• 締切済み
  • 暇なときにでも

外装の左官仕上げ・ジョリパットなどの下地

住宅(主に木造や鉄骨)で左官仕上げやジョリパット仕上げとする場合 どういった下地が好ましいのでしょうか。 古い建物をみると下地が3×6板の大きさごとに反りがでて壁が割れていたり 反りがなくても下地板のジョイント部で割れているのを見かけます。 合板下地+ラス・ダイライト下地+ラス・ラスカット・シージングボード+ラス その他いろいろあると思うのですが 個人的には伸縮率の小さい材料が良いと思っています。 また通気工法とあわせて行う場合通気層の外側に左官壁を作る場合など 外側にこういった下地を作成するのでしょうか。 教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

こんにちは! >古い建物をみると下地が3×6板の大きさごとに反りがでて壁が割れていたり・・・ おっしゃるように、築後、早いもので半年~1年で見られる物件もあるようですね。 原因はいろいろあると思いますが、考えられることを述べさせて頂きます。 先ずは筋交いです。強度を強くする為に面材で筋交いをとるようになったこと、受けた力を面で支える訳ですが面がねじれを起こしているのだと思います。同じように、3’×10’板(サントーバン)と呼ばれるサイディング下地の場合もねじれをお越し目地部が浮いてきます。 この2点は、面と面の端部で力がぶつかり合っています。 目地部にグラスファイバー等の目地テープで補強することになっていますが、割れが見える時は、面材どおしの隙間が無いか、目地テープをハショッテ施工されている場合が多いです。 鉄骨造の外部に塗りは施工したことがありませんが、元々、揺れることで持たす建物なので、躯体と縁を切ることを考えないと難しいのかな?と思います。 私の場合は、次の様な施工をするようにしています。躯体~防湿シート+下地板(KD)+防水紙+ラスワイヤー+軽量モルタル2回+上塗材2回です。昔ッからの施工方法と変わりません。変わったのは、上塗材に収縮性があることくらいです。 これまでに、クレームはありません。 通気工法ですが、下地板の隙間を千鳥に配して軒までの通気ルートを確保します。 ジョリパット等の上塗材には収縮性を持たせていますが、1っ箇所に掛かる力には目地切れを起こすのだと思います。ですから、微動だにしない強固な建物下地を作るか、下地板のような小さな部材で力を細かく分散する工夫が必要なのだと思います。 木造ですと限界があるので、後者の方法が今のところ優れていると感じています。 実験をした訳でないですし、メーカー推奨の工法があると思いますので参考意見とさせていただきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。筋かいとしての面材がかえってひねったりするわけですね。そういった面材筋交いは構造合板で強固なので動かないものと思っていましたが よくよく考えると 力が加わる部分ですから変形してもおかしくないですね。大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 外壁仕上げ材の下地構成について

    木造住宅充填断熱、通気工法の仕上げについてお尋ねします。 (1) ガルバリウム鋼板立はぜ葺き (2) 弾性アクリルリシン吹付け 法22条区域です。 ただし、(1)は範囲外、(2)のみ該当します。 上記仕上げで考えておりますが、、下地構成は下記の通りで問題ないでしょうか? (1) 構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ケイカル板t=6 /(アスファルトフェルト)/ガルバリウム (2) A案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/木摺 /(アスファルトフェルト)/ラス下地軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み) /リシン B案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ラスカットt=9 /軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み)/リシン (1)のケイカル板は耐水石膏ボードt=9.5の方が良いでしょうか? また、アスファルトフェルトは必要でしょうか? (2)のA案、B案どちらの方がコストが安いでしょうか? 以上よろしくお願い致します。

  • 左官仕上について

    壁紙張り・壁布張りの左官下地は、なぜ金ごて仕上げとするのか、木ごて仕上げではダメな理由を教えてください。また木ごて仕上げとはどういう場合に使うのか教えてください。

