• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

炭素年代はどれくらい正確ですか?(箸墓古墳、240~260年築造炭素年代で判明)

「箸墓古墳、240~260年築造 卑弥呼の死亡時期と一致 炭素年代で判明」 研究チームは、同古墳前方部近くの周濠から発掘された「布留(ふる)0式」と呼ばれる土器の表面に付着した炭化物を測定。「放射性炭素年代測定法」は経年による炭素の減少具合で、土器の年代を割り出す科学的な手法で、測定の結果、240~260年の範囲に相当したという。  放射性炭素を利用した年代分析は、炭化物に不純物が混じると年代がずれ、誤差が大きいとして、批判的な見方も根強い。研究チームは、箸墓古墳出土の土器だけでなく、周辺の古墳で見つかった土器でも測定を試みており、ここでも、同様の年代が出たことから、「分析結果の精度は高い」としている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000538-san-soci 2000年近く前のことを20年ぐらいの誤差で言い立てることができるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数235
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • isa-98
  • ベストアンサー率23% (205/859)

布留1式土器、2式土器が混在しないなら、 3世紀後半ではない。 こう言う見方が普通です。 1個が自分の説に都合の良いように一致した事を指していません。 2~3個の説と一致し、土器、他の古墳の土器も同じ結果を示しています。 つまり、精度は高いと言う意味を示唆しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「放射性炭素年代測定法」と「年輪年代法」

    箸墓古墳の周濠から見つかった「布留0式」土器を「放射性炭素年代測定法」で調査したところ、西暦200~300年代との測定結果が出た。 そうですが、 「放射性炭素年代測定法」と「年輪年代法」を統合した結果、 箸墓古墳の築造年を3世紀半ばとはじき出されたようです。 なぜ「年輪年代法」と「放射性炭素年代測定法」を重ねるのかが よくわかりませんでした。 友人に聞いてみたらこう言ってました。 放射性炭素年代測定法は誤差が大きい。 年輪年代法のほうが正確。 しかし、箸墓から木材は発掘されていない。 そこで 【A.箸墓から発見された土器に付着していた煤を放射性炭素年代測定法で計測したもの】 【B.年輪年代法のもととなった木材を放射性炭素年代測定法で計測したもの】 をつきあわせた。 その結果、Aで得られたパターンが Bのパターンの3世紀半ばのものと一致した。 ということではないかと。 友人の言っていることは正しいのでしょうか?

  • 箸墓古墳、NHKの報道について教えて!

    ゆうべ、NHKのニュース番組で (青山裕子さんが出ていたと思うのでたぶん、ニュースウォッチ9) 箸墓古墳の周濠から見つかった「布留(ふる)0(ゼロ)式」土器を「放射性炭素年代測定法」で調査したところ、西暦200~300年代との測定結果が出た。 というようなことを報じていました。 仕事をしながら、見ていたので聞き漏らしたのですが 「放射性炭素年代測定法」と「年輪年代法」をかけあわせて グラフを作っていたと思います。(違ったかな?) 「放射性炭素年代測定法」と「年輪年代法」の結果から どのようにして箸墓古墳の築造年を3世紀半ばとはじき出したのかが よくわかりませんでした。 ご覧になられた方、いらっしゃいましたら、教えていただけませんか。 よろしくお願いします!

  • 放射性炭素で年代を調べるしくみは?

    今日の朝刊で「中国で4000年前の麺」が発見され、その年代確認は、放射性炭素を使って行われたと書いてありました。 放射性炭素測定法のしくみを全く知らないのですが、炭素そのものは、麺ができるずっと昔から存在していたはずなのに、何故、麺の中の炭素を測定することにより、「炭素が作られた年代」ではなく「麺が作られた年代」がわかるのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

あまりあてになりません。 特にこのあたりは校正曲線が横に走っているところなので、 240~260年の範囲に相当するとしたら、 同時に3世紀後半から4世紀前半にも該当します。多分。 眉につばつけといたほうがよろしいかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

炭素といっても放射性同位体という炭素元素のことです 他の異物が入らなければ正確だと思います

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%82%AD%E7%B4%A0%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E6%B8%AC%E5%AE%9A

