-PR-
締切済み

また、ぶり返します。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.48462
  • 閲覧数49
  • ありがとう数26
  • 気になる数0
  • 回答数19
  • コメント数0

お礼率 33% (23/69)

 なぜ人を殺してはいけないのですか

誤解の無いように言っておきますが、私も人を殺すのはいけないことだと思います。けど、本に載っている回答は、直接答えていなかったりして、少し物足りないので。
 私なりに還元すると、(1)人に迷惑をかけてはいけないと言う倫理の根拠は?もしくは(2)人権の根拠は?という質問の答えがそのまま答えになるような気がします。
通報する
  • 回答数19
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全19件)

  • 回答No.9
レベル6

ベストアンサー率 20% (1/5)

 「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いを、

 「なぜ人殺しが禁忌となったのか」という問いに置き換え考えてみると、答えは、
 
 「必要だったから」となるでしょうか。

何の必要があってかを考えたときぱっと、おもいつくのは、「社会秩序」のためとか「種の保全」のためとかなんですが、どうも自分で腑に落ちるという感じがしないんです。

「社会秩序」というもの自体が、ひとつの方便というか方策というものだろうし、ひとが、意識的にも無意識的にも、「種の保全」などという、だいそれたことを前提に行動する生き物ともおもえません。

この超時代的なテーマにたいして、「個人」とか「権利」「人権」とかの近代思想的用語で説明するには無理がありますし・・・・。

それでは、あらゆる時代や様々な文明を貫き、越えて、このタブーと共に生き残ってきたものとは何か?
やっぱり、

 「DNA」でしょうか?

人は(個体)は、DNAを将来に残そうとする。というか、DNAが人(個体)をそのように行動するよう仕向ける。
DNAをより安全に、高い率で残せるように、他の個体を積極的に攻撃するのではなく、積極的に協力し、消極的に攻撃する戦略をDNAが選んだ。

今日の人の個体数がその戦略の成功を物語っている。

以上のような答えはどうでしょうか?
主体を自意識からきりはなし,DNAに移してみると多少は、もやもやした感も薄らぎませんか?

でも何かつまらないし、物足りなくもありますね。

結局のところどんな答えも物足りないし、直截にこたえるのは、そもそも無理なのでは?

「生」や「死」については、それを客体化?して考えるには、無理があるということでしょうか?
それに立ち入って自ら意味付けするしかないのかも。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」
という問いかけは、

「なぜ人(自分)は生まれてきたのか?」
「なぜ人(自分)は生きているのか?」
という「問い」が答えである「問い」なのでは?
  • 回答No.19

そもそも「なぜ人を殺してはいけないのですか?」という問いは「人を殺してはいけない」ということを前提とされてるようですが、それ自体が疑問です。

法律が人殺し全般を禁止しているから?
否、法律では様々な場面での人殺しを認めてます。際たるものが死刑制度です。

日本政府が世界各地で人殺しを続ける米軍を全面的に支持していることからもわかるように、少なくとも日本では、ある場面では人殺しは認められ、ある場面では認められない、ということです。
日本以外でも、全面的に人殺しを禁止している(つまり正当防衛も認められない)国の方が少ないのではないでしょうか?

なので、質問の中に誤りがある、というのが適切な回答になります。

例えば、「通り魔殺人がなぜいけないのか?」であるとか「過剰防衛で人を殺すことがなぜいけないのか?」という問いであれば、法、慣習、道徳などの面で皆様から納得いく回答を得られることでしょう。
  • 回答No.8
レベル8

ベストアンサー率 29% (7/24)

 ちょっと宗教的な視点から…
 まず前提として、人間は死んだら終わりではないということです。
もちろん肉体は120年前後で滅びますが、心のようなものは永遠性を持っていいるということです。
 で、次に今の生は、次の世界(霊界だのあの世だの言ってる世界)の準備のための期間だということです。その目的は愛の完成です。これには孫を見るまで。少なくとも80年は必要となります。
 その前提の上で、殺人というのは、まだ完成もしてないのに、発展途上の段階でその人の機会(愛の完成)を奪うと言うことになります。だから人は死にたくないと思うのです。(フツーの人は)
 また家系図の観点から言えば、殺人を犯せば、殺された人は何代か後に子孫に必ずそれは再現(殺人まで行かなくても、何回も手術したりする病気も含まれる)するということです。それは家系図を採ってもらえれば分かります。
 もっとも、前提を無視したり、否定したりする人には説得力はないですけど…
 参考になれば幸いです。
長々言うのは見にくいので端的に結論だけ述べています。
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 26% (182/678)

