• 締切済み
  • 暇なときにでも

パチンコ店の’さくら’の存在について

私が数ヶ月かよったパチスロ店で、1週間に1度くらいしか来ない客がいて、来るたびに数万から数十万勝っていきます。最初は運がいい客だなとしか思わなかったのですが、友人も私が出向かないとき、目撃してるとの事です。確立的に考えておかしいと最近思ってきた次第です。別に普通の客が勝つのはかまわないのですが、他の一般の客の射幸心をその様に店が損しない形で煽ってるのは許せないと考えます。 このような店側の行為は法律的に何らかの罰則は無いのでしょうか?法律の専門家の方、またはご存知の方、ご回答をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
  • yutaro
  • ベストアンサー率22% (13/57)

補足です。前に本で読んだのですが、パチンコやマージャンなどの賭け事によるお金は、民事訴訟を起こしたとしても棄却されてしまいます。不当なお金であるというらしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

たまに来ては勝ちまくる。 いろんな可能性が考えられますね。 peach104さんが考えられているようなサクラである場合、本当にラッキーなだけな場合、変造ロムなどでイカサマをしている場合、本物のプロである場合・・・ 常識がある本物のプロの場合、同じ店に毎日通って根こそぎ儲けてしまうことはありません。長くじっくりと稼いでいきます。そうすると、おっしゃられているような頻度で現れても問題ないでしょうね。 法的には、詐欺罪にするのも難しいでしょうね。 ただ、風俗営業法上の問題があると思いますので、あまりにも目に余る場合は所轄の警察に相談しに行くしかないでしょう。 けれども、人が儲けているのをみてアツくなってしまい、大損をしたといっても、損害賠償はできません。店の営業許可にかかわる訴訟は起こせるでしょうが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • yutaro
  • ベストアンサー率22% (13/57)

今はそれほど「さくら」は多くないのですが、客集めに行っている店もあります。「さくら」は決して出した分の勝ち分をすべてもらえるというのではなく、日給でもらっています。以前は、000パチンコ店、000パチンコ店でも、「さくら」を扱っていました。ぼくの親戚が某パチンコ店を経営しているのですが、「さくら」はやってないそうです。「さくら」は、パチンコ屋のみで行われているわけではなく、料理屋でもわざと行列を作って客の興味を引くというケースもあります。これは客寄せのためであって、お客さんからぼったくるためではないです。パチンコで勝ちつづけるためには、欲をかかない事、そして、どこで見切ったらいいかの判断です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • さくらについて。

    私が数ヶ月かよったパチスロ店で、1週間に1度くらいしか来ない客がいて、来るたびに数万から数十万勝っていきます。最初は運がいい客だなとしか思わなかったのですが、友人も私が出向かないとき、目撃してるとの事です。確立的に考えておかしいと最近思ってきた次第です。別に普通の客が勝つのはかまわないのですが、他の一般の客の射幸心をその様に店が損しない形で煽ってるのは許せないと考えます。 このような店側の行為は法律的に何らかの罰則は無いのでしょうか?法律の専門家の方、またはご存知の方、ご回答をお願いいたします。

  • 回転寿司のオマケはパチンコと同じか?

    回転寿司で5皿食べる度にルーレットが回り、当たると景品が貰えるサービスがあります。子供はそれが大好きで、よく行ってます。あのシステム、良く見るとパチンコと同じですよね?ルーレットを回すために食べろタベロと急かされ、100%運だけで一喜一憂してます。ゲームの方がまだマシに思えて来ました。パチンコは射幸心を煽ると規制が厳しいです。子供にも良くないのか?と心配してます。将来のパチスロ養成? 控えた方がいいでしょうか?

  • パチンコ・パチスロの件で(仮にも訴訟の起こし方等)

    質問です。【】内が質問の趣旨です。 【一つ、パチンコ(パチスロ)は、確実に合法なのですか?】   「法律上はグレーゾーンである。」と言われている。   三店方式うんぬん及び刑法第185条賭博罪についてもは理解していますので解説はいりません。   ※三店方式についてhttp://q.hatena.ne.jp/1176769410 【二つ、パチンコ(パチスロ)はなぜ「法律上」グレーゾーンであると言われているのですか?】   法律上「疑わしきは、罰せず」であるので罰せずは理解しています。 パチンコ(パチスロ)業自体(遊戯と言う定義だが)+換金できる(三店方式で)から、お客にお金を出して遊戯してもらうという商売の大本であり換金出来ることが必須に近い事(30兆円産業ということで証明されている類似業態のゲームセンターとはお客の数や一人当たりの遊戯利用料金等全てにおいて比較にもならない)。(換金できる事によりパチンコ(パチスロ)店の商売として業としての営業活動が景品を貰ったお客が換金出来ることを目的としているからこそ商売として成り立っているところ、また、お客に遊戯利用料金と称して機械にお客自らがお金を支払い玉やメタルに交換(店側が貸与しているだけで購入ではない)して遊戯が成立し出来る、その行為で、パチンコ店の利益が計上され業と成している、さらにお客同士が真ん中に遊戯台を介して事実上お客のお金で玉(メタル)の取り合いをさせて、出したお客には出した数により景品と交換できるようにし、全く出せないで最後に持ち玉(メタル)が無い場合は手ぶらでおかえりいただき、お客からいわば集金したお金でお客同士にお金の取り合いをさせ、そのうちの何パーセントか何十パーセントを店の取り分として利益となして業としている点、を踏まえた上で 以下の 【三つ、ではどうやってどこを突いて、的を絞り誰が何処に対して(店、景品交換所等) 言わばパチンコ・パチスロ業を賭博罪で告訴するとしたならばその手順(手段)を教えてください】

  • パチンコ台の出玉について

    当方スロッターなのですが、パチンコがどうも怖くて打てません。 スロットはお店側で各台の設定を決めています。もちろん運もありますが確立・統計をみれば設定の高い台に座るほうが特です。 しかしパチンコは通常315分の1などと大当たり確立が一定にもかかわらず、出玉に大きなブレがあります。 もちろん釘の状況や運に左右される面があるかと思いますが・・。 しかしこれも同条件であれば確立・統計からすれば出玉量は収束していくものなのでしょうか? もしかして公表されていない設定みたいなものがパチンコにもあるのでしょうか? 素朴な疑問です教えてください。

  • 全国のパチンコ店にて8/1より規制がかかりますが

    8/1より全国のパチンコ店にて規制がかかりますね。内容としては ・イベント一切禁止 ・店内店頭において射幸心を煽るような表示の禁止 らしいです。 前者については、例えば看板機種である海物語シリーズを出すイベント「徹底海の日」と題したイベントの展開やパチスロにおける設定5、6を多数設置したイベント「闘火GO!ROCK!」と題したイベントの展開等が一切できなくなります。つまり毎日が平常営業という事になります。 店側としては、例えばお客さんの信頼を築き上げてきたイベントが行えなくなり、自店のアピールの手段が大きく断たれます。客側としても、「このイベントは毎回期待し、楽しみにしていた」という声もあるでしょうし、イベントがない平常営業では立ち回りにおいても困ったりする時もあります。 後者については、店内店頭の装飾関連ですね。現行でも出玉の交換率やパチスロの設定を直接告知は勿論NGですね。どこの店も一応遠回しな表現をしています。パチスロの設定は「ハイモード確定」の札や「ROCK!」の札等。特に等価交換の店はそれを「全力闘火営業」や「完全MAX営業」などと謳って等価である事をアピールしてます。それらも一切禁止になります。大当たりした回数を札で差すことさえ禁止です。 しかもこれらの決まりはつい最近決まったそうで、8/1には全国的に施行されるので装飾関連について準備に追われています。 そこで皆さんにお聞きしたいのが、今回の規制についてどう思われますか。「パチンコなど世間に悪影響なものはどんどん肩身狭くして潰してしまえ」というような意見をお持ちの方もおられるかと思いますが。 急遽しかも施行が目前の通達というのがひっかかりますね。経営者達は黙って首を縦に振っているとは思えないのですが。店内の装飾にお金をかけていた店舗、制服もそういった文字入りなら8/1から着れなくなります。まぁ元々「基本遠回しでも射幸心煽ってはダメですよ」って決まってるといえば反論できませんが。 簡潔にまとめますと、 ・今回の規制について思う事 ・パチンコやスロットを打つ方でイベントを重視していた方の今後の立ち回り方について ・今回の規制について賛成か反対か、その理由 ・回答される方、パチンコ・パチスロをされているかされていないか 以上、皆さんのご意見をお待ちしてます。

  • 国家公安委員会は、無法地帯ですか?

    パチンコ店で稼動するパチンコやパチスロの仕様(スペック)の規則について調べました。 そこには、国家公安委員会が定める検定を受けて認可を得るという流れがあります。 しかし、検定の内容となる検定基準については風営法(法律)ではなく、 国家公安委員会規則の中の、“遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則”という、 あくまで内輪な規則の中にあります。 そして、風営法には、「国家公安委員会規則の検定を通過していること。(認可されていること)」といった旨だけで、 その検定の内容については触れずに、「国家公安委員会の規則に準じる」という旨すらも 記されていないので、法律上、パチンコ、パチスロの検定基準は、あってない様なものなのです。 (ちなみに、ゲーセンのゲーム機等の検定基準には、「国家公安委員会規則に準じる」 という事が記されていますから、法律的に検定基準があると言えます。) つまり、パチンコパチスロの検定基準は、国家公安委員会による私物の様なものなので、 規則に反する事があっても、認可してしまえば合法で、世に出てしまいますし、 どの様な機種が出ても法的な罰則もない無法地帯なのが実態だと思います。 現実問題、現行のパチスロ機では、1日で2万枚近く出たり、客がザラに何十万円も負けてる様な事が 毎日の様に起こる射幸性の高い、“規則(検定基準)に明記されている事に反したパチスロ機” が出回っています。 ここまでを一言でまとめると、パチンコやパチスロの仕様に具体的な法律はないのです。 ここで質問です。 国家公安委員会は、無法地帯ですか? 規則に反する事をしているのですが、罰則はないのでしょうか?

  • パチンコ店の物申したい!!(長文すみません)

    自分が行っているパチンコ店は、小規模の客もあまりいない店ですが。 大規模店とは違って、ゴミゴミしてなく居心地がいいので気に入ってたのですが、 一部好き勝手やってる客がいて、最近居心地が悪いんです。 しかも、それを見逃している店員が許せません。 具体的に言うと、店側が禁止事項として書いてある玉の共有・代打ち 空台の占拠等。店員は、自分を含め他の客には注意するのですが、 一部の人達には、見て見ないふりをしているのを何度も目撃しました。 小規模店は大規模店に比べて、そういう店はルーズなのは分かるのですが、特定の人のみというのが許せません。 その一部の人達も、自分達が特別扱いされているのがわかっているのか、 入店する時も先に来ている人がいるにも関わらず、先に来ていたからと 言い切って先頭で入店する始末です。 その人が店員に言うと、店員は先に並んでいたのでしたら、問題ないですと言う始末。 このままでは自分を始め、他のお客さんも居心地悪いと思うので、 どうにかしたいと思っているのですが、この様な場合、誰にどの様なかたちで話せば改善されるでしょうか? グルとまでは言いませんが、いつも見て見ぬふりしている店員に言っても意味がないと思うんです。 その店自体やる気が無い店とまでは言いませんが小規模なので、別に そんな事どうでもいいと思って、取り扱ってもらえないのではないかと心配です。 どうかお知恵をお貸し下さい。

  • 止め打ちを注意しているパチンコ店員さんに質問

    都内の殆どのパチンコ店では、チャンスタイム中(時短や確変)に止め打ちをしてると店員に注意されます。無用なトラブルを起こしたくないのでその場では大人しく従いますが、仮に注意された時、風営法第二十条の(著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準)を持ち出したら店員はどのような対応を取りますか? 例えホールのハウスルールだとしても法律に違反しているのでそのハウスルールは違法ということになります。 風営法第二十条を知らない方のために補足です。 風営法 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=323AC0000000122 風営法の施行規則 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=360M50400000001 風営法の第二十条には、「著しく客の射幸心をそそるおそれがあるものとして同項の国家公安委員会規則で定める基準に該当する遊技機を設置してその営業を営んではならない。」と書かれています。 ではその著しく客の射幸心をそそるおそれがあるものとは何かと言うと、施行規制第八条に以下の記述があります。 (著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準) 「遊技盤上の遊技球の位置を客の技量にかかわらず調整することができない遊技機であること」「その他客の技量が遊技の結果に表れないおそれが著しい遊技機」 以上から、止め打ちが出来ない遊技機は設置してはならない物でありますが、店員にこの事実を突きつけた場合にどのような態度・反応を取るのか知りたいです。

  • パチンコ店内でのトラブル(窃盗)に対しての店側の対応について

    ご相談申し上げます。 私の良く行くパチンコ店でのことなのですが、この2ヶ月間の間に同じ客に2回も玉泥棒をされてしまいました。 その都度店側に報告し、防犯カメラの録画映像を確認してもらい、同一犯であることは私も店側も分かっています。 (2回にわたる窃盗証拠映像は店側が保管しています。) 被害届けを出そうかとは思っているのですが、その犯人とは店内にて会話を交わす間柄で、かなり年配の方ということもありちょっと可哀相なので、直接注意する程度にしておこうかなとも思っています。 これはこれで良いのですが、今まで何度となく店側と話をしておりまして、その店側の対応にかなり疑問があるのです。 (1)1回目の被害報告の後、こちらから店側にも犯人に対して対処するように要請をしたにも関わらず、特に何も対応なく2回目の窃盗が行われた。 (被害届けを出された方が良いのでは?という勧めはありました) (2)この犯人は以前にも同様な事件で他の客ともめた経緯があることを店側は知っている。 (店側が教えてくれました) (3)私が「あの人は迷惑だから出入り禁止にしてください」と店側に言えば、店側は犯人を出入り禁止にしてくれる。 (4)警察への被害届けが出されていないと、店側は独断で犯人を出入り禁止にできない。 (被害届けがでているのか?と犯人に言われた際に困るらしい) (5)私が警察へ被害届けを出せば、店側は犯人の身柄を拘束し警察へ引き渡す。 (6)とにかく店側は犯人への対処(処分)を私にゆだねてくる。 以上が店側が私に伝えている対応なのですが、この対応は妥当なのでしょうか? 犯罪者と分かっていてかなり長期に渡り放置しているようなのですが、これは法的に問題ない行為なのでしょうか? 今では犯人に対してよりもむしろ店側の方へ怒りが向いています。

  • お店が客を選ぶ

    店側が客を選ぶ自由は法律として認められていると聞きました。 例えば障害者(知的や発達障害など)といった理由だけでも入店は拒否する権利は店側にもあるのでしょうか? 障害者側が迷惑行為をしていなければ入店しても大丈夫でしょうか?