• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

大河ドラマの直江兼継って面白いですか。

今年の大河ドラマ直江兼継って面白いと思われますか。(僕自身、きれい過ぎて面白いと思えない。興味をもっていた戦国時代の人物だけに残念です。) 後、疑問なのですが、どうして最近の時代劇の登場人物の会話は「です。ます。」調なのでしょうか。 ケーブルテレビで昔の昭和の時代劇をみると、「です。ます。」調が少ないように見受けられるし、そのほうが迫力もあって良いように思うのですが・・・。 無論、歴史学の視点で見れば、戦国時代の言葉が現代にそのまま通用し、理解できるものではないのだとは思いますがどうも引っかかります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数249
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

大河ドラマは「利家とまつ」あたりから若い女性をターゲットにシフトしていますね。 その路線で「篤姫」は大人気で成功しましたよ、お固いイメージのNHKとしては 「NHKなんてつまらな~~い」って言っていた若い女性を取り込んで大成功でしょう。 この影響で最近は「戦国時代」に興味をもった若い女性が増えているそうです。 だから歴史に疎い女性脚本家を起用したり、史実を無視した設定が平気で出来る のです。 直江兼継の脚本は、NHKの朝ドラ「東北老舗旅館乗っ取り物語り」を書いた脚本家 が書いています。 「利家とまつ」では史実を全く無視して、まつさんの言うがままに動いた利家がが手柄 を立てて家康に認められる場面がありました。 侍が月代を剃るのは鉄製の兜を被ると頭が蒸れて戦場で一瞬の判断を誤らない為の 自衛索で、戦場の教訓から生まれた知恵ですね。 15歳で元服をすると前髪を剃り、何時でも兜を被って出陣すると言う覚悟をして武士 の世界に入って行ったのです。 兼継は今でも前髪は地毛で後ろは鬘ですね。 妻夫木ファンの女性にとって、月代をそり上げるのは禿げを連想するので月代を剃る 意味を無視して歴史や史実に無知な女性に受けるドラマに仕上げています。 イケメンで軟弱な男タレント(今の女性に人気アリ)と自己主張ばかり強いわがまま 女には受けるでしょう。 所詮は早熟で耳学問が達者な女子高校生と、自分に自信が持てない軟弱な男子高校生 の「学園ドラマ」 「水戸黄門」さまや「必殺2009」は完全な娯楽番組なので史実を無視したり、今風 の言葉遣いをしても許せますが、天下のNHKが史実を無視したり歴史を知ろうとしない 脚本家を起用したり、満足な殺陣も出来ない殺陣師を起用しヘロヘロな斬り合いを演出 したりでお粗末極まりないですね。 「大河」と言うよりは「どぶ川」ドラマでしょうね。 大河ドラマに便乗して「地域起こしをしよう」って町村がありますが所詮は一過性の出来事 す。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。なるほど、そういう側面があったのですね。  やはり、私と同じく大河ドラマに不満な方も多いのですね。本当に歴史の好きな方ほど最近の大河ドラマの方向性には疑問に持つと思います。 「篤姫」に関して言えば「大日本史」に触れた場面がありましたが、あれなんか皇国史観と密接な関連性のある書物ですよね。大河ドラマのネタとしては、本当に歴史好きな人を満足させるドラマを作ろうと思えば、皇国史観と対決する部分「例えば南北朝」くらいしか残っていないのかもしれませんね。僕としては北方南北朝をやってみて登場人物に、 (高師直)「道誉殿、なぜこの国には天皇というものがあるのかな。 殿(足利尊氏)が唯一怖いと言われた楠木親子ですら、帝と聞いたとたん蛇に睨まれたカエルであったではござらんか。」 (佐々木道誉)「それがこの国の宿痾よ。」 という会話を放送して波乱を撒いたら面白いのでは。と思っています。  しかし、それはともかく「篤姫」に関して言えば、あの人物象が気になりますね。一応国営放送なので、教育的効果もあると思うのですが、学生や若い方に「篤姫に出てくるような人物になってもらいたい。」という意識があるのでは思うと怖いですね。今後、100年に一度の不況の後、歴史は変革期に入ってくるとおもいますが、歴史を作る人ではなく歴史に消される人を作っていくことになるのではないでしょうか。今、コンビニでたむろっている若い学生の方のメンタリティにはいまいちなじめないのですが、NHKの教育観を考えると仕方ないのかな、とも思ってしまいます。「行儀がよくて、戦が嫌いで、清く、正しく、美しく。」より、「たとえいかに批判にさらされても、悪者になっても、10年、100年先を考えて、今必要なこと断固としてする。」人こそ求められてくると思います。 篤姫に出てくる人物は、「私的な潔癖や徳義にこだわって、本当の進歩を忘れていた。(戦艦大和の最期 より)」人物そのものではないでしょうか。

