• ベストアンサー
  • 困ってます

平衡定数の意味

高校数学からの質問です。 今化学IIの化学平衡の単元を学習しています。そこでは濃度平衡定数、圧平衡定数、電離定数、溶解度積、など、いろいろな平衡定数が出てくるのですが、これらを計算して求めることにはどのような意味があるのでしょうか?定数の単位も問題によってバラバラで、曖昧にしか把握できていません。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数806
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1610/3266)

モル分率で考えてもいいのですが,そもそもの問題は高校化学で出てくる各種の平衡定数は,本当の意味での平衡定数 (熱力学平衡定数) ではなく,すべてそれらの「近似値」であるということは重要です. 単位がばらばらとかいうのもそのせいです. しかも,濃度や圧力というのが,平衡熱力学では (近似的には) 等価な意味をもつということを,高校化学ではきちんと扱いません.中途半端な近似式である van't Hoff の浸透圧の式と気体の状態方程式との形式的類似性なんかは覚えさせるくせに. なので,質問者の疑問にちゃんと答えることは,高校化学の範囲ではできません.どうしても平衡論に対する熱力学的なきちんとした取り扱いが必要になるからです. 当面は,圧力も濃度も,平衡論においては同じ意味を持つのだということ,単位が違うのは,この場合に関しては cm と inch の違いのようなものだと割り切ることでしょうか.実際,平衡における気体の分圧というのは,濃度 (たとえば mol/L) に置き換えても完全に同じ議論ができるのです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうござます。 >圧力も濃度も,平衡論においては同じ意味を持つ 大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 平衡定数の調べ方

    電離定数や、溶解度積等の平衡定数を調べたいのですが、どこかいいサイトをご存知の方教えてください.

  • 圧平衡定数に関する問題

    次の化学平衡が成り立つとする PCl5→←PCl3+Cl2 問一 平衡解離度をα全圧をΡとするとき、それぞれの分圧を求めよ。 また、圧平衡定数をαについての二次の関係式として表せ。 問二 はじめPCl5 41.7gを4.1lの真空の反応容器にいれ、 227℃に保って平衡を達成させたところ、2.72atmを示した。 この温度での平衡解離度αと圧平衡定数を求めよ。(有効数字2桁) ただし気体定数0.082atm・l/mol・Кとする。 全くわからず困っています。 方針だけでも教えていただけるとありがたいです! よろしくお願いします。

  • 平衡定数

    化学の問題でよく、平衡定数Kを求める問題をみかけます。 たとえば、キレート錯体の平衡定数は普通の単座配位子の錯体の比べて、大きいですよね。 平衡定数が大きいのはなにか利点があるのですか? 平衡定数が大きいと何がわかるのですか? 分かりずらい質問ですみません。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

単位は「モル分率」を使用するとスカラーになります。 私も中学以来ごく先日まで単位のことで五十年悩まされてきましたが、モル分率を使いなさいというご指摘がこの掲示板にあってから納得がいきました。 モル分率をご存じでしたら釈迦に説法ですが、化学種の混合物における物質量(モル数)の総和を分母とする各化学種の物質量(モル数)です。 n_i/Σ(i=1→k)n_i 全化学種のモル分率の和は当然1になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 もう少し勉強します。

  • 回答No.1

aA+bB⇔cC+dD という平衡反応があったとして 平衡定数は K=[C]^c[D]^d/[A]^a[B]^b というのが基本です、これは常に一定として考えます よって、平衡に達した時の各物質の濃度を求めるのに役立ちます 例えばAの濃度を上げたとするとKが一定より[C]^c[D]^dが増加する…つまり上の反応の平衡が右に偏るというのもお分かりになるかと思います 他には酸解離定数は pKa=-log{[H^+][A^-]/[HA]} と表されますが、 pKaが小さい→[H^+][A^-]/[HA]が大きい→[H^+]が大きい→酸性が強い ということも分かります 溶解度積は、難溶性の塩の水溶液中で PmQn⇔mP^+ + nQ^- という平衡反応を考えた時 Kc=[P]^m[Q]^n/[PmQn] →Ksp=[P]^m[Q]^n  難溶性なので[PmQn]は一定と考える が成り立つということですから 逆に考えると、Kspを超えるイオン積は存在しない→イオン積がKspになったときから沈殿がはじまる ということです こんな説明でお分かりになりましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 わかりやすいレヴューをありがとうございました。

関連するQ&A

  • 平衡定数の単位について

    平衡時における反応物と生成物の濃度のデイメンジョンが同じ場合 (例えば酢酸+エタノール=酢酸エチル+水など)はその平衡定数の単位は無次元になり、単位はありません。 違う場合(例えば四酸化二窒素の分解による二酸化窒素の生成など)は平衡定数の単位がでてきます。 平衡定数を求めた時、単位があったりなかったりすることは どういうことなのか教えて下さい。

  • 平衡定数に関して

    平衡定数に関して 以下のような問題があります。 N2+3H2→2NH3 の初期状態をN2が1mol, H2が3molとする。NH3が1.2mol生じた時の平衡定数を求めよ。 おそらく高校レベルの初歩的問題だとは思うのですが、大分化学から離れてしまっていて、手持ちの参考書を見てみても良い例がありませんでした。 回答と解説をお願いできますでしょうか。 また、平衡定数の定義に関する質問なのですが、 A+B⇔C+Dのとき、Ka=CD/AB (A,B,C,Dはそれぞれ濃度) というのはわかっているのですが、 AH→A+H (ある酸性化合物AHからH+が電離状態する反応) と B+H→BH (ある塩基性化合物BにHが付加される反応) のKa,Kbはそれぞれ [A][H]/[AH], [B][H]/[BH] になるのでしょうか?それともBについては、Kb=[BH]/[B][H]になるのでしょうか? 解説をお願いいたします。

  • 平衡定数の問題

    A→Bの可逆反応があります。平衡定数は4.5です。 初期状態はAがXmM、Bが0mMです。 平衡に達した時、Bの濃度は9.0uMでした。 最初のAの濃度Xは? この問題どうやりますか? 平衡時のAの濃度は平衡定数から2.0uMとなり、最初のAの濃度は9.0uM+2.0uM=11uMでいんですか?

  • 平衡定数

    化学の平衡定数について質問です。 平衡定数が正反応速度と逆反応速度から成り立っているのはわかります。 反応速度は温度と触媒によって影響があるのもわかります。 でも平衡定数はなぜ温度のみに影響するのでしょうか。 先生に聞いてみても 触媒を加えると全体の速度が速くなるから 平衡定数は変わらない と言われました。 でも温度も同じなのではないでしょうか。 例えば30から40℃に温度をあげたとき 正反応速度は速くなりますが 逆反応速度も同じくらい速くなるので 触媒と全然変わらない気がします。 わかる方いましたら 教えてください。

  • 平衡定数

    四酸化二窒素を、滑らかに動くピストンの付いたシリンダーに入れてしばらく放置した。 このとき、次の熱化学方程式で示される可逆反応の解離平衡が成立する。 ただし、気体は理想気体であるとして、また、ピストンが自由に動く状態にある場合のシリンダー内の気体の圧力はP[Pa]とする。 N2O4(気)=2NO2(気)-57.2kJ (1)シリンダーに最初に入れた四酸化二窒素の物質量がn[mol]、平衡状態における四酸化二窒素の物質量が n(1-α)[mol]とあらわされるとき、このαを解離度という。つまり、解離度は、解離が起こる前の四酸化二窒素の 物質量に対する、解離した四酸化二窒素の物質量比である。 今、温度T[K]で、ピストンを自由に動ける状態にして放置しておくと、四酸化二窒素の解離度がαで平衡に達した。 これについて、次の問いに答えよ。ただし、単位はつけなくて良いものとする。  (1)このときの圧平衡定数Kpをα、Pを用いてあらわせ。 ただし、aA⇔bBであらわされる可逆反応の圧平衡定数Kpは、平衡状態における気体A,Bの分圧pA[Pa],pB[Pa]とすると Kp=pB^b/pA^aであらわされる。 自分なりに考えまして N2O4(気)=2NO2(気) n = 0 :反応前 -nα = nα? :反応後 n(1-α) = nα   :平衡時 としたんですがよく分からず、問題が解けません。 どう考えたらいいんでしょうか? (2)濃度平衡定数Kcを、α、T、P、および気体定数Rを用いてあらわせ。 これはヒントをもらいたいです。 おねがいします。

  • 硫酸の平衡定数Kについて  (電離度の計算)

    平衡定数K=ca^2/1-aの式のaに1を代入してしまうとKの値が出せません。硫酸の正確な電離度が知りたいのですが、0.0001mol/lの(15℃前後)の場合はどのようにおいて計算すればよいのでしょうか。 また、濃度や温度によるそれぞれの平衡定数(電離定数)が詳しく載っているもの(本・サイト)がありましたら、紹介よろしくお願いします。 また、水酸化ナトリウム、硫酸、塩酸などは常に電離度を1として計算してよいのでしょうか。

  • 解離平衡状態の平衡定数の求め方なんですが…

    こんにちは! おそらく高校の化学知識の応用だと思うんですが、平衡定数の求め方を教えてください!! 2H2O⇔2H2+O2 上の反応で、水は水蒸気です。 解離度をα、全圧をPとして平衡定数をαとPで表したいのですが、どうやったらいいのか… 物理化学の平衡定数を勉強していたのですが、解離度がでてきてちょっとパニックです… こいつが出来ないとその他も全滅なので、よろしくお願いします!!

  • 平衡定数の求め方・・・。

    ある本に次のように書かれていました。 HA + H2O ⇔ H3O+ + A- の反応の平衡定数 K を求める時、水は溶媒として用いられその濃度は一定な為省略でき、 K=[H3O+][A-]/[HA] と表される。 ここで分からない事があります。 1.なぜ水の濃度が一定なのでしょうか? 2.なぜ水の濃度は省略できるのでしょうか? ( K=[H3O+][A-]/[HA][H2O]じゃないの??) 3. K=[H3O+][A-]/[HA]だと平衡定数に mol/l という単位がつくけどいいのでしょうか? 分かる方教えてください。よろしくお願いします。

  • 平衡定数Kの求め方

    aA+bB⇔cC+dD という反応において平衡定数Kは 各成分の分圧で出すのは知っています。 K=(([P_A/P]^a)・([P_B/P]^b))÷(([P_C/P]^c)・([P_D/P]^d)) つまり[P_A/P]はモル分率でもいいわけですよね。 しかしここにモル濃度を入れている式をみました。単位はmol/l でもそのまま入れたら単位が無次元になりません。いいのでしょうか? そもそもそのままモル濃度を入れていいものなのでしょうか?

  • 平衡定数と圧平衡定数

    平衡定数K=圧平衡定数Kp×RT^(反応物の係数の和ー生成物の係数の和) ですよね。なのにこのとおりにやったらおかしくなる問題にあたりました。わからず困っています。 N2O4→2NO2で、容器の体積は0.061(L)です。この中で反応させます。 N2O4の解離度をαとして、はじめN2O4を0.002mol用意しておきます。 かい離後はN2O4が0.002(1-α)、NO2は0.004α[mol]ですので まずKpを求めます。全圧を1.013×10^5(Pa)で Kp={1.013×10^5×0.004α/0.002(1+α)}/{1.013×10^5×0.002(1-α)/0.002(1+α)}=4.052×10^5α^2/(1-α^2) これは定義どおりなのでいいんですが、Kを求めたとき、 K=NO2の濃度の2乗/N2O4の濃度=(0.004α/0.061)/(0.002(1-α)/0.061) =8a^2/61(1-α) しかしKpをRT(温度と気体定数で割る)で割ってもKになりません。 1+αが気になります。 いったいどういうことなのでしょうか。 そもそもKpを初めて求めるときも、KとRTを用いて解こうとしたのですが上記のように合わないので答えが全部違いました。 どういうことなのか、私の勘違いをどなたか指摘してください。 お願いします。