• 締切済み
  • すぐに回答を!

隣家からどれぐらい離して建築すべきか

この度、2世帯で3階建ての重量鉄骨を建てようと考えています。 近隣商業地域で、準防火区域です。 あるHMからは、隣家から50cm離したプラン、設計事務所からは35cm離したプランを提示されました。 50cmが理想とは思いますが、敷地が狭いのと隣家が境界いっぱいに建っているので35cmでも良いと考えています。 将来的、外壁のメンテナンス等を行う場合、どれくらい離れていたほうが良いでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数460
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.7

35センチか50センチかと言われれば50センチです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 境界塀とその上の建築物について

    実家の隣に建設中の塀&建物についてご相談します。 業者が費用自分持ちで境界の塀を新しくしたいと言って来ました。理由は従来の万年塀よりブロック塀の方が強度が高いとのことで、特に塀が傷んでいたわけではありませんが了承しました。 後日、境界上に作るにもかかわらず、連絡なしでこちらの立会いもなしに工事を始めたので止めるよう言いましたが聞き入れませんでした。毎日見ていたわけではないので詳しい経緯はわかりませんが、かなり建物ができてからわかったのは、従来の塀は高さ約1.8mでしたが、新しいものは高さ約2mで、中心部は幅約3mの範囲でブロック2段分の上に境界ぴったりに隣家の外壁が乗って2階分の高さがあります。なおブロック2段分上のこちら側には、「とい」がつけられています。塀が途中(縦にも横にも)で隣の外壁になっているのは、こちらから見てかなり異様な印象です。いろいろ調べてわかったのは以下のとおりです。 1.建築許可は下りている(役所で確認済み) 2.当該地は都内郊外の低層1種および準防火地域。 3.民法では建物は境界から50cm以上離すことが求められる。 4.建築基準法では、防火および準防火地域では外壁が耐火構造建築物は境界ぴったりに建てられることが認められている。隣家の建物が該当しているかは不明。 5.周辺の環境は当家も含めて50cm以上離れている。 業者から境界線に接した建物が建つ説明は今まで一切無しで、従来の塀の除去から始まって、業者の思惑に高齢の両親がまんまとだまされたような悔しい気持ちです。こちらの希望は、塀は高さ一定の(普通の)形状のものにして、外壁を境界から50cm以上離してもらいたいのですが、可能でしょうか。物件は、建築業者が施工中で買い手は未定です。建築物がほぼ出来上がりつつあるので、最速手順を知りたいのです。以上よろしくお願いいたします。

  • 戸建ての建築費用が知りたいです

    戸建ての建築費用が知りたいです 今度中古の戸建てを購入する予定です 将来は立て直しをしようと考えています その時の仕様としては 面積:約135m2(各フロア45m2) 階数:3階建て 構造:鉄筋コンクリート(防火地域のため) 屋上:ルーフバルコニー で考えています 建築費用がどれくらいになるか教えてください 補足情報として 建ぺい率:80% 容積率:300% 用途地域:近隣商業地域 都市計画:市街化区域 土地:63m2

  • 隣家の新築工事について

    隣家の新築工事が始まる事について悩んでいます。 以前はアパートが建っており、お互い境界から約50cm程あけて家を建てていました。1m程あいた所は共有の路地として、扉をつけて鍵をかけていました。アパートが取り壊され、新築一戸建てが建つ事になり私宅の南側に建設されるため、出来れば50cmはあけて欲しいと思っています。地域は準防火地域であるため、境界から50cm離して欲しいとの要求は隣家から出来ないのでしょうか? それから、共有の路地として使っていた扉を半分とられて開けっぱなしにされると、私宅への庭にそのままつながっているので、防犯上とても心配しています。 何の説明もなく突然5日前に工事を始めますと挨拶にこられ、こちらとしても何もしようがありませんでした。 ちなみに今現在まだ工事は始まっておらず、買主との面識もありません。 その事も含め、相手方への要求としてどこまでできるのか、また隣家の建設概要書や境界への建設方法などの詳しい説明を求めるのは失礼な事なのでしょうか? 隣家とはうまくやっていきたい気持ちはありますが、心情的に納得できない部分もあり、不安が沢山あります。 どうか良い解決方法があれば教えて下さい。よろしくお願いいたします。

