペイン語の話者がいるんでしょうか?やはり 英語の影響を受けていて独特の表現とか あるでしょうね。ですから、テキサス州やカリフォルニア州では 英語と共にスペイン語を公用語として認める運動も 今後 あるかもしれませんよね。質問の意図がはっきりしないかもしれませんが、その問題について知っている方、回答をお待ちしております。

  • スペイン人は'jajaja'と笑う

    掲示板でスペイン語話者が書いていて笑い声らしき'jajaja'を見つけました。 ほかの言語ではどう笑い声をチャットや掲示板で表現しますか?

  • 日本語を母語とする話者の発音

    日本語以外の言語を母語とする方が日本語をお話しになる際、母語の影響で、怒っているように聞こえたり、こどもっぽく聞こえたりすることがありますよね。文法の使い方が間違っていて幼児っぽくなるなどもあるようですが、日本語を母語とする話者が日本語以外の言語で会話した場合、発音の仕方でそれぞれどんな印象になるのか、ご存知の方教えてください。