• ベストアンサー
  • 困ってます

ヘテロ原子に直結したプロトンのNMRについて

ヘテロ原子(N,Oなど)に直結したプロトン(ex. -OH, -NH2など)ってNMRスペクトル上ではブロードになったり、溶媒によってはピークが現れないようなのですが、この理由についてご存知の方がいたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数2078
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

交換が速度によって見えない事や変な位置に出たりブロードになったりする事も多いですね。その場合D2OやD2SO4などを入れてやって交換を完結させると見える様になったり、完全に消えたりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • プロトンNMRにおけるスピンスピン分裂

    プロトンNMRスペクトルにおいて、ある分子中の異なるプロトンが1本のピークを与えるものと、プロトンの吸収が多重線のピークに分裂するものの違いがいまいちよくわかりません。どのような場合に1本で、どのような場合に分裂するのか、ぜひ教えていただけたらと思います。ヒントでもいいので、ぜひ、よろしくお願いいたします。

  • 質量、NMRスペクトルで...。

    どちらなのでしょう・・・?             H  O             | || (1) CH3-CH2-N- C-CH3                   O  H              ||   | (2)  CH3-CH2-C- N-CH3        質量スペクトルによると分子量30のシグナルが大きく出ています。だから一見、NH-CH3の部分は30だから(2)かなとも思えます。。。 しかし、プロトンNMRスペクトルをみるとCH2の隣の原子についている水素の数が4つなのです。そうなると(1)の方が当てはまります。 どちらのスペクトルを優先してみた方がよいのでしょうか?

  • CDCl3を用いたプロトンNMRで見えないピーク

    学生実験でプロピオフェノンオキシムを合成し、プロトンNMRを測定しました。 するとOHのHのピークが現れませんでした。 先生曰くCDCl3のDとHの交換ではないそうです。 ネットを見たところ『四重極子緩和』というものが関係してそうですが、さっぱりわかりませんでした。 分解能は60MHzです。 どなたかピークが現れない理由を教えてください(>_<)

  • H NMR

    OH基とNH基のNMRスペクトルが約9.2と約9.7になったのですがどっちがOH基だと思われますか?? できれば理由も含めて教えていただきたいです。 測定物質はアセトアミノフェンです。

  • プロトンNMRの分裂パターンについてです。

     大学でスレオニンのプロトンNMRを測定したのですが、 二つのメチンピークの分裂が予想した回数よりも一回多いのです。 溶媒は重水なので水酸基の影響は無いと思うのですが・・・。 末端のメチル基が関係しているのでしょうか。それだと分裂回数が もっと増えるだろうし。メチル基が回転していてもっとも近いプロトン 一個が影響しているのでしょうか?初歩的な質問かもしれませんが お願い致します。ちなみに分裂パターンは二つのメチン基ともに二重線 二重線(dd)です。スレオニンは、CH3CH(OH)CH(NH2)COOHです。

  • 亜リン酸(ホスホン酸)の1H-NMRスペクトルについて

    亜リン酸をD2Oに溶かして1H-NMR測定をすると6.2ppm付近と7.5ppm付近にピークが現れました。どちらのピーク強度も同程度であることから亜リン酸のO原子に結合しているプロトンが示すピークであると思われますが、確信はありません。このピークが一体なんであるのか。知っている方あるいは他の考察をした方は教えてください。 また、リン酸や硫酸でもどこかにピークが現れたりするのでしょうか。私はまだ試していないのですが、これについても知っている方がいたら教えてください。 ちなみに溶媒はD2O以外は試していません。

  • このNMRが示す物質は?

    今NMRを基礎から学習しているのですが、図書館の資料集の中で一つだけ構造が分からなかったんです。 分子式はC4H6Cl2O2で、プロトンNMRのスペクトルが、7.3ppmに弱いシングレットが、6.0ppmにシングレットが、4.2ppmにカルテットが、1.4ppmにトリプレットが見えました。7.3ppmは溶媒のピークだと思うんですが、強度比は、目算ですが、低磁場側から1:2:3くらいです。 考えたのが、1ppm付近のトリプレットがメチル基で、4ppm付近のが-CHCl-の吸収で、6ppmのシングレットはC=CHかなと思ったんですが、それだとどうしてもOを使いきれません…この6ppm付近の比較的強いピークは何なんでしょうか?

  • 有機化合物_NMRがとれない理由

    ある有機化合物を合成し、プロトンNMRを重溶媒で測定しようとしたところ、溶媒のピークと水のピークだけ現れました。前駆体までは問題なく重クロで測定できたのですが。 化合物のピークが取れないのは溶解度が低いからでしょうか?溶媒に色が付くぐらいには溶けるのですが、重溶媒1mlに対し、0.1mgぐらいしか溶けていなかったかもしれません。 重クロでとれず、重DMSOでも取れませんでした。合成を確認するためにできれば測定したいと思っています。 このような場合、みなさんならどうしますか。 1.他の重溶媒を試す 2.固体NMR その他、いい測定法があれば教えていただけるとありがたいです。 指導教員に固体NMRが使えるかどうか聞いたら、”君は固体NMRについて何も知らないからそういう質問をするんだ”というような事を云われました。固体でプロトンNMRを測るのは無理なのでしょうか?研究室の流れとして、多核では固体でとっているようなのですが。 よろしくおねがいします。

  • NMAのNMR帰属

    こんにちは。NMAのシフトをNMRで測定したのですが、これの帰属が全く分からなくて困っています。 ピークは、0.00にTMSのが一つ、1.95程に一重線が一つ、2.7,2.8に蟹の鋏のようにピークが一つ(二つ?)、そして6.9くらいに本当に小さな小山のようなピークが一つあります。溶媒はCHCL3です。単位は全てppmです。積分強度は分かりません。 質問は (1)7.26程にCHCL3のピークが見られないことはありうるのか。(実際それらしきものはないです。) (2)CH3C=Oのところで、4重線が出ると思うのですが、それらしきものがない。 ということです。おそらく一番小さいピークはCH3C=OのOが結合していない方のピークで、蟹のように分かれている部分はNH側に結合しているCだと思っています。そうなると、残った一つの大きなピークが残りのC原子のピークになると思うのですが、ピークが何重かに分かれている感じはありません。 分子構造決定は最近習ったばかりで、何日も考えているのに、全く答えがでなくてこちらに投稿しました。必要があれば携帯の写真でよければ添付します。 実際見ないと相当分かりにくいとは思うのですが、どうかご教授お願いします。

  • trans-1.2-ジブロモシクロヘキサンのプロトンNMR

    実験で合成したtrans-1.2-ジブロモシクロヘキサンのプロトンNMRの帰属がわからなかったので 産総研のスペクトルデータベースで調べたところ、 以下のような結果でなぜそうなるのかさらにわからなくなりました。 教えてください。 具体的にはなぜ同一炭素上のプロトンのピークがアキシアルとエクアトリアルでこんなにはなれるのかがわかりません。 以下引用 A 4.46(臭素と同一炭素のプロトン) B 2.46(臭素ついた炭素の隣の炭素のエクアトリアル水素) C 1.90(臭素のついた炭素の隣の炭素のアキシアル水素) D 1.81(臭素のついた炭素の二つ隣の炭素のエクアトリアル水素) E 1.52(臭素のついた炭素の二つ隣の炭素のアキシアル水素)