• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基礎コンクリート打設までの鉄筋の錆について

現在新築中です。 基礎はべた基礎で、昨日、ベースコンの打設を終えました。 昨日撮った写真を見ていて気になったのでが、鉄筋の錆です。 配筋からベースコンおよび立ち上がりコンクリートの打設までの間 に鉄筋に錆びが出るのは、品質上、問題ありませんでしょうか? 基礎コンのコンクリートかぶり厚さが重要なのは、鉄筋の錆を 防止するためと理解しているのですが、そもそもコンクリートを 打つ前の鉄筋に錆びがあるのは問題があるような気もします。 錆びの程度ですが、鉄筋の交差部(針金で固縛している箇所)周辺 と、鉄筋表面の凸凹した部分の凸部の被覆がはげて赤くなっている ような状況です。 住宅基礎の品質に詳しい方、上記のついてご教示頂きたく、宜しく お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数5337
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • edo_go
  • ベストアンサー率32% (54/167)

錆が鉄筋内部に進行しているような状態でない限り問題ありません。 コンクリートは元々ph12~13の強アルカリ性で RC中の鉄筋表面には不動態皮膜と呼ばれる緻密な酸化皮膜が作られ 酸化から保護されます。 コンクリートかぶり厚さが重要なのは 空気中の炭酸ガスの為にコンクリートが表面から内部に向かって 中性化する為で耐久性にかかわることです。 コンクリートが中性化が進み鉄筋周囲のph値がおよそ11.5を下回ると不動態皮膜が破壊され鉄筋が腐食し始めます。 鉄筋のかぶり厚さは多ければ多いほど良いというわけではなく 無筋の部分の厚さが大きくなるとひび割れの発生にも関与しますので 最大でも100mm以下とされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございました。 火力発電用のボイラーでも給水の水質管理(鉄濃度管理)の ために、給水中に酸素を入れてボイラーチューブ内面に 酸化被膜(ヘマタイト)を形成し、鉄の溶解を防ぐという 給水処理方法があります。 これと同じですね。 この方法でもpH管理が大変重要になっています。 仕事上の身近な事例とリンクして納得することができました。 また、かぶりの厚さが多すぎても良くないというのも初めて知りました。 貴重なご回答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 基礎の鉄筋に詳しい方、お力をおかしください

    新築中のものです。 現在、基礎工事中で、ベースコン打設は済みました。 次は立ち上がり基礎のコンクリートの打設となります。 立ち上がりコン打設前に、鉄筋の状況を確認したところ、 立ち上がり基礎の鉄筋が、型枠の一方に片寄ってかぶり厚が 不足している箇所があったため、HMに昨日その旨を連絡した ところ、是正しますとのことで、本日、作業を実施した様です。 是正状況を確認のため、仕事終わりに先ほど現場を見てきたの ですが、昨日指摘した箇所の鉄筋は、根本(ベースコン付近) から曲げられ、2cmほど鉄筋を全体的に型枠の中央まで 寄せられていました。 確かに、鉄筋は型枠の中央にあり、かぶり厚さは鉄筋を挟んで 両側共に十分あるのですが、このような処置(鉄筋を折り曲げる) は、品質上問題ないのでしょうか? 明日には立ち上がりコンクリートの打設となり、このまま 工事を進めて良いものか非常に不安です。 どなたか、コンクリート構造物に詳しい方が居られましたら 大変恐縮ですが、大至急御助言頂きたく、何卒宜しくお願い 致します。

  • 【至急】基礎の鉄筋に油がついています

    新築の基礎を行っているところです。 現在は、べた基礎部分をコン打ちし、今週中にも立ち上がり部分の打設が行われる予定です。 べた基礎部分から出ている鉄筋は出来上がっているんですが、タイトルの通り鉄筋に油がついている箇所が多く見られます。 特にコーナー部分に多くついています。 業者に質問しても大丈夫としか言わないんですがこのままコンクリートを打設しても大丈夫でしょうか?

  • 基礎立上がり打設時の散水について

    基礎立上がりコンクリートの打設前に型枠の汚れ・ゴミの除去と打設済みの ベースコンを湿潤のためホースで散水しますと伝えられました。 打設は11月初旬頃です。 ベタ基礎一体打ちではなくベースコン打設後に基礎立上がりの型枠を設置して 打設する工法で 基礎幅は150mm ・ 外周及び内周の型枠の高さは750と450mmの鋼製です。 ホース散水のため大量の水でベースコンが水浸し(水溜り)になり、この状態で 打設した時にコンクリートに及ぼす水の影響が心配です。 下記内容についてご教示くださいますようお願い致します。 1. 散水は基礎立ち上がり型枠内に限定、またはベースコン全体でしょうか? 2. 散水がコンクリートの性能に影響を及ぼさない水量(水位mm)または表面状態と 合わせて最適な散水方法。 3. ベースコンが湿潤の程度を超えた散水で全体が水浸し(水溜り)になり、 この状態で基礎立ち上がりを打設した場合、打設コンクリーに水が混入して 打継ぎ部の性能低下等の影響はどうでしょうか? (なお水溜りの水は事前に除去せず、散水は必ず行うとの事です) ・この様な環境の下では打設不可で、必ず水の処置(除去)を行うべきでしょうか? 追記 ベースコン打設後も、散水しますと聞いていますが、通常どの様なタイミングで 散水(打設何時間後)を行いまたは不要でしょうか? 以上宜しくお願いいたします。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

