• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の見直し

生命保険について。詳しい方お願いします。 富士生命の無配当低解返終身保険に入っています。 35歳独身女性です。 死亡・高度障害のとき 500万円 特約 災害で2日以上継続して入院のとき 1日目から日額10000円 疾病で2日以上継続して入院のとき 1日目から日額10000円 女性特定疾病で2日以上継続して入院のとき(疾病入院日額に加算) 1日目から日額5000円 リビングニーズ(余命6ヶ月以内と判断された時生存中に保険金をもらえる) 月に17,815円はらってます。保険に入って4年目ですが少々キツイです。特約を解約すれば8千円ぐらいになるんですが、いろいろネットで調べてみましたが終身タイプの医療保険のほうが大切だとか書いてあったり、終身保険はムダと書いてあったりイロイロでした。 こうすれば良いとか、もっと良い保険があれば教えていただきたいです。近いうちに担当者の方と会うので相談させていただきました。 アドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数168
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

こんな考え方もあります。(金融の知識はありますが保険には素人です) 専門家と称する人が掛け捨ての死亡保険と医療保険を勧めますが私は懐疑的です。 私の提案 相談者にお金に余裕がなければ、医療特約を外してください。支払金は半額以下になります。相談者がこの終身保険をいらないと解約し、仮に500万の掛け捨ての死亡保険に70歳まで加入したとすれば、一番安い保険会社でもトータルで50万~70万位の支払になります。あなたの終身保険は無配当、低解終身ですので、トータルでの支払は180万~250万の範囲になっていると思います。 これを前提に将来(71歳で)500万の現金(死亡時)を手に入れるには低金利が続けば、年12万×40年の積立が必要になります。 (金利分が掛け捨てで相殺) 相談者の場合、無配当保険ですのでインフレには対応でできないデメリットがありますが。 いずれにしても、4年も経過していますので解約はもったいないです。 販売されている終身保険の内容は悪くなる一方です。 なかには実質終身保険を販売していない保険会社もあります。 また過去に有利な終身保険に入っていながら、「死なないともらえない」などと担当者に言われ無駄な医療保険に転換した人を多く知っています。(しかも医療保険の内容をほとんど理解していません) また不思議なことに後悔もしていません。(利用のチャンスがない・・めったに入院もしないから当たり前ですが)1日入院すると1万円もらえると喜んでいます。 私は相談者にお金に余裕がなければ、医療保険に入る必要はないと思います。お金がないから「医療保険」と思っているでしょうが意外に役に立ちません。まず入院費は翌月請求ですが、入院保険は一般に退院してからの請求になります。診断書も5000円かかります。(保険会社で負担してくれところもありますが)また審査があり支払は請求してから会社にもよりますが約1ヶ月かかります。通常病気が治ってから保険金支払になります。(入院途中でも支払ってくれる保険会社もありますが診断書はそのたび必要です)いずれにしても、病院支払には「自分のお金」が必要です。お金がない人ほど入院には「貯金」をしとくべきです。 医療保険はお金に余裕のある人が入るべき保険なのです。 いずれにしても独身女性ですので今の終身500万だけで十分です。 将来入院でお金が必要なら今の終身保険を(保険料支払い後の解約)解約するだけで好きなだけ1日10000円の医療保険になりますが? 一般の病気(ガン含む)ではたぶん90日以上の入院はさせてくれないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 医療保険はお金の余裕がある時に加入しようと思いました。 とりあえず特約は外します。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直し

