• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

導体の静電誘導や誘電分極の際物体は不安定にならないのか?

高校2年で物理をしています。 今、静電誘導について勉強をしているのですが、導体の静電誘導の時導体の中にある自由電子が帯電体のせいで帯電体の方へ引き寄せられたりして導体の中の自由電子が一部に固まり、その導体は不安定になってもろくなったりしないのでしょうか? また、誘電分極の際不導体内の構成粒子の電子配置がずれ、同様に不安定になってもろくなったりしないのでしょうか? (理由が高校生には理解できないものでしたら、不安定になるかならないかだけでも教えてください)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数3
  • 閲覧数300
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#11476
noname#11476

大変よい発想ですね。 >その導体は不安定になってもろくなったりしないのでしょうか? 電子の数は膨大で、金属の原子はみんなで自由電子を共有しているのでその一部だけであればほとんど影響がないのです。 要するに数の問題ですね。帯電体で引き寄せられる程度の数は微々たる物だということです。 ただこの考え方は役に立つことがあります。 たとえば電池の陰極側というのは表面がぼろぼろになりやすい。 電池の陰極側の電極は溶液の中に絶えず電子を放出しています。そのため陰極表面の原子はいつも電子をもっていかれるために、表面が侵食されやすくなっていると考えることも出来るわけです。 表面の原子はせっかく電子を手に入れてもすぐにまた引き剥がされてしまうことで、どうしても結合が弱く、引き剥がされる衝撃もあって他の原子と手をつないでいることが出来なくなって、溶液の中に溶け出してしまうのです。 >誘電分極の際不導体内の構成粒子の電子配置がずれ、同様に不安定 これも先ほどと同じように通常であれば問題にはなりません。 しかし、こちらのほうは物によっては不安定になるものもあります。 PZTという誘電率の高い誘電体(絶縁体)があります。 これは電圧をかけると誘電分極を起こし、それによって全体の結晶構造までも歪んでしまうというものです。 逆にこれを利用して、電圧により微小な変化(大体数nm~数十μm)を作ることが出来ます。 これはいろんな用途に利用されていて、たとえばカメラのオートフォーカスのモーターの材料、超音波発生素子(たとえば超音波めがねクリーナーなど)などを始めとしていろんな用途に使われています。 しかし、PZTに電圧をかけすぎると破壊してしまいます。つまりずれ量が大きすぎて元の形を維持できなくなってしまったんですね。 ゴムでつながれた原子間のゴムが切れてしまったようなものです。 他にもこの考えで説明できる破壊現象は沢山あります。 物理は非常に身近で楽しいものです。 このカテゴリーには専門家の方も多数いますので、疑問があればどんどんぶつけてみてくださいね。 では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#11476
noname#11476

あぁ、なんとしたことか電極は「陽極」です。「陰極」ではありません。。。。 深くお詫びして訂正させてください。。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#5277
noname#5277

自由電子が偏るといってもすべての自由電子ではなく、 その割合はそれほど大きくないと思いました・・・ なにぶん昔の記憶なんで今ひとつ不確かなんですが・・・ イメージとしては、 自由電子が偏っても、十分な自由電子が 物体内にあるというのが回答でしょうか。 もちろん、本当にほとんどの自由電子が偏れば 不安定になると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 静電誘導と誘電分極について

    よろしくお願いします。 高校物理です。 今、電場のところを勉強しているのですが、静電誘導と誘電分極について質問です。 教科書には、静電誘導は帯電体を近づけたとき、帯電体に近い側には、帯電体と異種の電気が現れる、と書いてあるのですが、 誘電分極についても、不導体について、静電誘導と同じような現象が起きているという考え方でよいのでしょうか? 静電誘導はなんとなくわかるのですが、誘電分極についてよくわかりません。誘電分極の場合は、 「不導体では、電子は構成粒子から離れられないが、帯電体の静電気力によって構成粒子の中の電子配置がずれる。これを分極という。」 とあるのですが、不導体の中の電子は動けないのに、電子配置がずれる、という意味がよくわかりません。 電子配置がずれるとは、電子が動くことではないのですか? 結局静電誘導と同じように、帯電体の反対の電気が表面に現れるのですよね?つまり、電子が動いたのではないのでしょうか? 誘電分極について、いまいちよく理解できません。 基本的なところですが、教えていただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • 誘電分極による不導体内部の電界(電場)の向き

