• ベストアンサー
  • 困ってます

無断録音の開示請求

電話での注文を受注者に無断で録音され、後日注文に関するトラブルが発生したため、無断での録音内容の開示を求めた所、以下のような返答を頂きました。法的に開示を求めることは困難でしょうか? 当社におけるお客様と当社の応対担当者との通話については、当社を通話の一方当事者とする通話であって、電気通信事業法上の「電気通信事業者の取扱中の通信」にはあたりません。 したがって、他方当事者であるお客様の承諾をいただくことなく、通話録音装置により当センタが通話内容を録音したとしても通信の秘密侵害とはなりません。 また、録音した内容については、通話の一方当事者である当社に帰属します。通話録音内容は社内規定により非公開とさせていただいており、お客様に開示する事は出来かねますので、何卒ご了承願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1187
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nrb
  • ベストアンサー率31% (2227/7020)

裁判所に開示請求をすれば良いんですよ 間違いを防ぐ為に録音してるので トラブルの為、内容確認を行う為として裁判して下さい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとう御座いました。 裁判所への開示請求について調べてみます。

関連するQ&A

  • 電気通信事業者がユーザーの通信を遮断することの可否

    電気通信事業法では、電気通信事業者がユーザーの通信内容を調べ、その内容によってはユーザに無断でその通信を遮断することは禁じられているのでしょうか。また、そのことは第何条に書いてあるのでしょうか。

  • 通信の秘密について

    ISPのメールサーバ内に蓄積されているメールは、電気通信事業法により、通信の秘密として守られていると聞きました。 それでも警察や検察の捜査のために開示を求められることはあると思うのですが、どれくらいの犯罪の捜査の際に、開示要求されるのでしょうか? 重大な犯罪の捜査の際のみなのか、軽い条例違反や軽犯罪法違反程度の捜査でも開示を求めたりするものなのでしょうか。 厳密に言うと法律に関する質問ではないかも知れないのですが、他に該当するカテゴリが見つけられなかったので、ここに質問させていただきました。 よろしくお願いします。

  • 「通信の秘密」について

    仕事で業務用機器の電話サポートをやっています。 クレーム対応や受付内容の確認のため、通話録音装置を導入しようとしましたが、却下されました。 通話を録音したファイルは「通信の秘密」に関わるため、セキュリティ管理が面倒だからという理由です。 通話の内容は、機器の故障に関するやりとりだけなのですが、それでも外部に漏洩した場合、「通信の秘密」に関わるセキュリティ事故になるのでしょうか?

  • 無料メールの検閲は違法か?

     別の質問で回答者として回答しているときに わからなかった&興味を持った疑問です。  お答えやアドバイスを頂ければ幸いです。 「無料メールサービスを行っている会社が メールを社内で別の目的に利用した場合に 国内法で違法となるかどうか。」  関連する法律は、 電波法、有線電気通信法、電気通信事業法あたりだと思うのですが、 無線ではないので電波法ではなくて、 電気通信事業者ではないので電気通信事業法でもない。  電気通信事業者でないというのは、 質問内容の場合で電気通信事業者の届出をしたという話や、 届出をしていないことで訴えられたという話を聞かないことが (消極的な)理由です。  そうすると、電気通信事業法の第2条でいう 通信ではないということでしょうか。  そうすると、有線電気通信法も怪しくなってきます。 そもそも有線電気通信法に触れていたら、企業内の検閲が 違法ということになってしまいそうです。  「そんなこと、まだわからない」という回答でも有難いです。  よろしくお願いします。

  • 携帯電話のメールを勝手に見ていいのか?

    夫婦間で妻が”夫が浮気しているんじゃないのか?”と、夫の携帯電話のメールを勝手に見るケースがある。 携帯電話のメールを持主の了解なしで、持主以外の人が勝手に見るのは、電話の会話盗聴と同じで、法律違反及び憲法違反(詳細は後述する)になり、極めて反社会的な犯罪行為だ。 夫婦間(若しくは恋人・家族等)といえども、こんな事が許されていいのか? ※日本国憲法 第21条・第2項   検閲は、これをしてはならない。通信の秘密はこれを侵してはならない。 ※電気通信事業法 第4条   電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない。   

  • 電気通信事業法について

    電気通信事業法と、ハウジング・ホスティングの関係について教えて下さい。 電気通信事業法では、通信事業を営む者は通信事業者免許が必要と規定しています。そこで、回線貸しにあたるハウジングでは、第二種電気通信事業者免許が必要で、容量貸しにあたるホスティングでは必要ないという話を聞きました。 質問ですが、上記の違いは電気通信事業法ではどの条文に規定されているのでしょうか。ハウジング・ホスティングの明確な規定があるのでしょうか。関係する情報でも構いませんので、教えていただければ幸いです。

  • Androidスマホの自動通話録音アプリについて

    スマホの自動通話録音アプリについて質問です。スマホで通話した内容を自動録音したいので、それが可能とうたっているアプリ(たとえば「自動通話録音機」)をいくつかインストールして試してみたのですが、どのアプリも自分の声は録音されても相手の声はまったく録音されません。相手の声が録音音声が小さいとかではなく、音量最大にしてもまったく相手の声が聞こえないという状況です。もともと自動通話録音アプリというのは自分の声しか録音できないものなのでしょうか。それとも何か設定(たとえば通話時にスピーカーフォンで通話しないといけないとか)が必要なものなのか、アプリの選択が間違っているのでしょうか。 使用しているスマホはXperia A(SO-04E)、Android4.2です。 なんとかうまく自分と相手の声が録音できる方法(アプリまたは設定)があえれば是非教えてください。よろしくお願い申し上げます。

  • 電気通信事業法 って6法のうちの何法の中にはいるんでしょうか?

    タイトルのまんまですが 電気通信事業法は6法の中の何法に入るんでしょうか

  • Skypeの通話録音ソフト

    Skypeで通話を録音できるソフト知っている人がいたら教えてください ※ 1:1の通話録音はできています   自分で録音・開始操作をするなら複数人の会話も録音できています 希望する内容は ・無料 ・複数人のグループ会話を録音できること ・Skypeに連動して自動で録音開始・停止ができること

    • ベストアンサー
    • Skype
  • 通話を録音するのは違法?

    プライバシーについて勉強中です。 1.自宅、または事業所で、録音機器によって通話を無断で録音することは、違法なのでしょうか? 例えば、了解を得ずに、法律事務所やピザ屋さんなどで顧客とのやりとりの証拠として残したり、こっそり好きな人との会話を録音したりなどする場合です。 2.違法だとすれば、法的根拠(条文など)がどこにあるかを教えてください。また、事前に録音の了解を得るなど違法でなくなる方法があれば教えてください。 3.違法でないとすれば、何かトラブルが発生した場合、録音した内容に証拠能力はあるのでしょうか? 4.また事業所などで、録音機器の活用方法などがあれば、教えてください。 よろしくお願いします。