  • 回答No.6

隣地境界線から50cm離さなければならないのは 建築基準法等ではなく確か民法上そうしなければならないと 昔勉強したような記憶があります。 そのあたりで調べてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

住居地域の違いにより法律とか条例とで定めがあるのではないでしょうか 第二種住居地域にある我が家を新築する時に、ハウスメーカからは、敷地境界から50cm以上離して建てる必要があるとの説明がありました 実際最低でも50cmは離して建ててあります 今回10年目の外壁塗装を行いましたが、50cmは無いと足場が組めないと感じました 参考になりましたでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#82889
noname#82889

メンテに関しては既出の通り、違う視点でオマケをば。 境界付近でボヤをおこした事があります。 当初バケツリレーをしておったのですが、境界から60cm位あっても上手く歩けず非常に往生した記憶があります。 これは無理だよ~、と頭が真っ白になりましたね。 最終的には向アパート援助の10型消火器2本で消えましたが。 消防法では「無窓階の判定」なる物が有ります。(建築の無窓と別) 簡単に言うと窓が少ないと消防隊が建物に侵入出来ず消火活動が出来ない、ゆえに消防設備を増やせと言う物です。(スプリンクラーとか) とは言え窓が多くてもカウントされない場合があります。 隣地との離れが1mに満たない場合です。 私のボヤのケースと同じ、背中に消火タンクを背負った隊員は幅1mは無いとまともに歩けませんしハシゴも掛けられないですから。 まあ住宅ですと防火系地域以外何のかんの言われませんが。 侵入困難な境界付近にボイラーなどを設置するとこんな恐ろしい事も起こり得る、と言う経験談でした。 ・・・ああ、3階建で準防火地域ですと準耐火は要求されますから御自宅はそこそこ火に耐え得るでしょう、しかし隣家への延焼の恐れも忘れてはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

隣家が境界ぎりぎりまで建てているからこそ、後から建てる方はなるべく離して建てなければならないのではありませんか? 両家ともギリギリに建ててしまうと、外壁や屋根のメンテナンスがしにくいと思います。足場を組まずにできることもあるようですので、極端な話、人が通れる広さなら大丈夫でしょうが、職人さんが資材を持って行き来することを考えますと35cmは狭いと感じます。また、エアコンの室外機や温水ヒーター等を後付けするときに置きにくくなります。 隣の家がギリギリに建てていてずるいと思われるでしょうが、後から建築するのですからある程度配慮しないと揉め事になります。3階建てとのことですからお隣への日照の問題もあります。 最終的には土地の広さとのバランスで決めることになると思いますが、ご近所と確執があるといかに快適な家を建てても生活しにくいこともあります。ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

少し前の書き込みで、境界から離して建てなかった為に、隣地と揉めて外壁のリフォームの為の足場が建てられないと言う方の書き込みもありました。 業者は、隣の家が出かけてる隙に勝手に入って足場を組んでしまえばよいなどと、とんでもない様な事を提案して来たなどあったようです。 (同然そんな事をやれば、あとで大事になりますけどね。) あとでそんな事になったら、とても面倒だと思いますよ。 良く考えられてください。 自分の家の事は、他の家に影響なく出来る様にしたほうが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

50cm以下の場合、やはり隣人の了解を事前にもらったほうがいいと思いますよ。 http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-16/t16-234.htm 正直メンテナンスを考慮したら50cmはないと厳しいと思います。 極端な話、今の隣人がOKで35cm離して家を建てたとして、10年後に隣人の息子夫婦や赤の他人が住んだ際に、心良く思ってなくメンテナンスの際に足場組むときにNGと言われたらそれまでです。 その辺まで考えてから決めたほうがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 内側から外壁の仕上をすることができるか?

