• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国庫補助金などの圧縮記帳

利益処分方式による圧縮記帳を行いたいのですが、累積赤字が残っている場合でも会計法上可能なのでしょうか? 例) 前期繰越利益  -50 経常利益    -10 特別利益     80(補助金) 駄目である場合は、固定資産圧縮損による圧縮記帳処理しか方法はないでしょうか? 出来れば、補助金収入により累積赤字を一掃したいのですが、良い方法があればご教授いただければ幸いです。 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2706
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • ctaka88
  • ベストアンサー率69% (308/442)

医療法人は医療法によって設立されるものですので、会社法の規定は適用されません。会社法を準用する規定も医療法人債に関連する処だけだったと思います。 モデル定款を見る限りでは、剰余金処分による積立は、剰余金が生じた場合に総会決議によって行うことになります。で、問題は最初に戻ってしまいました。 ただ補助金の性質からして、また行政の指導では一定割合以上の自己資本比率の維持を求められるでしょうから、この国庫補助金等は純資産の部に計上されるべきものです。直接減額は処理として間違いだと思います。 そう考えると、結果として未処理損失となっても良いのかなと考えます。 医療法人の会計については詳しくないので、他の方の回答を期待します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ctaka88様 ありがとうございました。いろいろと大変参考になりました。 お読みの方で、 医療法人の会計に詳しい方はいらっしゃいませんでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • ctaka88
  • ベストアンサー率69% (308/442)

質問者さんの企業は協同組合ではないですよね。会社法上の株式会社などですよね。 協同組合の場合は、協同組合会計基準により損金経理による直接圧縮しか認められていません(念のため) 平成18年の会社法以前では、利益処分による圧縮記帳を赤字会社が行おうとすると、  当期未処分利益  20  処分  圧縮記帳積立金  80  次期繰越未処理損失60 となってしまいます。先にも書きましたが税法はこのような処理を認めています。が、旧商法規定では利益処分か損失処理かであって、このような利益処分?は想定していないため、赤字会社だと利益処分による圧縮記帳や特別償却が使いづらかったのです。 会社法になって、これらの剰余金処分は総会決議が不要になったため、容易に圧縮記帳等を行えるようになりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

追加の回答ありがとうございます。 >質問者さんの企業は協同組合ではないですよね。会社法上の株式会社などですよね 当方は医療法人です。 教えていただいた、条文を現在読み込んでいる最中で、お礼が遅れ申し訳ございませんでした。 会社計算規則第181条や会社法452条、459条、法人税法第42条など読み込んでもなかなか理解できず手こずっています。 解説いただいた内容はわかりやすく感謝申し上げます。 条文は理解できるまでさらに読み込みたいと思います。

  • 回答No.2
  • ctaka88
  • ベストアンサー率69% (308/442)

圧縮記帳積立金への振替は、法人税法の規定により利益剰余金の内訳を振り返るものですから、会社法計算規則第181条第2項(株主総会の決議を経ないで剰余金の項目にかかる額の増加または減少をすべき場合)により決算処理の中で行うものです。株主総会での決議によって行うものではありません。 したがって、3月決算であれば3月31日に  繰越利益剰余金/圧縮記帳積立金 80 の仕訳を行います。 よって決算時BSの繰越利益剰余金は △60 です。 税務上の圧縮記帳の条件として、処分可能な利益剰余金が必要ということは記載されていません。 また、会社法の創設に伴う会社計算規則の上記の規定により、繰越利益剰余金が赤字であっても圧縮記帳等が問題なく行えるようになったということです。 なお、圧縮対象資産が建物等の減価償却資産であれば、税効果会計を適用して繰延税金負債を計上しないと利益剰余金が過大に計上され、見方によっては粉飾決算になります。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4772206.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ctaka88
  • ベストアンサー率69% (308/442)

繰越利益剰余金が赤字であっても剰余金処分方式による圧縮記帳は可能です。が、純資産の総額は増えますが、圧縮記帳積立金を積み立ててしまえば、繰越利益剰余金は赤字のままです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 剰余金の処分は翌期、総会決議での決定になるので、当期についてのみ考えると、細目は省きますが、 前期繰越利益  -50 経常利益     -10 特別利益       80(補助金) 当期利益       70 当期未処分利益  20 となると考えてよいのでしょうか? >繰越利益剰余金が赤字であっても剰余金処分方式による圧縮記帳は可能です。 ずうずうしいお願いですが、可能であれば、根拠法を教えていただけると大変助かります。