  • 外壁クラック補修の方法を教えてください

    私は住宅の設計をしている者です。2年程前に新築したお宅の外壁について相談します。 仕上げはジョリパット、下地は木造躯体に構造用合板+タイベック+通気胴縁+ラスカット+モルタルです。 引渡し直後に、ラスカットのジョイント面にクラックが発生し、コーキング補修しましたが、先日、同じ場所に再びクラックが発生したと施主より連絡を受けました。 今後クラックが発生しにくくなるよい補修方法がありましたら、教えていただけますか? なお、その物件のあとは、施工方法を見直して、伸縮性のあるネットやモルタルを使用し、現在ではクラックのクレームはありません。 よろしくお願いいたします。

  • モルタル吹付け仕上げの下地について

    木造住宅の外壁仕上げに弾性リシン吹付け仕上げを考えています。(予算があればジョリパッド等を採用したいところですが・・・) 下地構成について教えてください。 内側から 構造用合板t12+透湿防水シート+通気用縦胴縁(21×45)、となりますが、 これ以降の下地構成についてです。 建築関係図書を調べてみても、微妙に表記が異なり迷います。 以下は記載があった一例です。 (1)ラス下地+モルタルt20 (2)木摺+ラス網+モルタル (3)木摺+メタルラス+軽量モルタル (4)木摺+防水シート+メタルラス+モルタル (5)木摺+アスファルトフェルト+メタルラス+軽量モルタル (6)木摺+アスファルトフェルト+ラス網+モルタル(ファイバーメッシュ伏せ込み) (7)ラス下地t11(アスファルトフェルト含む)+モルタル吹付けt20(メタルラス含む) ここで、ラス下地=木摺である事はわかりました。 アスファルトフェルト(=防水シート)を入れる場合と入れない場合があるようですが・・・? 木造住宅の場合地域差もあるかもしれませんが、アドバイスお願いします。 上記仕様は目地を設けないものと考えていますので、道路に面した外壁にと考えています。 他の外壁面もリシン吹付けで考えていますが、とにかくローコストで考えたい場合どのような下地が一般的でしょうか? ボード状のパネルに弾性リシン吹付けかと思うのですが、パネルには何が使われているのでしょうか? 無塗装サイディングに弾性リシン吹付けでしょうか? 目地は何ミリですか? 以上よろしくお願い致します。

  • 左官さん・大工さんに質問です

    在来軸組工法で柱間にグラスウールを入れ断熱する工法です。 合板等を外貼りはしません。 ラスモルタルに塗装仕上にしようと思うのですが・・ おすすめのおさめ(柱より外側)・注意事項を教えてください。 メタルラス等のおすすめのメーカー・商品があったら教えてください。 よろしくお願いします、

  • 防湿層と仕上げ材の隙間およびボード下地について

    グラスウールメーカーのHP等に記載されている注意事項について教えて下さい。 【防湿層は、室内側の内装仕上げ材に密着するように施工して下さい。 内装仕上げ材と断熱材の間に隙間が出来ると断熱効果が損なわれるおそれがあります。】 「隙間」とはどの部分を指しますか? 上記「防湿層」とは「防湿シート」を指すと思いますが、「内装仕上げ材」と「断熱材」との隙間とは、具体的にどんなことを指すのでしょうか? たとえば、胴縁の厚みは隙間に該当するのでしょうか? つまり、胴縁下地では断熱効果が低減するという事なのでしょうか? 具体的に・・・ 外壁部内装仕上げの下地についてですが、 胴縁下地・、合板下地・、下地なし の3通りの方法があるかと思います。 たとえば、仕上げとして、<石膏ボード下地AEP塗装>、<シナ合板仕上げ>を選択し場合、 合板下地とすれば、防湿層と隙間なく施工可能かと思います。 一方で、胴縁下地とした場合ですと、胴縁の厚み分隙間(空間)ができるかと思います。 ■この部分の隙間は、上記「隙間」に該当するという事になるのでしょうか? 断熱効果を発揮させるたてには、合板下地もしくは、直張り(下地なし)のどちらかにすべきなのでしょうか? ■合板仕上げや、石膏ボードAEP塗装仕上げの場合、下地として一般的なのは? ■プレカットで精度が上がっているため、下地なしで、直接柱、間柱に合板や石膏ボードを張る事も多いようですが、後に問題は生じないのでしょうか? ■天井を合板仕上げとする場合ですが、ネットで施工事例などをみましても、野縁に6ミリ厚程度の合板仕上げとする場合、6ミリ厚程度の合板2重張りとしている場合等がありますが、一枚と2枚とではどのよな違い、影響があるものでしょうか? 以上初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

