• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

現在分詞の使い方について

現在分詞の使い方について教えて下さい。 現在分詞を形容詞的に使う場合、現在分詞単独で使う場合は名詞の前に、他の語句と供に使う場合は名詞の後に置きますよね。 That swimming boy is my brother. That boy swimming in the river is my brother. このとき、現在分詞と名詞との間には何も置けないと思うのですが、 たとえば、「川で泳いでいるあの小さな少年は私の弟だ。」は That small boy swimming in the river is my brother. で良いのでしょうか。 また、「あの泳いでいる小さな少年は私の弟だ。」の場合 That small swimming boy is my brother. That swimming small boy is my brother. どちらも使えるのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数138
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

 これはなかなか難しい問題です。説明が少々複雑で長くなりますがご了承ください。  高校生向けの学習参考書に書かれている「現在分詞が単独の場合には名詞の前に、他の語(句)を伴って2語以上になった場合には名詞の後に置く」というおなじみの原則は確かに便利で覚えやすいものです。しかし、その一方で、例外的な用法についての配慮がないという点で学習者の誤解を招く恐れが高いものであると言うこともできます。  理想を言えば、上記の原則だけではなく『現在分詞が名詞を修飾する場合、「永続的・特徴的」なことを表すときには名詞の前に置き、「一時的」なことを表すときには名詞の後に置くことがある』という原則も同時に覚えておくと良いでしょう。  特に、一部の現在分詞の中には「一時的」な意味を表す場合にはたとえ単独であっても「必ず名詞の後に置かねばならない」ものがあります。  例えば「read」という動詞を現在分詞にすると「reading」となりますが、この語は「今読書をしている」という意味を表す場合には、たとえ単独であっても「名詞の前」に置くことはなく、必ず「名詞の後」に置かねばなりません。 (1) The reading girl is Mika.(×)    ※ 名詞の前に置かれた現在分詞は「恒常的・特徴的」なことを表すので「いつでも読書している女の子はミカです。」という意味になってしまい、「今読書している」という意味が出ません。 (2) The girl reading is Mika. (○)  ※ 名詞の後に置かれた現在分詞は「一時的」なことを表すので「(今)読書をしている女の子はミカです。」という自然な意味になりますが、学校文法に慣れ親しんだ人にとっては抵抗があるかもしれません。 (3) The girl reading over there is Mika.(○)  ※ 「over there」をつければ、2語以上になって学校で習う原則とも一致します。  このように名詞の前に単独で置くことのできない動詞としては、原則として「他動詞」を挙げることができます。「washing man」、「killing man」、「giving mna」などという表現はあり得ないですね。  では「自動詞」はすべて問題ないかというと、そうではありません。例えば、「eat」、「drink」、「smoke」、「play」などの動詞は「自動詞」として用いられることがありますが、名詞の前に単独で置くことはできません。 (4) The eating man is Ken.(×) (5) The man eating (at the next table) is Ken.(○) これらは、もともと他動詞として目的語を必要としていたけれども「自動詞」として用いられるようになった動詞です。(ややこしくてすみません。)「a drinking man」も決して「酒を飲んでいる男」という意味にはならず、「普段から酒が好きな男(=大酒飲み)」という意味にしかならないのです。  しかし、上記のように「他動詞から自動詞へと変化」したわけではなく元から「自動詞」として存在しているもの、単独で名詞の前において「一時的」なことを表すことができます。「沸騰しているお湯」は下記のように表現します。 (6) Can you pour boiling water over the tea bag?  ただし、「自動詞」の中にも例外があります。(本当にややこしいですね。)「sit」という動詞は元来「自動詞」だと考えられますが、名詞の前におくとかなり違和感があります。 (7) The sitting man is Ken.(×) (8) The man sitting (on the bench) is Ken.(○)  「自動詞」と「他動詞」という単純な区分けができないところが、この問題をより複雑にしています。そのために、高校向けの参考書では「単独では・・・、2語以上では・・・。」という説明しか書かれていないのだと思われます。  さて、お尋ねの英文です。説明のために記号をつけさせていただきます。 (A) That swimming boy is my brother. (B) That boy swimming in the river is my brother. (C) That small boy swimming in the river is my brother. (D) That small swimming boy is my brother. (E) That swimming small boy is my brother.  「swim」という動詞は元来「自動詞」だと考えられますので、単独でも名詞の前に置くことができそうです。しかし、上記で説明した「sit」と同じように違和感を感じる人もいそうです。このあたりの感覚は微妙でその人の経験や感じ方に左右されるのかもしれません。  (A)について別に問題ないと感じる人もいるでしょうが、私自身は多少の違和感が伴う英文だと感じます。「swimmning」を「名詞の前」に置くと「いつも泳いでいる少年」という「恒常的」なニュアンスが出てきそうです。もちろん常識的に考えれば「泳いでいる少年」だと理解できるのですが、どうしても「?」を感じてしまいます。別の語句をつけて「That boy swimming (over there) is my brother.」すれば問題はないでしょう。  (B)と(C)は全く問題ありません。  (D)と(E)は、(A)と同じ理由で私には違和感があります。また(A)では違和感を感じなかった人も(D)の英文には別の意味で問題を感じるでしょう。  それは「形容詞(や修飾語)の語順」の問題です。名詞との属性が近いものを名詞の近くに置きますので「small swimming boy」とすると「small」よりも「swimming」の方が少年の本来持っている特質であることになってしまいます。当然その場合の「swimming」には「一時的」な意味はなく「恒常的」な意味を持つことになってしまいます。「生まれつき泳ぐことが好きな」とか「いつでも泳いでいる」という意味が出てくるわけです。その点では(E)の英文の方がまだ理解できるという人もいるかもしれません。    話をもとに戻しましょう。(D)はもちろんですが、(E)の英文を見て「swimming」を「boy」の前に置くことに違和感を感じるならば、「他の語(句)」を補って「The small boy swimming over there is my brother.」とするか、または「関係代名詞+be動詞」をつけて「The small boy who is swimming is my brother.」とすれば問題はなくなり、「今泳いでいる小さな少年は弟です。」という意味を表すことができます。  最後まで読んでいただきありがとうございました。現在分詞が名詞を修飾する用法は本当に奥が深いものです。ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変分かりやすく且つご丁寧なご説明心から感謝します。 これからもよろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#202629
noname#202629

最も議論が起こりうる質問の様です。 Nativeが、swimming boy と聞くと、よく使われる言い方でないため変に感じる。意味は十分に理解できる。・・文法的には間違いではないはず・・入試試験の是非は、専門家でも意見が分かれる言い回しになりますか。 http://www.englishforums.com/English/QuestionedQuestioned/gdkjg/post.htm 上記のスレッドの質問文と同じような質問と思いますが、Native曰く「OKのマークをいれた言い方の方が良い。その他は間違いとは言わないが、一般的に使われない。」と言っています。 The people questioned gave very different opinions. OK The questioned people gave very different opinions. I got the only ticket left. OK I got the only left ticket. Fruit stolen tastes sweet. Stolen fruit tastes sweet.  OK The material needed is zine.  OK The needed material is zine. The method adopted was effective.  OK The adopted method was effective.  OK 下記のスレッドを読んであとはあなた自身が判断する以外に回答は無しになりますか・・ http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112852181

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

現在分詞を形容詞的に使う場合、現在分詞単独で使う場合は名詞の前に、他の語句と供に使う場合は名詞の後に置きますよね。 That swimming boy is my brother. That boy swimming in the river is my brother. このとき、現在分詞と名詞との間には何も置けないと思うのですが、 たとえば、「川で泳いでいるあの小さな少年は私の弟だ。」は That small boy swimming in the river is my brother. で良いのでしょうか。 この文でOKです また、「あの泳いでいる小さな少年は私の弟だ。」の場合 That small swimming boy is my brother. 名詞の前に形容詞をいくつか並べる場合、どれが先にくるかはある程度決まっています。この場合は上の語順が普通だと思います、swimming と boy は、離れないほうがいいです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞と分詞の違い

    こんにちは。 今中3で、関係代名詞を習っているのですが、その前に習った分詞との違いがわかりません。 [分]I know the boy swimming in the river. [間]I know the boy who is swimming in the river. この二つの文ってどちらも「私は川で泳いでいる男の子を知っています。」ですよね? 違いも使い分けもわからないのですが、どう違うのか教えていただけませんか? よろしくお願いします。 英文、間違っていたらすいません。

  • 分詞の形容詞的用法の語法

    「川で泳いでいる男性は私の叔父です。」という文を英訳する場合、 普通なら、 The man swimming in the river is my uncle. ですよね。 これを、 The swimming man in the river is my uncle. とすると、なにかニュアンスの面で違う意味合いがでてくるものなのでしょうか? ちなみに、「オックスフォード実例現代英語用法辞典」で分詞の項目を調べましたら、 ・・・分詞を名詞のあとに置いて、制限用法の関係代名詞と同様に、名詞を定義あるいは特定するために用いることが多い。 とあり 例文として We coudln't agree on any of the problems discussed. (the problems that were discussed.)(・・・the discussed problemsとはならない。) と書いてありした。 なぜ、the discussed problemsだといけないのかの説明がなく、 理解に苦しんでいます。 よろしかったら、お知恵を拝借願えますか?

  • 現在分詞と冠詞

    名詞を現在分詞で修飾した場合その名詞につくのは必ず定冠詞なのですか。 特に動作動詞の現在分詞と名詞を名詞の前後の別なくつなぐとき、それを関係代名詞を使って書き換えると進行形になることから、こういった文が使われる状況は修飾される名詞が物理的に近くにいて話者と聞き手両方が認識できるというものだけでしょうか。反対にそういった文で不定冠詞は用いられないのでしょうか。 例えば、Do you know the boy running in the park?という文はお互いに少年が見えている状況しかないのでしょうか。言い換えるとその少年が会話が行われている場所で不存在でも使えるのでしょうか。もし使えない場合the boyをa boyとしてもよいのでしょうか。 要は先の文が話されている状況がどういったものなのか知りたいのです。 正直なところ自分でもよく整理できていないので、分かりにくいかと思いますがよろしくお願いします。

  • 分詞について教えてください!

    現在分詞と過去分詞の使い分けがわからず困っています。 (1)That swimming boy is my friend. (2)Look at that broken window. (1)は、泳ぐという動作を「している」のが少年だから現在分詞を使っている。 (2)は、窓が自分の意思で「壊れている」のではなく、だれか(何か)によって「壊された」から過去分詞を使っている。 現在分詞と過去分詞の考え方はこれでよいでしょうか。 自分で調べてみてもこういった解説を多く目にします。 この考えでいくと、 (3)The children were rescued from the burning house. これは家が自分の意思で燃えているわけではないのに現在分詞を使っています。 なぜなのでしょうか。 分詞に関して調べているときに、 現在分詞は進行形のニュアンス(?)を含んでいるというような解説を見ました。 それから考えると、家が今も燃え続けているから進行形なのかとも思ったりします。 まとまりのない文章になってしまい申し訳ありません。 これらに関しての解説をよろしくお願いいたします。

  • 「現在分詞+名詞」の表現について

    ある文法書で、 Look at the swimming boy. という表現は誤りである、と書いてありました。 その理由は、 「現在分詞+名詞」という形は,その名詞を細分化してそのタイプを述べる役目するためで、 例えば、a flying fish なら「今、飛んでいる最中の魚」ではなく「飛ぶタイプの魚」=「飛び魚」になる、からだそうです。 だから、これをthe swimming boy に当てはめると,「水泳するタイプの少年」とか「水泳少年」という意味(不明)の表現になり、「泳いでいる少年」とは訳せないそうです。 一方で、とある文法書にrunning dogという表現が載っており、「走っている犬」という訳で使われていました。 それぞれの文法書でまったく別のことを言っているので混乱しております。 どちらが正しいのか、わかる方よろしくお願いします。

  • 他動詞と目的語

    That boy playing soccer is my brother. このplayingは動名詞と現在分詞のどちらですか? 動名詞でsoccerを目的語にとっていると思っているんですがあってますか?

  • 現在分詞と関係代名詞

    本を読んでいる少年はKenです。 これを英文にすると、 The boy reading a book is Ken. The boy who is reading a book is Ken. どちらが正解ですか? 過去の質問に現在分詞は関係代名詞が 省略されたものだと思えばいいと書いてあったのですが、勉強の順番が分詞を覚えてから関係詞がでてきたので困惑しています。 どちらでも全く同じ意味で、テストでもどちらを書いても点数はもらえるものなんでしょうか?

  • 現在分詞の入ったカタマリ名詞について

    シチュエーション説明が Mari saw the boys in the river yesterday. They were swimming. 「Mariは昨日 川で泳いでいる少年達を見ました。」 (1)Mari saw the boys swimming in the river yesterday. (2)Mari saw the swimming boys in the river yesterday. 「昨日 彼女は 川にいた少年達を見た」訳だから (1)の方がよいと思うのですが、どっちでもいいやん、というものでしょうか?  (2)だとMariも川の中にいたことになっちゃいますか? (1)も(2)も意味に違いはないですか?   教えてください。宜しくおねがいいたします。

  • 関係代名詞と分詞の違いについて教えてください。

    関係代名詞と分詞を使った場合の以下の英文は全く同じ意味になるのでしょうか?違いがあるとすれば違いを教えてください。また、文法的に正しい英文なのでしょうか? The boy standing by the door is Mike. (現在分詞) The boy who stands by the door is Mike. (関係代名詞) The boy who is standing by the door is Mike. (関係代名詞) That is a book written by Soseki. (過去分詞) That is a book which was written by Soseki. (関係代名詞)

  • 分詞について…

    形容詞は2語以上であれば後ろから名詞を修飾する(例外有)ので、分詞もそうであることはわかります。しかし例えば… (1)I saw a boy running in the park. (2)I saw a running boy in the park. (1)と(2)の表現ではどのような違いがあるのでしょうか。(1)は分かりますが、(2)は「私は公園で、走っている少年を見た(私が公園にいる。少年は何処かは不明)」或いは(1)と同じで、「私は公園を走っている少年を見た(少年が公園にいる。私は何処にいるかは不明)」のどちらでもよい気がするのです。もしよろしければご教授ください。お願いします。