• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

弁護士の守秘義務・倫理

現在、元彼女との間で、金品トラブルがあり、元彼女側が弁護士に依頼し、その弁護士より、私との和解の電話がありました。 この事を友人(2人の共通の友人ではありません)に世間話でざっくりと話したところ、その友人が私の許可なく、相手側の弁護士と電話連絡を取りました。弁護士は、その友人に2人のプライベートな事から、新たな和解案(私との和解案とは全く異なる内容)を伝えたり、最期には、その友人に仲介に入って欲しいとの依頼までしたそうです。(私は、友人からそのことを聞き憤慨し、その友人とは、絶縁しました) 訴訟になっていないことであれば、弁護士は、自由に第三者に2人の間のプライベートなことや、新たな和解案、仲介依頼などを依頼しても守秘義務や倫理には、反するものではないのでしょうか? 私がその友人に委任したと思われても困りまりますし、新たな和解案には納得できず、相手側の弁護士には、電話やメール(証拠のためにメールを主としています)を出していますが、返信がありません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数268
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「あなたが依頼した弁護士」であれば、あなたに関することは(あなたの要請に応じて)秘密にします。 相手の弁護士は、相手については(相手の要請に応じて)秘密にします。 相手の弁護士があなたのことについてどう対応するかは微妙です。 あなたの友人が「あの人に代わって私が」的な申し出を勝手にしていたとしたら、相手の弁護士は相当な内容を話してしまう可能性はあります。 文句を言うなら友人に対して、だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか。なんでもありの世界なんですね。 友人に文句を言うことすら、したくない気分なので。 (友人とは関わり合いたくない、気持ちでして)

関連するQ&A

  • 弁護士が、守秘義務を守るために嘘を付くことってある

    弁護士が、守秘義務を守るために嘘を付くことってあるんでしょうか。 依頼者ではない人が弁護士にある案件について問い合わせたとします。 そのなかで、「XXという会社を知っているか」という問いに対して 実際は知っているがその事が知られると依頼者にとって不利になるため 「知らない」というような答えをすることがあるのでしょうか。

  • 弁護士の守秘義務について

    すいません。弁護士の守秘義務について質問です。 よく、弁護士には守秘義務があると聞きますが、次の点ではどうなんでしょうか?? 1、ある事件を起こしてしまい、まだ逮捕、任意聴取は行われていないが、一緒に事件を起こした友人がつかまってしまい、もしされた時のために今後どうしたらよいか相談したとします。 この場合、弁護士から警察に通報されることはあるのでしょうか?? また、逆に弁護士に警察から相談内容を聞かれた場合、その内容を警察に言ってしまうことなどはあるのでしょうか? 2.「1」に関連して、弁護士の先生方はそれぞれに得意分野があると聞いたことがあります。逮捕や任意聴取された時のために、特定分野に強い弁護士の紹介、紹介弁護士との相談の日程調整などは行ってくれるのでしょうか?? 3.「1*2」の情報が警察にもれたりすること、捕まったときなんでそんなこと弁護士に相談してるのかと逆に、怪しまれたりしないのでしょうか?? 長々とすいません。わかりにくい文章だと思いますか、どうか教えてくださると嬉しいです。

  • 弁護士の守秘義務と弁護士倫理

    弁護士の守秘義務と弁護士倫理に関連して、架空の事件を例にお尋ねします。 (1)長年 大相撲について取材をしてきたフリーライターが、大相撲関係者の内部告発を元に 日本の国技である大相撲で八百長が行われているとして 週刊誌に断定的内容で取材記事を掲載しました。 国技としての大相撲の伝統や威信、存続に危機感を覚えた日本相撲協会が、週刊誌の発行元と記事を書いたフリーライターを名誉毀損で訴訟を提起することを検討しています。  その際、日本相撲協会が顧問弁護士に、実際は八百長が行われていることを正直に話した上で、そのことを証明する金銭の授受などの明確な証拠が存在しないと確信して 日本相撲協会は、日本の国技としての大相撲の存続、伝統や威信を守るために 週刊誌の発行元と記事を書いたフリーライターを相手取り 日本相撲協会と八百長で名指しされた力士に対する名誉毀損で訴訟を提起するよう依頼し 弁護士はその依頼を受任する決断をしました。 このとき、弁護士倫理に照らして 弁護士の決断は正しいと言えるのでしょうか。 (2)弁護士が依頼人に対し、弁護士の絶対的な守秘義務について説明したところ 依頼人が信用して 思想的信条に基づいて、日本国の象徴や国家的要人の暗殺計画や、外患誘致や大規模なテロ計画について言及し 弁護士としてできれば聞かなかったことにしたい内容でしたが 結果として守秘義務の例外というべき情報を心ならずも知ることになりました。 このとき、弁護士はどのように行動すべきでしょうか。 また、その行動について 法的責任を問われますか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ADATARA
  • ベストアンサー率43% (583/1345)