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遺跡の年代測定

    遺跡などの年代は放射能を測定すると分かると、人から聞いたことがあります。その人が言うには、炭素の中に放射性同位元素があるから、それが微量の放射線を出しているということなのです。しかし、その遺跡(建物など)が作られた時にどれくらいその炭素の放射性同位元素が含まれているかも分からないのに、どうやったら年代が測定できるのだろうと不思議です。その測定に放射性同位元素の半減期を使うことは知っています。教えて下さい。

  • 年代測定の方法、精度について

    何でもwikipediaで調べるぐらいしかないほど、考古学などについての知識は皆無なのですが、素朴に疑問に思ったことがあり投稿させていただきます。 例えば先史時代について調べていると、旧石器時代は約250万年前頃から、中石器時代は2万年前ごろから、猿人は600万年前ごろに登場し、130万年前ごろまで存在していた。などの目もくらむほど大昔のことが詳細に書かれているのを見ることがあります。一方で年代測定によく使われる放射性炭素年代測定は1万年程度前までしか計測できない上に地域環境によってかなり誤差が出るというのも見たことがあります。 何十万年前や何百万年前といった年代の計算はいったいどのようになされているのでしょうか?また、その精度はどの程度のものなんでしょうか? あまりに無知なため、子供のような質問で申し訳ありませんが、分かりやすく教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 放射性年代測定

    あるアニメで謎の石碑があり放射性年代測定をしていました。 そこで疑問なのですが、生物の化石なら炭素、溶岩でその岩ができたときならアルゴン等あるでしょうが、石が加工された時期というのは測定法があるのでしょうか? どうやって測定するのでしょうか?

  • 年代測定法

    年代測定法のレポート問題で、いくつかわからないものがあるので教えていただきたいです。 -dN/dt=λN…(1) 1、(1)を時間t=0のときにN=N₀の条件で解きなさい。 2、放射性同位体の半減期をT₁/₂として、λとT₁/₂の関係を示しなさい。 単位時間当たりの生成率がpであれば、放射性同位問の個数変化は(2)式であらわされる。  -dN/dt=λN-p…(2) 3、(2)を時間t=0のときにN=0の条件で解きなさい。 4、時間tが無限大になった時のNの値を示しなさい。 5、ある試料の放射性炭素の現存量を測ると、N(t)=0.33と得られた。この資料が作られてからの年数tを算出しなさい。

  • 微分方程式を用いた文章題です。

    (1)空気中の炭素のうちC12が安定的に存在するのに対し、放射性同位元素C14はその個数が   y’=-λy+αに従うことが知られている。従って、同位体比もy’=-λyに従う。時間が十分長く経   った後(λt→∞)、同位体比がその初期値に関わらず一定値に収束することを示せ。 (2)植物中の同位体比は、その植物が生きている間は空気中と同じ一定値であるが、その植物   が死んだ後は変化する。C14の個数がy’=-λyに従うためである。死んでいる植物における   現在の同位体比rであるとき、その植物が死んだ年代を求めよ。 炭素の年代測定法を用いるのかなとは思うんですが、いまいちどう使っていいか わからないです。解答よろしくお願いします。

  • 宮城県の人骨の行方

    宮城県で去年、見つかった人の骨が、室町時代か江戸時代のものだと結論付けられた。この遺体は去年10月、宮城県七ヶ浜町の護岸の下から白骨化した状態で見つかったものだ。 頭に骨折の痕があることから警察が捜査していたが、考古学などで使われる放射性炭素年代測定を行ったところ、室町時代か江戸時代の人の骨であると決定づけられ、それにより警察は時効が成立しているとして捜査を終了した。 だが話はそれで終わらなかった。年代測定機の信用性が低いことから、宮城大学食産業学研究科の一人の学生が独自に鑑定したところ、その白骨は12~3年前のもので、中国製の特殊な薬品を用いることで年代が大きく狂わされているらしいのだ。 宮城県警はその報告を受け、アメリカのマサチューセッツ州にあるマサチューセッツ工科大学に白骨の一部を持参し、室町時代に死んだのか、それとも近年になっての殺人事件なのか。現在、正確な死亡時期を、あらためて再測定しているという。 私はちょっと前に、駅近くの薬局に寄った。さっさと眠気止めを買って車に戻る(その間、約1分)と、運転席のドアが、閉まりきっていなかった。 「あれっ」と思ったが「まあそんなこともある」ということで、運転を開始したところで、ふと書類カバンに手を伸ばすと、そこには何も無かった・・・ どうして財布の入っていない書類カバンが、忽然と消えるのか?かなりデカくなった娘と、いまだに同じ布団で寝ているが、けしてヘンタイではない私に、誰か教えてください。 https://www.youtube.com/watch?v=yG4ktUqqPHE