    こんにちわ。現在加入している生命保険の見直しを考えています。内容は、 D生命の定期保険特約付・終身保険で、 契約日は昭和62年10月1日で払い込み期間は25年(65歳)。 主契約の終身保険S62 720万円、定期保険特約2280万円 傷害特約S58(本人・妻)500万円 災害入院特約S62(本人・妻)8000円 疾病特約S62(本人・妻)8000円 災害割増特約3000万円、主契約終了後の特約保険料は満了時に一括前納する事となっています。現在59歳(男)54歳(女)の夫婦です。 S62年に転換し、その時一時金を入れた為、主契約の保険料は安くなっています。 来年更新の通知が来ました。このままの内容で更新すると定期保険特約の保険料だけがアップします。 フアイナンシャルプランナーに相談したら、主契約と疾病特約だけ残して他は全部解約して、新たに外資系の入院保険を夫・妻別々に入ることを勧められました。新たに入る入院保険の保険料は高額ですが、入院1日目から日額1万円出て80歳まで保険料は変わらないそうです。 保険料を上げたくないので、このまま定期保険特約だけ減額して継続するか、プランナーの勧めに従うか迷っています。 良きアドバイスあればよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しをしたいのですが・・・

    平成9年(8年前)に契約した生命保険を見直したいと思っているのですが、契約内容を見てもチンプンカンプンです… 契約内容もどのように書いたらいいのか、分からないのですが、とりあえず書いてみます。 保険種類:定期保険特約付普通終身保険 安心クラブ5年ごと配当タイプ (月¥7,268)  *(1)→平成24年2月迄(80歳迄更新可能)   (2)→同じ(終身変更可能)   (3)→同じ   (4)→同じ(60歳迄更新可能) (1)災害で死亡・高度障害→一時金2000万 年金(10年間)120万 (1)死亡・高度障害→一時金1000万 年金(10年間)120万 (1)災害で一定の障害状態→50~500万 (2)災害・病気で継続入院(5日目から)→日額5000円 (2)所定の手術→5~20万 (2)成人病で継続入院(5日目から)→日額3000円 (3)女性特定疾病で継続入院(5日目から)→日額3000円 (2)退院後、所定通院→日額3000円 (4)災害で特定損傷の治療時、1回の特定損傷につき→5万円 リビング・ニーズ特約付加 (1)特定疾病と診断→300万 これで分かりますでしょうか? 22歳時に契約して、現在30歳、女性、未婚です。 今の希望は (1)入院したときの保障を重きを置きたい。ただ個室と、一日目からの保障は必要ないかなぁと思ってます。 (2)死亡時の保障はお葬式代がまかなえる位あれば。 これくらいです。この保険で、希望に合っているのでしょうか??

  • 生命保険の見直しについて。

    下記の保険に入っております。 夫41歳会社員・妻38歳専業主婦・娘6歳の三人家族です。 昨今の不景気で収入も減った為、保険料の見直しというか月々の支払いを減らしたいと考えています。 住宅ローンもフラット35で73歳まで組んでいます。 外資系は将来、契約通りに保険金を支払ってもらえるのか不安ですし、県民共済や全労災か安くて厚い保障があるようなイメージがありますが、実際のところどうなんでしょうか。 夫41歳会社員 アリコ 積立利率変動型終身保険 月19.120円 契約 平成11年 終身65歳払い済み  病気死亡 1.000万円 災害死亡 2.500万円 アリコ 積立利率変動型終身保険 月5.976円 契約平成11年 終身払い込み 入院 1日 8.000円 手術 8.16.32万円 AIU 普通障害保険 月2.260円 契約 平成11年 死亡1.000万円 入院保険金日額 5.000円 通院保険金日額 3.000円 障害医療費用保険金額 100万 妻38歳専業主婦 第一生命 契約 平成8年 リビングニーズ 月5.734円 終身(60歳払い済み) 死亡・高度障害 500万円 障害特約100万円 災害入院特約 入院給付金日額 5.000円 疾病特約 入院給付金日額 5.000円 女性特定疾病入院特約 入院給付金日額 5.000円