  • スタッコ仕上げについて

    お伺いします。 我が家は普通の戸建です。 外壁ですが、ラスカットの上は9ミリの「セメントモルタル吹き付けコテ押さえ」+「トップコート仕上げ」となっています。「スタッコ仕上げ」です。 最近、外壁の一部が腐り、ラスカット部分の張替を行いました。仕上げは「塗装店」の仕事と聞いています。 スタッコ仕上げというのは、左官の範疇でもあると思います。塗装店でも骨材入りの塗料、セメント系の塗料を厚く吹き付け、凸凹をローラーやコテで押さえるという仕事をするとネットで見かけます。 結局、このスタッコというのは「左官」「塗装」どちらの仕事なのでしょうか? どちでもやっているということでしょうか? その場合、違いは何でしょうか? よろしくお願い致します。

  • 外壁下地について

    いつもお世話になっております。 【計画建物】木造の2階建、10m角のほぼ正方形の形をしております。 壁量計算の結果、比較的バランスよく壁を配置する事が出来、45×90の筋交いをX、Y方向に各2箇所ずつ各階設けるだけで計算上クリアしております。 そこで、もともとは外壁の下地を構造用合板9mm+通気胴縁18mm+ラス下地、ラスモルタル18mm+タイル貼で考えていたのですが、構造用合板を普通合板でも支障ないのでしょうか??その方が安くつくのかなと…素人的な質問で申し訳ございません。

  • 塗装仕上げの上にサイディングを直貼りは問題ない?

    築5年の戸建てに住んでいますが、築1年位から外壁の塗装クラックが始まり、換気扇付近の黒カビが発生し、建築会社にクレームを言ったところ、塗装し直すか、上からサイディングを直貼りする方向で検討中との返事がきました。ちなみに、我が家は、室内側から、クロス→PB→断熱材→タイペックシート→胴縁→ダイライトMS-D(この商品は現在販売していません)→ジョリパットJP100吹き付け仕上げになっています。再塗装でも良いのですが、下地のダイライトMS-Dに問題があるような気がするので、私としては上からサイディングを貼った方が良いと思うのですが、通気層を取らずにジョリパットの上に直貼りするのは、建物に対してあまり良くないとも思います。何か良い方法はないでしょうか?建築会社曰く、ダイライトを撤去してサイディング貼ることはできないそうです。ダイライトMS-D自体が耐震壁になっているとの理由です。詳しい方、アドバイス頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

  • 壁仕上げのコストについて教えてください

    自宅となる木造新築の設計を進めています。 壁仕上げを何にするか、検討しています。 限られた予算しかありませんが、できるだけ「クロス」を使いたくないと考えています。 そこで、それぞれの壁仕上げのコストについて、これから業者さんと打ち合わせをするときの予備知識として備えておきたいと思っています。 各仕上げについては、普及品、平均的な工法を考えます。 「ボード+下地処理+クロス」を1としたとき、以下の仕上げのコストは1.5になるのか、2になるのか、それとも0.5なのか、感覚的な比率で構いませんので教えていただけないでしょうか。 (1)「ボード+下地処理+EP塗装」 (2)「構造用合板+下地処理+クリア塗装」 (3)「ラワン合板+シナ合板+下地処理+クリア塗装」 ちなみにクロスは、見た目が上品過ぎるのと、削れてしまったときに自分では容易に補修ができないという理由で避けたいと考えています。 私の第一希望は(3)なのですが、ネットで調べたところ、昨今シナ合板が高騰しているとのこと・・・。 どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。