• 締切済み
  • すぐに回答を!

正弦定理はどんな三角形でも成り立つのか?

正弦定理の証明では、鋭角鈍角直角三角形においてそれぞれなりたる事が証明されています。ということは、どんな三角形であっても正弦定理は成り立つと言えるのでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数288
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
  • jmh
  • ベストアンサー率23% (71/304)

> ...定理...が証明されています。 > ということは、...定理は成り立つと言えるのでしょうか はい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • hisappy
  • ベストアンサー率46% (184/392)

うーん・・・意図に沿うかどうか怪しいですが。 「平面上に描かれた三角形なら成り立つ」 という返答でいいのでしょうか。 曲面上に描かれてしまうと、 三頂点共90度の三角形なんてのまでできてしまいますから。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

初等幾何で扱う空間では成り立つと思います。それ以外の三角形が存在しませんから。それ以外の三角形が存在しないことはどうやって証明すればよいかという話でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • info22
  • ベストアンサー率55% (2225/4034)

成立します。 普通の外接円をつかった証明で sin(π-A)=sinA の関係と対角の円周角(π-A)を利用すれば、鈍角を鋭角に置き換えてやれば鋭角の証明と同じ証明が可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 【数学】正弦定理におけるsinについて

    正弦定理を証明する際、三角形ABCとその外接円を使って証明しますよね? A<90°のとき、円周上に点Dをとって円周角の定理より sinA=sinD=BC/BD=a/2R となるようですが… sinというのは直角三角形における辺の比を表しているものなんですよね? でも三角形はすべて直角三角形とは限りませんし、なぜ直角三角形ではない三角形でsinAと表せるのか疑問に思いました。 sinAと表す時はその角Aを持つ三角形が直角三角形であるという前提がなければダメなんじゃないですか? どなたか答えてくださると嬉しいですm(_ _ )m

  • 【正弦定理の証明】

    正弦定理の証明ってできますか? 鈍角三角形の場合なんですが…

  • 正弦定理について

    先日、三角関数について質問させていただき、とてもわかりやすい回答をもらいました。自分自身納得できて、問題を解いていたのですが… またしても敵が… 正弦定理です a/sinA=b/sinB=c/sinC となっています。 あaが角Aと向かい合う辺なのはわかったのですが この場合の三角形ABCは直角三角形とは言いきれない(わからない)のに、a/sinAをどうやって計算したらいいのでしょう? そもそも、三角関数は、直角三角形の時にしかつかえないのではないのですか?

  • 【正弦定理の証明】

    正弦定理の証明ってできますか? 鋭角三角形の場合なんですが…

  • 正弦定理の証明

    正弦定理の証明について質問します。 三角形ABCの外接円の中心をO、半径をRとする 0度<A<90度の時、円周角の定理により角BCD=90度、角A=角D BD=2RであるからsinD=a/2RまたsinA=sinD(※) したがってsinA=a/2Rすなわちa/sinA=2R とあるのですが、※の部分についてsinDについては三角形BCDに直角があり sinD=a/2Rとなる事は理解出来ますが、三角形ABCは直角を持たないのに sinAが出来るのが分かりません。 なぜ三角形ABCは直角を持たないのにsinAと出来るのか教えてください。

  • 数I  正弦定理

    三角形の辺の長さや内角を求める問題で、はじめに二辺一対角が与えられた場合、 余弦定理を用いて残りの辺の長さを求めて、 その後に正弦定理で残りの二角を求めるやり方で計算したんですが、 答えの数値が3つ出て、1つだけ間違いでした。 たぶん二角を求めるときに正弦定理を用いたのが原因のような気がするんですが、 この場合正弦定理を使うとだめなんでしょうか。(答えでは余弦定理を用いていました) また、こんなふうに正解も含むいくつかの数値が計算で出た場合、どれが正解でどれが間違いかというのを見分ける方法というのはありますか。 どなたか教えていただけたら嬉しいです。

  • 球面三角形の正弦定理

    趣味で数学をしようと思っています。球面三角形の正弦定理の証明が理解できないのでネットでも調べたのですが分かりません。似たような質問があったのですがその途中が理解不能です。 直角球面三角形BAC(頂点B、底辺AC、の直角球面三角形)において、C=π/2 とし、a<π/2, b<π/2 の場合について考えます。 Oを球の中心とし、線分OB=1、線分OC上に、BD⊥OC、線分OA上に、DE⊥OA とするとCが直角で有る事から、BD⊥平面AOC 従って三垂線の定理により、BE⊥OA ∴∠BED=∠A とあります。 しかし、∠BED=∠Aがなぜ導き出せるのかどうしても分かりません。 自明なことのようですが教えてください。

  • 正弦定理・余弦定理

    三角形の頂点A,B,Cについて 2sinA=cosB・sinCが成立するとき、三角形ABCが二等辺三角形となることがあるか。という問題なんですけど、辺BC,CA,ABの長さをa,b,cとすると、正弦定理で左辺=a/R,正弦定理と余弦定理で右辺=(c^2+a^2-b^2)/2ca・c/2R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、a/R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、c^2=3a^2+b^2となるところまではわかるんですけど、この後どうすれば良いのかわかりません。

  • 正弦定理と余弦定理で答が違う?

    三角形の残りの角と辺の長さを求めよという問題で、余弦定理を用いると答が一つなのに、正弦定理も用いて解くと答が二つになってしまうことがあります。 例えば、 a=2,b=√6,c=-1+√3 で、最初に余弦定理からA=45°と出し、その後、正弦定理からB=60°、120°となるのですが、余弦定理だとB=120°となります。だけれど、問題の答はA=45°,B=120°,C=15°です。 どうすれば良いんでしょう? テスト近いので少し焦ってます。よろしくお願いします。

  • 正弦定理で解きたいのですが、式の立て方がわからなくなりました。

    正弦定理で解きたいのですが、式の立て方がわからなくなりました。 e/sinx″= S/(sin360°-θ) というような正弦定理で∠x″を求めたいのですが、 左側(水色の三角)についてこの式が成り立つのはわかるのですが、 右側(ピンクの三角)についてはどうしてこの式が成り立つのか わかりませんでした。 正弦定理において分母に来るのは角の向い側の辺であると 習ったように思うのですが、 右側の三角形は正弦定理で計算するならば、 e/sinx″= AC/∠P となるはずなのではないかと思うのですが、 分母に来るのが∠Pの対辺である辺ACではなく、 どうして辺S′が来てe/sinx″= S′/(sin360°-θ) となるのかわかりませんでした。 よろしくお願いします。 参考URL(元々の問題も掲載してます) http://okwave.jp/qa/q5842995.html