関連するQ&A

  • 国庫補助金の交付に対する圧縮記帳の実行日について

    当社、3月決算法人であります。 今般、建物の建設に伴い、市からの補助金を頂くこととなりました。 交付決定通知書日は、3月31日付けで送付されて来たのですが、実際の補助金の入金は、翌期5月に30%の着金がありました。残りについては、分割にて入金とのことで、数年にわたって支給されます。 補助金額=50百万円 そこで、当期に全額(50百万)圧縮記帳し固定資産を減額したのですが、税理士から、「交付を受けた日をもって圧縮記帳が可能」との見解であり訂正するように指導を受けました 交付日は、交付決定通知書の3/31ですが、交付を受けた日は、着金日との解釈のようで、全額圧縮記帳は間違いであるとの事です。 あくまでも、着金されて初めて、返還を要するかどうかの判断であり、着金されてないのであれば、その時点でダメとのことでした。 やはり、私の見解は間違っているのでしょうか?

  • 圧縮記帳

    圧縮記帳の経理処理の一つに、利益処分方式がありますが、これについて教えてください。

  • 圧縮記帳について

    圧縮記帳の利益処分方式で処理した場合 圧縮積立金を積み立てたり取り崩したりして 圧縮記帳の効果と同等になりますが 具体的にどのような流れで処理してるのか アドバイスお願いします。 税効果会計が入ってくる場合もお願いします。

  • 減損会計と圧縮記帳について

    圧縮記帳(利益処分案)を過年度に実施し、当年度に減損が認識された資産についての取扱について困っています。 端的に言うと、圧縮記帳済みの減損対象資産に係る圧縮記帳積立金を取り崩すことが妥当かどうかです。 会計上、積立金は減損によって実現するため取り崩すことが妥当とは考えていますが、税法上では会計の利益処分案に基づいて取り崩すことが可能なのでしょうか?

  • 圧縮記帳について

    圧縮記帳の処理方法の一つである利益処分方式どういった意味合いを持つものなのかの理解が曖昧なので質問させて頂きます。 (1)証券取引法が適用されたりする大きな会社が損益計算の明瞭性、資産規模が正確に表示出来ないなどの問題点を抱える直接減額方式に替わる方法が利益処分方式であるということなのでしょうか? (2)株主総会で未処分利益→圧縮積立金、圧縮積立金→未処分利益の振替をするのは、未処分利益を適正に表示するためであり、国庫補助金を固定資産の耐用年数にわたる期間の利益として配分しているわけではないという理解はあっているでしょうか?

  • 圧縮記帳

    損金経理による方法で圧縮記帳をしています。 固定資産圧縮損は圧縮限度超過額がない場合 別表四などで調整する必要はないのですか? それとも圧縮損は損金算入で減算するのでしょうか? ご回答お待ちしております。

  • 補助金が翌年に交付した場合の圧縮記帳の時期

    補助金が翌年に交付した場合の圧縮記帳の時期 教えてください。 建物を平成21年度に補助事業で取得しました。 しかし、国からの補助金が平成22年度に交付されることとなりました。 この場合の会計処理は、受入補助金を平成21年度において未収計上して平成21年度において圧縮記帳すべきか、平成22年度の交付日をもって平成22年度において圧縮すべきものでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 法人税法の圧縮記帳で質問です。

     固定資産に対し災害により保険金をもらい圧縮記帳の要件を満たしているときに、 圧縮記帳と特別勘定の繰り入れは同時にできますか。 1つの保険収入に対し、1つの固定資産を取得し、圧縮記帳した金額が圧縮限度額に 満たないときのことになります。

  • 期をまたぐ圧縮記帳について

    H19.1に建物を111,820,464円で取得しました。 補助金をもらう予定でしたが4月決算時にはまだ補助金が確定 していなかったので通常通りの償却を行いH19.4簿価は 110,713,442円になりました。 H19.10に補助金4,472,818円が確定しましたが、 この際の圧縮記帳の方法について教えてください。 今期から補助金額を引いた取得価額として償却の計算をしたら いいのでしょうか? その場合、前期分の償却費が変ると思うのですが 修正しないといけないのでしょうか? 償却奉行というソフトを使用しているのですが、 期中の圧縮記帳に対応していないため どう仕訳をおこしていいのか悩んでいます。 よろしくお願いします。

  • 圧縮記帳の方法

     固定資産の圧縮記帳を行うとき、直接減額方式と積立金方式がありますが経理方法の選択は法人の任意ですか?それとも資本金額等によって決まっているのですか大企業の場合は積立金方式をとらなければならないと聞いたんですが・・