こんにちは! 弁護士の秘守義務はありますが,業務に係る全てのことではありません。本件のように依頼交渉ごとでは当然あることです。ですから,本件に関しては,倫理上も,秘守義務上も弁護士法に基づく違反はありません。 それから,弁護士あてに電話とかメールしたとのことですが,弁護士には法律上の回答の義務がないので,現状における回答のないことについて,法律上の違反を問うことはできません。  弁護士は,法律上どうこういう人ですから,弁護士と話をするときは,法律上のできる,できない,を話す必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

誰にでも、しゃべって良いという恐ろしい国なのですね。 説明不足ですみません。 弁護士に電話・メールをしたのは、秘守義務ではなく、私宛に電話をし、和解案を示したことが滞っているので、その請求をしています。 とある弁護士会の法律相談したとろころ、何回かメールして返信がなければ、市民相談にと言われましたので、我慢して、あと1か月経過したら、市民相談に電話してみます。

関連するQ&A

  • 税理士の守秘義務

    弁護士は受任した依頼人の訴訟内容や個人情報は守秘義務が有るので第三者に漏らしたり出来ません。税理士にも全く同じような守秘義務が課されているのでしょうか?また、それぞれ、違反した場合、どのような刑事罰が科せられるのでしょうか?それとも民事の損害賠償責任だけですか?

  • 司法書士の守秘義務について

    司法書士や弁護士は依頼者のプライバシーを守るために守秘義務があるそうですが、その守秘義務が守られず第三者にその全てが筒抜けになっていたとするならばどうなるのでしょうか? 1、その苦情を受け付ける公的機関は? 2、その精神的被害の賠償は? 3、責任の追及はどうすればよいのでしょうか? どなたか詳しい方はいらっしゃいませんか?お教えください。 尚、このプライバシーとは、   財産放棄の為の個人の戸籍(個人の生立ち、養子縁組等)に関する問題です。  

  • 医者の守秘義務について

    いつも参考にさせて頂いてます。 今回は、友人の事についてアドバイスをお願いします。 実は、友人が妊娠しまして(相手は既婚男性)、話し合いで結果を出せなかった為、多分、調停になるかもしれません。 そこで、内容は詳しく述べませんが、調停を起こす際、 医者に友人の状態や、診察時の話や内容などを聞き出す事が、 相手側にできるのでしょうか? 民事の場合、医師はどこまで守秘義務をとってくれるのでしょう? 何かご存知の方、調停を経験した方、法律にお詳しい方 是非、アドバイスをお願い致します。

  • 心理相談の守秘義務について教えて下さい。

    中学生の息子が不登校で某大学院の心理学科の心理相談に通っています。週1回大学院生が教官の指導の元にプレイセラピーを行っています。 そこに通う以前から小児科も受診しています。「プレイセラピーの内容を小児科の医師に伝えたいので、どのような様子か教えて欲しい。」と依頼したところ、「守秘義務があるので、お母さんに話す事を本人がOKすれば良いですが・・・」と言われ、その場で聞かれた息子は即座に「嫌だ。」と答えました。 医師、弁護士、カウンセラーに守秘義務がある事は納得していますが、未成年の子どもの保護者に対しても内容は教えられないのでしょうか。 心理相談を探して手配して料金を払っているのも当然保護者です。 医者、学校と連携を取り、同じ目的で治療に当たるべきだと思うのですが、どうなのでしょうか? 週1回1時間、マインドコントロールをしているとは思いませんが、資格を持った臨床心理士ではなく、勉強中の大学院生だし、教えて貰えないと余計に不安になります。

  • 弁護士が社内のメールを恋人に送ったら守秘義務違反?