    誘電分極による不導体内部の電界(電場)の向き 右向きの一様な電界の中に不導体を置くと、誘電分極が起きて、各分子内で (-+)(-+)(-+)(-+) (-+)(-+)(-+)(-+) (-+)(-+)(-+)(-+) という電荷の偏りが生じ、 これにより、不導体内部では左向きに電界が生じ、外部からの電界を少し弱める、 と高校の授業で習いました。 でもよく考えると、どうして不導体内部で左向きに(外部の電界を打ち消そうとする向きに)電界が生じるのでしょうか? 導体の静電誘導だったら、電子が導体内部で極端に左に偏るから、導体内部で左向きに電界が生じるのも納得なのですが、 上図のような不導体の誘電分極だと、見方によっては右向きに電界が生じると見えなくもないのでは? 磁石だったら、+をN、-をSとすると、磁界は右向きですよね? 上図のように分極した時、何故電界が左向きになるのか、教えてください。

  • 静電誘導・誘電分極

    よろしくお願いいたします。問題は 導体でできた小物体A、B(Aが左側、Bが右側)と不導体でできた小物体C、D(Cが左側、Dが右側)をそれぞれ接触させて、絶縁された糸でつるす。 1) 接触させた各物体に、右側から正に帯電した帯電体を近づけたきの、各物体の電荷の分布の様子を、+-を用いて書け。 導体についてはわかりました。Aの左側に+、Bの右側に-です。 わからないのは、不導体の方です。解答は、Cの左側に強い+、Cの右側に弱めの+で、Dの左側に弱めの-で、Dの右側に強い-です。解説には、帯電体を近づけると、帯電体側には帯電体と逆符号の電荷が分布するので、導体も不導体も同様の電荷分布となる。これがよくわからりません。どうして不導体が導体と同じになるのでしょうか。私は、CもDも両方とも左側に+、右側に-だと思うのです。 なぜなら、不導体における電子はその場で小さく動くことはできる(偏ることはできる)が、その場から離れることはできない、と勉強したからです。解答のとおりだとCには-が存在せず、Dには+が存在しないことになりますが、そうすると、C、Dにあったそれぞれの+と-は相手方に移ったということですか?そもそも相手方にうつることができるのでしょうか。不導体における電子はその物体において偏ることはできるが、動く(相手に移る)ことはできないと思っていましたが・・・。 この問題には問2があるのですが、問1の解答のとおりだとすると、問2もよくわからなくなります。 2)1)に続いて、帯電体を近づけたまま、AとB、CとDの接触を離し、帯電体を遠ざけたときのA,B、C、Dそれぞれの電荷分布をかけ。 この解答は、Aは+のみ、Bは-のみ。CとDはともに電荷0です。 導体ABはわかりますが、不導体のCDについて、疑問です。 1) で、自分の考え方のとおりだとすると、帯電体を近づけてもCもDも互いに電荷のやりとりはなく、電荷の偏りがあるだけなので、2)で離したときに、電荷が0になる、というのはわかります。 ですが、1)で解答のとおり、Cには、+しかなく、Dには-しかない、というのであれば、2)で引き離したときに、電荷が0になる、というのはどう考えてもおかしいと思います。 どうして解答のようになるのでしょうか。 勉強不足ですが、よろしくお願いします。

  • 導体の誘電率

     導体の内部静電場が0になる事は、ふつう最小エネルギー定理からかな?、と思うのですが、この解法は電荷移動の過渡過程を考えていません。それで自由電子モデルを使って、少しだけ過渡過程を考えてみました。  孤立した導体に外部電場がかかるとOhmの法則から、自由電子が移動を始めますが、誘電体のイメージと重ねると、誘電体では原子や分子から出て来ない電子が自由電子として飛び出してきて、外部電荷を完全に打ち消すような表面電荷になると思えます。 (実際には飛び出さずに、電子軌道を乗り換えるだけですが)  よって導体は電気感受率∞の誘電体ですが、逆にそうなると、電荷分極が起こるより先に内部電場が消えてしまって、表面に移動した自由電子を除き、残りの部分は電子軌道のランダム乗り換えで拡散し、結局分極はほとんど起こらないような気がします。  という訳で理想化すれば、導体の誘電率は真空の誘電率ε0に等しいという話になります。この意味は、電束に関する微分形のガウスの法則を表面電荷に対して、導体表面の法線方向のデルタ関数を使って、強引に電場で書いてやった場合、そこに登場する物質の誘電率が、ε=ε0という意味です。  しかしこのサイトのいくつかのQ&A(金属の誘電率)を読むと、周波数0の直流に対応するような電場の場合(まさにいま考えている外部電場)、誘電率は「-」という記述が見られます。上記のようなモデルは、やっぱり粗すぎるのでしょうか?。  それとも誘電率は「-」とは、電磁場の方程式系を正直に解いた場合に、結局定常状態では電場は導体内部に侵入できないという事を表す記述なのでしょうか?。適切に誘電率「-」ならば、導体内電場なしと解釈できるので。  よろしくお願いします。