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

終身保険を減額する方向でお考えのようですが、 そもそも終身保険の目的は何ですか? 葬式代として考えるならば、ソニー生命の変額終身保険。 最安値で500万円の終身保険が買えると思います。 運用次第で保険金500万円は上限なく増えていきますが、 契約時の500万円は最低保証されていますので、 解約しないことを前提とした葬式代の保険としては最適。 医療保険は本人の価値観の問題ですが、個人的な考えを述べます。 現行の医療保険制度から判断すると、 70歳を過ぎると70歳以降を保障する医療保険の保険料を払うより、 医療費は自己負担をしたほうがトクだということが分かります。 これは70歳以上になると老人医療助成制度が適用され、 1ヶ月の医療費自己負担の上限額が69歳までと比べて、 一気に軽減されるからです。 お住まいの市区町村の窓口に行けばパンフレットがあるので分かります。 ちなみに一般所得の方で1ヶ月の上限が44400円です。 70歳を超えて1年入院したとしても50万円ほどの負担で済みます。 これだけの負担のために何百万円もする終身の医療保険が必要ですか? 結論。 終身保険は葬式代と割り切るなら最安値のソニーの変額終身。 医療保険は70歳までの定期医療保険。 補足:今の医療保険制度が今後も続くかどうか・・・なんて議論は不要。    今後どうなるか分からないから今の制度にあわせておいて、    医療制度が変われば見直せるように定期型にしておく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 医療保険に入るなら定期保険にします。

  • 回答No.3

保険はマネープランの一つなので、保険だけを考えるのではなく、貯蓄などを含めたトータルのマネープランの中で考えなければなりません。 また、保険は、保障なので、何を保障するのか? ということを忘れてはなりません。 このようなことを考えるとき、役に立つのが、ライフプランとキャッシュフロー表です。 ライフプランとは、今後の予定表です。 35歳で独身となると、なかなか将来の予定が立てにくいとは思いますが、リストアップだけはしてください。 例えば、結婚、定年退職。 ついでに、どのようなリスクが予想されるのかも、リストアップしてください。 例えば、ご両親の介護。 次に、キャッシュフロー表を作成します。 キャッシュフロー表とは、今後30年間、40年間……の毎年の収支と累計の収支を一覧表にした、大規模な未来の家計簿みたいなものです。 色々なシミュレーションに使うので、EXCELなどの表計算ソフトを使って作成するとべんりです。 さて、キャッシュフロー表ができれば、いつまでにいくらの貯蓄が必要なのか、ということがわかってきます。 万一があったとき、どのぐらいのお金が必要なのか、それはどのように確保するのが合理的なのか、ということも分ってきます。 例えば、葬儀代として200万円必要ならば、それを生命保険で確保するのか、貯蓄として確保するのかということも見えてきます。 同様に医療保険についてもマネープランの中で見えてきます。 ここで重要なことは、同じお金を使いまわさないことです。 貯蓄があると、それを葬儀代に、医療費に、老後の生活費に、レジャーに……と幾つもの目的に使うことを考えると、実際にある貯蓄額を上回ってしまいます。 このようなことは、良くあることなので、注意が必要です。 また、このことからわかることは…… お金には使う目的があるということです。 同様に、保険にも死亡保障、医療保障と目的があります。 目的が異なるものを一つにまとめることは、不都合が生じる原因にもなります。 従って、死亡と医療の保険は別々にするのが基本です。 また、貯蓄額が少ない状況では、保険に頼らざるを得ません。 医療保険には、様々な考え方がありますが…… もしも、入院給付金日額1万円を確保するのならば、一つの保険ではなく、二つの保険をそれぞれ5000円ずつという方法をお勧めします。 というのは、医療保険にはそれぞれ特長があるからです。 先進医療、通院、がん……など特長を持っています。 1万円で1本の保険にすると特長も1つを選ぶということになります。 2本の保険にしておけば、特長も2つ受け取れます。 いずれにしても、保険を考える基本は、どの保険を選ぶのか、ではなく、どんな保障が必要かということです。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございました。 医療保険をいろいろ検討したいと思います。