関連するQ&A

  • 皆さま、時代劇はそんなに幕末、戦国が好きですか?

    大河ドラマもそうですが、時代劇はと言えば、幕末、戦国時代ばかりですね。 私は「えっ、また!さすがに飽きたなあ。」と感じます。 (1)この時代が人気があり、 (2)差し支えが少ない? などで選ばれるのでしょうが、皆さまはそんなに幕末、戦国が好きですか?

  • 時代劇っていつからいつまでなんでしょう?という質問です。

    最近ずっと疑問に思っていたのですが、テレビや映画などで、よく時代劇をやりますよね? 私は祖父母と同居してましたしチャンバラや殺陣が好きなので、テレビでも映画でも時代劇には興味があります。 ただ思ったのは、いつの時代からいつの時代までが俗に言う「時代劇」というものなのかと。 これにはもしかして定義があるのでしょうか? たとえば大河ドラマで言えば、かなり幅が広いように思います(大河はあまり見ていないのですが)。 だいたいは戦国時代が多いのでしょうが、昨年は幕末でしたし…。 チャンバラや合戦があるから時代劇なのか、それとも今現在より過去の歴史の話だから時代劇なのか、区別とか境界線みたいなのが、はっきりわかりません。 過去の歴史の話なら、第二次世界大戦だって時代劇になってしまいますよね…。 それとも戦争も時代劇の部類に入るんでしょうか? みなさんは「いつからいつまでが時代劇と言われるのか」、ご存知ですか?

  • 大河ドラマ「八重の桜」

    大河ドラマお好きな方にお聞きしたいんですが、今やっている綾瀬はるかちゃんの「八重の桜」どう思いますか?私は録画して一応毎回見ているんですが何かこれって内容的に福島県を励ますっていうよりますます憂鬱にさせちゃうんじゃあ・・・って思って見ています(笑)。今現在の展開は徳川慶喜に振り回されてるし、会津藩は(というかこれは新島八重の生涯の話ですけれど)最終的には悲劇だし・・・。もっと明るい題材でも良かったのでは?って思います。幕末ものも嫌いではないんですけれど正直来年の「軍師官兵衛」の方が楽しみになってきちゃいました(笑)。個人的には戦国時代の方が大好きなんで・・・。それとみなさんは大河ドラマの題材にするなら幕末と戦国時代ならどっちが好きですか??

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • yo-taro
  • ベストアンサー率30% (54/179)

私としては、 彼の成長過程を眺めて楽しんでる、という所です。 まだまだ未熟な兼継がどう変わっていくかを楽しみに、毎回観ています。 「です。ます。」の件ですが、 やはり一般受け、特に女性層の受けを考えると致し方ないのでは…? 「でござる。」では、どうしても引いちゃうでしょうからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。でも私的には、時代劇は「でござる。」ですね。

関連するQ&A

  • 時代劇に関する疑問(最近、面白くないのが多いと思うのですが・・・)

    最近、時代劇でおもしろいと感じるものがありません。何か平成の初期のころの時代劇に比べて迫力に欠いていたり、演技が下手だったり・・・。そこで質問なのですが、 (1)どうして時代劇は江戸時代(大河ドラマでは源平合戦、戦国時代、幕末を含む)ばかりなのでしょうか。南北朝時代(高 師直や楠木 正成など)のようにほかにも面白い時代は多いし、明治時代のほか江戸時代でも近松門左衛門のような文化人を取り上げないのはなぜでしょうか。 (2)韓国の時代劇では太王四神記のようにSF、ファンタジー的な要素をとりいれて面白さを増しています。日本の時代劇でも、剣を呪文を唱えて力を持たせたりして(ゲームのドラクエのギガブレイクなど)してもっと面白くする方法があると思うのですが・・・。今思いついたところではスタートレックのエンタープライズ号が江戸時代の日本にタイムスリップ、ピカード艦長が水戸黄門の正体であり、日本のみならず世界の異なる文明の間を行脚して悪を正すというのはどうでしょうか。

  • 現代に残る剣術ついて

    時代劇を見てて思ったのですが 流派っていろいろありますよね? それで、大体戦国時代から今でも続いている 流派ってどのくらいあるのですか?

