• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

富野監督のほかのガンダムへの評価。

  • 質問No.4734711
  • 閲覧数2484
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 52% (487/928)

ガンダムの産みの親、富野氏は自分以外が監督を務めた「Gガンダム」「ガンダムW」「ガンダムX」「Gセイバー」「ガンダムSEED」「ガンダムOO」「IGLOO」「0083」「0080」「08小隊」「イボルブ」etc…

などについてどのように評価を下しているのでしょうか?
コメントを出した媒体が具体的にわかれば教えてください。

ガンダムSEEDに関しては「目が大きければいいってもんじゃないだろう!」と一刀に伏した、とまことしやかな噂をネットで見かけますが…

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 50% (3/6)

基本的に、関係がないと思っていると思います。

ほとんど、他のガンダムに対して評価はしていないと思います。

他のガンダムは見ていないと、いうようなことは、聞いたことがあるので
実際に見ているか、見ていないかは、別にして、別のガンダムと割り切って考えていると思います。


0080の感想では、特にけなしていないようでしたが、アルの行動に少し意見を言っていた程度で、まあまあという評価だと思います。

SEEDに対しては、ガンダムエースで2回ぐらい触れたことがあり、もう少し、一般的な内容にした方が良いという評価だったと思います。
不満はあるが、関係がないため、ひどくは、言っていないように思います。
しかしながら、サンライズのパーティーでは、具体的には言っていないものの、SEEDはダメだということを、冗談のように言っていたと聞いたことがあります。


あと、年表の制作とミリタリー色が強いのはバランスが悪く、あまり良く思っていないというようなことを、聞いたことがあるので、外伝ものは、あまり良く思っていないと思います。
お礼コメント
rekarin

お礼率 52% (487/928)

遅くなりましたがありがとうございます。
1stのときには薄かったですがSF・ファンタジー色(Ζガンダムがオーラマシンのように力を出したりνガンダムがオーロラでアクシズを食い止めたり)がだんだん強くなっていくのを見てきたので、確かにミリタリー色が妙に強いのは気になりますね。

ターンエーなんかは完全にファンタジーに徹していましたし。


そういうのはボトムズに任せておけばいいのに。
投稿日時:2009/04/18 07:06

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 54% (96/175)

Gガンダムに関しては、
富野監督がガンダムを終わらせるという意味で、
プロレスものにしろといって作ったという話を聞きましたよ。

基本的には、アナザーストーリーのガンダムにはいい評価をしていないのではないかなと思います。
機動戦士Vガンダムでの富野さんの談話ですが、
Vはサンライズがバンダイに買収される直前の、ある意味では最後の富野作品と呼べるような作品で、
バイク戦艦や架空の動物を模ったMSも、バンダイの権力で仕方なしに入れたそうです。
その時の話で、今までのガンダムはストーリーがあって、その中にキャラクターが存在する。
ストーリーがあるからこそ作品に意味があるというようなことを話しています。
同時に、近年の作品はキャラクターが第一になってしまい、
キャラクターを作って、そのあとにストーリーを作るという風潮になったということを嘆いていました。
それでは作品に何のテーマもなく、人々に問いかけるような作品が出来ないということです。

そういうコメントをしていることから、
自らの手を離れて、ガンダムとしてのキャラクター価値で作られたガンダム作品には、
いい評価を持ってはいないのではないでしょうか?
実際、監督が手掛けたアナザーストーリーの∀では、
今までのガンダムを消すためとまで言っていましたから。
それが文明を崩壊させる月光蝶という兵器にあらわれているように感じます。

あと、元々監督は目の大きな、いわゆる萌というキャラが嫌いです。
目の大きなキャラが好きなオタクは現実世界の女の子に見てもらえないからこそ、
二次元世界の大きな目の女の子に、自分が見られていると錯覚するために好む、
というコメントをしていたと思います。
なので、キャラデザの人には毎回目を小さく書け、と言っているようです。
ただ、ファーストガンダムに関しては、
陰鬱なストーリーで暗くなりすぎるのを防ぐため、
目をやや大きくすることで演出の幅を広げた、というコメントがあります。

Vでの談話はDVD-BOXの中の冊子に書いてありました。
お礼コメント
rekarin

お礼率 52% (487/928)

回答ありがとうございます。
そもそもこの質問をさせてもらったのは、ターンエーガンダムを見たからなんです。

Gガンダムは、今川氏とダンバインで一緒に仕事をしていたせいもあってか悪くは思っていないようですね。
わざわざターンエックスにもシャイニング・フィンガーを再現させていますし。

また、ターンエーとターンエックスの共鳴がゼロシステムの暴走シーンに似ていたり、ギンガナム軍団にモビルドールと思しき紫のズサが出てきたり…
辛らつなことを言っておきながらも一つの「ガンダム」として認めてはいるのかな、とも思っています。
投稿日時:2009/02/20 23:28
  • 回答No.1

ベストアンサー率 14% (1/7)

友人に動画描いている人がいるのですが、富野監督は、SEEDへの感想は、
「ガンダムは、七色の光線を放たない」
だそうです。
お礼コメント
rekarin

お礼率 52% (487/928)

ありがとうございます。
確かに御大将閣下の仰るとおりだと思います。

月光蝶は七色どころではありませんね(笑)
投稿日時:2009/02/20 23:19
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