  • 回答No.2

終身保険と医療保険は分けます。 その方が、管理が楽になります。 家族構成が変わったり、医療保障を変えたい時に保証内容を見直すのが楽です。 >終身タイプの医療保険のほうが大切 病気、事故のことを考えたら医療保険は大切です。 >終身保険はムダ 家族構成や、住宅ローンの有無によっても違ってくるので一概には言えません。 独身で、ローン等がないのであれば、葬式代だけの終身保険で良いです。 >富士生命の無配当低解返終身保険 無配当で低解約返戻と保険会社にとっては都合が良く、お客にとっては損な保険です。 同じ低解約返戻終身でも、東京海上日動あんしん生命の長割り終身は、5年ごと利差配当付低解約返戻金終身保険ですので、こちらの方がお勧めです。 あと、よくネットで一括見積もりするサイトがありますが、定期の保険が多いので、お勧めできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 無配当低解返終身保険は途中で解約すると損なので減額する事にしました。

  • 回答No.1
noname#85614
noname#85614

生命保険はあくまで社会保険制度の補てんです。 医療費が平均月額267,000円までは3割負担で実質80,100円。 それ以上は1%の負担です。 入院特約10000円は手厚い保障でいいとは思うのですが、 補てんとして考えるとかなり無駄と思います。 入院特約は特約の中でもかなり高い部分ですので5000円にされたらかなり安くなります。 それと、現在終身保険に加入中との事ですが、 終身保険であれば入院保障は80歳だと思います。 医療保険に切り替えれば入院保障は一生涯ですよね。 現在女性の平均年齢は86歳辺りと思います。 当時の方は好き嫌いは殆どせず、野菜とお米中心で今まで 生活してきたのではないでしょうか? 今の若い世代では飽食の時代となり肉食が主となりました。 食品添加物があふれ不規則な生活をしている現役世代が今より 平均寿命が長くなるか甚だ疑問です。 高齢の方が長期入院をされますが、殆どがリハビリであり 疾病及び傷害保障はほんの一部です。 入院した時に必要なのはやはり現金ではないでしょうか? 特約を減額して貯金に回したほうが現実的と思いますよ。 月払い掛金は今のままだと多いと思います。 ちなみに国民健康保険を払っている方であれば4日目から 報酬日額の2/3を1年6月受ける事が出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 終身保険は減額することにしました。 特約は減額するか、すべて外して単独で終身医療保険に加入することにします。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直し

    子供が生まれたので、独身時代に入った生命保険を見直したいと思っているのですが、よく分からなくなったので質問させていただきます。 今現在専業主婦なのですが、ニッ○イの終身保険というものに入っています。 終身といっても、【死亡・高度障害 100万円】だけで、他のものに関しては15年間の更新型になります。 他のものというのは ■死亡・高度障害(生存給付金付定期保険特約)100万円 ■死亡・高度障害(定期保険特約)600万円 ■3大疾病100万円 ■病気による身体障害100万円 ●骨折・間接脱臼・腱の断裂で治療 5万円/1回につき ●女性特定疾病で入院5000円/日 ●怪我で入院5000円/日 ●病気で入院5000円/日 ●がんを直接の原因とする入院5000円/日 というものです。 今現在死んだら1000万円がでるというのですが、色々と主人と考えてお葬式代くらいあれば十分だと思うのと、入院を終身保険に変えたいと思います。 そこで、ニッ○イの終身以外の保険を全て辞めて、ソニ○生命の65歳払込終身 日額5000円(死亡時50万円)に変更しようかと悩んでいます。 これっておかしいですか・・・? 今現在の保険はもったいないと考えているのはおかしいですか? 教えてください。お願いします。 ちなみに、終身だけ残すことが出来るのでしょうか? 今現在、ニッ○イからコロコロと担当が変わる度、保険の追加変更を迫られているので・・・金額を下げることが保険屋さんにお願いできるものでしょうか? 長々と失礼しました。

  • 生命保険見直しについて

    生命保険の見直しについてのアドバイスをお願いします。 夫:25歳 会社員 妻:25歳 公務員 子供:0歳 今後子供をつくる予定はありません。 妻は公務員ですが定年までは働かないと思います。 数年以内に自宅を購入予定です。 妻⇒<東京海上日動あんしんせいめい>    長割り終身保険・60歳払い込み終了・終身保険    死亡、高度障害 300万円    災害、疾病入院時 日額5000円         5日目から 360日型 ☆この場合、がんになった場合でも入院費は出るのでしょうか?妻は保険は変えずこのままでいこうと思うのですが、追加として3大疾病の保険は必要でしょうか?また入院は日額一万必要でしょうか? 夫⇒ソニー生命の変額保険 60歳払込終了で500万    医療保険はAFRACの10000円で60日型か    東京海上のメディカルミニの10000円       120日型を考えています ☆日額が一万円なら3大疾病の特約は不要かなとも  考えていますが、3大疾病特約は必要でしょうか?    現在は堂々人生の2500万円の保険に入っていすが、 更新型の保険に疑問を感じていますし、夫が死んでも妻 の収入でなんとかやっていけるのではと思っています。 その他⇒学資保険代わりとして、東京海上あんしんせいめ    いの長割終身15年満期       保険金額500万円を夫にかける 長文になりましたが、お願いいたします

  • 生命保険の見直しで、とても悩んでいます。

    日本生命で24歳契約、44歳更新で更新時に保険料は、倍額になります。夫現在29歳です。妻(専業主婦)、子ども1人です。子どもは、もう1人欲しいです。見直しについて保障が多すぎる、少ない、これをつけた方が、良いなど教えて下さい。 現在の内容は、 生活保障特約(10年確定年金)年額240万円  定期保険特約400万円  終身保険100万円   新障害特約(本人型)500万円   3大疾病保障定期保険特約300万円   疾病障害保障定期保険特約300万円   リビングニーズ特約最高3,000万円   介護保障特約((2)型)・重点介護年金、所定の要介護状態が続く限り 最高10回 年額120万円以降、保険期間内に発生所定の要介護状態が続く限り生涯にわたり毎年60万円 特定損害特約   5万円   新災害入院特約(本人型)  日額5,000円   新入院医療特約(本人型)  日額5,000円 1泊2日から入院が出るようにしたいといって、提案された内容ですが、3大疾病・病気による身体障害・要介護状態になった時補償内容は、そのままで保険料免除プラン。 変わった所は、要介護状態になると 一時金で600万円、プラスされたところは、成人病で入院、日額5,000円 癌の時、1日目から、日額5,000円 短期入院、ケガ、病気で入院、1日目から、日額5,000円です。保険料は、6000円位あがります。

  • 妻の生命保険で?

    27歳妊娠中(3ヶ月)の主婦の生命保険の事なんですが 死亡保証金2000万円  終身保険部分100万円  介護保障定期特約1400万円 特定疾病保障特約 300万円 総合障害定期特約 200万円           全ての入院1日目~4日目、5000円 災害の入院5日目~124日目、7000円  病気の入院5日目~124日目、5000円  成人病、婦人特定疾病の入院5日目~124日、10000円 ガンの入院が5日目~無制限で10000円 月々の保険料が8500円です。 病気の入院が1日目~124日目まで5000円の保証は5000円で妥当なのでしょうか? 妊婦は病気の入院は5000円以上の保障はできないそうです。 5000円は安すぎますかね? 私は普通のサラリ-マンです。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    19年前に父親が知人の生保レディの勧めで、 第一生命の《テンダー》に加入してくれました。 その後、何度か見直ししていたようです。 現在加入の保障内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第一生命《テンダー》 定期保険特約付終身保険(S62) 毎年配当タイプ 60歳払い込み完了 ●主契約 終身保険(S62) 保障額1000万円 期間満了終身 保険料5320円 ●死亡・高度障害保障等の特約 定期保険特約 保障額2800万円 期間満了60歳 保険料11704円 ●災害・疾病関係等の特約 保障額400万円 期間満了60歳 保険料120円 ●傷害特約(S58)<本人型> 保障額100万円 期間満了60歳 保険料44円 ●入院関係特約 :災害入院特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料340円 :疾病特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料1785円 :女性特約疾病入院(S62) 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料680円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回見直しをしたい部分は、2点あります。 まずは、保険料が高い保障額2800万円の死亡・高度障害保障特約の 定期保険特約11704円を今やめたら、愚かなことなのでしょうか? あと入院関係特約部分をそっくり以下の契約にする 【メディカルエース(終身型)C2型・120日型】無配当・終身払い込み :災害入院給付金 日額5000円 :疾病入院給付金 日額5000円 :女性特定疾病入院給付金 日額5000円 :手術給付金 10万円・2.5万円 :放射線治療給付金 5万円 合計4893円 現在20003円の保険料が、22081円となります。 50歳 女 既婚 です。 父が亡くなり現在の契約者は私で、受取人は未成年の子どもです。 私自身は最低限の保障で、死亡時の保険金より、 病気や手術入院の方に重点を置きたいと思っています。 見直しの2点以外に、具体的にどうしたらよいのか教えて 頂ければ嬉しいです。 どうか無知な私に良い知恵をお授けください。 .

