• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

SEO対策の業者選定と自分で出来ないか悩んでいます。

  • 質問No.4852787
  • 閲覧数204
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 40% (20/50)

現在、キーワード【リフォーム (地域)】で、YAHOOに絞ってSEO対策を業者さんに頼んでいます。このキーワードの難度ついて、詳しくはわからないのですが、YAHOOでの検索ヒットするサイト数は「10,200,000」件、GOOGLEでのヒットする検索サイト数は「1,230,000」件です。
現在の順位は、GOOGLEで1位、YAHOOで5位です。
サイトの総ページ数は60ページ程度のサイトで、現在のGOOGLEページランクは「4」です。

まず、悩んでいるのが、YAHOOでの順位を3位以上にあげたいのですが、どうも現在のSEO業者さんでは、しんどい様で、結果がでてきません。業者を変えようかとも思ったのですが、数社交渉したのですが、金額的にも千差万別で、内容についても信頼にして良いか判断が付かず悩んでいます。(現在依頼中の業者さんは1日いくらの成果報酬型です)

また、何とか上位(3位以上)に上げる事が出来たとしても1日いくらの成果報酬型のSEO業者と付き合っていく限り、毎月の業者さんへ支払うランニングコストを考えるととても、先が不安になります。WEBに頼っている現状では、あるのですが資金的に楽な状態ではなく、コストの削減を考えると、永久に払い続けなければいけないであれば、コンテンツの充実や被リンクの増加を自分で学び、運営していく事も視野入れなければいけないのが現状です。出来ればその突破口をアドバイス頂ければと質問させていただきました。

(1)業者の選定に欠かせない要素とはいったい何なのでしょうか。
(2)自分でコツコツで出来る確実なSEO対策とはいったいどんなことなのでしょうか

HTML/CSSの基礎的な知識は有ります。また、巷にあふれているSEO対策に関しての情報は再三、見尽くした上で、本当に悩んでいます。どなたか、アドバイスお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 57% (1008/1745)

#2です。補足・お礼みました。数年前からSEO関係の勉強をしております。
#1さんも書いている通り、実験結果や成功例を上手く取り入れる事がSEOの実績になっているだけで、今後もアルゴリズムのよって変化もします。
最大のSEOは、内容の充実であってSEO,SEOとSEOだけで上位を狙うのは、一夜漬けでテストの点数を上げるのと同じ・・・
さて、
バックリンクの件ですが、最近まで有効だと言われてきた相互リンクなどは、もはや過去の遺産になりつつあります。特に、バナー。これは意味がなくなり、更に自サイトの品格を下げます。無関連サイトからの被リンクも無意味。下層リンク集への登録も無意味です。
これらが無意味になってきた理由にユーザーにとって無意味なリンク集サイトやアフェリエイトサイト、悪質SEOサイトなどが増えたから検索エンジン側での排除対策です。末端の有益なサイトを案内するのが検索エンジンの役目なのでリンク集は不要だよって事です。

しかしながら、被リンクを無視すると本来有益なサイトの甲乙判断が不可能にある為、被リンクポイントを昔よりも下げたと言うのが正しいでしょう。逆に、無意味やスパムのリンクサイトはスパムで排除します。今後はスパム排除に更に力を入れてくるでしょう。 そもそも、最大のヤフカテ登録でさえ効果が弱くなっているのですから・・・ 
数年前まで、大きかった相互リンク登録サイトもバタバタと消えています。ショッピングモールも・・・

SEO業者は、この判断でギリギリの事を上手くやっていますから
上位になりやすく、スパムにもなるって事です。
業者に頼んで大成功した人もいれば大損害をした会社もあります。
業者でも優良なバックリンクを効果的に利用している所もあれば、
無尽蔵な自動生成で増やす所もあり、成功報酬と言っても一瞬上位に表示出来れば良いのですから、無理もするでしょう。 一切何もやらないところもあります。
更に、契約を解除した場合のバックリンク激減処理をどのようにするのでしょうか?

