• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

契約書英語 A

3. This joint venture shall purchase said property on the terms and conditions contained, and in the manner described, in that certain ''Contract for Sale of Real Property'' dated _________________, 2005 executed by the parties hereto as ''Buyers,'' a copy of which contract is hereto attached marked ''Exhibit A.'' Each party agrees to promptly on request execute, or execute and acknowledge, any and all instruments, including proper instructions, necessary to the complete performance by them as Buyers of said contract. ---------------------------------------------------- 本合弁事業では、前述の不動産を2005年_________________に本契約の両当事者が 「買主」として締結した「不動産売買契約」の諸条件と方法にしたがって購入するものとする。「不動産売買契約」の写しは 「添付A」として本契約書に添付されている。 ------------------------------------------------- ''Exhibit A.'' まで何とか訳してみたのですが、確認お願いします。文章が長すぎて、上手く一文にできませんでした。また、Each party以降なのですが、言っている意味は「買主として、目的達成のために必要とされることをすぐにやる」みたいなことだと思うのですが、上手く日本語にできません。ご指導いただけると幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1574
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

前半: 問題ないですね。 後半(Each ...): Each party agrees to .... any and all insturments (including ...) necessary to ... by them as .... という構成ゆえ、前半のような解釈ができる貴殿ですから、できるはずです。 agree to execute, or execute and acknowledge, のところが??だったのかなと想像しますが、execute は契約や証書等にサインすることで、acknowledge は「承認、確認」ですが、実務(特に不動産取引)では、公証人(notary public)のような公的機関によって認証をしてもらうことをさすことがほとんどです。 つまり、ここでは、instruments について execute, acknowledge といってますから、不動産関係(米国)ででてくるinstrumentsとは deed, moertgage, legal contract, lease, assignment のような証書類です。私も米国での実務でこのような書類のacknowledgementは数度経験あります。 「本契約の各当事者は、必要時にはすみやかに「不動産売買契約」の買主としての責務の完全履行に必要な証書類(関連する指示書類等を含む)に署名する、ないし署名して公証を得る、ことに同意する。」のような感じになるかと思います。 要するに、不動産取引については、いろんな証書(instruments)にからむ実務が多いです(書面主義)ですから、契約当事者とどちらも、そのような時に遅滞なくすみやかに行う、ということを言っているわけです。なお、promptly upon request は、特に誰からのrequest (request from ...)という意味合いだけでなく(もちろん、契約の一方の当事者から他方に・・もあるでしょうが)、そのような状況になったら当然必要とされ手来る・・・といった意味合いもあるでしょう。 Hope this helps.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 文法を教えて下さい。法律契約書文章の翻訳の勉強をしています。

    文法を教えて下さい。法律契約書文章の翻訳の勉強をしています。 今回、テキストに書かれてある文章が分かりませんでした。。。。 以下、は、テキストの文章を抜粋した文となります。 文法を教えてください。 下記、1.と2.は、同じMay を使用した文章です。 1.は、hereto may cancel (Hereto MAY + V ) で、2.は、(May + be + V) . しかし、どうして、1.は、May の後ろが原型の動詞で、2.は、May の後ろには、動詞の前に be をつけているのか。。。。教えて下さい。 1.Either of parties hereto may cancel the Contract. 2.This contract may be terminated at anytime. 日本語訳は、受け身の表現でもないし。。。。。。。。。。????(テキストより抜粋) 1.本契約を解除することができる。 2.本契約は、いつでも解除することができる。 上記は、回答者にシンプルに質問できる様に抜粋し、短くした文章です。しかし、文脈の前後で判断して頂ける方もいらっしゃると思います。その為、実際、テキストに書かれてある文章を以下にまる写しして置きます。 テキスト 英文 1.Either of the parties hereto may cancel the Contract by sending a notice to the other party if the other party breaches any provision of this Contract. (Premature Termination by breach of Contract) 2.This Contract may be terminated as any time by either party sending a notice to the other .(Premature Termination) 和約 1.各契約当事者は、相手方が本契約の条項に違反したときは、他方当事者に通知を送付して、本契約を解除する事ができる。(契約違反による期限前解除) 2.本契約は、何時にでも、一方当事者より他方当事者に通知を送ることにより、解除することができる。 以上がテキストの内容です。 1.のmay の後に 2.の様に、be + V にしないのは、hereto があるからでしょうか?? もう一つ、教えてください。 質問3.です。 hereby,herewith , hereunder, herein, hereafter, herebefore, hereof, hereto, hereonto 等の法律文の慣用句の後ろに動詞を持ってきた場合、必ず、動詞の原型となるのでしょうか? 以上、3つ質問させて頂きました。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

  • 契約書英語<チェックしてください。

    Legal title to said property shall be acquired and maintained during the term of this joint venture in the names of _________________ [name of first joint venturer] and _________________ [name of second joint venture, etc.] as tenants in common. ------------------------------------------------ 合弁事業の期間中、前記の不動産の法的所有権は、不動産共有者として、_________________及び_________________ の名義で取得及び維持するものとする。 ------------------------------------------------- 上記の日本語訳でおかしい部分があれば教えてください。特に不安なのが、不動産共有者の部分です。

  • 契約書の英語について Wherebyなど。

    最近仕事で、英語の契約書に接するようになってわからないことが多くなってきました。 たとえば下記のリンクを見てください。これは私が高校の時に教科書通り習ったwhereの 用法です。 http://www.englishcafe.jp/english/day53.html 契約書ではwherebyやwherein(herein,of thereby,in of...) などが頻繁に出てきますね。 これらを調べるとそれぞれwherebyはby which, whereinはin which等となっております。 しかし高校の時にはin whichを一語で表現するために上記リンクのとおりin whichをwhereで表現するものと習ったのでwhereinを見ると(in in where(笑) )となっているように見えてなりません。 なぜいまだにこういう言葉を使用するのか大型書店などに行って調べたのですが 詳しく解説しているような書籍はなかったです。 ここで、困っている理由としては私のもとに回ってくる契約書にサインする私の上司に当たる 常務が英語ができないのににそういう突っ込みだけはしてくる点です。。。 私が「契約書は慣習的にそういうものだと思います」的な回答をしても「じゃあwhereでいいじゃないか。なぜwherebyなのか?」とか非常に答えづらい質問をしてきて、しまいには「この一語で意味が変われば莫大な利益が飛ぶかもしれないよね。」なんて脅してくる始末です(泣)... 大型書店を回ってもいまだに出てこないこの答を誰か教えてください。 ちなみに「契約書は慣習的にそういうものなのです。」的な回答は私も幾度となく見てきたので結構です。。。 契約書ではなぜin whichのようにwhereのみで表せることをwhereby,wherein, whereof...で表現するのか納得できる形で説明していただけないでしょうか。 またそれにより実際に若干意味が違ってきたりということもあるのでしょうか。 でも言われてみれば確かに契約書なんて一語で意味が変わるとお互い嫌なはずなので、 余計な言葉はお互い使いたくないはずなんですよね。 たとえばthe parties hereto等もpartiesの定義を最初にしてしまえばtheをつけることで 何のpartyを言っているか明確なはずなんですよね。heretoをつけなきゃ契約書でのpartyを 示していることにならない!とかいう話になった先例があったのでしょうか。と深読みしてしまいます。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

こんにちは。お疲れ様です。 前半、ちょっと不明慮な箇所があるように感じます。土地?物件?を購入するのはあくまで JV(多分 Limited Partnership)のハズです。すなわち「本合弁事業では」ということではなくて、「本JVは、2005年_________________に本契約の両当事者が「買主」として締結した「不動産売買契約」の諸条件と方法に従って前述の不動産を購入するものとする」とした方が良いと思いますよ。だから This joint venture shall purchase となっているのでしょう。「本合弁事業」と言うと「本件不動産開発プロジェクト」自体を指しているような気がします。なので、できればハッキリJV名を用いるか、或いは「合弁事業体」とか言うのでしょうね。 後半。要するに、instruments, including proper instructions, necessary to the complete performance by them のどれが何を指すか分かれば訳せるハズです。them は each party、これらが complete performance (契約履行)するために必要な proper instructions を含めてinstruments(契約文書)ということではないかと思いますが、いかがでしょう?  execute は「調印」、アクノレは「承認」と言うと良いでしょう。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

No. 1 です。 そこでいうinstruments (including instructions)には 当事者の署名だけでいいのと、署名して公証してもらう必要のあるものが含まれます。よって、 execute, or execute and acknowlege となっています。州によって若干ちがうでしょうが、公的証書(deedのような)はnotarise されることが多いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 不動産売買契約書

    はじめまして、不動産売買契約書の内容について質問させて頂きます。 先日、建売り一戸建て不動産を購入してのですが、 売買契約書の中に少し気になる条文がありました。 その条文の解釈について、ご回答よろしくお願い致します。 条文は下記の通りです。 (第三者への譲渡) 買主が本物件を第三者に譲渡、承継させる場合、売主の同意を 求めるものとする。 売主の同意なく、買主が本物件を第三者譲渡、承継させた場合、 本物件について問題が生じたときは、買主の責任と負担といおいて 解決するものとする。 この条文の解釈ですが、将来不動産を売る時に、必ず売主の承諾が 必要になるのでしょうか? もし、売主の承諾無しに売ってしまった場合、法的になにか問題が 生じるのでしょうか? 売却後のメンテナンスなど受けられなく成る場合があるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 不動産売買契約書

    不動産売買契約書の租税公課の部分ですが 固定資産税は1月1日の所有者に課せられるもので、 この人が全額負担するという契約書の記載例を教えてください。 調べてみると売買の日をもって、売主と買主でわけるものばかりです。 できればHPの記載例 どうしても見当たらなければ、考えてくださっても結構です。

  • 英語の契約書の和訳の訂正(1文)

    英語の契約書を和訳しています。 「Assignment(譲渡)」という条項がわかりにくいので和訳を助けていただきたいです。 全部で4文ありますが、最も分からないのは、3文目です。 なるべく早く返信も致しますので、よろしくおねがいします。 「Assignment(譲渡)」 This Agreement is not assignable or transferable by either Party without the written consent of the other Party. (本契約は、どちらの当事者も、他方の当事者の書面上の同意なしには、譲渡できないこととする。) For purpose of this Agreement, a change of control in connection with any merger, reorganization or sale of the assets of the business to which this Agreement pertains, shall be considered a transfer of this Agreement. (本契約の目的のために、本契約に関する、合併、再編成、あるいは営業資産の売却のいずれにおいてもその支配権の変更(チェンジ・オブ・コントロール)は、本契約の譲渡とみなすこととする。) As used herein a change of control means the transfer to an entity or control group of fifty percent (50%) or more of the equity or stock of either Party, by ownership, contract or otherwise. (本契約書における、支配権の変更(チェンジ・オブ・コントロール)とは、所有権、契約、あるいは他の何かによって、一方の当事者の証券あるいは株式の、50%もしくはそれ以上の移行を意味する。) →最も分かりにくい1文です。「by ownership, contract or otherwise」と、「the transfer to an entity or control group」の意味が特に汲み取れません。 Any attempted assignment in violation of this provision shall be void. (本規定に違反した、どのような譲渡の試みも無効とする。) 3文目が上手に訳せないうえに、意味もよくわかりません。教えてください、お願いします。

  • 土地売買契約書

    今度、当方(法人)と個人(当方の親戚)の間で土地売買契約をします。 田舎の安い土地ですが、当方は法人なので売買契約書は残す必要があります。 それで売買契約書の租税公課について質問です。 一般的には公租公課については引渡しの前日までの分を売主、引渡し日以降の分を買主が負担し、日割計算とするように記載します。 ですが今回、引渡しは11月末頃の予定であり、売主は親戚で今年の分(12月31までの分)の固定資産税についてはすでに支払っており日割計算しなくていいと言われています。 その為、売買契約書に下記のように記載しても問題ないのでしょうか?  第〇条(租税公課)本件土地の公租公課については令和元年12月30日までの分については売主が負担し、買主の負担は令和2年1月1日からとする。 上記のように記載すると引渡し後の租税公課についても売主が負担していることになり変でしょうか? 以前不動産屋からその不動産屋が売主である土地を買ったことがあります。契約書では租税公課は日割計算となっていましたが、不動産屋が固定資産税の日割計算分はいらないということだったので払わないで済みました。その時のように契約書では日割計算と書いておいて、実際には支払わなくていいという形でも問題ないのでしょうか? 当方は法人なので契約書はきちんとしておきたく質問しました。

  • 契約書を1通作成、原本を片方が、写しをもう一方が保管、いいの?

    建築条件付土地を購入するにあたり、不動産売買契約書を締結することとなりました。 契約書というものは、2通作成、1部ずつ保管するものだと思っていたのですが、 1通作成、売主、買主、署名押印の上、原本は買主、売主はその写しを保管する。 と、なっています。 不動産会社は、印紙代は1通分しかかからないということでこうなっているといいますが、このことに契約としてなにか問題はないのでしょうか? また、印紙を貼ってあるほうを買主が受領するということで、買主が印紙代を負担することとなっていますが、こういうものですか? 契約が明日で時間がありません。 法律に詳しい方々是非よろしくお願いいたします。

  • 契約書に印紙を貼付していなくても、その契約は第三者に対して有効とみなされるか

    上記の通りです。 不動産売買契約をしました。 本来なら額面に該当する印紙を貼付、割印が必要ですが、 それをしないで居た場合でも その契約書は売主、買主以外の人間に対して「契約した」と主張できるものなのでしょうか。 言い換えれば 第三者がその契約書をみて「これは契約書にならない」と主張できるものなのでしょうか ※第三者は税務署およびその他の公の機関を除きます。

  • 以下の文(契約書)最後にあるsensibleの訳を教えてください。よろ

    以下の文(契約書)最後にあるsensibleの訳を教えてください。よろしくお願いします。 , and neither Owner, nor any tenant, nor any other party now or hereafter having an interest in the Property shall have any right of action against Producer and/or Company or any other party arising out of any use of said Materials, whether or not such use is, or maybe claim to be, defamatory, untrue or sensible in nature.

  • 英文の契約書の日本語訳に困っています

    海外のお客様との契約書を初めて扱うことになり、日常会話では使われないような言い回しや単語が出てきているので、英訳に困っています。 どなたか日本語訳をお願いできないでしょうか Arbitration and Competent Court of Law Nothing in this agreement shall be construed so as to require the commision of any contrary to law, and , wherever there is any conflict between any provision of this agreement and any statute law or ordinance concerning the legal rights of the parties, such as the right to contract, the latter shall prevail to the extent it cannot be disposed of by said partied, but in such an event, the affected provisions of this agreement shall be curtailed and limited only to extent, necessary to bring it within the legal requirements. In the event that the provisions of this article shall be invoked by either party hereto and any curtailment or limitation of this agreement alerts said rights and duties of the parties hereto, then said parties shall negotiate in good faith, so that rights and duties of said parties, as nearly as possible, shall be the same as before the invocation of the foregoing provisions of this article. Should any part of provision of this agreement be held unenforceable or in conflict with the law of any jurisdiction, the validity of the remaining parts or provisions shall not be affected by such holdings and an equitable adjustment shall be negotiated by the parties, whereby any portion of this agreement, that may be in violation of the laws of a country to which this agreement extends, may be stricken or modified and equitable adjustment can be made to conform the revised portion to the benefits intended as set forth herein. Any dispute, controversy of claim arising out of or in connection with this agreement, or the breach, termination or invalidity thereof shall be settled by the amigable arbitration of the international Chamber of Commerce at Singapore. よろしくお願いいたします

  • 不動産売買、契約書と登記の印鑑について

    不動産を個人売買で購入いたします。買主です。 契約書に押す印鑑と登記申請書に使う印鑑についてお尋ねします。 所有権移転登記をする際には、売主のみ実印および印鑑証明書が必要となっていて、買主は認印でもよいとなっていますが、「でもよい」ということは、実印の方が望ましいということなのでしょうか? つまり一般的には実印を使用するものなのでしょうか?印鑑証明書は要らないと思いますが。 もう一点、不動産売買契約書に押す印鑑はどうなのでしょうか? たぶんこれも印鑑証明書は要らないと思いますが、一般的には実印登録してある印鑑を押すものなのでしょうか? ちなみにローンは組みません。 信頼できる友人との間での売買であり、この場では、トラブルの可能性を考えたら司法書士に依頼した方がいいですよ、というような回答は不要です。 まとめますと、買主である私は、登記申請書および不動産売買契約書に使用する印鑑は、実印にすべきかそれとも認印にすべきかという質問です。 どうぞご回答のほど、よろしくお願いします。

  • 英文契約書

    英文契約書の勉強を続行しています。この間質問にお答えいただきましたが、また分からない文章にぶつかりました。executedやdeemed to constituteなどの訳し方がさっぱりわかりません。どなたかご教授いただければ、ありがたいです。This agreement may be executed in any number of counterparts and any single counterpart or set of conterparts signed, in either case by all the Parties hereto shall be deemed to constitute a full and original agreement for all purposes. constituteは構成するという意味だと思うのですが、すべての目的において、完全で当初の契約を構成するというような、中途半端な訳しかできない状態です。どうぞ、よろしくお願いします。