• 締切済み
  • すぐに回答を!

木造の基礎大丈夫かな?

木造2階建ての、基礎ですが、耐圧版の厚さは15cmで、ヒール基礎ではありません。 また、すてコンと道路のL型の高さが同じです。 スラブ鉄筋はD10@300で、シングルです。 立ち上がりの基礎は主筋D13が2本、あばら筋はD10@300です。 3尺の開口部付近には、1.5m位のD13が4本ありました。 友人に聞くと、スラブはD13で200ピッチが普通だと言われました。また、今年の10月からは、スラブは10@300では検査も通らないのではないかと言われました。 スラブ10@300で、強度は大丈夫でしょうか? 施工会社は、問題ないと言っています。 また、今は、検査が通り、今年の10月からは通らないのでしょうか? とても心配です。

noname#229614
noname#229614

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数309
  • ありがとう数1

専門家の回答 ( 1 )

回答No.1

大丈夫かどうかは地盤によります。調査の結果、地耐力(30kN/m2以上、自沈層なし)があれば、布基礎でいいので、防湿コンクリートに鉄筋を入れたという感覚なのでしょうか。立ち上がりも布基礎用のピッチですね。 ベタ基礎として打つのであれば、おっしゃるとおりD10~D13で@150~@200が一般的です。基礎立ち上がりのスパン(間隔)や鉄筋の太さによりピッチは変わります。 また、ベタ基礎の立ち上がりの部分は通常D10@200以上です。 保険加入は10月以降に引渡しとなる物件に義務付けられます。 http://www.sumai-info.jp/defect/index.html 地盤調査の結果にあわせ、適切な基礎設計になっているか、現場検査はその設計どおり施工されているかを見ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ちょと複雑な気持ちですが、建築確認が通り、住宅性能評価書が取得される建物ということで、お任せすることにしました。 貴重なご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 地盤は、杭工事がしてあります。 基礎はべた基礎です。近くに別の建築屋さんの新築現場があちらこちらにあるのですが、すべて地盤は、杭工事がしてあり、べた基礎で、耐圧盤、立ち上がり共に、D13で@150~@200でした。スラブがダブルの所もありました。 同じ木造2階建で、私の所は、立ち上がり、スラブ共に、D10で@300。 比べると、とても心配です。 確認検査も、これで通るのでしょうか?

佐藤 直子 プロフィール

一級建築設計事務所を開設しています。住まいに関しては、安全で安心、居心地の良さのほか、動線・収納計画や美しいインテリア、コスパの良さなど、様々なご提案をいたしております。店舗や賃貸物件などでは事業計画...

もっと見る

関連するQ&A

  • 木造の基礎大丈夫かな?

    木造2階建ての、基礎ですが、耐圧版の厚さは15cmで、べた基礎です。 ヒール基礎では、ありません。 地盤は、杭工事がしてあります。 また、すてコンと道路のL型の高さが同じです。 鉄筋ですが、立ち上がり、耐圧盤共に、D10@300で、シングルです。 友人に聞くと、スラブはD13で200ピッチが普通だと言われました。また、今年の10月からは、スラブは10@300では検査も通らないのではないかと言われました。 スラブ10@300で、強度は大丈夫でしょうか? 法的には問題ないのでしょうか? 施工会社は、問題ないと言っています。 また、今は、検査が通り、今年の10月からは通らないのでしょうか? とても心配です。 近くに別の建築屋さんの新築現場があちらこちらにあるのですが、すべて地盤は、杭工事がしてあり、べた基礎で、耐圧盤、立ち上がり共に、D13で@150~@200でした。スラブがダブルの所もありました。 同じ木造2階建で、私の所は、立ち上がり、スラブ共に、D10で@300。 比べると、とても心配です。

  • 基礎の仕様について

    木造2階建てで屋根はガルバです。 基礎の仕様なんですが ベタ基礎 コンクリートの強度 18N/mm2 スラブ 150 立ち上がり 120 スラブの鉄筋 D13 200ピッチ 立ち上がりの間隔が最大で3640 以上の仕様なんですが 圧縮強度の18N/mm2は法的にOKなんでしょうか?

  • 瑕疵担保のおける基礎配筋について

    瑕疵担保責任保険の基礎配筋について質問です。 弊社の地域は積雪200cmの区域で雪下ろしを条件に150cmまで低減でき、 この場合、木造2階建ての住宅で、まもりすまい設計基準のスパン表より 軽い住宅の短辺3.0以下の条件でスラブ厚150 D13@200シングルの配筋となるのですが、 同じ地域に建設した とある個人工務店の配筋はD10@300シングルで検査を通った との話を聞きました。 地耐力などから構造計算してもここまでの鉄筋にはならないでしょうし、不思議でならないです。 この個人工務店は、実際に検査は受けていないのかもしれませんが、どなたかこのような配筋にできる方法を知っていらっしゃる方、ご教授お願いいたします

  • 基礎の立ち上がり配筋の施工方法について

    基礎の立ち上がり配筋の施工方法について教えてください 基礎にはL型やT型のコーナが必ずありますが、この部分の主筋をコーナ筋で定着させる配筋工事まで進んでいます そこで、主筋とコーナ筋の太さが違う配筋を使用し、主筋とコーナ筋を定着させる配筋工事方法はどんな問題点があるのでしょうか?もしくは全く問題ないのでしょうか? 建築種別:軽量鉄骨の2階建て(一戸建て) 基礎種別:布基礎 主筋:D19 コーナ筋:D13 継手方法:重ね継手 重ね継手の長さ:各コーナ毎に50cm程度

  • 梁のねじり補強筋って?

    現在、確認申請で壁式鉄筋コンクリート造の車庫の構造計算をしています。シャッター側の壁梁が梁 BxH=150x500の単配筋となっています。開口巾は2500なのですが、スラブ厚が170となっているため、構造担当の建築主事に「スラブによる梁のねじれに対して検討して下さい。」と言われたのですが、どんな計算をし、またどのような補強をすればいいのか、分かりません。どなたか構造計算に詳しい方教えて下さい。因みにスラブ短辺端部のM=1.1t・mで、現在 主筋の上筋は2-13下筋は1-D13、STP-D10-200@ 腹筋1段D10です。

  • 高床の基礎について。。。。

    悩んでいます。 教えて下さい。 北海道で趣味の小屋を独りで建てています。 現在、基礎の作業をしています。 雪の多い所なので高さが約140センチ幅(厚さ)20センチたて、横 5メートルの立方体です。 本来であれば一般的にはその高さを利用して基礎の中を物置とか車庫に するのですが。。。。作業上、個人的に、設備的にスラブ?(上部のコンクリートの事です)が出来ない ので全部土を入れてその土の直上にスラブ?をと考えています。(スコ ップで土を入れた為、大変苦労しました!! 笑) 一般的には砂利をひき転圧し捨てコンし組み鉄筋をして生コンという順 番で仕上げると思うのですが。 問題はその土の直上の「砂利」を「省いて」土の上にいきなり捨てコン ー組鉄筋ー生コンという順番でスラブ?を仕上げようと考えています。 勿論、土の転圧はランマーでこれ以上無理っていう位ガンガン転圧する つもりです。 こういうスラブの造り方ってどうなんでしょうか??? 場所がら役場で確認しましたが「建築届け」だけで建築できる場所なの で審査等は無いのですが。。。 のちのち 砂利を入れなかった為高床の基礎がおかしくならないかと心 配です。 砂利を入れないとのちのちどんな影響が予想されますか? 教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 基礎の設計について

    初めて基礎の設計をしています。 「横架材及び基礎のスパン表」を参考に検討しています。 防湿ベタ基礎で、スラブ配筋、開口部直下の補強筋までは、なんとか進めることができたのですが、「水平荷重時 基礎梁の検討」の項目でつまづいてしまっています。 ○「建物隅部の配筋表」には、壁高2.7m以下の表がありますが、2.7m以上の場合はどうしたらいいのか? ○「壁長さ」とはどこまでのことか?耐力壁が構造用合板のばあいは、隅部から開口部までの長さが3.64mや4.55mと長くなるが、どのように考えたらいいのか?  わかり難い文面で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いします。

  • 住宅の基礎について 

    初めて質問いたします、この度家を建て直す計画をしているのですが 相談したい内容ですが、以前有った家を壊し新しく家を建て替えるのですが、前面道路が傾斜が有り土地も傾斜しており、家を新しくする時は高い方に合わせて基礎を高くする予定です。そこで気になった事ですが 工務店の基礎図面によると今ある地盤から 1m60cmの基礎をする予定ですが(基礎の上まで) 鉄筋のピッチコンクリートの厚さが気になります。図面では立ち上りの幅150mm 鉄筋ピッチ D13 横 200ピッチ 縦D10 200ピッチ べた基礎なので 下の部分 厚さ150 D13 250ピッチとありますこのような基礎で問題は無いのでしょうか? 担当の方に尋ねると以前もこのような基礎をしたことが有るようですが 本当に大丈夫なのか気になります 地盤検査の結果 3t ?有るみたいです 当方初めての新築になり シビアになりすぎでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 私道(道路幅4m、普通車程度の通行)の土留めにコンクリートブロックでの

    私道(道路幅4m、普通車程度の通行)の土留めにコンクリートブロックでの擁壁を考えています。下記の条件で構造的に持つのかと思案しております。どなたかご指導お願いします。 条件 コンクリートブロック15cm 5段積み(ブロックの中をモルタルで詰める) 捨てコン&基礎 厚さ10cm 幅50cm  ※捨てコンとブロックで道路内側にL型とする。 鉄筋  縦筋D10 80cmピッチ(ブロック2個毎)     L型に加工 下部37cm縦100cm 横筋D10 40cmピッチ(ブロック2個毎)1,3,5段目  捨てコン基礎部に2本 縦筋の固定 延長 8.8m

  • 住宅基礎の人通口について

    現在、一戸建ての建築中で、基礎の配筋作業をして頂いておりますが、 人通口部分の施工について疑問に思ったことがあり質問させて頂きます。 (1)基礎(べた基礎)形状について   一箇所の点検口から家全体の基礎内部を点検する計画  となっているため、基礎のあらゆるところに人通口があり、  基礎の立上り部は連続することなく全体的に半島形状と  なっています。   基礎内部を点検するとなるとこのような半島形状になるのは  やむをえないという気もしますが、全体的にこのような形状と  なっているのは通常の(特殊でない)状態でしょうか。 (2)人通口の幅について   施工状況を見ると人通口(開口)部で鉄筋の芯々が900mm程度  であり、コンクリート打設後で人通口幅が750mm程度になりそうです。  「性能保証機構標準仕様」や住宅金融支援機構の「木造住宅工事  仕様書」では人通口幅が600mm以下となっていますが、現状で  問題ないのでしょうか。 (3)人通口部の鉄筋補強について  上記仕様書をみると、人通口部は立上り端部及びスラブ筋の補強が 必要であると書いてあります。  現状では、立上り端部にL型の鉄筋を添えている程度ですが、 強度的に問題ないのでしょうか。 アドバイスの程、宜しくお願い致します。