言い過ぎでした。 申し訳ございません。 しかし、公共工事では、実際に「なぜこの工法でこの仕上げでするの?」と思うことが良くあります。 工費も工期も短縮出来る工法を提案しても門前払いです。 新しいコトはしない。 責任がかかる。 ホント、お役所仕事です。 公共工事が全て正しいとは、私は思いません。 ただ、お金をかけた、昔ながらの工法だと思います。 議論して、honokanopaさん申し訳ございませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見、ありがとうございました。 皆さんのお話は、どれも私にはありがたいです。 この場での皆さんの議論が、後々の方々の お役に立つものと思います。 貴重なご意見、ありがとうございました。

  • 回答No.7

だから、公共工事がおかしいといっているので… 今のお役所体質です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

junkg7さんの回答が間違っているわけではありませんよ。(むしろ正論です) 品質管理を念頭においての回答です。 結束箇所からサビが出ていて無問題とは公共工事ではいい辛いですね。 ブルーシートをかぶせたりして雨に打たれないような措置をするのは当然です。 言われています様に、サビを除去して施工するのが基本です。 しかしながら、住宅基礎程度で・・・とみなさんがお考えであり、妥協できるのであれば仕方ないと思います。 品質上許容は出来ますがね。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見、ありがとうございました。 浮き上がりなどの錆が見られた場合には、しっかり 除去してもらうように、HMに依頼したいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.4

junkg7 さんは現場の人では無いのでは? 参考URLみてください。

参考URL:
http://oshiete.homes.jp/kotaeru.php3?qid=2600190

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 過去にも私と同じような疑問を持たれた人も 多くおられたようで、とても参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • junkg7
  • ベストアンサー率26% (90/342)

鉄筋の錆びは基本的に許される物では有りません。 施工者が都合の良い言い訳や程度問題とする事が有るようですが、公共工事などでは検査が通りません。 錆びる事は施工上やむ得ない事もありますので、それを適宜除去するのが適正な施工と考えます。 コンクリートのアルカリ成分で若干の錆びは中和できる様な考えは一般論として疑問です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。 立ち上がり基礎までに、更に錆が進行する ようでしたら、錆部の手入れをお願いしようと 思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • kazu-o-
  • ベストアンサー率21% (21/96)

No1さんの回答の通りです 通常の錆は逆にコンクリートとの付着を良くするので問題はありませんよ コンクリート打設後にその錆がそれ以上進行することはありません できあがった後に錆びるような場合はコンクリートが 表面の方からアルカリ性を失い中性化と言われる状態になったときに起こります その中性化の影響を出来るだけ遅くするための被りです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。 すでにベースコンは打設した後でしたので、 この部分はどうしようかと思っていたのですが、 中性化の影響がでるまでは錆が進行しないと、 安心しました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

錆があることは問題ないです。 付着を妨げる恐れのない鉄筋表面の薄い赤錆は、除去不要。 粉状になるよな赤錆は、ワイヤブラシなどで取り除く。 鉄筋は酸性、コンクリートはアルカリ性なので、少しぐらい在った方が良く付着する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。 私の他にも同じような疑問を持たれていた方が 多くおられたようで、過去の質問を良く確認 しておくべきでした。 程度の問題のようですが、私の場合は、 表面の被覆が剥がれている程度ですので、 問題ないと納得致しました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 基礎立ち上がりコンクリート打設後の散水