  • 大河ドラマでなぜ北条早雲をやらないのか

    NHKの大河ドラマも最近は人材不足で主人公が次第に小物化。同じ人物を何回も取り上げたりNHKも苦労していますな。ところが、その一方で当然取り上げられてしかるべき人がずっと取り上げられないままになっていると思いませんか。偶然とは思えません。意識的に避けられているとしか思えません。そうです。いわずと知れた北条早雲です。どこの馬の骨ともしれない武士が流れてきて、謀略と戦争で関東の雄にのし上がって行くーこれくらい大河ドラマ向きの話があるでしょうか。主要な戦国大名でやっていないのはもう関東の北条と九州の島津くらいしかありません。あれだけ戦国時代が好きなのですから戦国時代を始めた北条早雲には戦国時代を終わらせた信長・秀吉・家康と同等の敬意が払われてしかるべきでしょう。「日本の歴史って戦国時代が大部分を占めているのですか?」って聞きたくなるくらい大河ドラマは戦国時代が好きですよね。早雲より優先度が低いと思われる人物も多数取り上げられています。山内一豊なんか大した仕事はしていないが世渡り上手、ゴマすり上手で出世ーある意味でサラリーマンの理想なんですかね。新島襄ならともかく、新島八重って誰?と言いたくなる様な新島八重とか、元寇だけしか見せ場のない北条時宗とか、山本勘介とか直江某とか黒田官兵衛とか人材不足のため最近ではトップではない人物も取り上げられています。それなのに全国に先駆けて戦国時代を開始した北条早雲を取り上げないのはどう考えてもオカシイ。冗談ではありません。大河で取り上げられれば観光客が押し寄せて大変な経済効果を生みます。小さな町小田原にとっては大きな違いです。「また今度もダメだったのか。」と小田原の人は落胆すると同時に「これだけ落選し続けるということは不運では済まされない。北条早雲をやらせないように何らかの力が働いているのではないか?」と疑問と怒りを感じ始めているのではないかと思います。地元だけではありません。北条早雲をやることは低視聴率と人材不足に苦しむNHKにとってもメリットがあるはず。それなのになぜ北条早雲をやらないのでしょう。おそらくNHKには「大河ドラマで北条早雲をやってくれ。」という声が殺到しているが、NHKはそれを握りつぶしていると想像されます。 北条早雲をやらない理由としては 1.NHKのお偉方の中に北条早雲を嫌いな人がいる 2.北条早雲の版権を持っている人が「NHKにはやらせん!!」と息巻いている などが考えられると思いますが、実際のところはどうなのでしょう。

  • 大河ドラマ「秀吉」

    最近、歴史で戦国時代が好きになり 歴史小説も読み始めたのですが、 平成8年に大河ドラマで「秀吉」をやっていたらしく 今更ですが、この「秀吉」が見たいな・・。と思い 色々検索してみると、 何故か市販はされていないようですね。 他の大河ドラマはDVDなどにもなっていますが、 何故これだけは市販は無いのでしょうか? 過去の大河ドラマ、「秀吉」をもう見ることが 出来ないのでしょうか?

