• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

本の名前が知りたい【小学校低学年向け?】

私が小学1・2年の頃に読んだ本なので、30年ぐらい前から ある結構有名な本だと思うのですが、タイトルがわかりません。 内容もあやふやなので、どなたかご存知の方がおりましたら 教えて下さい。 タイトルを聞けばすぐに思い出すはずなので宜しくお願いします。 ●主人公は小学校低学年ぐらいの男の子とその弟  (たぶん年長さんか年少さんぐらい?) ●冒険に出る。おたまじゃくしをみつけて弟が  「おまたじゃくし」という。  とにかく弟が結構笑える。 ●本が裏表緑色だったと記憶しています。 ●そのシリーズの本がもう一冊出ていた記憶が  あります。(同じ主人公で) ●エルマーの冒険ではない

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数159
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#83155

「もりのへなそうる」渡辺茂男 作でしょうか?確かに緑色の表紙ですが。 続刊があるかどうかは??なのですが、同作家の、みつやクン(弟の名前)と同じ名前の主人公、タイトルの「みつやくんのマークX 」という本はあります。 おたまじゃくしは”おぱまじゃくし”と言っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうです!!! 「もりのへなそうる」に間違いありません! 子供に見せたいと思い、どうしても思い出せずに おりました。 おぱまじゃくしでしたね・・・ 人間の記憶って・・・(苦笑) 大変助かりスッキリしました! ありがとうございました!m(*-ω-)m

関連するQ&A

  • 小学校低学年のとき読んだ本の題名。

    現在24歳、 小学校低学年の頃に読んだ本の題名が思い出せずずっと心に引っかかっています。非常に曖昧な記憶なのですが、万が一ご存知の方がいればと質問させていただきます。 ◼︎兄妹4人(欧米人・人数は不確か)が何らかのきっかけでお城を訪れます。お城(というか石造りの建築物)には見事な威厳と美しさがあり、誰もいないのか城内は静まり返っているため、4人は探検を始めることにします。 お城の雰囲気がとにかく幻想的なので、現実にはない世界に4人が来ている可能性もあります。(+歩いていたら偶然お城が目の前に現れたような非日常性) ◼︎かなり不確かですが、お城の中にご馳走が置いてあったような?4人が魔物的な存在に遭遇したような?。 あと風景描写が細かく、文中にトネリコの枝という単語が出てきました。お話のタイプが『ナルニア国物語』や『砂の妖精』に似ています。 ◼︎本そのものは分厚く、装丁や挿絵もしっかりしている記憶があったので福音館書店ではと検索しましたが、キーワード不足で見つけられませんでした。読んだ当時は小学1~2年生、ちなみに近い時期に『マリアンヌの夢』を読みました。 記憶が頼りなく恐縮ですが児童書にお詳しい方、心当たりのありそうな方がいればいいなと思います、よろしくお願いします。

  • 本の名前を思い出せません・・

    小学生の時に読んだ本なので 子供向けの本なのは確かなんですが、 ・冒険もの ・ファンタジー ・結構激しい戦いのシーンがある ・ハリネズミ(しゃべります) ・↑たくさん出てきます ・主人公は女の子 ・保健室がでてくる ・石をめぐる争い ・仲間が死んだりする ・現実の世界と夢の世界がある ・最後に「石よなくなれ!」と 言っていたような・・・・ 本当に記憶の断片でしかないので すがわかる方がいましたら 教えていただきたいです^^ ~~~だった冒険・・・という タイトルだった気がするんですけど 確かではないです! おねがいします!

  • 本のタイトルを教えてください。

    20年ほど昔に読んだ児童書なのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらタイトルを教えて頂けますか。 小学生くらいの男の子(?)が主人公です。 夜、ベッドに入ると窓の外に汽車が迎えに来てくれてます。そして、汽車にのるときに車掌さん(?)からお菓子(たぶん、コンペイトウ)を何個か貰います。そして、それを食べている間だけ汽車に乗っていられるのです。 汽車は宇宙を走ります。いつも途中でコンペイトウが無くなって目が覚めてしまう主人公は、ある日、それを舌の下に隠すことを思いつきます。 そして、いつもより長く旅をして、家出したお月様を探したり、いろんな冒険をするお話です。 すごく好きだった本にも関わらず、タイトルを覚えていません。ネットなどでも随分探してみたのですが、どうしても探し出すことができませんでした。 なにぶん幼い頃の記憶のため、間違っている部分もあるかもしれませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうかよろしくお願い致します。

  • 主人公の名前が「千草」の本のタイトル

    10年前に読んだ小学高学年向けの本のタイトルが思い出せません。著者は女性だったと思います。主人公の女の子(千草)が突然声が出なくなるという内容で、家族は母しかいなくて、父親は早くに亡くなっていて記憶にないといったかんじの内容でした。他にも身内に母の弟がいて、その伯父さんが気を利かせたかどうだか、声が出ない状態でいる千草を海外旅行に連れていくというのが序盤の内容です。この本の内容に心当たりのある方はタイトル名を教えてください。よろしくお願いします。

  • 本の名前を教えてください

    30年ほど前に読んだ子供向けの本でタイトルをどうしても思い出せないものがあるのでご存知の方がいらっしゃれば教えていただけないでしょうか。 しかし、その本に関して覚えているのは、 主人公は発明家(博士?)であまり役に立つものは発明していなかったと思います。 発明品のひとつにこぼれないコップというのがありました。こぼれないので飲めないということで大人は困っている時、子供がストローを使って飲んだので一件落着というエピソードがありました。 というぐらいです。 雲をつかむような話ですがよろしくお願いいたします。