  • 世界的な考古学者ゴードン・チャイルドについて

    世界的な考古学者ゴードン・チャイルドについて ヴィア・ゴードン・チャイルドという考古学者は日本では全く知られていませんが(相当古い人です)、西洋では相当有名なようで、インディ・ジョーンズの映画の中にもジョーンズ教授が名指しで彼のことを褒めるシーンがあるほどです。 一体この人はどういう業績を残した方なのでしょうか? また例として、コーリン・レンフリューという考古学者は放射性炭素年代測定法を考案した今でも世界的な考古学者です。 あとは有名で知っているのならばシュリーマンぐらいです。 逆に人類学者や比較言語・民族学者でも構わないので、ぜひ私が知らない世界的な権威を持つ考古学関連の学者様とその業績を教えていただけると嬉しいです。 また考古学を専攻して、一般人が絶対に知らないような人を挙げてくださっても大歓迎です。よろしくお願いします。

  • 脳の研究が進むと何が起こるんでしょうか?

    密接な関係の2人を別々な静かな暗室に入れ 片方に点滅する光を見せると光を見せていないもう片方の脳にも なぜか脳の活動が現れ始める。 何か量子もつれの様な変な現象の研究がされている様です。 大勢の人間が量子乱数発生器に露骨な誤差を生じさせるなど、 人間の脳活動は量子レベルで何らかの影響がある様です。 熱源から赤外線などの電磁波が出たり 電磁波が当たって熱や電気が生じたり、 ただ物体が触れ圧迫し乖離しただけでも色々電磁波が出るくらいですし、 別に不思議がるような事じゃないのかもしれませんが。 この世界って全てに成り立ち(過去)を知る微細な痕跡に満ちていますよね。 炭素年代測定や地層や体積物、化石、氷河の中の大気、資源も。 人間の活動が目に見えないサイズで微細な痕跡があちこちに刻まれてて 脳がそれを微妙に読み取れる様な事も案外ありえたりするんでしょうか。 脳の研究が進むとこの先、何が起こって来そうなのでしょうか?

  • 空気採取の方法・・・

    私は今、研究室で森林の空気(フィトンチッド)を採取して、GC/MSで分析しているものです。 ガス採取器(MP-Σ300N)を使って、チャコールチューブに空気を吸着させて、それを再度、二硫化炭素を溶媒として溶出させ、GC/MSで定量分析をしているのですが、先人の論文などに示されている、数十ppbの濃度が検出されません。 湿気に考慮して、チャコールチューブの先に、シリカゲルをつけているのですが・・。 誰か、同じような測定をしている方がいましたら、助言を頂ければ幸いです。

  • 実験計画法、L18直交表への割り当て

    現在L18直交表を用いた研究をしております。 関連する本を読み、統計を勉強しながら進めているのですが 測定機器の都合により見切り発車で実験を行いました L18直交表を見ると要因が8個までいれられたので とりあえずすべて埋めて、2水準を1つ、3水準を7つで行いました。 結果を解析する段階で気づいたのですが 要因を最低でも1つ開けておかないといけないとか そこで質問が3つあります (1)要因を1つ開けるのは誤差を吸収させるために 誤差を要因の一つとして割り付けていると理解したのですが 正しい考えでしょうか? (2)誤差要因を入れずに行った今回の実験で分散分析を行う際に 誤差Se=St-(Sa+Sb+…+Sg)、誤差の自由度=18-(1×1+2×7)-1=2 としてF検定を行ったのですが問題ないでしょうか? (3)次回実験を行う際には誤差要因を割り付けようと思うのですが どこに入れた方が良いとかはあるのでしょうか? 手持ちの本だとL8直交表で要素Cには要素Aと要素Bの交互作用が現れる などと書いてあるのですがL18直交表のものが見つかりませんでした。 L18は混合型なので交互作用に偏りがないという話も聞いたのですが そのおかげでどこに割り振っても良いのでしょうか? 理解があやふやなまま進めておりますので 意味不明な質問をしているかもしれませんが よろしくお願いします。