結論を言うと、優良SEO業者の選定なんて無理。
その業者を利用したサイト(利用者側)の結果実績や経過・施工・取組・対応・サポートなどでそのSEO業者を判断するしかないです。
相互リンクなんかお願いしなくても勝手にリンクされるようなサイトに仕上げる事です。
そもそも、5位を3位以内にするのに月数万円掛けてROIは見込めるのでしょうか?
圏外のサイトが業者に依頼するのならわかりますが・・・
その数万円をSEMで投資した方が良いと思われますが。
一度試せば有効な新しいSEOの勉強が出来るかもしれませんし・・・
補足コメント
epsilon_s

お礼率 40% (20/50)

度々のアドバイスありがとう御座います。勉強になります。
ユーザーを引き付けるサイト作りは、常に心がけているつもりです。が、やはりライバル会社が上位に位置する兼ね合いも有り、それを超えるSEO対策の手段と、順位継続させる為のノウハウの確立が欲しく、悩んでいるのだと思います。今まで得た情報や経験の中でSEOだけではく、SEM・PPCなどをバランスよく利用し、総合的に価値のあるサイト作りが必要不可欠でと言う事は、実感しております。しかしそのバランスの中で、SEOの部分だけは、業者の選定から無駄な投資も含めて非常に困難で自分でこなすには、情報の的を絞りきれず方向性すら掴めない状態で、自分に対処できるキャパシティを超えたブラックボックスな世界で掴みどことが無いと感じらます。

事、優良な業者の選定などは、naokitaさんのおっしゃる、
>結論を言うと、優良SEO業者の選定なんて無理。
と言うことなのでしょうか。

また、2つめ課題である、自分なりのSEOに関しても、HTML/CSS/PHP程度のサイト構築の知識がある程度ぐらいでは、個人で学んでいくにはなかなか難しい世界なのでしょうか。

特に2つ目に関して、細かい事になるのでが、自サイトに有効な(関連性のある)中小の検索サイトへの選定方法(探し方)についてもわからない状態です。

内部要因を有る程度最適化できたとして、

(1)自サイトに有効な中小の検索サイトを探す方法と言うのは、自サイトより、上位にある、サイトが登録されている処を洗い出すし登録した後にそれ以外の有効な登録サイトを探す方法はあるのでしょうか。
(若しくは、「有効な」とらわれ過ぎており、有る程度の選別は必要だとしても、片っ端登録の様なもので良いのでしょうか)

(2)業者の言う手持ちの有効なリンクの正体とはいったい何なのでしょうか。 そのようなリンクを自分で持つことは可能なのでしょうか。

プログラムと同じで、何か1つでも有効な手段を間口に突破口に出来たらと思う気持ちが中々捨てきれません。

度々甘えるようですがもしよければご教授ください。
投稿日時:2009/04/05 05:19

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 57% (1008/1745)

#3 補足を見ました。
>有効なリンクの正体とはいったい何なのでしょうか
例えが大きいですが、プライバシーマークを検証したら答えが出ます。

逆の立場で考えれば分かるかもしれませんね。
高PR,高順位になれば、業者や個人から提携の依頼が来ます。
極端な例で言えば、
低いサイトからの被リンクが複数件よりも、Google1位のSitelinksがあるような企業からの被リンクが1件ある方がよっぽど高順位になる。
もっと単純に考えれば、自分がリンクを貼って欲しいと思うようなサイトが有益なリンクって事です。
そんなサイトを自作すれば良いし、原点に戻れば商売で、そんな好まれるサイトは、SEOなど考えなくても客受けが良いのです。
ユーザーが勝手にリンク&ブックマークしてくれます。
それを誰がやるか、やられるかって事です。
お礼コメント
epsilon_s

お礼率 40% (20/50)

アドバイスありがとう御座いました。非常に参考になりました。
投稿日時:2009/04/10 21:02
  • 回答No.2

ベストアンサー率 57% (1008/1745)

1)実績
これは、裏付けが出来ないので無理ですね。

2)ユーザーの為の内容充実。
  上位3位にあって自分に無いものを考える。

>巷にあふれているSEO対策に関しての情報は再三、見尽くした上で
まだ、足りないようですね。再三見たのであれば業者に頼るという結論が出ないはずです。
・カテ登録 ・HTML,CSSの最適化 ・キーワード最適化 ・内部構築
・バックリンク操作、増加 ・sitemap ・RSS ・更新 ・SEM
業者の出来る事は、この程度ですよ。
知識や時間が全くない会社で経費に余裕があれば、丸投げ出来て助かると思いますが・・・
補足コメント
epsilon_s

