• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

この文脈の「miller」が指す物は? 「粉屋」、「ミラー(人名)」、「蛾」?

こんにちは、いつもお世話になります。 Procol Harum の A Whiter Shade Of Pale という曲の歌詞の中の一文に、 http://www.lyricsmode.com/lyrics/p/procol_harum/a_whiter_shade_of_pale.html ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ And so it was that later As the miller told his tale That her face, at first just ghostly, Turned a whiter shade of pale ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ という文章があり、この4行ががサビとして繰り返し歌われるのですが、 日本語訳すると、 「それから、遅くにmillerが話をするにつれて、彼女の顔色は初めはただの幽霊のようだったのが、より白い蒼白さへと変わっていった。」 (日本語の文章力がなくて変な文章になってしまいましたが、、、miller以外の意味は分かっているつもりです。) に成るのだと思いますが、 millerが、「粉屋」、「ミラー(人名)」、「蛾」どれなんでしょうか? 行き成り、「粉屋」や「蛾」が出てくるのも変なので、人名の「ミラー」かな?と思っていますが、なんでミラーさんなのかな?とも思っています。 教えてください、よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数667
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

And so it was that later as the miller told his tale that her face, at first just ghostly, turned a whiter shade of pale that her face 以下は tale に続き話しの内容であるようにも it からつながっているようにも見えます。 さすがに人名やガではないと思いますが、これもまたいろいろな解釈ができる語です。今まで上がった以外にも http://www.urbandictionary.com/define.php?term=miller ここの1、3はともかく2なら何とか使えなくもないようです。 いずれにしても miller は miller でしかないわけですから。 私は the miller told his tale からチョーサーの「カンタベリー物語」の中の2番目の tale である The Miller's Tale を思い出しましたが同じように考える人はいるんですね(http://en.wikipedia.org/wiki/The_Miller%27s_Tale#Pop_culture_references)。 <本文> http://www.courses.fas.harvard.edu/~chaucer/teachslf/milt-par.htm#TALE カンタベリー物語は有名な古典なのでそこから勝手に引っ張ってきても不思議ではないし、粉屋であることも特に理由ではなく1番目が「騎士の話」なので騎士を持ってくるのはいくら何でも変、それなら次の粉屋だったら現代もいる、後の方には商人や船乗りなどもいるがそこまでは知らなかったかのかもしれない、などいろいろ考えることはできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも、お世話になります。 ご回答ありがとうございます。 >ここの1、3はともかく2なら何とか使えなくもないようです。 他人の恋人を奪う人の意味もあったのですか? これなら、彼女の顔が青ざめますね! <私は the miller told his tale からチョーサーの「カンタベリー物語」の中の2番目の tale である The Miller's Tale を思い出しましたが同じように考える人はいるんですね> 素養が低い僕でも、「カンタベリー物語」という小説が存在するという事は知っていましたが、、中身は読んだ事がありません。(恥) さすがですね! なんでもご存知なんですね!  ご回答を拝読してから、やっと、やっと、訳が分からなかったこの曲の意味が分かりました。 やっぱり、素晴らしい曲ですね~! 本当にありがとうございます。 それにしても、回答者様ほどのインテリになれるには一体何十年かかるのやら、、、でも将来のインテリ派を目指してがんばります。 改めて、御礼申し上げます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