    自営で設計事務所をしています。 商業・防火地域の大きな商店街の中で、敷地5坪に新築の設計の依頼を受けました。 鉄骨3階を考えています。 周りの建物はRC造で、隣地境界ぎりぎりまで建てていて、商店街の道路に面していない隣地側は外壁の仕上げをしていない状況です。今回も、5坪なのでなるべく隣地ぎりぎり建てたいのですが、三方は高い建物に囲まれています(隣地境界ぎりぎり) 内側から外壁を仕上げる工法、なにかありますでしょうか。(前面道路側以外は、開口部を設ける予定はありません)ALC板を、内側から仕上げたりできるのでしょうか。他になにか工法等ありますでしょうか。

  • 22条指定区域 鉄骨造の防火

    22条区域内の敷地に2棟の鉄骨造建物の計画をしています。 1棟は耐火建築物、1棟はその他で申請予定です。この「その他」の防火のことで困っています。(80m2程の非居室です) 2棟の合計延床は500m2以上なので外壁間の延焼と 22条による屋根の防火は必要かと思いますが 敷地境界からの延焼はやはり必要なのでしょうか? また延焼部分は鉄骨造なので開口部の防火設備だけ良いのでしょうか?(外壁は・・・?) すいません未熟者なもので・・・教えて下さい!おねがいします!

  • 隣家との境界線

    現在土地を購入し、住宅新築に着工したところですが、その土地の隣地もほぼ同時期に売却され、一足先に住宅建築が始まっている状況です。 私が建築会社から聞いたところでは、民放234条の規定により、建物の外壁が隣地との境界線から50cm以上離れている必要があり、それを切って建築する場合相手方の同意が必要であるとのことでした。 したがって、私はその規定を守って設計をいたしました。 しかしながら、先方は私の同意なしに、境界から50cmを切った所(約35cm)に建築しいる状況です。 私が土地を購入した不動産業者によると(当方も先方も同一の不動産業者から土地を購入しました)、先方に民法の規定を守っていない旨を伝えたところ、先方の建築業者から、建築基準法の規定は守っているので問題ない、との回答があったので先方も着工に同意したとのことです。 建築基準法で関連する条項といえば、第65条だと思いますが、この条項については、防火若しくは準防火地域において、耐火構造の外壁を持つ建築物であれば、民法234条の適用は除外され、建築基準法65条が優先されるとの最高裁判例があるのも了解しております。 私が建築を依頼している建築業者によれば、視認したとろでは木造3階建てであり、この場合まず耐火構造を持つものとして認定されることは無いとのことです。 この場合、当方から、建築の中止・変更なり、賠償なり、何らかの主張をすることは可能なのかどうか教えていただければと思います。 また、先方の建物が耐火構造かどうか調べる方法があれば教えていただけないでしょうか。 なお、私の所有する土地は準防火地域指定となっています。(先方も同様です。)   よろしくお願いいたします。

  • 隣家の解体に伴うトラブル

    隣家は築50年ほどの古家を解体、新築されることになりました。 このため先週から解体工事が行われていますが、今日でほぼ終了したようです。 解体作業時、隣家にはシートが被せられていましたが、完全に囲われていたわけではなく、かなり露出しているような状態で、工事が行われていました。 我が家と隣家は約50cm間隔で接近しており、隣接した外壁、窓サッシ、網戸、レール等が埃まみれになってしまいました。 このような場合、解体業者に外壁や窓のクリーニング代金の請求は可能でしょうか? 我が家は3階建てで、とても上階の窓掃除を自分で行うことは不可能かと思われます。 また今日、業者に対して、埃があまりにもひどいこと、綺麗にして欲しい旨申し入れましたが、水をかけましょうかと言われました。隣家は土壁で、このため通常より埃が立った、と言い訳されていました。 水をかけただけで綺麗になるとは思えないのですが、その様な対応しか望めませんか? 何か良い解決方法がありましたら、アンサーをよろしくお願いいたします。

  • 建築基準法と民法、どちらが優先か。

    既存住宅を撤去して、建替え新築するに際し、建築確認を取って工事着工しようとしたら、隣家より敷地境界線より、50センチ後退して建築しなければ、民法上規定されているので、後退なければ裁判に持ち込むとの申し入れがあり、困っています。当方の建物は解体する前のとおりで、隣地境界線より45センチの位置で建築確認を取っています。既存家屋の隣家は35センチの後退で、自分の処は其の儘ですのに、当方には後退50センチを要求して来ています。確かに民法では50センチ後退と書かれていますが、此の場合隣家の申し入れを無視して建築した場合、裁判になった場合、建物撤去命令が出るでしょかお伺いします。建築場所は大阪府八尾市で、隣地境界線からの後退距離については、条例等で規制されていません。

