• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

つるバラは虫がつきやすいですか?

つるバラ「バレリーナ」を地植えにして、タイルの外壁に沿ってトレリスをたててつるをはわせたいと思っています。 でも、虫がついたり病気になったら薬剤を噴霧しなくちゃいけないですよね。 タイルの外壁に影響がでないのか心配です(色が変わったり、とか)。 このバラは丈夫でしょうか。 もし虫がついたり病気になりやすいのであれば、ほかに丈夫なバラの種類を教えてください。 お願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1533
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hippopo
  • ベストアンサー率46% (122/265)

四季咲き性のつるバラはどうしても虫はつきます。ある程度の薬剤散布は必要になると思いますし、薬剤は水溶性で説明通りの希釈であれば壁が変色することはないと思いますが全く無いと断言できません。 バレリーナは強健で育てやすい種類と思います。バレリーナとカクテルは育てやすい四季咲き性のつるバラの代表じゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 よく検討してみます。 薬剤散布は多少は必要ということで、住宅会社にも問い合わせてみたいと思います。

関連するQ&A

  • ミニバラを食べる虫はなんでしょうか?

    こんにちは。 ミニバラを地植えして育てています。 そこで、今年、初めてなんですが、 添付写真のように、綺麗に円?半月状に 食べる虫がミニバラの葉を食べていて 困っております。 が、、当のその「虫」が食べているのを 目撃した事が一度もありません。 現在、まだ、食べていますが、 葉の表にも裏にもいません。 そこで、皆さま、これは何の虫なのでしょうか? 初めて体験する事でして、この虫に効く 薬剤を購入しようと考えております。 お忙しい所、大変申し訳ございません。 何卒、アドバイスの程、よろしくお願い致します。

  • つるバラの管理について(害虫駆除や消毒など)

    つるバラの管理について(害虫駆除や消毒など) 玄関横から2階バルコニーにかけて、アンジェラなどのつるばらを這わすことにあこがれるのですが 今ある鉢バラでも、うどんこ病やハバチの幼虫駆除で大変です。 高くなると、手で取ることも難しいでしょうし、薬剤散布も玄関先だとはばかれます。 近くのつるバラや雑誌のように、きれいに咲かせるためには 実際どの程度の、手間がかかるでしょうか。 向きは南東で、住宅がある程度密集している場所です。(関西) アドバイスお願いします。

  • バラの花を食べる虫の名前を教えてください。

    毎年、この時期のモッコウバラ~つるバラが開花し始めると、バラの花に小さいコガネムシ? のような虫が大量に発生し花をかじります。 この虫の名前は何でしょうか? 大きさは5mm程度で薬剤を散布しても殆ど効果は無く、 小さいモッコウバラの花でも一つの花に5匹くらいが花に付いてます。 つぼみのバラでも数匹が花をかじってます。 触っても飛んで逃げません。動きは遅い?と思います。 毎年、やっと開花をむかえたバラ達がこの被害に合いますので 対応に苦慮しております。 虫の名前がわかれば対応策が検討できますのでよろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • 0430
  • ベストアンサー率23% (217/923)

外壁に沿っては、勧めできません。 私の庭では外壁から50センチ離れた所に、オベリスクやアーチ、トレリス等を設置してバラを誘引しているのですが、戸の開け閉めでは、葉や枝が入ります。 土台や壁面にひび割れのチェックも、見えにくいですね。 根が張ると、鉢を破る位の威力が有ります。 ツルバラでしたら、何処からでも引っ張ってこれますので、出来るだけ家屋から離した所に植えられた方が良いでしょう。 家で、適当な手入れや消毒の中で、何年も一杯花を咲かせて元気なツルバラは、バタースコッチ、アイスバーグ、カクテル、アンジェラ、新雪、ロココ、ピース、パパ・メイアンです。 病気や虫の害から守るなら、今からダコニールやスミチオン等の薬剤を撒いて予防することです。 鉢のまま、雨どいや支柱に針金を張って誘引してみたら如何でしょう。 園芸は遊びですので、試行錯誤して楽しみましょう。 環境も違いますので、本に書いて有る様にはなりませんね。 遊びましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

0430さまのお宅はバラがいっぱいなんですね。 素敵ですね、憧れます。 土台や壁面のひび割れチェックは…なるほど、気がつきませんでした。 でも面積を狭くしたらひび割れがあったとしても気づきやすいのではと思い、あまり大きくないトレリスを立てようかと思っています。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • バラ苗について