  • 烏帽子について

    平安時代の時代劇を見たのですが、なぜ烏帽子を取られると恥ずかしいのでしょう。また、戦国時代には日常でほとんどかぶらなくなったのはなぜですか?教えてください。

  • 大河ドラマの謎

    NHK大河ドラマ主人公の小物化は目を覆うばかりです。かっての主人公は信長とか秀吉とか天下人だったのに最近の主人公は大名の家臣。黒田官兵衛の最終回では家康が如水に「戦のない世を作ることを誓った」ということになっていますが、これって史実なんですか?(戦のある世にしたのはあんたたちじゃないのかいって言いたいですが)。小物に史実以上の働きをさせて取り繕っているような感じです。これはつまり文句なしに主人公にしたいような大物がいなくなっているということでしょう。深刻な人材難です!ところがその一方でとっくの昔に取り上げられてしかるべきある人物がずっとやらないままになっているという、とっても変な現象があります。その人物は  (1)戦国時代を切り拓き  (2)数多くのエピソードを残し  (3)関東を制覇した もう、お分かりですね。そうです。言わずと知れた北条早雲です。北条早雲くらい大河ドラマの主人公にふさわしい人はそういません。流浪の武士から身を起こし、八面六臂の活躍、瞬く間に関東を制覇(実際はそうでもないようですが)。何といっても戦国時代を切り拓いたのです。この北条早雲を差し置いて他の誰が出る権利があるのでしょうか。北条早雲より優先度の低い人も多数やってるのに、それなのに北条早雲の番が回ってくる気配が一向にありません。前回の質問では北条早雲より優先度が低いにもかかわらず出ている人の例として山内一豊、北条時宗、新島八重を挙げましたが、他にも優先度の低い人はいっぱいいると思います。秀吉に敵わないと見るやさっさと降参し、家康が天下を取りそうと見るやさっさと徳川に鞍替えー結局のところ強いものにへつらうばかりだった伊達政宗、大河ドラマの主人公にするにはあまりにもスケールの小さい赤穂浪士、いくら人を斬り殺しても歴史の中で何の役割も果たしていない宮本武蔵、鎖国という日本史上最大の愚策で日本の進歩を止めてしまった徳川家光、時代に逆行し陰惨なばかりの新撰組、家康に向かってこぶしを振り上げたはいいが、こぶしを下ろすのに困ってしまった直江兼次ー何だか歴史上の人物の悪口大会みたいですが、それに引きかえ「関東に独立国を作るという雄志を持ち、謀略を駆使して堀越御所、小田原城などを次々に乗っ取り、関東に覇を唱え、大河ドラマのために戦国時代を始めてくれた北条早雲」は最優先でやるべき人材であることは明らかではないでしょうか。もちろん、北条早雲も「国中が麻のように乱れ、親子兄弟が争い、強盗殺人放火やりたい放題の恐怖の時代にした張本人」という見方も可能です。しかし大河ドラマの制作陣はそんな戦国時代が大好きなのですからこのことは北条早雲をやる理由にこそなれ、やらない理由にはならないでしょう。早雲が戦国時代を始めてくれたおかげで?大河ドラマを作ることができるのですからNHKは早雲に感謝しても良いくらいだとさえ思います。このように北条早雲は  (1)大河ドラマのコンセプトにピッタリ  (2)知名度がある(前回の質問では「北条早雲て誰?」という回答もありましたが...)  (3)北条早雲以外にいい人材は乏しい  (4)NHKは早雲に恩義がある ということを考えれば早雲をやらないのはまったくおかしなことだと言わねばなりません。早雲をやらないで直江兼次をやるなんて早雲を故意に外しているとしか思えません。早雲のやっていることも実際には侵略やら、だまし討ちやらですが、「時代に逆行し陰惨なばかりの新撰組」などより夢があるような気がしませんか。大河ドラマのコンセプトを見ていると「北条早雲のためにある番組」と言っても過言ではないように思います。しかも早雲は単に大河ドラマの主人公に適任であるだけではありません。日本史は多士済々、主人公に適任の人材は早雲以外にもいっぱいいます(というようなことはなく、すでに人材が払底していることはこれまで見てきたとおりです)。北条早雲は単に適任であるだけではなく、早雲をやることはNHKの義務、責任です。そのわけをご説明しましょう。もし「大河ドラマ史観」なるものがあるとすればー日本の歴史は源平合戦に始まり、いきなり戦国時代に飛びます。そして戦国時代が日本史の大部分を占め、やっと江戸時代が始まったかと思うともう幕末です。こんなことになってしまった原因の一つは太平記物語と北条早雲という二大タブーがあったからです。この二つを放送できなかったために源平合戦と戦国時代の間をつなぐことができません。このままではまるで源義経が戦国時代を始めたみたいな、まるでおかしなことになってしまいます。「大河ドラマ史観」で日本史の重要人物を挙げると、鎌倉時代を始めた源頼朝、室町時代を始めた足利尊氏、戦国時代を始めた北条早雲、安土桃山を始めた信長と秀吉、江戸時代を始めた徳川家康、明治維新を始めた坂本龍馬となります。このうち頼朝、信長、秀吉、家康、竜馬は何回も出ているのに足利尊氏は1回だけ、早雲に至っては0回、というのは明らかに公平を欠いています。山本勘助や直江兼次、黒田官兵衛といった小物でさえ出場機会を与えられているのに、です。山本勘助と足利尊氏はともに出場回数1回ですが、勘助は尊氏と同程度の重要人物なんですか?いったい山本勘助が何時代を始めたというのでしょう。ましてや北条早雲は日本史の大部分を占める戦国時代の創始者ではありませんか(大河ドラマ史観では、の話です)。源平合戦と戦国時代の間の空白を埋め、戦国の始まりを説明することはNHKの義務です。戦国の始まりを説明するのに黒田官兵衛必要でしょうか?黒田なんかより早雲に御登場いただくことがNHKの喫緊の課題です!北条早雲は戦国時代の原点=大河ドラマの原点のはずではないでしょうか。 大河ドラマで北条早雲をやらないのがいかにおかしなことであり、NHKは故意に北条早雲を避けていることがご理解いただけたでしょうか。ここからがやっと本題です。太平記の場合には放送できない公式な理由がありました。北条早雲にはそんなものはないと思います。したがって北条早雲を放送できないのはNHKにとって公表できない、隠しておきたい裏事情があるのではないかと思われます。その裏事情とは何かというのが私の質問です。NHKが太平記と北条早雲を避けて日本人に間違った歴史観を植え付けた罪は大きいです。もっとも太平記の方は避けざるを得なかったわけですが、なぜ北条早雲を避ける必要fがあるのでしょう。乱世に彗星のごとく現れ、裸一貫から大国を築きレジェンドとなった北条早雲。本当はNHKも北条早雲をやりたくてやりたくてうずうずしているのではないかな。しかしある理由から北条早雲は大河ドラマにできない。その理由は太平記のように公表できるものではない。その理由はもっと問題にされても良いのではないかと思いました。前にも同じような質問をしたのですが、私の真意が伝わらなかったようなので再度質問させていtだきました。

