• ベストアンサー
  • 困ってます

空間上の2直線のなす角について

数学は高校2年生で止まっていますので、難しい内容だとすぐには理解できないかもしれませんが、がんばって理解しようと思っています。 今回質問させて頂きたいのは「空間上の2直線のなす角」についてです。 1つ目の直線は、基準となる直線でZ軸と平行(という考え方が正しいかすら分かってません) 2つ目の直線は、傾きを持った平面の法線ベクトルになる予定です。 その2つの直線のなす角を求めたいと思っています。 1つ目の基準となる直線はA(1,1,0)、B(2,1,0)、C(1,2,0)の3点を通る面の法線ベクトルを求めればZ軸と平行な直線が求まるのではないかと思いました。 しかしながら、AB→とAC→の外積を求めようとすると(0,0,0)という解になってしまいました。 1つ目の直線と2つ目の直線のなす角を求めるには cos φ = A・B / (|A| * |B|)    Ax * Bx + Ay * By + Az * Bz = ─────────────────────────── √((Ax*Ax + Ay*Ay + Az*Az) * (Bx*Bx + By*By + Bz*Bz)) を使って求めるところまでは調べたのですが、1つ目の直線が求められないためになす角を求めるところまでたどり着けません。 数学に不慣れな者の質問で所々不明な箇所があると思いますが、回答いただけるとありがたいです。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1294
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>1つ目の基準となる直線はA(1,1,0)、B(2,1,0)、C(1,2,0)の3点を >通る面の法線ベクトルを求めればZ軸と平行な直線が求まるのでは >ないかと思いました。 この3点を通る平面は、何も考えずに 0×x+0×y+1×z=0 すなわち z=0 です。 従ってこの平面の単位法線ベクトルは (0,0,1) となります。 >1つ目の直線と2つ目の直線のなす角を求めるには >cos φ = A・B / (|A| * |B|) 二つの直線ベクトルの内積を二つのベクトルの長さの積で割るだけ で二つの直線のなす角φがわかります。 ここで、二つ目の直線のベクトルを (a,b,c) とおけば、 cos φ =c/√(a^2+b^2+c^2)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あ・・・計算間違えてました・・・ 詳しい説明もありがとうございます

関連するQ&A

  • ベクトルの回転について

    はじめまして。 以下のような問題について大学1年生の弟から質問されたのですが、 答えに自信がありません。どうか皆様のお力をお貸しください。 三次元空間上にベクトルA(ax,ay,az)、B(bx,by,bz)がある。 このAがBと平行になるような計算をしたい。 自分なりの考えは以下の通りです。 1.z座標を無視して、xy平面上のベクトルとして考え、成す角θzを求める θz=ArcCos{<A,B>/|A||B|} |A|=√ax^2+ay^2 |B|=√bx^2+by^2 <A,B>=ax×bx+ay×by 2.x座標を無視して、xy平面上のベクトルとして考え、成す角θxを求める θx=ArcCos{<A,B>/|A||B|} |A|=√ay^2+az^2 |B|=√by^2+bz^2 <A,B>=ay×by+az×bz 3.y座標を無視して、xy平面上のベクトルとして考え、成す角θyを求める θy=ArcCos{<A,B>/|A||B|} |A|=√ax^2+az^2 |B|=√bx^2+bz^2 <A,B>=ax×bx+az×bz 4.z軸回転させる。このとき、z軸回転させた座標をzAx、zAyとする。 zAx=ax Cosθz-ay Sinθz zAy=ax Sinθz + ay Cosθz 5.次にx軸回転させる。このとき、x軸回転させた座標をxAy、xAzとする。 xAy=zAy Cosθx-az Sinθx  xAz=zAy Sinθx + az Sinθx 6.次にy軸回転させる。このとき、y軸回転させた座標をyAx、yAzとする。  yAz=xAz Cosθy-zAx Sinθy yAx=xAz Sinθy + zAx Cosθy 7.求まったyAx、zAy、yAzを成分とする、ベクトルはBと平行である。(終了) うろ覚えですが、軸回転は順番によって全く違った回転をしてしまうというのを昔勉強したような気がするのですが、今回の場合は特にそういった問題は関係ないのでしょうか? また、それぞれの平面ごとになす角を求め、3つのなす角を使った回転を行ないましたが、 θ=ArcCos{<A,B>/|A||B|} |A|=√ax^2+ay^2+az^2 |B|=√bx^2+by^2+bz^2 <A,B>=ax×bx+ay×by+az×bz といった風に、一気に求めたθを用いて回転させる方法はありませんでしょうか? (AとBの外積で出てくる値が回転軸になるような・・・・?) 宜しくお願いします。

  • ベクトルの解析について

    ベクトルA、Bに対して div(A×B)=BrotA-ArotBを示せという問題で、 div(A×B)=det[(∂/∂x, ∂/∂y, ∂/∂z), (Ax, Ay, Az), (Bx, By, Bz)] BrotA=det[(Bx, By, Bz), (∂/∂x, ∂/∂y, ∂/∂z), (Ax, Ay, Az)] ArotB=det[(Ax, Ay, Az), (∂/∂x, ∂/∂y, ∂/∂z), (Bx, By, Bz)] というところまでは分かったのですが、サラスで展開してもイコールになりません。どうすればイコールになるんですか? どなたか教えていただけないでしょうか?

