• ベストアンサー
  • 困ってます

建築士はなぜ『一級建築士』としてしか名乗らないのですか

他に『二級建築士』とか『木造建築士』もあるのに、今までお会いした建築士の方々は皆『一級建築士です』と言います。 『電気工事士』では『一種・二種』との種類がありますが、それを明言することは少なく、単に『電気工事士です』と言います。 誰でもいきなり『一級』を受験・取得して、『二級・木造』は皆無なのですか。 それとも『建築士』とだけ言ってはいけない事情があるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1403
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

こんにちは。 1級と2級では扱える建築物の範囲が大きく異なります。 2級は一般住宅や店舗、300m2以下の木造建築を扱うことができますが、それ以上の範囲では1級の資格者でないと、設計及び設計施工監理を行うことができません。 よって、一般住宅などの設計を行っている方は2級建築士の方も多く、本人もそのように名乗っています。 大型建築物を扱う場合は必ず(1級)である必要があり、このような事情から、あえて(1級)と名乗る人が多いのだと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私が接する建築士は大きなビルを担当する方々ですので、ご回答の内容で納得しました。

関連するQ&A

  • 建築士の資格について

    本やネットでいろいろ調べましたが分からないことがあります。 ・一級建築士免許 ・二級建築士免許 ・木造建築士免許 僕の中ではこの3つでは 一級>二級>木造 というふうに扱える規模が異なっていると思っています。 となると、木造建築士には出来て、二級建築士にはすることが出来ないものってあるのでしょうか? また、どのような人が木造建築士免許、または二級建築士免許をとるのでしょうか?

  • 建築の資格

    こんにちは、将来建築士を志している者です。 建築の免許には一級建築士・二級建築士・木造建築士がありますが、これら三つの違いがイマイチわかりません。 特に、一級建築士と木造建築士の大きな違いはなんなのでしょうか? また、何をしたい人が一級建築士、または木造建築士の免許を取得するのでしょうか?

  • 一級建築士の二級建築士事務所登録について

     現在、私は二級建築士で、二級建築士事務所の管理建築士をやっております。そこで質問ですが、将来、一級建築士の資格を取得して登録したら、建築士事務所も一級建築士事務所にかならず登録しなければならないのでしょうか?  それから、確認申請等に添付する建築士の免状の写しも一級建築士の免状の写しを添付しなければならないのでしょうか?(二級建築士の免状ではダメですか?)  要するに二級建築士がその後、一級建築士試験に合格して一級建築士の登録をしたら二級建築士の身分のままではダメかということが知りたいので宜しくお願いします。  (二級建築士の資格を消失して一級建築士になるのか?それとも二級建築士でもあり一級建築士でもあるということなのか?という事です。)

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

人間としてよりいいものを持っていればアピールしたくなるものですが、言葉の問題として「一級」と「二級」なら「一級」のほうが上位に来ることはみんな知っています。しかし「一種」と「二種」ではモノにとってどちらが上位にくるか異なります。電気工事士は「一種」の方が上位ですが例えば自動車の運転免許は「二種」の方が上位です。もしかしたら第一種電気工事士より第二種電気工事士の方が上位だと思っている人がいるかもしれませんので下手に「第一種」と言わないものだと思います。  ちなみに一級、二級、木造建築士が「建築士」と名乗るのは別に違反ではないのですが、例えば二級建築士しかもっていない人が「一級建築士」と名乗ることは違反と明確に記載されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 電気の世界には電気工事士の他に『電験1種・・・2種・・・3種』とあります。 この資格は最低の3種でも合格が難しいとのことですので、種別を名乗らなくとも認知されるのかもしれませんね。

  • 回答No.3

>『建築士』とだけ言ってはいけない事情があるのでしょうか 無いです。 運転免許持ってますって言うようなもんです。 大型を運転する必要がある時は 大型持ってます!と言うでしょう。 二級・一級と持ってる場合は、 設計できる範囲が分かれている訳では無いので、 通常上位資格を伝れば事は足ります。 一級建築士を取った後、二級を取得するのはメリットが有りません。 普通車免許持ってる人が原付取らないでしょ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 仮に一級と二級を持っていれば、上級の一級だけ示せば済むわけですね。