  • 武士の刀の差し方について

    日本刀は有名ですが、 日本においては武士が台頭するのに時間が掛かったようです。 大河ドラマや時代劇で、公家や武士が刀または太刀を腰に帯びています。 日本の刀は包丁の片刃と同じであると思いますが、 時代劇によっては、刀の刃が下に向いている差し方と、 刀の刃が上に向いている差し方が見受けられますが、 どういうことなのでしょうか? 江戸時代を舞台とした劇では、武士は刀の刃を下向きに差しています。 戦国時代以前だと、刀の刃が上向きになっているのが多くみられます。 江戸時代の劇でも、ある場面では刀の刃が上向きに差している武士がいます。 そのあたりを知りたいです。 公家の太刀と武家の刀の差し方の違いや、 戦国時代や泰平時の違いなどを お教え下さい。

  • 大河ドラマ

    大河ドラマの黒田官兵衛を見て戦国時代に興味がわきました。 見逃している回があるため、DVDとかHulu等で見たいのですが、字幕が無いようです。 当方、聴覚障害のため、字幕が欲しいのですが、邦画だと日本語の字幕が無くて…。 何か良い方法は無いでしょうか?

  • 最強の剣士は?

    ・日本の時代劇の登場人物 ・架空のお話 …が条件です。例に出すと水戸黄門や暴れん坊将軍、長七郎江戸日記など。 大河ドラマのように、極力史実に沿わそうとしている作品はダメです。 これらの中で最強の剣士と思う人物を挙げて下さい。

  • 囲碁に詳しい方に質問です

    戦国時代などの時代劇で、陣形に見立てて囲碁を打っているシーンがありますが やはりフィクションなのでしょうか? ヒカルの碁を見たくらいの素人なのであまり詳しくありませんので、詳しく教えていただきますと嬉しいです