  • 保険の見直しで困っています

    42歳独身女性です。現在、日○生命の年金保険と、朝○生命の五年ごと利差配当付き・定額保険特約付き終身保険に入っています。月々合計2万円弱を支払っています。結婚の予定は今のところなく、両親も私が面倒を見る必要はありません。今の保険を見直したく、皆様のご教示をお願いいたします。 年金のほうは、29歳時に当時勤務していた会社の団体扱いで加入し、毎月9000円程を60歳まで払い続け、60歳から10年間で600万年金として受取れるというもので、病気、事故で入院の場合、5日目から日額5000円給付されます。 終身保険の詳細は以下の通りです。 主契約:5年ごと利差配当付普通終身保険 (終身) 保険金額 4,100,000円 五年ごと利差配当付特約: 定期保険特約(15年満了)特約保険金額 3,900,000円 特定疾病保障定期保険特約 (15年満了) 特約保険金額 2,000,000円 無配当特約:  平成26年3月31日まで 災害入院特約  入院給付金日額  5,000円 手術給付金付  入院給付金日額  5,000円 新女性医療特約 入院給付金日額  5,000円        形成治療給付金額  入院給付金日額に所定の給付倍率を乗じた額 重度疾病保障特約 重度疾病給付金額 300万円 死亡保険金  10,000,000円(実母が受取人) リビング・ニーズ特約あり また、私は一時期、職に恵まれず、その時に日○生命から70万程貸付してもらいました。普段の生活や、いざというときに備え、貯蓄を優先し、この貸付金はそのままになっています。これも、利子が膨らんでいくの非常に無駄ですので、返せないのならばいっそ解約をとも考えていますが、何とか無理をして返済したほうが長い目でみると得なのでしょうか?また、終身保険も、保険料がアップしていく方式のため、これよりももっと良いものがあるのではと考えます。 よろしくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しについて

    20年以上放置している生命保険について、最近担当が変更になり 保険内容の見直しの提案がありました。 自分なりに勉強し、担当者と議論しておりますが、皆さんから いろいろなご意見いただければと思います。 ★現在の保険名称:第一生命 パスポート21(定期保険付終身保険(S62) ◆契約年齢:26歳 ◆現在48歳の男性、会社員 ◆家族構成:妻(46歳)、子供2人(大学3年、同1年) ・毎月の保険料:約20,000円 ・終身保険:死亡(高度障害)1,000万円(S62)、55歳払い込み満了 ・定期保険特約 :2,000万円 ・傷害特約(S58):1,000万円 ・災害入院特約(S62): 5,000円(入院5日目より支給) ・疾病特約(S62): 5,000円 (入院5日目より支給) ・災害割増特約(S58):1,000万円 最初に転換や妻子に引き継ぐなどの案が出されましたが、予定利率が 良い(5.5%)終身をやめるのは損だと考え拒否しました。 その後に現在の終身1,000万円を払済みにして、新たに順風ライフを 契約してはどうかと持ちかけられています。 (終身はそのまま保有でき、55歳以降に年金に移行することもできる。) 今回の終身保険の払済みには、定期保険特約を無くすことによって 保険料を充当できるため、新たな費用は発生しないとのこと。 (↑新たな費用が発生しないで、ちょい割り増しな保険料で最新の備えが できるところがミソかと思います。) ★おすすめプラン:順風ライフ ・毎月の保険料:約25,000円(10年間、58歳まで) ・58歳以降の保険料:約44,000円(10年間) ・終身保険50万円 ・シールド特約:100万円 ・インカムサポート:200万円×最大5年間 ・ケガ/病気による入院:1万円(日帰り入院含む) ・8大生活習慣病入院特約B:5千円(日帰り入院含む) この先、3パターンの進め方があると思っています。 1、現在のパスポート21を継続して、他には何もしない。 2、パスポート21を継続し、足りない分を他社含めて検討する。 私が考える足りない分とは、 (1)入院1日目から1万円の給付 (2)働けなくなった場合のインカム保証(今回の場合200万円×5年間) 3、セールスレディの提案通りに終身を払済みにして、順風ライフを 新たに加入。 生涯設計レポートや、現在入っている終身保険の年別の解約返戻金 も教えてもらっています。 今さら新たな保険に入るのは、年齢も高く割高な保険金額になりますが 手厚い保障になるのは確かだと思います。 どれも一長一短あり、決め切れません。 どうぞよろしくお願いします。