  • 外積の成分の求め方

     外積a×bの成分を求めるときに、図を用いて考える場合についてなのですが。  点A,Bがありそれぞれの位置ベクトルをa=(ax,ay,az),b=(bx,by,bz)とし、点A,Bをxy平面に投影したときの点をA',B'とすれば、点A',B'への位置ベクトルはa'=(ax,ay,0),b'=(bx,by,0)となりますよね?a×bとz軸とのなす角をγ(ガンマ)とすれば、 |a×b|cosγ=2△OABcosγ=2△OA'B' となるそうなのですが、理解できません。教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

ツッコミ所が満載だが、とりあえず計算間違いは直しとこ。 ↑AB = (2,1,0) - (1,1,0) = (1,0,0) ↑AC = (1,2,0) - (1,1,0) = (0,1,0) だから、 ↑AB×↑AC = (1,0,0)×(0,1,0) = (0*0-0*1, 0*0-1*0, 1*1-0*0) = (0,0,1) になる。 これが、求める直線の方向ベクトル。続きは、お好きなように…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

計算間違いをご指摘いただきありがとうございました なんとか少し進めそうです

関連するQ&A

  • ベクトル 外積について

    ベクトル 外積について 2つのベクトルをA,Bと表し、2つのベクトルのなす角をθとします。 また、A=(ax,ay,az),B=(bx,by,bz)です。 外積 A×B=(aybz-azby,azbx-axbz,axby-aybx)ですがこれは、 A×B=(aybz-byaz,azbx-bzax,axby-bxay)と書いても同じでしょうか? また、内積は2・3次元、外積は3次元のイメージなのですが、4次元等にも拡張して 考えられるものなのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 空間上の二点を結ぶ直線上に任意の点が存在するかどうかの関数

    Cの初心者です。 空間上に存在する2点間を結ぶ直線上に任意の点が存在するかどうかの 関数を作りたいのですがどのような公式を用いて評価すればいいのか分かりません。 どなたかご教示ください。 引数    始点 A(x,y,z)    終点 B(x,y,z)    直線上に存在するであろう任意の点       C(x,y,z)  関数のイメージ    boolean isOnLine (Ax, Ay, Az, Bx, By, Bz, Cx, Cy, Cz); 配列でもよいです。 返り値    True、 False  ( 0 or 1 ) よろしくお願いします。

  • 3次元で回転させた座標値の計算方法

    点(Ax、Ay、Az)を3次元空間にある、点(Bx、By、Bz)から、点(Cx、Cy、Cz)に向かう直線を軸に任意の角度で回転させたときの、点(A’x、A’y、A’z)の座標値の計算方法を教えてください。ただし自分の数学レベルは中学生並でベクトルが少しだけ理解できるていどです。よろしくお願いします。

  • 内積と外積について

    内積と外積について 2つのベクトルをA,Bと表し、2つのベクトルのなす角をθとします。 また、A=(ax,ay,az),B=(bx,by,bz)です。 内積はA・B=|A||B|cosθと表されこれはスカラー量です。 内積はAのBへの正射影とBの積(もしくは、BのAへの正射影とAの積)と認識しています。 また、A・B=axbx+ayby+azbzとも表されこれはスカラー量です。 A・B=|A||B|cosθ,A・B=axbx+ayby+azbzはどちらも内積の定義なのでしょうか? 外積は|A×B|=|A||B|sinθと表されますが、これもスカラー量ですよね。 外積はベクトル積と呼ばれることもあるようですが、 これは、外積の定義A×B=(aybz-azby,azbx-axbz,axby-ayax)がベクトルとなるからベクトル積と 言われるのでしょうか? |A×B|=|A||B|sinθは定義ではないのですか? 以上、よろしくお願い致します。

  • 2点の座標と任意の角度から2等辺三角形の頂点を求める方法

    2点 A・Bの3次元座標 (Ax, Ay, Az) (Bx, By, Bz) があり、AB を2等分した点 D と (0,0,0) を通る直線を引きます。AC = BC となり ∠C が任意の角度となるような直線上の点 C の2つの座標を求める方法を知りたいのですが(A と B をそれぞれ始点と終点とする任意の角度の円弧の中心座標 )、なにかヒントをいただけるでしょうか?