>And so it was that later >As the miller told his tale >That her face, at first just ghostly, >Turned a whiter shade of pale  No.4の方の後半の指摘が的を射ているようです。英語の詩の解釈はときに難解であり、文法的な解釈は少々無粋になってしまいますが、自分なりの解釈をしてみました。  「it was ... that ~」で強調構文でしょうか。「that」が二つあるので紛らわしいのですが、「later」の前の「that」は「それほど、とても」という意味の副詞ではないかと思います。  「as ...」は「(まさに)・・・(すると同じ)ように」という訳が合っているのではないかと思います。「it was that later」にかかる副詞節だと考えるのが文法的には自然でしょう。しかし、意味的に考えると「that her face ...turned ~」の中にあったものが前に出ていると考えても良いのかなと感じます。(構文的にかなり無理がありますが・・・。) ◎ そしてずいぶん時間がたってのことだった、、 ◎ (カンタベリー物語に出てきた)粉屋が(男が妻に浮気される)話をしたのとまさに同じように、 ◎ 最初は少しおびえていた彼女の顔が ◎ 青ざめた顔になって(自分の浮気の事実を)認めたのは・・・  粉屋の話については下記のリンク先が参考になります。 http://www6.plala.or.jp/Djehuti/494.htm  ~~~最初に登場する粉屋の話はいきなりなかなかのおもしろさ。大工が若い妻に浮気をされる話です。「ノアの洪水が来る」と嘘をついて大工を騙し(大工は樽の中で寝た)、妻が浮気相手のニコラスと床を共にする場面はハチャメチャで笑えます。さらにおかしいのは、もう一人この妻を好きな男アブソロンがいて夜這いに来ます。この男が嫌いな妻は、アブソロンがキスしてくれというと窓越しに自分の尻を出し、そこに接吻させるのです。~~~  「青い影」という曲は何度も聞いたことはあったのですが、ただ「悲しげなメロディでいい歌だな。」と思いながら聞いているだけで詳しい内容については考えたこともありませんでした。歌詞の中にも教養がにじみ出ているのは、さすがイギリスのバンドという感じですね。今度からは新たな思いで聴けそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >「it was ... that ~」で強調構文でしょうか。「that」が二つあるので紛らわしいのですが、 なるほど!!! laterの前のthatは副詞でしたか! 僕も強調かな~!と思ったのですが、laterの前のthatを見て、、、文法書に、「it wasと thatを外して意味が通る文なら強調構文、そうでなかったら形式主語。」と書いてあったので、、、、「強調ポイけど、やっぱり、形式主語かな~?、、、まあ良いや、ようは強調したかしないかで、、、意味は一緒だし、、。」等と、解釈を半分諦めていました。 教えていただきありがとうございます。 >青ざめた顔になって(自分の浮気の事実を)認めたのは・・・ 僕は、こう想像しました。 主人公には片思いの女性がいた。 しかし、彼女には彼氏がいた。 或る日皆で、飲んだり踊ったりしに行くと、その彼女の彼氏が、酔っ払ってついつい自分の浮気話を(彼女を含め)皆の前でしてしまった。 そこで、彼女はビックリ仰天! 青ざめる。 その後主人公は、彼女を慰め、チャンスを物にして、彼女を手に入れる。 歌ってなん通りも想像ができてしまいますね、、、。 色々とご解説ありがとうございます。

  • 回答No.3
noname#85770
noname#85770

No.2 です。前の回答はあくまで私の解釈ですけれど、一応、辞書的根拠も挙げておきます。 「リーダーズ」に、miller の定義のひとつに、「mill (1) の操作[運転]者」とあり、また、mill (1) の語義の中には、スラング(俗)として「《自動車・船・飛行機の》エンジン」とあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。 >「リーダーズ」に、miller の定義のひとつに、「mill (1) の操作[運転]者」とあり、 ヤフーのオンライン英和辞書でも載っていました。 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=mill&stype=0&dtype=1 ところで、すいません、僕が持っているジーニアスに載っていなかったので、No2のお礼では完全に誤解して、ミラーさんが機関士の名前というご回答なのかと思っていました。 お詫び申し上げます。 この歌の主人公は船酔いになったりしていますし、絶対「このmiller=機関士」ですね! あ~、良かった! 麻薬の歌じゃないってやっと分かって! No1のお礼欄で、4日後に締め切ると言いましたので、4日後に締め切ります。 改めて、御礼申し上げます。

  • 回答No.2
noname#85770
noname#85770

私見ですが、この歌は船上のパーティー のような場面を描写しているように思いました。the miller には "the" が付いていますから、その場所では唯一の人、ここでは「(船の)機関長」が話を披露してくれていたとき、ということではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 非常に興味深いです。 このtheをどうとるか! それによって意味が相当変わって来ますよね! 一人しかいないミラーさんなのか、あの粉屋なのか? それとも、解釈はどちらとも可能で曲を聴く者にお任せしているのかも? でも、でも、でも、、、、、、、、、 本当にありがとうございます。 やっと麻薬の歌じゃないって、希望の光が見えてきました。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#210617
noname#210617

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 URL拝見しました。 そして、うぎゃぁぁぁぁぁっぁぁぁっぁぁぁぁっぁx! と、驚きました。 「miller=粉屋=麻薬の売人」じゃと~~~~~! 信じられません、そんな、この曲って麻薬の曲だったの!!? 普段なら、解決したら即ポイント申請して締め切っているんですが、精神的に(理性的には納得しているのですが)、受け入れられないご回答です。 そこで、すいませんが締め切るまでに、4日の猶予をください。 その4日間に、「miller=粉屋=麻薬の売人」ではないという回答が現れるのを藁にもすがる気持ちで待ちながら、、、それでも、来なかったら諦めます(?)。 わけ分からん御礼ですいません。 改めて、ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 洋楽のタイトルの意味教えてください。A whiter shade of pale.