  • 30年ほど前、小学校の低学年の時に、図書館で何度も借りるほど大好きだっ

    30年ほど前、小学校の低学年の時に、図書館で何度も借りるほど大好きだった絵本を探しています。 かなり昔のことなので、曖昧な記憶しかないのですが、絵のタッチから、恐らく外国の絵本を日本語に 翻訳したものだと思います。 あらすじもはっきりとは覚えていないのですが、わかる範囲で書かせて頂きます。 主人公の男性が、町のある洋服屋で試着室に入ったところ、異次元の世界に入ってしまい、 そこは刑務所であった。 刑務所にはいろんな国籍の囚人がいて、みな白黒の縦じまのつなぎを着せられ、暗い個室の牢屋に入れられていた。 男性は自分も含め、囚人達が何の罪もなくここに入ってしまったことを知った。 囚人達はみな落ち込んでふさぎこんでいた。 男性は囚人たちが自分の個室を、せめて自分の故郷のようなイメージのインテリアに変えることが出来れば少しは明るくなれるのではと考え、刑務官に牢屋内のインテリアを自分好みのものに変えさせてほしいと提案し承諾を得る。 そして海辺に住んでいた囚人は、個室の壁に波や貝がらを描いたりと青色を基調としたインテリアに変え、山奥に住んでいた囚人は、壁一面に青々とした木々を描くなど、緑色を基調としたインテリアに変えた。 一方、主人公の男性は、皆の個室がとてもカラフルになったので、一人くらいはそのままの方がかえって目立つと思い、もともとのグレー色の個室にした。 最終的に男性は試着室を出て、現実の世界へ戻ってくることができた。(どういうきっかけだったかは覚えていません) 私がこの絵本で一番惹かれたのは、囚人達がそれぞれの個室を思い思いのインテリアに変えたとき、 絵本の見開き1ページに、8人くらいの囚人達の新しい部屋が並んで描かれていて、 それが8人8様にとてもカラフルで綺麗で楽しい個室に生まれかわっていたところです。 何度見ても飽きないほど魅力的な絵で、小学校を転校するまで何度も借りていました。 通っていた小学校には一度問い合わせたことがあるのですが、そんな絵本はもうないし、詳細もわからないとの返事でした。 どなたか心あたりのある方がいらっしゃれば、教えて頂けると助かります。

  • ずっと探している本があるのですが・・・

    もう何年もずっと探している本があります。 確か、初めて読んだのが小学4年生頃で、その本も対象は、小学低学年から5年生ぐらいまで、という感じでした。 形状は、分厚くもなく、薄すぎもせず、B4ぐらいの大きさの本でした。確か表紙は紺色っぽい感じだったと思います。 内容は、カタカナで2文字の名前の、10歳ぐらいの女の子が主人公で、一人で夜の都会をまるで大人のように歩く、というようなものだったと記憶しています。 でも、ほとんど忘れてしまって・・・雰囲気ぐらいしか覚えてないのですが、その女の子とお話の内容のミステリアスなところと、女の子がまだ幼いのにほんとうにたった一人で自立して都会で過ごしてるような感じにすごく憧れた記憶があります。 挿絵の感じは、和田誠さんが描かれたようなほのぼのとした雰囲気の絵で、確か主人公の女の子はおっかっぱの女の子として描かれていたように記憶してます。 あまりに大好きになった本なので、ずっと探してるのですが、知っている方もなかなかいないので出会ってません。 ご存知の方いらっしゃいましたら、どうかお願いします。

  • 小学5年生 ドラゴンの出てくる本

    小学5年生の娘がドラゴンにはまっています。(絵を描いたり本を読んだりしています) 小学生向けのドラゴンが出てくるお勧めの本がありましたら、教えてください。 以下は既読です エルマーとりゅうシリーズ ドラゴンライダーシリーズ ネバーエンディングストーリー 竜の戦士 図書館で借りるのがもっぱらですが、ドラゴンライダーシリーズにはとても感動したようなので、買い与えました。主人公がドラゴンを育てて一緒に冒険をするところがツボだったようです。 よろしくお願いします。

  • 本の名前を思い出せなくて…確か課題図書かと。

    本の名前を思い出せなくて困っています。 7~9年前くらいの課題図書だった気がします。 本の内容は、 ・小学校受験に失敗した主人公 ・主人公はクラスメート?と知り合い変わっていく ・主人公の弟は小学校受験に成功 ・主人公は公園などで遊んだ記憶はないが主人公の弟は公園で遊んでいた ・主人公は電車で酔い(?)トイレで嘔吐、駅で爽健美茶を飲む、そこでクラスメート?と会う 断片的にしか思い出せないため難しいかもしれませんがどなたかわかる方いたらお願いします。

  • 本を探しています。

    もう20年くらい前に読んだ本を探しています。 少年少女全集みたいなシリーズの中の一冊で、記憶が正しければ「魔法のつえ」というタイトルでした。 外国の作品で、主人公は男の子。 不思議なおじいさんからなにも知らずに杖を買ったところ、念じただけで行きたい場所に行けるようになります。 いくつかの冒険をして、幽閉された王子様を助けたりします。 その杖はいつも持ち歩いていたのに、サーカスを見に行ったときに入り口で預けるように言われ、しぶしぶ預けたきりなくなってしまった……。 タイトルが間違っているのか、検索しても分かりませんでした。 もし、ご存じのかたがいましたら、タイトル・出版社・著者名など、教えていただきたいと思います。 よろしくお願いします。