    ベースコンクリート打設から基礎立ち上がり部の打設経過は以下の通りです。 5/7 基礎ベース打設(晴れ:気温19~10℃:風速8m/s:乾燥注意報) 5/8 基礎立上り型枠設置(晴れ:気温23~10℃:風速9m/s:乾燥注意報)ベースの型枠撤去 5/9 基礎立上り打設(晴れ:気温27~11℃:風速4m/s) 5/10~5/16(養生:5/10 晴れ:気温28~13℃:風速4m/s, 5/11AM9~5/12AM6頃迄    降水量2mmの予報です) 基礎立上りコンクリート打設状況 8時30分打設開始→9時20分打設完了 →15時10分頃レベラー完了→型枠上端部をシートで覆う レベラー完了後、直ちにベースコンクリートに散水をして型枠の8mm程浸水しました。 散水はコンクリート打設完了から5時間50分位経過していました。 基礎屋さんはこのままの状態で支障ありませんとのことでしたが、心配になり15時45分から 約2時間30分かけて浸水した水を拭き取りました。 1.   この様な状況でベースコンクリートと基礎立ち上がり部の境界近傍等は水の浸透により   強度の低下や接合部に不具合を生じ、どの様な悪影響があるか心配です。 2.   5/17 型枠を外しますが、外観の表面状態の観察で有る程度の欠陥は判断出来る   でしょうか? 3.   また、簡単に出来る試験はどの様なものが有り信頼性はどの程度でしょうか?   上棟は5/23の予定です。 4.通常は基礎立上りのコンクリート打設後の雨除けのシートは(基礎部全体を覆う)   何日位必要でしょか?現状は型枠上端部のみシートで覆ってあり不安です? なお ベースコンクリート打設の翌朝に表面を確認したところ内部配筋の鉄筋近傍に幅1mm・長さ50cm程のクラックが10数箇所有り、10mm位の白い斑点が表面に無数見られました。 コンクリートの納品書は以下の通りです。 基礎ベース:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:3.4, CT温度:20, 気温:16 基礎立上り:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:4.5, CT温度:23, 気温:20 FC値は何れも24-18-20Nです。 ご教示よろしくお願い致します。

  • ベースコンクリート打設後

    毎度お世話になります。 基礎のベースコンクリートを打ち終わり、現在立ち上がり部の型枠を設置している状況です。 そこで、ベース部天端のほとんどは押さえ・ならした結果非常にきれいな仕上がりなのですが、 立ち上り部の鉄筋が入っている箇所は砂利石が浮き出ている状態です。 ●通常、このような状態になるのでしょうか? ●この後、立ち上り部のコンクリートを打設するので  わざと(固着しやすいよう?)、このようにしている。 ●本当は、つるつるに一旦仕上げ、その後立ち上がり部を打設する 気になったので、質問させていただきました 宜しくお願いいたします。

  • 雨で鉄筋がぬれている・・・

    お世話になっております。新築中です。 今、べた基礎の配筋というのでしょうか? 鉄筋を組んでいるのですが、私の住むところでは、 日中はくもりでも、夕方から夜にかけて雨などが降っており、それらが雨ざらしになっています。 (地面は防湿シートで覆われています。) 気になるのが配達されてきた鉄筋のまがっているところや端などにオレンジ色のものがついているんですが、これはマサカ、錆ではないですよね??? (よ~くみてみましたが、錆ではなさそうな…) コンクリートを流し込んでからは雨や水分はいいと以前のこちらのご回答でありましたが、流し込む前はどうなんでしょうか? やはり養生していただいたほうがいいですか? この時期なにか気をつけるべき点がございましたら、お教え下さい。よろしくお願いいたします。

  • 基礎コンクリートの配筋用鉄筋に立会いしましたが

    基礎コンクリートの配筋用鉄筋に立会いしましたが エコキュート用のスリーブの位置が図面と異なっており 急遽鉄筋を切り図面通りの位置に付けられました。 スリーブに被ってない所の鉄筋を切っており (スリーブ用の補強筋はしてあります) 他の所ではスリーブ被ってない所の 鉄筋は切られておりませんでした。 現場監督に何度も聞きましたが「大丈夫」の一点張り。 その後、コンクリートを流し込みましたのでもう見えません。 素人目では鉄筋を無駄に切られたのでは?って思ってしまいました。 施主が知らないだけで、現場ではそういう事が頻繁に起こっているのでしょうか? 強度に関しても変わらないものなのでしょうか?

  • 駐車場土間コン打設前のワイヤーメッシュの錆について

    今、戸建て住宅の外構工事をしてもらっているのですが、駐車場の土間コン打設前に布設するワイヤーメッシュの錆について質問します。 布設後、綺麗だったワイヤーメッシュがここ数日の雨でうっすら赤錆が出てきました。 今日にでも打設できればいいのですが、天気が悪く生コン車の都合で来週の中頃まで打設できない状況です。 鉄筋よりも径が小さいのか材質なのか錆びやすい気がします。 赤錆がある状態でコンクリート打設をしても大丈夫でしょうか? 鉄筋の場合ですと、コンクリートとの食いつき考えると少し錆びがあった方がいいと聞きましたが、径の小さいワイヤーメッシュはどうなのでしょうか? 以上、ご教示の程、よろしくお願いします。