  • 自動車解体業に適合する用途地域について

    業務で用途地域変更における既存不適格建築物の調査を行っております。 準工業地域から近隣商業地域への変更を検討しておりますが、変更区域に作業場面積210m2の自動車解体業の作業場があります。 そこで自動車解体業が「自動車修理工場」に含まれる場合、近隣商業地域でも建築可能ですが、自動車修理工場ではなく軽工業等の工場と解釈される場合、近隣商業地域には立地出来なくなります。 そこでお聞きしたいのですが、建築の用途地域への適合を検証する場合、自動車解体業は「自動車修理工場」と解釈されるのでしょうか??それとも「工場」になるのでしょうか? もしくは作業場210m2の自動車解体業が近隣商業地域に立地出来るかどうか、御指南下さい。 よろしくお願いします。

  • 隣地境界50cmについて

    住宅の新築を検討しております。 場所は近隣商業地域の準防火地区です。建築予定地の隣は駐車場で現在は建物は建っておりません。 こちらでもいくつか質問が出ていて参考にさせて頂きましたが、まだ分からないことがあり質問させて頂きます。 民法で50cm以上離すことと決められてはいるものの、準防火地域に耐火構造壁であれば建築出来るという建築基準法が優先されると理解しました。 仮に当方が50cm離して建てたとしても、今後隣地に50cm未満で建てられそうになった際に50cm離すように要求できない(要求しても棄却される)ということでしょうか? 相手に要求できるようであれば、当方も50cm離して隣地環境を確保したいのですが、後々隣地が無視して建つようなら、当方も割り切った建て方をして面積を確保する方向を検討した方が良いかと思っています。 アドバイス頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 高さの計測方法

    北側斜線制限などを参考にさせて頂きましたが、隣家(3階程度)の高さを知る簡単な方法はありませんでしょうか。建築基準法の式には隣家の境界線までの距離(2m位)×1.5(近隣商業地域)+10Mとなり=13Mとなりました。これでよいでしょうか? また高さを計算する簡単なソフトなどありましたらよろしくお願いします。

  • 民法234条235条で もめ事

    お世話になっております。 自宅の建て替えを考えており、 計画を作り隣地の人に了解をもらおうとしたところ 弁護士がでてきて下記の要求を突き付けられました。 1,民法の50cmを守って計画しろ 2,窓、ベランダには目隠ししろ、また、建物の立面図と目隠しの品番を教えろ 3,自分の敷地側には室外機、換気扇、給湯器は設置するな 1に関しては、50cmは守れませんが今の外壁ラインより後退する計画ため既得権と捉え、当初、準耐火構造の建物で計画していましたが、承認が得られません。そこで、建築基準法65条にあるように外壁を耐火構造にし強行しようと考えております。 2、3に関しては無視しようと思います。 隣人は上場会社の重役である為、弁護士は会社持ちで、お金持ちですので裁判は屁とも思っていない人です。ですので上記の内容で、着工後、工事差し止め訴訟を起こされる心配は有るのでしょうか?当方は一般庶民ですので、もし仮処分が通り裁判になれば、結論が出るまで仮住まいをしたり、工事材料の倉庫料が発生したりなど金銭的に耐えられないので避けたいです。 外壁ラインに関しては、その隣人は50cmを守っていますが,他の近隣は皆、守っていません。 ・建築地は東京都23区 ・近隣商業地域で準防火地域 ・新たな計画は今の外壁後退ラインより下がった位置で計画している ・最小で境界線より35cmの計画 ご教示の程、お願い申し上げます.

  • 木造3階建て 耐火建築の仕様について教えてください。

    こんにちは。 防火地域に木造3階建て耐火建築物を建てようと思っています。 木造耐火建築物の外壁・屋根・床・天井の仕様教えていたげけませんか? ローコストで考えてますので、なるべく安価な仕様がいいです。 また、プラン上2*4が難しいので、在来工法で考えています。 よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう