• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

大学院入試での英語について

大学院入試の英語の問題について困っており、ぜひ皆様のお力をお貸し下さい。 大学院入試の英語の問題を勉強していたのですが、解答の方法でよく分からないことがあったので質問させていただきます。問題は短い論文を読んで答えるという形式でした。 (1)論文にふさわしいタイトルをつけなさい。という問題についてですが、 「どうして魚は水の中で生きていけるのか」というタイトルと「○○だから魚は水の中で生きていける」というタイトルでしたらどちらのほうがいいのでしょうか?ほとんどの論文は「どうして○○なのかを調べてみた」と前者の文が書いてあることが多いです。しかし論文のタイトルでしたら後者の方がいいのかなと思いますが・・・ (2)論文内容の要約について、イントロダクションや実験方法はどれくらい詳しく書いたらよいのでしょうか?「AにBを1ml加えて5分放置したあと、Cを加えた」と具体的に書くべきか、それとも「AにBとCを加えた」でいいのか・・・。ようやくについては文字数制限があるので反応時間とかを書くほど文字数に余裕はないのですが・・・ 大学院入試の英語の勉強について、どのように勉強したらよいのか分からず困っています。ぜひ皆様のアドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数169
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

大学院の英語で求められているのは、文章を理解する力です。 つまり、文法や構文などはそれほど重要視されていません。それは日本語の論文を読まされていると考えるとわかりやすいかも知れません。わざわざ、文の主語は?とか、この形容動詞の役割は?など考えたりしないでしょう。 (1)についてですが、論文というのはそもそも研究してわかったことを必要十分な資料と、文章で表したものです。それを、なぜ~なのか?という題名にしてしまうと、エッセイのような曖昧さが現れてしまいます。なので、「(このような疑問を持ったので調べてみると)こうだったので○○だ」の方が親切だと思います。論文は、最初にその研究に至った経緯がはじめに書かれているので()の部分は省略します。 (2)についてですが、論文を書く際、文章がダラダラ綴られているのは読み手にとって退屈なものです。だから、論文には必要かつ十分な資料、文章を乗せるのですが、それでも長くなってしまうこともあります。そこで、要旨というのが役に立ちます。これは、最低限必要な資料、文章を乗せるのですが、必要な資料と十分な資料の線引きがとても難しいのです。一番わかりやすいのは、目的と結果でしょう。しかし、考察するための資料は複数に分かれる場合があるために難しい。  英論文の要約は、英文の正しい理解だけでなく内容の理解力も試されているので、最も効率のいい出題方法だと思います。その解答方法としては、よく出てくる単語(名詞である場合が多い)が重要である可能性が高いので内容理解に役立てます。そこから、その単語同士をつなげるように文章を作り、最後に文字数に合わせて調整します。また、細かな数字が大事なのか大事でないのかは論文の目的によるのでなんとも言えないのです。 英語の試験は一様な方法ではなく多様にありますが、ほとんどは読めるか?理解できるか?という問いかけのようなのものです。普段から専門の論文を英文、和文に問わず読むことが力になると思います。 僕はそうでした。がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大学院入試の英語について

    大学院入試に向けての英語の勉強ですが、理系大学院入試の単語帳みたいなものはありませんか?論文読みながら調べていますが、同時平行で単語力もつけたいので・・・。

  • 大学院入試の英語について

    大学院入試に向けて少しずつではありますが、論文を読んできました。もちろん難しいのでつっかえつっかえです。 大学院の過去問が手に入り実際に見てみると、簡単ではないですが、論文系では全くなく、エッセイや環境問題、歴史(化学史など)でした。環境問題だったらそれ特有の単語もあります。こういった文章に強くなるためにはどのようなもので勉強したらいいのでしょうか?その他全般で、英語に関する助言をいただけたら幸いです。

  • 大学院入試

    理系の大学院入試を考えている社会人です。入試科目は英語と専門科目ですが私の場合、英語がネックになっています。学部時代も論文を読みあさった記憶もなく英語は苦手の分野です。志望している院の過去問は入手しています。そこで、大学院入試の英語の勉強方法を教えていただけないでしょうか?もちろん、志望している院の研究室の先生方にはあいさつに行きます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

(1) 疑問形のタイトルの論文というのは、研究者にとっての、ある種のあこがれみたいなものですね。 とりあえず、論文の書き方みたいな本では、普通は、疑問形のタイトルは絶対にやめろ、と書いてあると思います。 論文のタイトルは、普通は、結論をさらに要約したもの、になっているのがいいです。というのは、論文誌の中には大量の論文が入っているわけですが、読者は、つまり、タイトルをみてその論文を読むかどうか決めるわけです。なんで、タイトルになるべく情報が入ってて、読みたい、って思わせるようになっていないといけません。なんで、普通は、#2さんが書いてるようなタイトルがいいでしょうね。 で、疑問形のタイトルなんですが、これは、つまり、 「Why ~?」ってタイトルで、結論が「Because ~」で終わるっていうスタイルですが、 なんていうか、これは、超すごいインパクトがある大発見をした論文につけるっていうイメージですね。 誰もが関心をもっているような基本的な疑問について、「Why ~?」てタイトルがついてれば、読者は、なぜなのか、論文を読みたくなるでしょう。 でも、「Why~?」て書いてあっても、そもそもそんなどうでもいい疑問の理由なんて知りたくもない、って思われたら、元も子もないわけです。 というわけで、疑問形タイトルは、自分の中で超大発見ってのをするまでとっておきましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • backs
  • ベストアンサー率50% (410/818)

R.Lewis, N.Whitby, E.Whitby著 「科学者・技術者のための英語論文の書き方-国際的に通用する論文を書く秘訣-」 東京化学同人(2004) を読んでみるとよいかもしれませんよ。数多く「論文の書き方」に関する書籍を読みましたが、この本が(私にとっては)ダントツによい本です。 当然、タイトルの書き方や要約の書き方も分かりやすく解説されています。また、外人さんが書いたものですから、英語の使い方の注意なども説明されているので、英語の勉強にもなります。 受験とは別にでも読んでおくべき本だと薦められます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

(1)はどちらかであれば後者。でもタイトルなら「魚類生存メカニズムの研究」とか「魚類水中溶存酸素摂取方法の研究」とか名詞主体の方がかっこ良いと思いますよ。 (2)は前者でしょう。前者でも更に技術的に結果となる形がわかり易いように専門用語使って的確に正確に書いた方が読みやすいです。後者だと何をどうやってと疑問が沸いてきます。 大学によって違うと思いますが、英語は正確な日本語での専門知識が試されると思いますので、出題する先生の情報を入手して、その先生の授業で使った教科書と同じような専門の英語の教科書を読みました。今ならWikiの英語を訳して、Wikiの日本語ページで確認しながら専門用語と専門知識を覚えたら勉強しやすいのではと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

こんにちは。 理系・・・の方ですよね?文系からのアドバイスでよければ・・・(あくまでも参考程度でお願いいたします) (1)院試ではないのですが、学内論文で、審査された教授お二方から、「論文の内容をきちんと表すタイトルを付けるように、多少長くなってもいいし、まとまらなければ副タイトルをつけてもいい」とご指摘を受けたことがあります。つまり、タイトルを読んで一言で内容を把握できることが肝要であるようです。 上記の考え方からすると、「○○だから魚は水の中で生きていける」のほうがスマートかとわたしは思います。(論文内容にもよるかもしれませんが・・・) (2)要約については、制限文字数いっぱい使ってでも詳しく述べたほうがよいかと思われます。「AにBとCを加えた」だけでは、単なる羅列になってしまいます。それでは他の受験生との差別化が図れません。オーソドックスな「AとBにCを加えた」を書くのは当たり前で、さらに他の受験者と差をつける為にも、「+α」の要素を見つけ出してそれを加えるのです。自由に書けるのなら、「AとBとCを加えることにより、Dを発見した・・・それはEを意味し、Fへと繋がったのである・・・」など、一工夫を入れてみてはどうでしょうか? 勉強法は専攻にもよりますが、院試の傾向としては、教授の専門から「今年はA教授の専門分野のこの論文から出題」など、教授の研究分野から出題されることが多いですので、過去問の傾向を掴むのは必須です。あと、文法に忠実な硬い訳よりも、スマートな意訳が出来ないといけませんので、どんどん量をこなしていくといいと思います。コツが掴めますよ。 院試では学会で話題の論文からそのまま全訳をするよう出題されたり、古典の全訳が出題されたりしますので、色々読みこなしていってください。 わたしも英語は苦手でしたが、とにかく分かりやすい意訳を心がけて乗り切りました。(力技ですが・・・汗) 頑張ってくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大学院入試における英語

    大学院の一般に入試で、工学研究所(理系・工学の大学院)でなおかつ国立大学の英語はどういうような感じでしたか。  一般的に、学部の入試は、大量の構文を暗記するのですが、院ではそのような構文はあまり必要ではないと良く聞きます。(論文とかは非常に簡単な文法とか聞きます)そのところはどうでしょうか。 ちなみに、名古屋工業大学の大学院を視野に入れています。

  • 大学院の入試について教えてください。

    化学科の大学院に進学したいと思ってるんですが、入試に専門科目と化学英語があるんです。高校時代から英語が苦手で、勉強の仕方が下手なりにもなんとか大学に入れました。しかし今度は大学院の入試なんで、どんな風に勉強をしたらいいのかがまったくわかりません。どなたか化学英語の勉強の仕方を教えてください。お願いします。

  • 大学院入試について

    今、薬学部2回なのですが、大学院入試について調べていました。 すると、入試の面接の際に、 ・【大学院入試までに】  おそらく大学院受験が難しいのは、たんに受験勉強をするだけでなく、自分の研究について語ることが求められるからだろう。大学院受験における面接の際には、以下の点について述べられるようにしておこう。 □専門分野、□指導教官、□基礎科目(理論・思想・統計・数学など)、□基礎トレーニング用の教科書(数冊)、□専門分野の第一人者たち(数名)、□あなたの研究にとって最も重要な日本語文献(一冊)、□あなたの研究にとって最も重要な英語文献(一冊)、□所属すべき日本の学会、□読むべき専門雑誌(英語)、□すぐれた模範となる専門論文、□これなら自分にも書けるだろうと思わせる学術論文(自分の専門分野の三流論文)、□研究テーマに関する問題百個、□研究テーマに関する文献百本、□これまで書いたレポートの中で、最もすぐれたもの、□その専門分野の海外における拠点大学、□卒論のテーマ、□これまでに面会した教員、□専門分野の古典的著作のリスト、□その専門分野において定評のある辞書・辞典類、□すぐれた卒論のサンプル、□すぐれた修士論文のサンプル。 http://www.econ.hokudai.ac.jp/~hasimoto/My%20Essay%20on%20Graduate%20Course%20Examination.htm というものがありました。 これをみて、これほどの情報が必要なのか・・・と愕然としました。 そこで、大学院入試を経験された皆様に聞きたいのですが、これらの情報はいつぐらいから取り組み始めてましたか?

  • 大学院入試の過去問(英語)について

    他大学の大学院への入学を希望している、理系大学の4年です。 数学の過去問の答えはトモダチなどに聞いてわかったのですが、英語の答えとなるとそうはいかないです。 大学院入試を経験された、又は、現在大学院入試に向けて勉強をしている方々にお聞きしたいのです。 英語の答え合わせはどのようにされているのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 大学院入試の英語試験について

    皆様アドバイスをお願いします。 大学院の受験まで2週間しかないとしたら、 皆様は何をしますか? ターゲットは英語です。 出題の傾向としては、まず海外の著作(本、論文など)の抜粋が A4で2-3ページ提示され、それをもとに・・ ・前置詞の穴埋め問題 ・日本語訳(80フレーズほど) ・要約を行う(日本語で) ・要約を行う(英語で) といった感じの問題が出てきます。 ここで問題なのが、私の英語力です。 TOEICのスコアは540点です。 (試験免除には到底足りません) 今取り組んでいるのが・・・ ・基本的な文法のおさらい ・院受験用の単語集(覚えられません) ・過去問(ほぼ解けません) です。 こんな私が後、2週間で合格できるとするならば、 どういった方法を取るのがベターでしょうか。 (厳しいのは承知です)

  • 大学院入試の英語について

    4月から大学生になるものです。 大学院入試の英語では、 英語で書かれた化学系の論文を読める必要があると聞いたのですが、 具体的にどういったものを利用したら良いのでしょうか? また入手方法も分かりません。 また、大学の化学の知識が全く無い状態なので、 その場合はどのようなものを利用したらよいでしょうか? 化学の知識が身に付いてからの対策のために、 前半部分も回答できればありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 英語がいらん、大学院?

    英語が必要ない大学院、 なんてあるんでしょうか? 仮に、入試が専門科目、ペーパー、 面接だけであったとしても(あるんか?)、 院で勉強するには、 どうしても英語が必要になると思うんですが?? 研究自体が英語が全く必要ない学問領域であったとしても、 論文を読んだり書いたりするのに、 今の時代、どうしても英語がいると思うんですが。

  • 大学院入試

    福祉系か語学系の大学院に行きたいのですが、 大学院の入試倍率はどこで確認できますか 全入のケースなどあるのでしょうか 予備校には行った方がいいでしょうか 論文や計画書の書き方でお勧めの本はありますか 入試問題の英語のレベルはどのくらいでしょうか 受験する前に教授にアポイントを取って話すのがいいと聞きましたが、 アポイントを取るにはどうすればいいでしょうか 学ぶ内容が現在の仕事と関連があった方がいいでしょうか

  • 教育学系大学院について

    教育学系大学院を目指しているものなのですが、入試で英語があります。 ネットで、英語の論文などを探しているのですが、見つかりません。多分、探し方が悪いのだと思うのですが、どなたか英語の論文サイト(教育系)で知っておられたら教えていただけないでしょうか?? また、社会科学系や理工学部系の大学院入試の問題集は、出版されているようなのですが、教育学系の本は見つかりません。 みなさん、どのように勉強されていますか??

  • 大学院入試対策について

    大学院入試の勉強で、どんな教材をつかえばいいですか?ちなみに名古屋大学大学院か、名古屋工業大学大学院、いずれも建築学科を受験するつもりです。知りたいのは、大学院入試の特に英語の試験対策の教材を知りたいです。

専門家に質問してみよう