    こんにちは、いつもお世話になります。 Procol HarumのA whiter shade of paleという曲があります。 http://www.lyricsfreak.com/p/procol+harum/a+whiter+shade+of+pale_20111595.html このタイトルの意味は、 「より白い青白さ」でしょうか? A whiter=より白い、shade of=色合い、pale=青白さ。 と理解しましたが、これで合っているでしょうか?

  • この文脈での、『One of 』sixteen vestal virginsは、「一人の」、でしょうか?

    んにちは、いつもお世話になります。 Procol Harum の A Whiter Shade Of Pale という曲の歌詞の中の一文に、 http://www.lyricsfreak.com/p/procol+harum/a+whiter+shade+of+pale_20111595.html ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ And would not let her be One of sixteen vestal virgins Who were leaving for the coast ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ というものが有ります。 この文のone ofは、「一人の」という意味なのでしょうか? それとも、「One of the boys(男らしい男)」という慣用句の用に「~~らしい~~」の意味になるのでしょうか? 日本語訳した時に、 そして、彼女を放ってはおかないAnd would not let her be 「十六歳の、一人の純真な乙女/純真な乙女らしい純真な乙女」One of sixteen vestal virgins が岸に離れて行こうとしているWho were leaving for the coast どちらなのでしょうか? 教えてください、よろしくお願い致します。

  • ヒッピー文化と関係している音楽

    ヒッピーにかかわりのある音楽を教えてください。 映画「フォレストガンプ」の中で流れていたような、ヒッピー文化がポピュラーだった頃の音楽に興味があります。 洋楽・邦楽を問いません。 また、mamas and papasのcalifornia dreaming やProcol Harumのa whiter shade of pale等は、この分類に含まれるでしょうか? よろしくお願いします

  • バッハ『G線上のアリア』と同じ旋律の素晴らしい曲を探しています。

    バッハ『G線上のアリア』と同じ旋律の素晴らしい曲を探しています。 Procol harumのA Whiter Shade of Pale Karin Krog & John SurmanのAir On The G String(これはそのままですが) のような曲で、他にご存知の方がいらしたら教えて下さい。 SWEETBOXのEverything's Gonna Be Alright系は求めておりません。 よろしくお願いいたします。

  • ”リリキューブ”と”ブー・カスペルス・オルケステル”の曲について

    お世話になります。Sisyphusと申します。 私はLilicubの「こぼれる涙」とBo Kaspers Orkerterの「1と0」を好みます。 これらの原題名と訳を知りたいのですが、英語では無いため解りません。 "A Whiter Shade Of Pale"ですら「青い影」と翻訳されていますので 皆目見当が付きません。ご存じの方、ご教授願います。

  • 海にちなんだ洋楽

    もうすぐ海の日ですね。というわけで、発想が非常に貧困ではありますが、海にちなんだお勧めの洋楽をご紹介ください。 タイトルにseaやoceanを含んだもの、歌詞の内容が海にちなんだもの、なんでも構いません。 例えば Queen:Seven Seas of Rhye http://www.youtube.com/watch?v=P1j-6vRykFs Styx:Come Sail Away http://www.youtube.com/watch?v=e5MAg_yWsq8 Rod Stewart:Sailing http://www.youtube.com/watch?v=9Ooq7WPqd5s あまり好きではないのですが、絶対に誰かが入れるので The Beach Boys:Surfin' U.S.A. http://www.youtube.com/watch?v=2fGaBv8pAMA これは極論すると、洋上で女性を口説く歌ですね。 Procol Harum:A Whiter Shade Of Pale http://www.youtube.com/watch?v=Mb3iPP-tHdA 個人的にもまだまだ、思い出す曲はたくさんありますが、こんなところにしておきます。 例によって、一人一回5曲まで、複数回答ありです。 よろしくお願いします。