  • 3次元空間で3点を通る平面を2次元座標で表すには

    3次元のベクトル(?)に関して質問させてください。 いまxyz座標の3次元空間の中に原点O(0,0,0), 点A(ax,ay,az), 点B(bx, by, bz)の3つの点があるとします。 3次元空間の中に3つの点があるので、これら3点を通る平面がひとつだけ決まります。 この平面がXY平面となるような、新しいXYZ空間を下記の条件で定義したいです。 原点O(0,0,0)に対応する点   → O'(0, 0, 0) 点A(ax,ay,az)に対応する点  → A'(αx, 0, 0) ただし αx = √(ax^2 + ay^2 + az^2) 点B(bx, by, bz)に対応する点 → B'(βx, βy, 0) このときのβx, βyの決め方を教えていただけないでしょうか? (おそらくβyの符号で2通りあると思います) ----- 具体的な目的は、以下のようなものです。 xyz座標の関数として値が決まるf(x, y, z)があります。 これを点O, A, Bを通る平面上でメッシュを切って計算しました。 この結果をgnuplotのpm3d mapでグラフ化したいのですが、gnuplotの入力は以下のようなフォーマットです。 X1 Y1 f(x1,y1,z1) X2 Y2 f(x2,y2,z2) X3 Y3 f(x3,y3,z3) X4 Y4 f(x4,y4,z4) ... そこでxyz空間の平面OAB上の点Pn(xn,yn,zn)を対応するXY平面上の点Pn'(Xn,Yn)に変換したいです。 よろしくお願いします。

  • ベクトル積の問題です

    ベクトル積の問題です、『ベクトルA、Bについて以下の問題を示せ (1) A×B=-B×A (2)A×A=0 (3)A×(αB+βC)=αA×B+βA×C (α、βは定数)』 この問題の前に導入問題があり、ベクトルCの導出が出来ません。この問題が出来れば上記の問題が解けると思うのですが・・・『ベクトルA、BについてA = (ax, ay, az), B = (bx, by, bz)と成分表示したとき、 |C|=|A||B|sinθ、C×A=0、 C×B=0 とする。 ベクトルCの成分を求めよ』     よろしくお願いします

  • 2直線の方程式

    "2直線の方程式を表す"とは、与えられた方程式(A)が ax^2+bx+c=0 または a'x^2+b'x+c'=0 という2つの方程式を表す。 と書いてあったのですが、なんで、またはなのでしょうか? かつではないのでしょうか? ax^2+bx+c=0 かつ a'x^2+b'x+c'≠0 だと、1直線の方程式しかあらわして無いように見えてしまいます。 説明していただけ無いでしょうか?

  • 行列 連立一次方程式

    a,b,c,d,が0でない実数であるとき、次の連立一次方程式を解け ax-by-az+bu=1 bx+ay-bz-au=0 cx-dy+cz-du=0 dx+cy+dz+cu=0 行列を使った解き方でお願いします。

  • 3行3列の行列に関する問題への質問

    行列の書き方に少々自信がないのですが、上から1行ごとに書いていきます。 すべて3×3という行列として 上からP=[[0,1,0]',[0,0,1]',[1,0,0]]とし、A=[[a,b,c]',[c,a,b]',[b,c,a]] X=[[x,y,z]',[z,x,y],[y,z,x]]とする。 (1)でP^2=[[0,0,1]',[1,0,0,]',[0,1,0]]、P^3=[[1,0,0]',[0,1,0,]',[0,0,1]]を求めさせ (2)で「AXは=αE+βP+γP^2とあらわされる。α、β、γをa,b,c,x,y,zを用いてあらわせ」という問題です 解答 題意のA、Xは,A=aE+βP+γP^2、X=xE+yP+zP^2 とあらわせる これらをかけて AX=(aE+bP+cP^2)(xE+yP+zP^2) =(ax+cy+bz)E+(bx+ay+cz)P+(cx+by+az)P^2 これがαE+βP+γP^2に等しいから(係数比較して)、 α=(ax+cy+bz) β=(bx+ay+cz)P γ=(cx+by+az) という解答なんですが、二点わかりません (1)まずはじめにXは,A=aE+βP+γP^2、X=xE+yP+zP^2とあらわされるという設定をどのように考えて設定したのかがわからないのと a b cがそれぞれE P P^2の係数になぜなっているのかもわかりません… (2)最後の係数比較してというところが理解できないのですが… 本来、行列というのは安易に係数比較をしてはいけないと思うんですが、これはどうして係数比較をしてもいいんですか? 係数比較をする場合ほかにもいろいろな条件が必要かとお網のですが。 非常に煩雑で面倒かもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします