-PR-
解決済み

申告用紙はこれでいいの?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.47640
  • 閲覧数951
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 85% (208/244)

所得税の申告をしようと思いましたが、手元に送られてきたのが『特別区民税・都民税』の申告書でした。
この用紙に記入して提出しても同じことなんですか?還付金を振り込む銀行口座を記入する欄もないんですけど。
ちなみに私は現在派遣社員です。会社でやってくれないので自分で保険料控除など手続きします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

まず結論から言うと、『特別区民税・都民税』の申告書では、所得税の申告はできません。『特別区民税・都民税』の申告書は区役所に申告する、言葉どおり特別区民税・都民税を課税するための申告書です。
逆に、税務署に申告する『確定申告書』(市役所・区役所でも受け付けていますが、最終的には税務署へいきます)は『特別区民税・都民税申告書』を兼ねていますので(確定申告書の複写部分が区役所に行きます)amamyさんの場合は、確定申告書による申告のみをすればいいことになります。

ちなみに、『確定申告書』による申告を行わず、今回送られてきた『特別区民税・都民税』の申告書で申告をした場合どうなるか・・・。
税務署から区役所(市役所)に調査が必ず入るので、提出された『特別区民税・都民税』の申告書により所得税の計算をし、所得税が多く納められている(会社が毎月引いていた源泉徴収税額の合計よりも所得税額が少ない)場合は無視され(「確定申告すれば所得税がいくらか返りますよ~」なんて親切なことは言ってくれません)、足りない場合はすぐに呼び出しがかかり、所得税に加算税もつけられてしまいます。

私は市役所で市民税の担当をしていましたが、必要ない人に申告書を送ることはよくあります。
送る基準は市区町村によって違いますが、必要な人に申告書が行かないことを避けるため、色々な条件で機械的に決めているので、送られてきたからといって必ずその申告書を出さなければいけないということはありません。
ようは、必要な手続きを正しくしていれば問題ないので、早速「確定申告書」を使って申告をしてくださいね。

何かあったらまた質問してください。
お礼コメント
amamy

お礼率 85% (208/244)

さすが市役所にお勤めだっただけあって、とても解かり易かったです。
いわれてみれば昨年もみんなが『還付金が振り込まれていた』といっていた時期に、私には何もありませんでした。
単に何も戻りがなかったのかな?などと思ってましたが、きっとこの用紙で申告していたからなんですね!
今年もあやうく騙される(?)トコでした。本当に助かりました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-03-04 23:17:10
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

その用紙は区に提出するもので住民税の申告の為の用紙で、所得税の確定申告用紙とは別です。
所得税の確定申告をすれば、税務署から区のほうに連絡が行きますから、『特別区民税・都民税』の申告書は提出する必要がありません。

所得税用の申告書は用紙は通常は税務署にありますが、この時期は区役所にも用意してあります。
提出も、区役所でも受け付けています。

用意するものは、源泉徴収票、生・損保の保険料の証明書、健康保険料の金額のメモ、印鑑と、税金が戻る場合は振込先の銀行口座の番号のメモです。
それらを持って行けば、書き方を教えてもらいながら、その場で記入して提出できます。
お礼コメント
amamy

お礼率 85% (208/244)

さっそくお答えいただき、ありがとうございました。送られてきた時には全然気づかなくて、先程記入しようと思ったときになんか変だな~?
と思いました。明日さっそく用紙を取りに行って来ます。
投稿日時 - 2001-03-04 23:06:47


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