    弁護士が社内の上司からの指示メールをスクリーンショットで撮影し、 恋人のラインに送った場合、 どのような罪になりますか? ちなみに文面の内容としては、 大手インフラ会社の訴訟内容の調査結果についての指示です。 内容的には外部に漏れても問題ない文面ですが、 こんなことしているよいうアピールで送ってきました。 問題ない内容でも、社外の人間に送ることは守秘義務違反になりますか?

  • 弁護士さんって

    弁護士さん(他の士業でもですが)には守秘義務がありますよね。あれは依頼者がどんな犯罪を起していても守秘されるんでしょうか?それとも重大な公益に反したらとかがあるんでしょうか?全て秘密なのですかね?

  • ホームページの著作権と守秘義務について

    はじめまして。大変心配な事があり夜も眠れません。 話は少し長くなってしまうのですが、順を追って話しますのでどなたかアドバイスを頂けますでしょうか。 私はホームページ制作会社(以後会社A)でアルバイトをしていました。ただ会社Aが潰れかかってしまいバイトと数名の社員はクビになりました。 収入がなくなってしまった為、自分のホームページ制作スキルを利用して何かできないかと考えていた所、 会社Aの顧客に個人でゲームの買取と転売を行っている方(以後会社B)がいたのを思い出し、それを真似て自分もゲームの買取を行う事を考えました。 基本的にレイアウトなどは会社Bのサイトを真似ましたが、画像やホームページのコーディング(組み立て)などは全て自分で一から行いました。 ただしプライバシーポリシーの文章はほぼまるまるコピーし、その他買取申し込みのフォームの項目や買取価格表のランキングといったコンテンツ案もとてもよく似ていました。 そのサイトには私の名前を載せていたのですが、なんと会社Bの方は担当でもない私の名前を知っていたようで「サイトを真似た!」と会社Aに対して激怒しました。 そして会社Bは弁護士をたて、著作権・守秘義務違反・その他で私を訴えると言っていたそうなんです。(会社Aの方から聞いた) それを聞き怖くなった自分は先ほどサイトのデータを全てネット上から削除し、閉鎖させました。 ただ1ヶ月ほど前に会社Bは会社Aに対して文句を言ってきたそうなので、サイトのデータを既にダウンロードしてバックアップをとられている可能性があります。 もし訴えられるとしたらどういった内容で訴えられる可能性が高いでしょうか?(著作権や守秘義務など) また訴えられたとしていくら程請求され、また支払わなければならなくなりそうでしょうか。 相手に訴訟を起こされた場合は自分も弁護士を雇う必要がでてくるとは思いますが、現在仕事も見つかっておらずお金が無い状態です。 どなたかアドバイスその他よろしくお願い致します。

  • 経理の守秘義務

    会社の経理担当者なのですが 小規模の会社なので一人しかおらず、経理面すべてを彼女一人に任せています。 しかし、一日の7割以上はゲームやネット、メール 更にはメッセンジャーで外部の友人とチャットするありさま 支払いミスなどはしょっちゅうで それを誰にも報告しません。 最近仕事が忙しくなり 彼女がそんなにもヒマなら 営業事務の手伝いをやるよう 上司から指示が出ましたが、全く 何も手伝ってはくれません。 (私はそんな彼女に手伝ってもらうよりも 残業して自分でやるほうがマシだと思いますが) 前から薄々気がついてはいたのですが どうやら彼女は私の給料の額などを 他人(他社の仲のいい人)などに 言いふらしているようなのです。 今日 4月からの昇給について 上から指示が出たようなのですが(狭いのでなんとなく 気がついてしまう) その打ち合わせが終ったとたん メッセンジャーで バンバン会話しまくっていました(少々お冠?) 自分の携帯まで出して メールを打つ始末。 どうやら 自分が希望する額に達しなかったのか、私の昇給額の方が多かったのか  不満のご様子です。 経理には守秘義務というものがあると思うのですが 友人になら言いふらしても良いものなのでしょうか? 彼女の場合 友人が同業の他社に多いので そこで会社の財務内容までしゃべっているとは思いませんが 私の給料をベラベラしゃべられるのは 気分よくありません。 業務内容がちょっと特殊なため 上の人間は彼女の非常識な行動を我慢していますが メッセンジャーの事や言いふらしている事は知らないようです。 こういう人を辞めさせないまでも なんとかして欲しいと思うのですが なんと上に言っていいものか解りません アドバイスください。

  • 弁護士倫理について

    現在大学1回生で、弁護士を目指しています。 本を読んで、弁護士倫理の勉強もしているのですが、以下の問題が分かりません。 A弁護士は、不動産業・金融業を営むXと暴力団Bが取引関係にあることを知っていた。 A弁護士はXから、別荘地の買収について不動産売買契約書の作成や取引実行の代理を任された。Xは、取引の当日は立ち会えないからと500万円の手数料の支払いを約束し、取引日の3日前に手付け金5000万円とあわせて5500万円の現金をA弁護士の事務所に持参した。 手付け金はA弁護士の口座に一旦入金して、取引日には預手で相手方に手付け金を払って欲しいとXから依頼された。 (1)この依頼をA弁護士が受けることは何か問題があるのでしょうか。 また、預手の意味も分かりません。 次の場合、A弁護士はどうするべきでしょうか。 (2)取引日の前日、Xが「取引は中止した。手数料を半額返してくれ。預けた5000万円はXの取引先であるC社の債務の弁済をしなければいけないので、A弁護士から電信送信してほしい」と言ってきた場合。 (3)刑事がA弁護士を訪ねてきて、「XがB組のマネーロンダリングを担当している疑いがあるから、捜査に協力してほしい」と言ってきた場合。 (4)仮に、Xがこの取引で、「犯罪収益の洗浄」をしようとしているとA弁護士が知った場合。 (5)仮に「マネーロンダリングの疑いがあるときは、弁護士は依頼者には秘密に金融庁に通報しなければならない。ただし、弁護士に守秘義務が成立するときはこの限りでない」との立法がなされた場合。  また、この立法について、利害損失は何か。 すみません。御面倒だとは思いますが、全く分からないので教えて下さい。

  • 民事訴訟中ですが,前任弁護士が協力してくれない。

    現在,民事訴訟中です。 実は訴訟の前に弁護士を介して和解交渉をしていました。 その際,相手側(現在の被告)と何度か書面の交換をしたり,また実際相手側との話し合いの機会(相手は遠方に今は住んでいるので,弁護士と当事者がこちらに出向き)も持ちました。 当初は和解で解決出来ると判断されていたようですが,結局,決裂,訴訟でしか問題解決できないはめに。 前任弁護士は二名でした。 そのうちのお一人は最初から「裁判」の選択肢を口にされていたので,当然,和解決裂=裁判か・・・,と覚悟をしていたところ,「裁判を引き受ける気はない」とこの事案から手を引いていかれました。(この間2年です) それで,現在の弁護士さんにお願いしたのですが,前任弁護士らは全くこれまでの状況,情報提供を拒否されています。 前任弁護士らは,「全て依頼人に話してあるから依頼人の言う事以外に話す事はない」というお考えのようです。 しかし,和解に向けての話し合い中,相手側は自ら自分の非を認めたことなど,(素人考えですが)裁判で重要になるかもしれない情報(当時,弁護士さんのお一人はメモを取っておられた)を持っておられるし,或意味重要な証人でいらっしゃるのにそれを提供してくれません。 これも職業上の守秘義務? 受任関係が無くなったらこんなものなんですか? 今の受任弁護士らも先輩弁護士らの態度と私からの依頼との間で苦慮されているようです。 誰か,教えて下さい。 どうしたらいいの? (前任弁護士はお二人とも著名な50代後半のやり手弁護士さんらです)