• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

建築基準法・宅地について

建築基準法や宅地の税法上の扱いについて質問します。 (1)敷地の境界線より必ず何センチあけて建物を建てなくてはいけないという決まりはあるのでしょうか?民法では50センチ?とか聞いたのですが・・・ (2)宅地として登記している土地にある建物を解体し、サラ地にした場合、税法上の変更はあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数269
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • u2u2u2
  • ベストアンサー率38% (16/42)

1)民法では50センチ規定があります。しかし、例外も認めていて、特別な慣習があれば無視しても良いことになっています。要は隣人との話し合いです。 2)固定資産税=課税標準(査定額)×税率です。 建物のあるなしは、課税標準がかわります。あると低くなるのです。 民法の50センチですが、境界線から建物の何処までが50センチなのか調べたことがあります。色々な解釈があるそうです。 ・基礎芯・外壁つら・出窓つら・サッシガラス面等々。 プライバシーを守る観点から考えるとガラス面。 避難経路の確保から考えると外壁つら・出窓つら ハウスメーカーは基礎芯から60センチ逃げるのを基本としている所もあるそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 建築基準法と民法、どちらが優先か。

    既存住宅を撤去して、建替え新築するに際し、建築確認を取って工事着工しようとしたら、隣家より敷地境界線より、50センチ後退して建築しなければ、民法上規定されているので、後退なければ裁判に持ち込むとの申し入れがあり、困っています。当方の建物は解体する前のとおりで、隣地境界線より45センチの位置で建築確認を取っています。既存家屋の隣家は35センチの後退で、自分の処は其の儘ですのに、当方には後退50センチを要求して来ています。確かに民法では50センチ後退と書かれていますが、此の場合隣家の申し入れを無視して建築した場合、裁判になった場合、建物撤去命令が出るでしょかお伺いします。建築場所は大阪府八尾市で、隣地境界線からの後退距離については、条例等で規制されていません。

  • 過去の建築基準法を知るには?

    隣家の家屋が所有敷地内目一杯に建ててある為、壁のパイプ等を修理するとき、断りも無く無断で境界線を越えて我が家の敷地内に入ってきます。その家族も雇う業者も暴力的なので、今後に備えて裁判所で調停をかける予定です。我が家は当時の建築基準法を順守して建てられた事を事前に知りたいのですが、昭和40年代の建築基準法を調べるのにはどうしたらいいんでしょうか?

  • 建築基準法の壁面線

    建築基準法の46条に「壁面線」というのがでてきますが、具体的にはどの部分のことを言うのでしょうか?敷地の境界線とは違うのですか?具体的なイメージがわかないので知っている方お願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • u2u2u2
  • ベストアンサー率38% (16/42)

回答3の補足。 基準法と民法の上下関係は。基準法は民法の特別法のため基準法が優先されるという判例があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#102385
noname#102385

今晩は cyoi-obakaです。 (2)に関しては#1さんが回答しておりますので、私は(1)について回答します。 基準法上で外壁の後退が規定出来るのは、第1種及び第2種低層住居専用地域の2地域だけです。 ただし、特定行政庁(自治体)が都市計画で指定している場合だけです。 つまり、特定行政庁が外壁後退の指定を設けていなければ、後退をする必要はありません。 また、それ以外の地域では外壁の後退規定はありません。 建築基準法と民法は異なる法律ですから、直接的にリンクするものではありませんが、防火地域内の耐火建築物は民法でも外壁の後退を要求してません。 尚、一般的には民法(民法234~236条)規定の方が優先する様ですね! 以上です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

(1)についてはよくわかりませんので、他の方の回答を参考にして下さい。 (2)については、家が建っている限りにおいては軽減措置があり、土地の固定資産税はかなり安くなりますが、家が建っていないただの更地になった場合については、いくら登記簿上の地目が宅地であっても通常の固定資産税になり税金の額が高くなるかと思われます。  よく築何十年も経ったボロボロの古屋付で土地を売り出しているのを目にしますが、あれは更地にするための解体費用を出したくないのと、更地にすると固定資産税が高騰するので、それを避けるためにしているのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ちなみに、税率のベースアップがあるとか、そういうことなのでしょうか? 素人なもので、変な質問ですみません・・・

関連するQ&A

  • 建築基準法の敷地について質問です。

    建築基準法の敷地について質問です。 建築基準法では、1つの敷地に1つの建物しか建てれないはずですが、1つの敷地に家と倉がある家はどうなっているんでしょう? マンションもL型マンションではI型を2棟L字に並べた方が地震に強いと国が勧めてましたが、これも1つの敷地に2つの建物が建つのでは?と思ってしまいます。 1つの敷地に1つの建物ってどういうことですか?

  • 建築基準法 2メートル問題について

     家の建て替えを計画しています。 かなりガタが来ています(T.T)  しかし、我が家の敷地は前の道路に1,5メートルしか接していません。 建築屋さんの話ですと、2メートル接してないと行政からの許可が下りないとか。  お隣さんは50センチの土地を譲ってくれません。 計画がStopして困っています(T.T)(T.T)  質問1,2メートル確保する趣旨はなんでしょうか?  質問2,お隣さんに50センチの土地をお借りすれば建築許可は下りますか?    質問3,家を取り壊して更地にしても行政は許可してくれませんか?  こんな時の対策、いい案がありましたら、 どうぞ、よろしくお願いします。  ちなみに、家の建った事情は、建て売り住宅を買いました。 お隣さんの家とは、間に簡単な屋根を作って物置みたいにしてあります。 「長屋」扱いで分譲、文筆という形式で売られたらしいです。  建った時は「長屋」なので、問題は無かったのです。  他方、奥の土地は他人様の土地で、車が通る道として使っていますが、 「道路」ではなく「敷地」らしいです。  (T.T)(T.T)(T.T)

  • 外壁後退距離の規制緩和(建築基準法施工令135条)

    建築基準法54条では、1種低住地域において、建築物の外壁から敷地境界線までの距離を1or1.5m以上離すよう規制されています。 但し、建築基準法施工令135条の20では以下のような場合は建築基準法54条の規制を受けないとされています。 『物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが二・三メートル以下で、かつ、床面積の合計が五平方メートル以内であること』 そこで、質問です。 現在、隣の家が物置を建てました。 物置の壁面からこちらの敷地までの距離(物置壁面から民民境界線までの距離)は民法で定められている50cmの距離はとっています。 その物置は軒の高さは2.3m以下ですが、床面積は5平米をはるかに超えています。 また、このあたりの土地用途は1種低住で、建基法上は1m以上離すことが定められています。 こちらは豪雪地域で、その物置から当方の敷地内に落雪し、かなり積もっているような状況で、辟易しています。 もし、隣家の物置が上記の建築基準法施工令135条の20の規制緩和対象に当たらないのであれば、然るべき手続きを取って物置を移動していただくようお願いしたいと思っています。 ご質問としては (1)上記規制緩和の対象となるのか、ならないのか (2)対象外とすれば(法的に移動を)、どこでそういった相談や手続きができるのか を教えてください。よろしくお願いいたします。 ※135条の20における床面積5平米というのが、単純に物置の床面積を言っているのか、それとも本来離すべき距離を超えた面積分なのかがはっきりわからずご質問させていただきました。

  • 民法第234条第1項の境界線について50以上ですか?

    横浜の住人ですが民法第234条第1項の境界線 付近の建築制限の規定を詳しく教えてください。 当方の敷地北側に1.95mの擁壁を作り宅地造成の予定があります。 当境界より40cmの離隔しか離れていません。よって上記234条第1項により50cm以上離隔を取らなければ違法ではないのですか。建物の解釈が擁壁も当たるかが、分かりませんので教えてください。

  • 建築基準法42条1項3号

    建築基準法42条1項3号に接した土地の購入を検討しています。 建築の許可やローンの設定には問題ないと認識しておりますが、 接道は私道で何人かが所有しているようです。 気になっている事がありますので、ご教授お願いします。 1・通行権や地上権等の問題が発生するのでしょうか? 2・公営水道を接道(私道)の地下に引こうと考えていますが、   問題が発生するのでしょうか? 3・接道(私道)との境界線がはっきりしてません。   はっきりさせる方法はあるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 民法第234条について

    リフォームではいろいろ質問させていただきお世話になりました。 来年北側の隣家が建て替えをなさることになり「境界線の同意」について話に来ました。 (1)建物の壁面・またはこれと同視すべき出窓・バルコニー・バランダ等  の位置が、敷地境界線より50cm未満になることを承諾した。 (2)建物を建築するにあたり、工事中の足場等が我が家の上空を越堺する  ことを承諾した。 以上の内容ですが承諾するのは構わないのですが、逆に我が家が建て直しをする際に不利になることはありませんか。 隣の方は、できれば年明けすぐに「承諾書」をといわれてますので 民法第234条、第235条、及び建築基準法第54条について教えてくださ。

  • 建築基準法の「建築物」について 

    専門家の方、ぜひ回答お願いいたします。 我が家(築37年)の南側に隣家の駐車場兼通路があります。 そこに、単独で自立しているベランダが2年半前に建ちました。(階段付き、4帖ほど) 隣家はそのベランダの下を通り玄関へ行く形です。 うちのベランダも境界ギリギリに出ているので、お互いのベランダの距離は40~50センチほどで 布団を干しても叩くことはできないほどで洗濯物も丸見え状態です。 このベランダは基準法で言う「建築物」なのでしょうか? 建築物であれば、境界線ギリギリに建てても問題はないのでしょうか? どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 境界より1m未満のバルコニー

    住宅を建築するにあたり、隣地境界線より1m未満にもうけたバルコニーは建築基準法上、目隠し等しなければ、違法なのでしょうか。 建物は境界より50センチ以上離さなければ、建築してはいけないのでしょうか。 確認申請は通らないのでしょうか。教えてください。

  • 準防火指定 建築基準法

    現在某ハウスメーカーで新築一戸建てを計画し、確認申請の直前です。 敷地の極一部(南側の1.5m)が準防火指定になっています。 土地購入の際に、ハウスメーカーにも不動産会社にも、準防火指定の部分にかからないように建築物を計画すれば、準防火仕様にする必要はないと聞いていた(確かに建築基準法67条でも「建築物が」異なる防火指定の2つの地域にまたがる場合は建物全部を厳しい方に合わせる、とありますが「敷地が」・・・ではないので大丈夫と聞いていた)のですが、確認申請の前段階にきて、地域によっては役所で敷地内に準防火指定が入っていると(念のため?)準防火仕様にするように指示される事があり、その場合約80万円の増額となるとハウスメーカーから言われました。 今更何を・・という気持ちですが、念のためで地域によって建築基準法の解釈が違う事なんてあるのでしょうか? 直接役所で話し合ってこようと思い、必要な情報を集めようと思ってこちらにご相談した次第であります。よろしくお願いします。

  • 公図の敷地と建築確認上の敷地

    公図の敷地は一つでそこに建物を複数戸建てることは可能ですか? (この場合のそれぞれ建物の所有者は同じと言う前提で) 建物は一敷地、一建物と決まっていますよね。 しかし、敷地境界線を決め敷地を確定し、その敷地で建築基準法を 満たせば複数戸建築可能だと言う事を聞いたことがあります。 (簡単に言えば適当に敷地を分割してそれぞれに建物を建てる) つまり、土地家屋調査士などに分筆を依頼せずとも、建築確認申請上 敷地を確定していれば良いというのです。 確かに公図の土地にいくつかまたいで敷地を決定している場合もあり その場合、あえて合筆などしませんよね。 この逆で、公図の敷地を便宜上区切って、建築基準法上の敷地を 決定する事は可能なのでしょうか? そうすると地名地番は複数の住戸で重複する事になり、不都合などは 生じないのでしょうか? 申し訳ないのですが、詳しい方にご回答お願いします。参考図書や 参考になるサイトなども教えてもらえればうれしいです。