  • A whiter shade of Pale という歌について・・・

    Annie Lennox のMEDUSAというアルバムの中で、“A whiter shade of Pale”という歌をご存知の方、 初めて聞いた時どんな印象を受けましたか?私は Annie Lennox の澄んだ歌声にすごく惹かれました。印象としては冬のイメージがありますが・・・元々この歌は古い歌なんですよね? それから私が買ったアルバムは輸入版で歌詞が無かったので、歌詞と日本語訳がわかる方教えて下さい。よろしくおねがいします。

  • 美しい曲ですが・・ご存知ですか?

    お世話になります。 私は音楽を好みます。しかし私が「美しい」と思った曲は、マイナーな曲が 殆どのようです。後述致しますが、皆様はこの曲をご存知ですか。 私の職場でこれらの曲を知っている者は殆どいないのですが、世間一般では どうなのかと思い質問した次第です。 又、皆様がご存知の美しい曲をご紹介いただけたら幸いです。お暇なときで結構です。 私が「美しい」と思う曲 1)Whiter Shade of Pale(青い影):Procol Harum 2)Lovin' You:Julia Fordhamカバー版 3) Balloons and Champagne :Ephemera(テレビ番組で採用された) 4)Me as Heren of Troy:Cinnamon 5)Cine´ du Samedi(土曜日のシネマ) :Cle´mentine 6)Serpent a Plumes(明日を夢見て):Isabelle ANTENA 7)I Need Love:Laura Pausini 8)Shape of My Heart:Sting(映画「LEON」で採用された) 9)Because I Love You:Stivie B(映画「ポストマン」で採用された) 10)Seagull:真島 俊夫(サックス奏者、須川展也が演奏)等です。 クラシックでは 11)革命のエチュード:Fryderyk Chopin 12)別れのワルツ:Fryderyk Chopin 13)夜想曲20番遺作:Fryderyk Chopin 14)愛の夢第3番:Franz Liszt 15)月光ソナタ第1楽章:Ludwig van Beethoven 等です。 邦楽は多いので割愛します。

  • ”A White Shade Of Pale”とは?

    お世話になります。 Procol Harumの曲の中に"A White Shade Of Pale"と言う曲が 御座います。私はこの曲の美しさに大変魅力を感じております。 しかし、この曲が何故「青い影」と和訳されているのかが理解 できません。私は詩人でも言語学者でも無いので、何故このような 訳にされたかが、全く理解できません。歌詞の和訳を読んでもさっぱり 理解できません。一応英検は2級なので挑戦しましたが・・英語の 歌詞は和訳さっぱり解りません。彼らとは我々のジェンダー論の ように、様々な「概念が異なる?為」にこのような訳又は歌詞に なったのでしょうか?それとも、なかにし礼さんがシャンソンを 和訳(?)したように、所謂「フィーリング」で歌詞を決める物なの でしょうか?ご存じの方、ご教授願います。お礼は必ず致します。 推測でも全く構いません。

  • クリスマス・ソング かくれた名曲は?

    知人から、パーティ用の選曲を頼まれました。 いちおう仕事がらみなのですが、 かなりアットホームな雰囲気の集まりで流す曲です。 時期的にクリスマスが近い、ということで (セッティングもそのように意識しているようです)、 聖夜をイメージさせる曲をさがしています。 ジャンルや時期はとくに問いませんが、 --------------------------- ●歌詞やメロディがクリスマスに合う(合いそう) ●一般的には残念ながらあまり知られていない  (→毎年、チャート上位にのぼるほどでもない、という程度) --------------------------- という条件のなかで、あなたにとってのベスト3曲くらいを 教えていただけないでしょうか? ワガママを言うようで恐縮ですが、「いかにもクリスマス!」ではない、 かくれた名曲(洋楽メイン)が希望です。 いまのところ自分がリストに入れたいと思っている曲は、 ☆ブロンディ『Maria』 ☆プロコル・ハルム『A Whiter Shade Of Pale』 ‥‥あたりです。 有名なクリスマスソングだけでなく、 「マイナーだけどイイ曲」も流したい!と欲張りたくなったため、 ご質問させていただいた次第です。 ごく個人的なご意見でもけっこうですので、 ベスト3曲くらいに絞ってお教えください。