  • 夏場のコンクリート打設の時間帯について

    いつもお世話になります。 現在基礎工事が始まり、今週木曜の午前11~12時に 工務店と第三者機関の配筋検査が行われる事となりました。 両検査ともOKであれば、その日の午後1時くらいから 土間コンを流したいと言われてますが、ここ数日の猛暑続きで その時間帯に行う事で、強度等に問題ないのかが気になります。 現場監督の意見としては「午前中に打設すると、午後いっきに 乾燥してしまうので、午後打設する方が良いのでは」と・・・。 正直、この時期のコンクリート打設は早朝行うものと思って ましたので、一番暑くなる時間帯に行うという事に混乱しており ます。 そこでもし土間コン打設の日程を変更して貰う場合、時間帯は 午前と午後、どちらが良いのでしょうか。 当方千葉県在住です。天気予報は暫く晴れマークが並んでます。 ちなみに養生については土間部分は特になにもせず、2日後位に 立ち上がり部分のコンクリート打設(こちらはシートを被せる) を予定しているそうです。

  • 鉄筋に付着した剥離剤は基礎の強度に影響しますか?

     現在、新築木造2階建住宅を建築中です。本日、べた基礎の立ち上がり部のコンクリート打設を行いました。コンクリートミキサー車が到着している現場で基礎業者が基礎枠の剥離剤を噴霧器を使用して、枠内に噴霧していました。私が「基礎枠の剥離剤の噴霧はかまわないが、鉄筋の剥離剤は拭き取って下さい。」と申し出ると基礎業者は剥離剤の噴霧を止め、鉄筋に付着した、はく離剤を拭き取る代わりに水で洗い流す事で対応をされました。コンクリート打設が終わり、剥離剤について調べますと、剥離剤は油性なのが判りました。  ここで、心配になったのが「植木の水やり程度の洗水で基礎に付着した剥離剤は除去できるか?」「鉄筋に付着した剥離剤は基礎の強度に影響しないか?」という事です。  対処法等のアドバイスを頂けませんでしょうか?よろしくお願いします。

  • 基礎捨てコン打設後の雨による強度の影響と対処は

    平成25年4月10日のPM4:00に基礎の捨てコン打設(30mm)を行いました。 2時間後に小雨が降りだし、4時間後には結構な雨となり翌朝4時頃まで小雨が降り続き AM:7:00に確認したところ、捨てコン部分に5mm厚位の水溜りが打設部の7割位にありました。 (当日の最低気温5度、日中の最高気温12度位です。)捨てコン外周部は人間の加重で一部 が破損する状態です。尚、本日も午後から小雨が降り出しました。 この状態で耐圧盤及び基礎立ち上がりの配筋を進めコンクリート打設を行った場合、基礎立ち上がり部及び耐圧盤と基礎立ち上がりの接合部等に不具合は生じないでしょうか? 捨てコンのやり直しが必要でしょうか? 工務店の見解は当方のミスではない。 このまま耐圧盤・基礎コンクリートの打設をしても支障有りませんとのことです。 工務店の言うまま進めて将来不具合が生じないか非常に心配です。 アドバイスを宜しくお願い致します。

  • 基礎の鉄筋が見えているのですが、モルタルで覆うほうがよいでしょうか

    基礎立ち上がり部は点検可能なようところどころ空いていますが、ちょうどその部分の基礎から短い鉄筋が立ち上がっていたり、コンクリート表面に鉄筋がうっすらと見えている状態です。(なぜか立ち上がりの開口だけに見受けられ、4箇所ありました。) 工務店に確認したところ、コンクリート打設時にたわんだもので、短く立ち上がっているものは切断しますとのことでした。 放置して錆びる→コンクリートが割れるのが心配なので、モルタルを打って覆ってもらうよう依頼しました。(覆う必要があるような心配するものではなく、こちらから依頼しなければ何もしませんみたいな感じでした。) こんなことってよくあるのでしょうか?モルタルで覆う必要性も含めて教えて下さい。ちなみにベタ基礎です。

  • 異形鉄筋の再利用

     大工さんに自宅の新築をたのんでおります。最近、建築基準法に抵触する基礎配筋(かぶり厚無し、主筋無しまたはD10、補強筋間隔60cmの部分有り等)にコンクリートを打設している現場に居合わせ、打設を中止してもらい、コンクリートを撤去してもらいました。  この際コンクリートが硬化していないので、異形配筋をコンクリートの中から抜き出していました。コンクリートは撤去されましたが異形鉄筋は現場に残されています。どう見ても再利用するつもりのようです。  異形鉄筋にはコンクリートが付着しており、再利用したとき鉄筋とコンクリートとの接着の強度が保てるか心配です。新品を使う様に要求したいのですが、素人なので大工さんから大丈夫だといわれれば反論できません。  そこで皆様に質問なのですが、コンクリートの付着した異形鉄筋を再利用しても大丈夫なのでしょうか?それとも問題が有るでしょうか?  よろしくお願いいたします。