  • 保険の見直しについて

    主人30後半、私(専業主婦)30前半 主人は入院後通院し完治してから1年経過の肝臓疾患病歴と最近胆石症で2週間入院し完治した病歴があります。特約を外せるのか?外すとしたらどれを外した方がいいのか?また終身と医療保険を別々にしたいが受け入れてくれる別の保険会社があるのか?と悩んでいます。アドバイスお願い致します。 ◎主人 (第一生命 パスポートU10年更新) ・終身保険 500万 ・定期保険特約 3500万 ・傷害保険特約(スーパーリライ) 500万 ・特定疾病保障定期保険特約(シールド)500万 ・災害割増特約  500万 ・傷害特約(本人) 500万 ・災害入院特約 日額10000円(5日目~) ・疾病特約 日額10000円(5日目~) ・通院特約 日額3000円 ・特定損傷特約(アクセル)1回10万 ☆保険料 月17670円 次回更新時から月27743円になります。

  • 生命保険の見直しについて

    昨年の結婚を機に,生命保険の見直しを考えています。13年前に23歳で生命保険に加入し,あまり考えずにいままで来てしまいました。ようやく重い腰を上げたところです。どうぞよろしくお願いします。 36歳男性(会社員) 契約は1993年(23歳) 定期特約付終身保険です 主契約保険料払込期間満了年 H35(2023) 53歳 主契約保険期間満了年 終身 (定期保険)特約等満了年 H25(2013) 43歳 現在の合計保険料 10833円 更新後の合計保険料 16942円 43歳~ 52歳 終身保険(主契約) 120万円 保険期間:終身 53歳払込 保険料1141円/月 定期保険特約 2880万円 保険期間:43歳 保険料8035円/月 (43歳更新後13478円/月:43~52歳) 新災害入院特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料345円/月(5日目から) 新入院医療特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料1030円/月(5日目から) 通院特約 日額 3000円 保険期間:43歳 保険料282円/月(5日以上の場合) ※これにプラスして,3大疾病特約(1263円/月で300万円:10年ごと更新)に加入しています。 現在,子どもはおらず共働きです。子どもができたら,妻はしばらく仕事を辞める予定です。 考えているのは,終身保険が120万円と低く,特約分の支払いが今後大きくなってくることでの経済的負担増。43歳で更新しても,53歳までは健康的には大丈夫かなあという気持ちがあり,定期分の支払いが無駄になってしまうのでは?と。 医療保険も,5日目からしか出ないため,メリットも小さい気がしています。 生命保険会社からは,「生きる力EX(12392円/月:ただし5年前の試算)」というのを勧められていますが,いかがでしょうか? 現在の保険を継続するか,別の保険にするか迷っています。その方法も,解約か転換か・・・ 難しいですね保険って。 なかなか的を得ない質問で申し訳ありませんが,よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

専門家に質問してみよう