  • 誘電分極

    誘電体の存在によって、静電容量が増加するのですが、その原因を友禅分極現象とむずびつけて説明していただけませんか?御願いいたします。 なお、参考になるサイトなどがありましたら、是非お教え下さい!些細なことでもかまいません、是非御願いいたします。

  • 誘電体中の導体、分極電荷などについて。

    【導体が誘電率εの誘電体に囲まれているとき、真電荷の面密度ρとすると、 1:導体表面の前方の電場 2:分極電荷の面密度 はいくらか】 という問題があるのですが、真電荷というのは、導体の表面にある電荷のことですよね。その電荷に引き寄せられてマイナスの電荷が全体として導体の方を向いている、そのマイナス分を分極電荷という、と思います。(そういう理解です。) 質問なのですが、この「2」の出し方が分かりません。「1」は導体表面に微小面積dsをとって、電荷ρdsが作る電場…という具合に解いていくと思うのですが、「2」の方はよく分かりせん。解答を見ると、分極による表面密度をpとすると EdS = 1/ε0(ρdS+pdS) と式を立てているのですが…。なぜ「1」で求めたEをそのまま使っているのか分かりません。このEは表面の電荷だけが作ったEだから、分極電荷を式に入れたら、また違うのでは…?という曖昧な感じです。 導体の表面の電荷と分極電荷と電場の関係がよく分かりません。 よろしくお願いします。

  • 高校物理、誘電分極

    図は誘電分極を表しているのですが、誘電分極がおこる仕組みについて (1)帯電体のプラスの電荷に対して、板の端の部分の原子が偏り、その偏った電荷のプラス部分に引き寄せられその隣の原子が偏り、、、、 (2)帯電体のプラスの電荷により、絶縁体中の原子の電荷が偏る(帯電体のプラスの電荷だけのせい) どちらの原理で起こるのでしょうか?

  • 静電誘導

    物理の静電誘導について 正に帯電したアクリル棒に帯電していていない金属を近づけると 金属球の棒側は負に反対側は正に帯電して 金属球、全体としては帯電していない この解釈は間違えたですか? ご指摘ください

  • 高校物理-分極と静電遮蔽について

    高校物理を勉強中です。生物を選択していた者が始めたばかりという状態ですが。 地下道に電波が入らないのは静電遮蔽によるものだという記述を教科書で見ました。 また、トンネル内で電波が入らないのも静電遮蔽によるものだとwebで見ました。 まず、教科書のイラストでは帯電体を中空の導体に近づけている状態では分極が起き中空が電場0であると説明されていましたが、 導体に分極が起きた場合、その両端が電場でつながることはないのでしょうか。 中空の場合には端が近かったりすればある程度は発生しそうな気もするのですが。 また、地下道やトンネルに電波が入らないというのもよくわかりません。 例えば、マイナス電荷がトンネルに降り注いでいるとします。トンネルの受けた面にはプラス電荷が常に現れます。 飽和しないのは地球に接しているのでどこかからアースとしてマイナス電荷が流れていっているのでしょうか。 それだとしても壁や地面の近くからある程度流れるマイナス電荷は拾える気もするのですが。

  • 静電誘導です・・

    「導体の内部には自由電子があるため導体を電界内に置くと、自由電子が電界から力を受けて移動する。導体内に電界がある限り、自由電子は静電気力を受けて移動し続けるが、導体の端にたまった電荷は、今度はそれ自身が逆向きの電界をつくるようになる。こうして導体内の合成電界が0になるまで電荷の移動がおこなわれる。」の「導体内に電界がある限り」というのが・・いみがわからないのです・・どういうことなのでしょうか・・??教えてください!!