解決済み

とうもろこし栽培 元肥を忘れました!!

  • 困ってます
  • 質問No.4933312
  • 閲覧数3334
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 94% (67/71)

畑のスペースを借りて初めて野菜を作ってみることになりました。
とうもろこしを栽培することになり、マニュアル本の通り、種を植える一週間前に苦土石灰を混ぜ二週間前に牛糞を混ぜました。
そしてマルチをして種をまいて『べたがけ』をしたのですが…
本を読み返してみると、二週間前に牛糞とともに化成肥料も混ぜなければならなかったことに気がつきました。
本によると、とうもろこしは肥料を多めに与えることがポイントとのことだったので、どうしたら良いか悩んでいます。
どなたか教えていただけませんか。

もうひとつ、『マルチ』はいつ除去するのですか?どのくらい成長したら取り除いてよいのか、そのままでよいのか教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (744/2561)

マルチは20年以上前にしかやっていないので、間違っている場合があり枡。面倒でやめましたから

マルチの撤去は、
初期成育時の雑草防除を目的としている場合には、とうもろこしの草丈が雑草よりも高くなった頃、原則として、つゆの前後です。ただし、高温になるような土地では、5月中下旬には撤去しないと、根が枯れるなどの高温障害が出る可能性があります。

発芽を目的にマルチを使っている場合は、霜害の発生の恐れがなくなったらば、撤去します。八十八夜がめやすですが、地元気象台の遅霜についての情報を確認してください。
どちらの目的でマルチを使用したのが、文面からは読み取れませんから。

肥料の成分がわからないのですが、化学肥料の10-10-10 から15-15-15程度の野菜用肥料、ですと、マルチをとった後の雨の日の直前に根から3-6cm内を除いて大体根から30cm程度の範囲に規定の分量をまいてください。

とうもろこし栽培の基本は、窒素肥料の多肥です。枯れるか枯れないかギリギリを見極めて与えます。窒素肥料過多で栽培が困難な土地で窒素を少し抜くかな、と思ったときに栽培するのがとウモロコシです。
お礼コメント
shogendesu

お礼率 94% (67/71)

教えてくださってありがとうございます。
質問文の説明が不足していてすみません。

マルチは雑草防除の目的なので、教えていただいた通り草丈を目安に除去します。
今後発芽目的でマルチを使った場合にも参考にさせていただきます。

肥料は今からでも遅くないのですねっ!畝たてやマルチなどやり直さなくても良いと知って(。・▽・。) ホッとしました。
丁寧でわかりやすい回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2009-05-06 09:03:07
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