    11月頃にバラの苗を数種類植えました。 つるバラと中輪四季咲きは地植えにし、ミニチュア3種はテラコッタに植えました。 地植えにしたものは、芽が膨らんで、数枚出ている葉も茎も緑色をしていて元気に育っていますが、何故かテラコッタに植えたミニチュア種は 葉はなく、茎も枯れてしまったようです。 一昨年から育てているミニチュアは葉はなくなってますが、茎も緑色で元気なのに、今年植えたものだけが枯れ枝状態なんです。 根づくまで水が不足していたのかもしれません。 もうダメなんでしょうか? 絶対に咲かせたかった品種なので、どうにか復活させたいんです。 もし復活できなければ新しい苗を買うしかないですね。 これから植えても大丈夫なんでしょうか? 枯れた苗を見ると悲しくなってしまいます。 どうか教えて下さい。お願いします。

  • モッコウバラのトレリス

    いつもお世話になってます。 最近、一戸建てに引越しをし、花苗や木苗を植えたりしはじめています。ガーデニング等初心者です。 初心者向けとのことで、先日モッコウバラの苗を購入しました。 購入時に植え替えをし、現在は直径20センチくらいの鉢に植えており、つるは長い場所で30センチくらいのものが二本位になっています。少し横に広がりつつあるようなかんじです。 このバラのためにトレリスを立てようと思っていますが、最初から大き目のトレリスを立てるほうがいいのでしょうか。 現在は鉢で、大きくなってきたら大き目のプランターか狭い場所ですがフェンス沿いに地植でと思っています。 トレリスの大きさですが、90センチか120センチ、150センチのものでどれにしようかと悩んでいます。鉢植えなので、150センチのものは無理そうなのですが、120センチ位の大き目のトレリスにしておいて、大きくなってきたらそのまま移植・・ということも可能でしょうか。小さめのトレリスを使ってしまうと後々大きくなってきたら困るでしょうか。 その他つるものですが、クレマチスの苗を二種、それぞれの鉢に植えています。こちらはあんどんのような感じにしようとアーチ支柱を立てています。 モッコウバラのつるとは全く違って、クレマチスはか弱いというか、細いかわいいつるなんですね。冬咲を一種、春咲を一種それぞれ一年苗をうえてますが、咲くのは春咲のものは次の春にはまだ咲かないのでしょうか。咲くまでに枯れないかどうかのほうが難しい点かもしれませんが・・。 何でもいいのでご意見あればよろしくお願いします。

  • バラの大苗を植え付けたのですが

    以前から欲しかったつるアイスバーグの大苗を購入しました。 本当は地植えにしたかったのですが、事情があって 鉢植えでオベリスク仕立てにすることにしました。 立派な茎が4本あり、先端からはそれぞれ新芽が出た状態でしたので、 根は崩さないようにし、10号ほどの素焼きの鉢に植え込みました。 一日経って今朝になってみると、 新芽が全てしんなりと萎れていたので、水が足りなかったのかと思い、 もう一度たっぷりと水をあげましたが、半日経っても萎れたままです。 土はバラ用の物を使用し、もちろん肥料はなしです。 何がいけなかったのか、また、新芽はそのままにしておいた方が 良いのかカットした方がいいのか・・・・。 バラに詳しい方、アドバイス頂けないでしょうか。 このまま弱ってしまうのではと、 気になっていてもたってもいられない状態です。 宜しくお願い致します。

  • ツルバラの落葉について

    昨年の春につるバラを数種類ほど庭に植えました。 冬になり、落葉して現在、誘引作業をしております。 そこで、質問なのですが、植えた種類の中につるアイスバーグがあるのですが、現在2月中旬でも みどりの葉が沢山茂っております。全く、落葉する気配がありません。 当方、広島在住で、この冬は雪も何回か降っており寒い時は零度近くまで下がります。 他の数種類のバラは基本、落葉しております。 つるアイスバークが落葉せずに越冬する事は良くある事なのでしょうか? 去年植えたつるバラで一番成長しているのもアイスバーグです。(買ったときは1Mで現在は4M程度まで伸びてます) よろしくお願いします。

  • 農薬の散布の仕方

    農薬の散布の仕方 農業初心者です。教えてください。 作物に農薬を散布する場合、私は、今は、葉の表にも裏にも、たっぷりと噴霧器でかけています。 しかし、ふと疑問に思ったのですが、害虫がその薬剤の付着した葉を食べて死ぬのなら、葉の表側にかけただけでもいいのではないか。たとえ葉の裏側にくっついている虫でも葉に穴をあけるくらいだから、表側も食べているはずですよね。 それとも、薬剤というものは害虫のbodyに直接かけなければならないのでしょうか。 もし葉の表側だけでよいのなら、散布する薬剤を少なくできますし、それに労力も節約できます。 今までどおり、葉の裏表にたっぷり、葉から薬剤が滴るくらいにかけるのが正しいのか、それとも、葉の表面だけでいいのか。あるいは、薬剤の種類によって、虫の種類によって違うのか。 よろしくお願いします。

  • ひょうたんの雄花・雌花

    子どもの夏休みの課題で、ひょうたんを育てています。 一ヶ月くらい前に、鉢から地植えにして、葉っぱやつるはとても元気がよくてぐんぐん成長し、上へ上へと伸びて、今では横に植わっている木のてっぺんまで届くほどです。(約4~5m) 子どもはその様子を見て喜んでいたのですが、花つきが良くなかったので、少し心配でした。 でも、ここへ来て、一気に15個以上の花が一斉について、咲いているのですが、ネットで見てみた「雌花」の形の花がひとつもありません!!! ってことは、ひょうたんはならないのか??!! うちのみたいに、雄花だけしかつけない種類ってあるんでしょうか?? 夏休みも残り少なくなってきましたし、なんとか小さなものでもひょうたんがなる様にしたいのですが、どうしたら雌花が出てくるようになりますか?? どなたかおしえてください、お願いします。

  • 木から虫が沸いてきました

    先日ホームセンターで趣味のミニボードを作る材料として 木の束を購入し、配達して頂きました。 大量に使うわけではないので、数週間は放置するのですが 先日この木から(だと思うのですが...)画像のような虫が出てきて 大量に沸いてきました。 お尻が緑のような黒のようなものやお尻が赤いものなどがいますが どれも同じ種類のようです。気持悪いくらい多い数です。 交尾したり喧嘩したりしている様子も見られます。 空中を跳ぶ姿も見え、大変活発に活動しているようです。 同じ近所の大工さんに見てもらうと 大きな原木の皮の下などに住む虫ではないか?との事で、 害は無いという事でしたが気になっております。 卵を産んだりとか木に住み着いたり、人等に悪影響は無いものなのでしょうか? 結構飛んできて腕などにとまります。 噛んだりはしないようですが生命力が強いみたいで ちょっと叩いたくらいでは死にません。かなり潰さないといけないくらい強いです。 どなたか詳しい方どうぞ宜しくお願いします。 出来れば、木を置いている倉庫は薬剤をまきたくないです。

  • 植物の害虫?病気?

    プランターの花に小さな白いトゲのような点々ができました。 最初に1つの花にできてから、他のプランターの花にも次々できてきました。 これは植物につく虫ですか?病気ですか? いったんこうなった花は抜いてしまった方が良いのですか? 何か薬剤を噴霧した方が良いのでしょうか? 対処方法を掲載しているサイトなどあったら教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 薔薇の剪定

    バラ栽培初心者です。 今月初めから鉢植えでシーザー、カクテル、アルキミストを、地植えでアイスバーグを育てています。 ベーサルシュートとサイドシュートのピンチについて質問なのですが、つるバラであれば返り咲き、一季咲き、四季咲きに関わらず蕾をピンチするだけでシュートの剪定は基本的に必要ないと本に書いていましたがその通りでいいのでしょうか。また地植えのアイスバーグはつるアイスバーグではないのでシュートをピンチする必要があると考えて良いのでしょうか。また、シュートのピンチの時期ですが、一番花が開花した後と書いているのですが、二年育成後の大苗?を購入したので一番花が咲く前にシュートのような枝が出ているようにあるのですが、開花を待ってからすればよいのか開花を待つ前にすればよいのか分かりません。どうぞ宜しくお願いします。参考としてシーザーの鉢植え写真を貼付していますが、どれがベーサルシュートやサイドシュートか判断がつかずに困っています。 なにぶん初心者ですのでわかり易く教えて頂ければ幸いです。

  • 初心者向け(強い、簡単管理)バラの購入について

    7-8年前からバラをいくつか植えていますが、同じ条件(土壌、日当たり、管理)で明らかに木の勢い、耐病気性(黒点病、等)が異なります。(2本は非常に元気、他の5本は樹勢が弱い。種類はHLとFL。水やり、肥料、噴霧、枝剪定はそこそこにはやっていますが所詮素人程度です)。そこで弱くなったバラの植替え(強いバラの購入)を検討しています。上記のとおり、明らかに種類によって差がありますので、この2本のように丈夫で、簡単な管理でも元気に育てられるバラを購入したいと思います。丈夫で簡単な素人向けの品種を紹介しているサイト、或いは品種を紹介していただけないでしょうか。

専門家に質問してみよう