通りすがりのものです・・・(笑)

何故人を殺してはいけないか?
人には誰にでも生きる権利があります。そりゃあ産まれてきてるし、生きてるんだからありますよね。で、その生きる権利を侵してはいけないというのが理由ではないでしょうか。生きる権利は誰しも平等にある筈ですからね。
だから、自分の生きる権利が他人によって侵害されそうな時は、その侵害しようとする相手の生きる権利を脅かしてもやむを得ないという考え方があるのだと思います。(正当防衛)

って、こういう事を聞いているのではないのかな???(-_-;)
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 16% (14/86)

「人は死んだら生き返ることができないから」
→殺されるということは、自分の意志に関係なく死ぬことなので。
だから人を殺してはいけない。のではないでしょうか?
  • 回答No.3

確か、倫理学はそれに回答することができなかったと思います。(大学で倫理学とったんですが)

で、私なりの回答ですが、背理法(?)で。

人を殺してもいいと仮定する。→ということは、自分も他の人に殺されてもいいということになる→困る→人を殺してはいけない
ということで矛盾することになるので、「人を殺してはいけない」ことにする。

どうでしょう(^^)
  • 回答No.12

serpent-owlさんの意見におおむね賛成っす。
で、僕流の追加。

成人男性なら、標準的な体力を持っていれば、
人を殺すことははずみ程度のことで、起こり得る
くらいの簡単なことです。倫理の問題を外してしまえばですが。

では、倫理の問題はどうか。
これも、あやうく脆い。
戦争による殺人、死刑による殺人、正当防衛の為の殺人、精神障害者の殺人、
には法的罰則はありません。
ですから、ここで、殺人全般に対して法による拘束を持ち出すのは、
有効とは言いにくい。

すると、何をもって、それを禁止する定めとするか?
これはかなり、難しい。
結局のところ、論理でもなんでもなく、浪花節的に、
「自分の愛する人を殺されたら悲しいでしょ?
自分が死ぬのはいやでしょ?
誰かが死んで、それを悲しんでる人の顔を見たいって思わないでしょ?
なにより、あなたは人の生き死にを決定できるほど偉くないでしょ?」
ってな結論しかでないかもしれないです。
そこで「ぜんぜん」とか「そんなことない」とか
言われちゃうと、なーんにも言えないです。
困ったもんだ。
  • 回答No.10
レベル12

ベストアンサー率 38% (268/691)

お求めの回答とは違うと思いますが・・・

人を殺したり、迷惑をかけたりしてはいけないのは、結果的に自分が罪に問われたり、報復されるから・・・

「情けは人の為ならず」の逆バージョン?
「人を呪わば穴二つ」ちょっと違うな・・・
  • 回答No.18
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

日本の憲法では自由の権利は認められています。言論の自由、宗教の自由…などです。では、なぜ人を殺す自由は認められないのでしょうか?

逆を考えてみます。つまり殺す自由を認めるとどうなるかを考えてみます。殺す自由を認めるとムカつく奴、気に入らない奴など殺すことができます。しかし自分もいつ殺されるかわかりません。仲の悪い知り合いから殺されてしまうかもしれません。
このことから考えると、自分の自由を認めるには、他人の自由も認める必要があります。

根本はルールの話になります。無人島に1人なら、何をしても構わない。しかし、2人になると自由がぶつかると思います。どちらがいいところに寝るか…などです。つまり、自由がぶつかるところではルールを決めるのです。ルールは必ず守らなければなりません。

話を戻すと、殺したいと思う人がいる、殺されたくないと思う人がいる。自由がぶつかるところです。おそらく殺されたくないと思う人が多数です。日本では多数決制が採用されていますから、「人を殺すのは禁止」というルールを作ったのです。

これが私が考える人を殺してはいけない理由です。
  • 回答No.15
レベル9

ベストアンサー率 25% (8/32)

その人が生きる事を望んでいるから☆&悲しむ者が居るから☆ だから勝手には殺しちゃいけないンじゃん?
19件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