  • 回答No.2

単に二級建築士では格好悪くて人前で言いたくないので 名乗らないだけです。 逆に一級建築士になると名乗りたいので人前で聞くのは一級建築士さんが多いだけです。 電気工事士は一般の人にはあまりなじみがなく 業界の者同士で区別することが多いので特に気にしないのでしょう。 また一種・二種だとそれぞれ別の役割のような感じがしますが 一級と二級では一流と二流のような響きがあってやはり二級とは言いにくいのだと思います。 HPやブログのプロフィール欄でよく目にするのが 全て1級を持っている人のプロフィールは 取得資格 一級建築士、一級建築施工管理技士・・・ とそのまま表記するのですが 一級建築士、建築施工管理技士・・・と表記している場合は 一級建築士、二級建築施工管理技士・・・と言うことです^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 上級を持っていればカッコつけたくなるのも分かりますね。

  • 回答No.1
noname#136164
noname#136164

1級建築士の方が2級建築士等より上級の資格なので、1級建築士と名乗る方が先方(取引先やお客)にアピールできるからではないですか。 1級建築士と2級建築士等では扱える建築の範囲が違うでしょうしね。 電気工事士の1種・2種の違いについてはわからないのでお答えできませんが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 一級建築士が在籍する二級建築士事務所

    現在、私は一級建築士ですが、管理建築士が二級建築士なので二級建築士事務所に在籍していることになります。建築士による実務年数が足りないため管理建築士の資格はありません。設計は建築士が行うものなので、一級建築士の範囲までできそうですが、二級建築士事務所に在籍しているので、二級建築士の範囲のみの業務の受託に制約されていると思っています。しかしこの解釈は正解でしょうか?もしくは一級建築士の範囲まで業務を受託できるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 建築士定期講習について

    『新建築士法の規定により、建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士又は木造建築士は、 3年毎に国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う。』 とありますが、 経過措置として平成24年3月31日までに最初の建築士定期講習を受ければよいとあります。 つまり現在事務所建築士の者は今受けてしまうと3年後にまた受けないとならなくなるんですよね? 終了考査の合否影響や資質向上は別として現事務所建築士は今受ける意味ってあるのでしょうか? また、 『複数(一級、二級又は木造)の建築士免許を有する方は、その複数の建築士免許証の写しを提出することによって、 当該複数の建築士定期講習の申込みを行ったものとして扱います。』 とありますが、私は一級免許を取れば二級建築士や木造建築士の資格は上書きされると思っていました。 しかし、これを読む限りでは(普通そんな方はいないと思いますが)一級免許を持っていても 他保有での二級建築士事務所や木造建築士事務所として業務することができると言うことでしょうか? とくに困っているわけではないです。 素朴な疑問です。

  • 管理建築士の管理できる事務所について

    二級ないし木造建築士で得た管理建築士資格で一級建築士事務所の管理建築士となることは可能でしょうか? 建築士法の改正で、管理建築士になるには建築士資格取得後3年の実務経験が必要と知りました。 当方将来的に独立開業したいと考えているのですが、資格はまだ持っておらずこれからの取得になります。 実務経験のことを考えると、働きながら資格を得るのが最も効率が良いと思うのですが、一級建築士取得となると勉強時間を確保できるか不安に思っています。 そこでまずは難易度的には劣る二級ないし木造建築士を受験しようかと考えているのですが、以下のようなことは可能でしょうか? 1.二級ないし木造建築士を取得後3年で管理建築士講習を受け、管理建築士の資格を取得 2.その後独立し、二級ないし木造建築士事務所を開設 3.その後一級建築士取得できた後、事務所を一級建築士事務所に更新。 (ちなみに現在私が勤めているのは一級建築士事務所です。) この場合、一級建築士取得後に3年の実務経験がないため、二級ないし木造建築士として得た管理建築士の資格で一級建築士事務所の管理建築士になる、ということになります。これが認められるのかどうか疑問に思っています。 これは同じく、今現在二級建築士を持ち、二級建築士事務所を開設している人が今後一級建築士事務所に更新するためには一級建築士資格取得後、一度事務所をたたんでどこかの事務所ないしゼネコンで3年の実務期間がいるのだろうか?という疑問でもあります。 複雑で申し訳ありませんが、詳しい方教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 一級建築士の受験資格

    一級建築士の受験資格 一級建築士の受験資格について、二級建築士事務所に所属する二級建築士は、実務経験4年で一級建築士を受験することができるのでしょうか?

  • 建築物の設計又は工事監理について

    建築士法第3条では、 (1)一級建築士でなければできない設計又は工事監理 (2)一級建築士又は二級建築士でなければできない設計又は工事監理 (3)一級建築士、二級建築士又は木造建築士でなければできない設計又は工事監理 を定めています。 では、建築士法第3条に定める以外の建築物の設計又は工事監理については、無資格者がそれをしても良いということになるのでしょうか?

  • 一級建築士と二級建築士の違い?

    建築家に住宅の設計(一戸建て、2階建、60坪、たぶん木造)を依頼したいのですが、一級建築士と二級建築士では、やはり知識やノウハウの差があるのでしょうか?ちなみに検討している候補の一人は二級建築士なのですが、デザイン性はかなり優れていて、感性も十分共有できるし、信頼できそうなのですが、「二級」の肩書があると、どうしても「一級」と比べてしまいます・・・

  • 一級建築士受験資格について

    一級建築士を目指しているものですが、受験資格がいまいちよくわかりません。 ・専門学校の環境デザイン科建築デザインコースを10年前に卒業(当時は卒業後すぐに二級建築士受験できると言っていた) ・建築系(設計補助や現場監理など)の実務経験は7年ほどあり ・つい最近になって二級建築士を取得 以上の内容からして、すぐにでも一級建築士の受験が可能なのか、もしくは実務経験が更に何年か必要なのか、どなたか教えていただけないでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 一級建築士の受験

    一級建築士を志す者です。 自分は建築系の大学を卒業後、同じ大学の大学院(もちろん、建築系です)に進学することで2年間の実務という条件を満たし、大学院卒業後すぐに一級建築士を受けるつもりでいます。 そこで質問なのですが、一級建築士を目指す人は、体裁的というか、慣習的な意味で、先に二級建築士を受けるものなんですか?もしくは設計会社などに就職して、実質の『実務』を経験しておくべきなのでしょうか? 大学院卒業後いきなり一級建築士を受けることっていうのは、世間的に見たら、やっぱり無謀なことなんでしょうか? 質問をまとめると (1)大学院卒業後すぐに(就職経験無しで)一級建築士を受ける人はどれくら いいるのか (2)(1)のような、二級建築士の存在を事実上無視し、一級建築士をいきなり受けたいと思っている人についての是非  (企業や学校は、そういった人をどう思うのか、どう評価するのか。) (3)逆に二級建築士を受ける人は、どういった意味で受験するのか  (いずれ一級を取るつもりで受けるのか、 それとも、二級が必要で、あるいは二級で充分だと判断して受けるのか)  質問のニュアンスが分かりにくいかもしれませんが、3つのうち1つでもお答えしていただけるものがあれば、よろしくお願いします。

  • 一級建築士受験資格について

    平成19年高等専門学校の建築科を卒業後、平成21年二級建築士合格、平成22年1月18日に登録済み。 このような場合一級建築士を受験できるのはいつになるんでしょうか? 二級建築士取得後でも4年という実務経験は変わらないのでしょうか? 調べてみたのですが、制度が分かりにくく、こちらに来ました。 よろしくお願いいたします。

  • 一級建築士について

    はじめまして。現在、建築設備関係の会社に就職をしている20代前半のものです。大学は土木関係の大学を卒業しました。 まず、質問(相談)をする前に私が建築士の資格を取得するには、土木関係の大学を出たので二級建築士は実務1年が必要で、一級建築士を取得するには実務2年が必要となります。 以上を踏まえて質問ですが、将来的に1級建築士の資格取得を目指す場合の勉強方法としてはどのような勉方法が良いでしょうか? 参考までに意見をお聞かせください。宜しくお願いします。