お礼率 40% (20/50)

アドバイスありがとう御座います。
>再三見たのであれば業者に頼るという結論が出ないはずです。
これは、結論から言うと、やはり自分で対策を行う事がベストとい言うことでしょうか。

ご指摘の有りました、業者が主にしている作業の内、
カテ登録・HTML,CSSの最適化・sitemap・更新・SEM については
こなせるとまではいえませんが、方向性と強化(学ぶ)するべきポイントは見えます。
しかし、バックリンクの捜査、増加は、具体的にどう的を絞ればいいのでしょうか。リンクには、同系統のサイトから質の高いものをと言うのはおぼろげながらわかるのですが、それば相互リンクをさしているものなのでしょうか。それとも、中小の検索サイトへの登録なのでしょうか?中小検索サイトへの定期的な登録をコツコツをしてしていく対策が、有効で有るなら、有効な(サイト)の見極めに対して不安を感じます。
投稿日時:2009/04/04 22:42
お礼コメント
epsilon_s

お礼率 40% (20/50)

もし可能なら、引き続きアドバイスをお伺いしたいです。
投稿日時:2009/04/04 23:37
  • 回答No.1
まず最初に言っておかなければならないのは、どこの検索サイトでも、Webページの評価基準は極秘だということです。これが知れ渡ってしまえば、みんなそれに沿ってWebページを作ってしまうからです。

SEO対策業者は、こういうことをしたら効果があるのではないか、ということをすべからく試して、その中で実際に効果があったものをノウハウとして蓄積し、実行します。ただしそれも絶対ではなく、検索サイトも、これは知られてしまったかな、と思われる手法は放棄し、新たな手法を模索し、開発します。つまりいたちごっこです。

ひとつだけわかっている方法は、被リンク数の多いサイトは評価が高いということです。理由は、リンクを張るのはどんな時かを考えれば、お分かりと思います。素人のサイト運営者が相互リンクを張りたがるのは、こういう理由からです。対策業者は、自前のさして意味のないページを膨大に持っていて、顧客のページに料金に応じた数のリンクを張ります。そうやって顧客のページの評価を高めるのです。

ただし、グーグルなどのロボット型検索エンジンには効果がありますが、ヤフーなどのディレクトリ型検索エンジン(人間の手が入る)にはあまり効果がありません。外部から個人の力でリンクを張るのには限界があります。自分でこつこつ出来る対策は、結局いいWebページにすることしかないのではないでしょうか。
補足コメント
epsilon_s

お礼率 40% (20/50)

アドバイスありがとう御座います。
>Webページの評価基準は極秘だということです。
同感です。業者であれ、SEOの性質上、暗中模索の中からノウハウを積み上げていて、それでもなお、確定的ではないので、詰まるところ、契約の内容や、順位に関してあいまいになっている部分は、よくわかります。しかしながら、業者選定を選定する側に限って言えば、逆にその部分をうまく言い訳に使われた事が、何度もあり、やや業者不振に陥っている分が当方の不安の要因のひとつでも有ります。

根底には良いサイトを作る(所有する)事が根底で必要不可欠であると理解してますが、上位への上昇には、被リンクの継続的な重要な要素で有るとも感じているのですが、いかがでしょうか(もちろん内部的要因が伴っている上で)
その上で、もし何らかの手段を講じて上位への結果がでた場合、コストを削減する意味でも、リンクの継続的な強化をするなら、自サイトにとって、どのようなリンクが有効と判断して、どのようにリンクを張っていくものなのでしょうか。

つまるところ、トップ圏内へは業者の手を借りて、あげたい。
しかし、その順位に維持は、出来るなら、可能なら自らの手で維持していきたいのです。
その上での、業者の先手にてこずり、また、順位に維持に対策の方向性を見出せずにいます。
投稿日時:2009/04/04 23:20
お礼コメント
epsilon_s

お礼率 40% (20/50)

誤字・脱字が多く申し訳御座いません。
もし可能なら、引き続きアドバイスをお伺いしたいです。
投稿日時:2009/04/04 23:36
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